新卒、未経験でも就職できる!IT業界の就活でやるべきことを紹介!

はじめに

IoTやAIなどのIT技術は、あらゆる産業において欠かせないものとなりつつあり、今後もその傾向は高まることが予想されます。

それに伴い、IT市場の拡大と共に、IT業界における人手不足解消が国の急務となっています。

そのため、実は就活生にとって「IT業界はねらい目だ」と言われることも少なくありません。

実際、新卒や未経験でも採用されるケースも多くなっています。

そこで今回は、IT業界への就職を目指す人向けに就活でやるべきことを解説します。

IT企業は新卒・未経験でも就職できる

「理系の大学を卒業していないから」「専門知識がなければ採用してもらえないのでは」などと、IT業界に興味があっても諦めてしまっている人もいることでしょう。

たしかにIT企業への就職というと、理系や専門職のイメージが強いかもしれません。

しかし実際には、多くの企業において文系でも未経験でも、幅広い人材を求めています。

つまりIT業界は、新卒や未経験でも比較的就職しやすい業界ということです。

幅広い求職者が受け入れられている背景についても、理解しておきましょう。

IT需要の拡大

まずは、ITの需要が拡大している点です。

すでに私たちの日常生活でもIT技術は浸透しています。

それはあらゆる産業、企業においても同様です。

技術も発展し続けるなか、IT業界と一口に言っても、分野はさまざまです。

すべてのモノがインターネットにつながる「loT」や、人工知能「AI」技術の発展により、私たちの生活やビジネスのあり方が大きく変わるということで、これら2つは特に注目されている分野といえます。

このように、IT業界は現在も急成長を続けていますが、今後ますます拡大すると予測されています。

IT関連の仕事は需要が高まっているという現状です。

そのため、IT業界では新卒や未経験でも採用してもらいやすいと考えられます。

人材不足

IT業界の人材不足が深刻な状況にあるのには、主に以下で述べる3つの理由があります。

  • IT業界の急速な拡大
  • 少子高齢化
  • IT業界に対するネガティブなイメージ

先述した「ITの需要の拡大」も人材不足の一因です。

ニーズの高まりと共に、技術革新のスピードも速くなっています。

そのため常に技術や知識のアップデートが必要な環境であり、人材育成が追いついていないのです。

また、日本は少子高齢化が進み、労働人口は減少しています。

技術をもった高齢者層が退職する一方で、IT関連の仕事を志望する若者が少ないといったことも理由の1つです。

さらに若者の志望者が少ない理由は、「IT業界ではブラックな労働環境が常態化している」というイメージが浸透しているためです。

このような背景から人材不足が問題視されています。

政府の試算によるとIT業界では、2030年には約79万人の不足になるともいわれています。

新卒・未経験でIT企業に就活する方法

IT業界で求められる人材は、理系や有資格者、技術者だけではありません。

新卒や未経験でも採用される可能性の高い業界です。

しかし、いくらIT業界が人材不足だとはいえ、何も準備をせずに就活が成功するわけではないと心得ておきましょう。

何より、仮に採用されたとしても、IT企業への就職に向けて準備をしていない状態では、入社してから自分が苦労することになるでしょう。

まずは採用されるために、そして採用後はスムーズに業務へ携わるために必要なことについて以下で紹介します。

携わりたい事業を明確にする

まずは自分が目指す分野を明らかにしましょう。

自分がどのような形で社会貢献したいのか、どういった事業に携わりたいのかなどを考えます。

なぜ志望する事業などを明確にすべきなのかというと、IT業界は非常に多くの企業が参入しているためです。

必要な開発環境さえ整っていれば、ある程度費用を抑えて開発などに参入できます。

そのためIT業界は、展開している事業の数が多くなっています。

IT関連の分野や事業内容は、細分化するとその数は非常に多くなる点がこの業界の特徴です。

そういった状況で自分がやりたいことを明確にしなければなりません。

より具体的な対策が可能になるうえ、面接の際にも自分の具体的な目標や展望が示せるようになるので、入社に対する熱量が伝わります。

最新の業界情報を読む習慣を身につける

IT技術は常に進化し続けるものです。

特に近年、その発展は目覚ましいものです。

そのため、業界の動向については常にチェックしておく必要があります。

未経験者は入社後に業界の話や単語がわからず、話についていけなくなるケースもあるかもしれません。

そうなると、業務に支障をきたす可能性もあるでしょう。

そのような事態を避けるために、なるべく業界のニュースに触れて知識をつけておくことが大切です。

新聞や書籍、ニュース、インターネットを活用して、最新の業界情報を頭に入れるような習慣をつけておきましょう。

また、わからないことがあってもすぐ人に聞くのではなく、一度自分で調べてから聞くなど情報収集能力をつけておくことも大切です。

WordやExcelを使えるようにしておく

IT系というと、まず多くの方はプログラミングやサーバーの設定を思い浮かべるかと思います。

しかし就職時に高度な技術が必須というわけではありません。

基本となるのは、WordやExcelなどの一般的な基本ツールだと考えてよいでしょう。

ただ、最低限のラインとしてWordやExcelなどは必須で使えるようにしておきます。

IT業界にかかわらず、一般的な企業に就職するのであれば、一般的なツールの基本操作は習得しておきましょう。

そのうえで、余裕があればプログラミングなどにも挑戦しておくとさらによいかもしれません。

ITに関するスキルが身についていると、当然就活時のアピールポイントとなりますし、入社後も役に立ちます。

資格を取る

高度な技術だけでなく、資格や技術も必須ではありません。

ただ、就活までに時間的余裕があるのならば、IT系の資格取得を目指しましょう。

IT系の資格を取得するには、ITに関する知識だけでなく、実践的なスキルも必要です。

有資格ということは、一定以上の技術や知識が身についていると考えられます。

そのため、就活でもよい評価につながりやすくなるでしょう。

自分が携わりたい業務の実際を知るうえでも有効だといえます。

さらに資格を取得するための勉強は、就職後の実務において必ず活用できます。

入社後即戦力となるためにも、積極的に資格取得へ挑戦するべきでしょう。

就活で有利なIT系の資格について知りたい方は、以下の記事もご参照ください。

IT業界の就活で有利になる資格は?大学生におすすめのIT資格を紹介!

インターンに参加する

IT業界では、インターン中に採用を決定する企業も多くなっています。

そのため志望する企業のインターン募集に関しては、きちんと情報収集しておきましょう。

仮に志望先でそのチャンスに恵まれなくても、同じIT業界で積極的にインターンへ参加することをおすすめします。

なぜなら、インターンに参加することでより素早く効率的に、IT業界の動向や情報を集められるのです。

業界や企業、業務に対する理解を深めることにもつながります。

また、IT業界では特に実践経験が大事になってくるため、インターンを通して実務に携われるのはよい経験となるはずです。

ESや面接でのアピールポイントとなるほか、IT業界への就職に関する判断材料ともなり得ます。

エージェントを利用する

1人で就活をしていくのが難しいと感じる人は、就活のプロに力を借りるのも1つの方法です。

就活エージェントを利用すると、自己分析から面接まで徹底的にサポートしてくれます。

したがって、自分1人だけで就活をするよりも有利に進められるでしょう。

実際に、就活生の約3割が就活エージェントを使っているともいわれているのです。

「就活市場エージェント」では、就活生向けの就職エージェントサービスを提供しています。

学生の就職に関する諸条件を徹底的にヒアリングしたうえで、企業の紹介から、マンツーマンで面接やES対策までサポートしてくれます。

学生は、0円で利用可能です。

就活市場エージェントのサービスについては、こちらをご覧ください。

まとめ

IT需要の拡大や業界の人材不足により、IT企業では求職者を幅広く受け入れる傾向にあります。

そのためIT業界は、新卒や未経験でも就職しやすい業界だとされています。

ただし就活を成功させるには、準備も必要です。

まずは、自分が進みたい道を明確にして、業界に関する情報収集をして知識を得ることです。

そして自身のアピールポイントを磨くため、WordやExcelなどの基本ツールについて学んだり資格を取得したりしましょう。

インターンに参加して実践経験を積むのも有効です。

このような対策や、志望先の選定が難しいと感じるならば、就活エージェントを利用するのもおすすめです。

就活準備、順調ですか?
1人でわからない事はプロと2人で​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ