新卒者が就活で履歴書の学歴を書く際の注意点まとめ!

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント
履歴書には自己PR欄や志望動機など、さまざまな記入欄があります。学歴もその中の一つで、他の記入欄と比べると書く内容の自由度は低いですが、その分マナーをきちんと守っていないと他の就職希望者との間に差が出てしまう部分です。 そこで、この記事では「新卒者が履歴書の学歴を書く際はどのような点に注意すればよいか」、また「浪人や留年、中退などしていた場合の書き方はどうすればよいか」についてまとめてみました。新卒でこれから履歴書を書く人は参考にしてみてください。

学歴の書き方の基本と年月について

新卒の就活に使う履歴書は基本的に「学歴・職歴」と記載されており、職歴欄も併記されています。学歴を記入することを分りやすくするために1行目の中央に「学歴」と記入するようにしましょう。そのときに「学」と「歴」の間に1文字分のスペースを空けておくと、バランスよく見えます。 「年月」の欄で「西暦」か「和暦」のどちらを記入するか迷う人がいるかもしれませんが、結論からいうとどちらでも構いません。ただし、どちらを使うにせよ「必ず統一して使う」ということは守ってください。西暦と和暦がバラバラに使用されていると、統一感がなく、非常に読みにくい履歴書になってしまうからです。また、年月の欄に「年」や「月」を書く必要はありません。例えば2017年4月の場合、年の欄に「2017」、月の欄に「4」という具合に数字だけ書けばOKです。

基本は中学卒業から!卒業予定は「卒業見込み」

1705_1_86 (3) 新卒者が就活で履歴書を書く場合、学歴は中学校卒業から書くことが一般的です。中学校卒業後に高校に進学した場合は、「○年○月高等学校入学」、「○年○月高等学校卒業」という具合に書きます。大学の場合も同様に書きますが、学部だけでなく学科まで書くことを忘れないでください。ここで大事なポイントは「必ず正式名称で記入する」ということです。よくありがちな間違いとして「高等学校」を「高校」と省略して書いてしまうことがありますので、気をつけましょう。 高等学校や大学をこれから卒業する予定の場合は、その「予定の年月」を年月欄に記入し、「卒業見込み」という文言を学科や高等学校名の後に記入するようにします。

浪人や留年、休学をしていた場合

もし、浪人や留年をした年月がある場合、何も書かなくても問題ありません。何も書かなくても、必要以上の年月がかかっていれば、採用側に「留年または浪人した」ということは伝わります。「留年」や「浪人」などという文言を学歴に書いてしまうと、採用担当者にあまり良い印象は与えませんし、面接時に余計に質問されることになりかねません。書かなくてもマナー違反ではありませんので、余計なことは書かないでおくようにしましょう。 一方で休学した場合については、病気等などのやむを得ない理由であればその理由を簡潔に記載しておきましょう。一般的に休学も採用担当者にはあまり良い印象を与えませんが、例えば「病気で休学したが現在は完治している」というような場合、マイナスイメージにはなりません。そのような場合は「現在は完治し、勤務に支障なし」というように書いておくとよいでしょう。

中退と留年の書き方について

中途退学してしまった場合の書き方としては、「○○高等学校中途退学」や「○○大学○○学部○○学科中途退学」のように記載します。ここでの注意点は、まず「中途退学」を「中退」と省略して記載しないことです。また、中途退学にはさまざまな理由があるでしょうが、書ける理由であれば休学同様に簡潔に記載しておくようにしましょう。採用担当者からすると「どうして中途退学になったのか」という部分は知っておきたい部分です。そのため、面接時にはどうせ聞かれてしまうので、あらかじめ書いておくと面接がスムーズに運びます。 留学した場合の書き方は、その留学期間によって異なります。一般的に1年未満の留学では学歴に記載しません。1年以上の留学を行った場合のみ、「留学期間」、「留学先の国名」、「留学先の学校名」を記載するようにしてください。留学した理由については、自己アピールも兼ねて自己PRや自由記入欄に記載しましょう。

マナーを守って、他の就職希望者と差をつけよう!

1705_1_86 (2) このように新卒者が就活で履歴書に学歴を書く場合には、いつくかの注意点があります。しっかりとマナーを守って書くことで、他の就職希望者との間に差をつけることもできますので、よく理解したうえで記入するようにしましょう。  
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!