大学4年の中退はもったいない?中退者が就活で心掛けることとは

はじめに

大学を中退するということは、あなたの人生にとって非常に大きな決断です。

さまざまな理由を抱えて中退をする学生もいることでしょう。

自ら決断したであれば、誰にも止める権利はないのです。

将来のことや、中退することで被るデメリットを考え、自分の思うような人生を歩めるようにイメージしましょう。

就職が大きな壁になるかもしれません。

しかし、しっかり用意をして臨めば大丈夫です。

早めに情報を集めて、共に就職活動をするであろうライバルと差をつけましょう。

大学を中退したときの最終学歴は

大学を中退した場合の最終学歴は高卒です。

最終学歴はもっとも高い水準の教育機関を卒業した経歴のことを指します。

高校を中退した場合には中卒になります。

たとえば、大学と専門学校のどちらも卒業した経歴のある方は、直近に専門学校を卒業していたとしても、大学卒業が最終学歴です。

また、履歴書には中退歴を必ず表記しましょう。

もし表記をしなければ学歴詐称になってしまいます。

就職活動において不利になってしまうような気もしますが、もし中退をしたのであれば必ず記入してください。

「大学中退」と記載しよう

先述の通り、学歴詐称になってしまうので、履歴書には必ず大学を中退した旨を記載しましょう。

最終学歴としてあなたの経歴に残るのは高校卒業です。

しかし、大学中退という経歴も給与や昇格に影響する場合があります。

基本的には高卒と同じ給与になります。

ただ、企業によっては少し待遇が違う場合もあるかもしれません。

記載していなければ経歴に空白の時間が生まれてしまい、面接官に疑われてしまいます。

その場で実は大学中退ですと表明するのは、印象もよくありません。

大学を中退しても就職はできる

大学を中退したことで、就職できないかもしれないという不安に駆られる方もいるかもしれません。

しかし、高卒で就職している方もたくさんいます。

その点は安心してください。

就職することはもちろん可能です。

ただし、大学を卒業していたら得ることのできた利益を得られない場合があるだけのことです。

中退という経歴をネガティブにとらえてしまうと、就職活動で余計不利に働きます。

それよりも前向きに就職活動に臨んで、よい結果を手にすることを意識していきましょう。

大学を中退した場合は「中途採用枠」

大学を卒業した場合は新卒として就職活動をおこないます。

しかし、大学を中退した場合はどの枠に当てはまるのか疑問だと思います。

結論としては、中途採用枠、就業未経験枠として就活をするのです。

高卒以上・学歴不問の既卒・中途採用枠をねらうのがおすすめです。

2012年に政府の指針で高校・大学を卒業してから3年以内であれば、新卒扱いをするというのが決まりました。

そのため、タイミングによっては新卒としても応募はできます。

ただ、しっかり大学を卒業した人もライバルになるので、落ちてしまう可能性が高いかもしれません。

中途採用枠は欠員の補充だったり、新たなプロジェクトを始めるための人材を探していたりとさまざまなパターンがあります。

すでにキャリアのある人の募集をしているという場合もあるので、募集の詳細をよく見てみましょう。

中途採用は1~3月がねらい目

中途採用の募集がもっとも多いのは1月から3月にかけてとされています。

ちょうど新たな年度に向かう前の期間なので、企業側も人材の調整をおこないます。

もちろん年間を通して募集はありますが、特に求人の選択肢が多いのはこの期間です。

そのため、2月ごろを目安に就職活動を始めるのがおすすめです。

選択肢が多いことに加え、何件か面接を受けて安全策を取ることもできます。

中退という不利な経歴をカバーするために、こういった面で自らをフォローしていくのも重要です。

就活に不利な可能性は高い

やはり中退という経歴は、就職で不利に働くことも考えられます。

たとえば、就職可能な企業の選択肢が大卒に比べて減るという点です。

大卒向けの求人というのは、企業が安定して継続していくためだったり、新たな人材を入れて組織を活性化させたりする目標があるので、企業側も力を入れています。

一方で中途採用に関しては、先述の通りでスポット的な募集です。

大卒求人と比較してしまうと、やはり選択肢は少ないと感じるでしょう。

先ほど、タイミングによっては新卒として就職活動が可能だと述べました。

しかし、大学を卒業している人としていない人がいた場合、相当な魅力がない限り企業は大卒を採用するでしょう。

また、給与の面でも不利に働きます。

大学を卒業していれば初任給からそこそこの金額をもらえますが、そうでない場合は大卒よりも安いです。

これも詳しく調べるとわかりますが、生涯賃金にはかなりの差が生じます。

大学4年生での中退はよく考えよう

現在大学4年生で、中退を考えている方はよく考えてみましょう。

あと少しだけ頑張って、大学を卒業するだけで働いたときの給与は段違いなのです。

それに就職の選択肢も幅広くなり、いろいろな可能性が考えられます。

残り数ヶ月で卒業できる状態であるということと、中退したい理由をしっかり比較して検討してみてください。

それでも中退したいという、何か叶えたい夢や、やむを得ない事情がある場合は中退を選んでも仕方ありません。

しかし、ただなんとなくで中退を考えているのであれば、それはやめるべきでしょう。

ここまで安い金額ではない学費を払って勉強してきた価値は大きいのです。

今は恩恵を感じられないかもしれませんが、これからの将来で大きく影響してきます。

ぜひしっかり検討して、後悔のない選択をしてください。

大学中退者の就職活動に関する注意点

大学を中退した経歴で、就職活動をおこなう場合に気をつけたい点がいくつかあります。

ある程度想像はついているかと思いますが、この中退という経歴は基本的にあまりよい印象を与えないのはたしかです。

それを理解し、就職活動をおこなう際には自らの精神、考え方を整えて臨みましょう。

不利な部分を見ようとしないのは危険な行為です。

自ら選んだ決断なのですから、そこは自分でしっかりけじめをつけ、デメリットを把握して乗り越えましょう。

大卒との給与に差が生じる

まず一番大きな注意点が、大卒の方との給与差です。

格差は10万程度におよぶ場合もあります。

大卒という経歴は就職活動に大きく影響するということです。

おそらく、中退を検討した際にはこういった面も調べてはいると思いますが、これは必ず覚えておきましょう。

この大卒との年収差はおそらく埋まりません。

相当な技術があれば可能性はあるかもしれませんが、あまり期待はもたないほうがいいでしょう。

また、高卒の方は高校を卒業した年齢で仕事を始める場合も多いので、そことも格差があります。

自分より若い人が先輩になる場合もあるでしょう。

大学中退の理由に注意

企業の面接に臨む際、あなたがなぜ中退を選んだのかを聞かれる可能性は非常に高いです。

無理して、取りつくろった答えを用意する必要はありません。

ただ、あまりネガティブな理由を答えないようにしましょう。

できるだけポジティブな言い方に変えて、面接官にあなたの考え方や理由を素直に伝えるべきです。

それだけで好印象に変わる可能性はあります。

中退の理由が家庭の事情などであれば、面接官もそれ以上のせん索はしないでしょう。

中退してからのブランク期間に注意

大学を中退してから、就職活動をはじめるまでに空白の期間がある場合はそれも質問されるでしょう。

「そのブランク期間は何もしていなかった」などと答えてしまうと印象はあまりよくありません。

新しい分野の学習をしていたとか、資格を取得していたなどのポジティブな理由があるとよいです。

病気などでやむを得ず、ブランク期間が生まれてしまった場合はそれを素直に話しましょう。

先ほどと同じように、そういった面で無理に取りつくろって答える必要はありません。

もしもフリーターをしていたのであれば、素直に答えるのでもいいですが、よい言い換えができることもあります。

フリーターをして生活をつなぎながら、勉強をしていただとか、思いつくもので嘘がないのであればそれでよいでしょう。

中退した学生が就活で成功するためのポイント

中退したとしても、あなたのやり方次第でいくらでも就職の選択肢は広がります。

大学を卒業していた場合と比較すると不利な点が見えてはしまいます。

しかし、高校を卒業してすぐ就職する方もいるのです。

そこに優劣はありません。

ただ、最初の時点では経歴が大きく作用してくることは把握しておきましょう。

就職して実力が認められたり、長い間勤務を続けていたりすれば、給与や評価は上がります。

自分の思うような生き方を描いて、前向きなイメージをもつことは忘れないようにしてください。

有利になる資格や経歴を作る

中退というデメリットがあるのであれば、メリットでカバーすれば何も怖くありません。

むしろ、自分のやりたい職業があってそのために中退し、就職するために資格を取ったのだとすれば、非常に有利だといえます。

まず国家資格を取得できれば非常に有利です。

わかりやすい資格だと保育士でしょう。

そのほかにも保険や税金などの知識のエキスパートであるファイナンシャルプランナーや、不動産取り引きのエキスパートである宅地建物取引士といった資格があります。

自分が就きたい職業に関する資格は取得しておいて損はないでしょう。

また、英語系に関する資格は就職活動に有効に活用できます。

最近はグローバル化が進んでいるので、いろいろな企業にアピールできるでしょう。

TOEICや英検がもっとも知られている英語資格です。

そのほかにもあるので、気になる方は調べてみてください。

自分を上手にアピールできる表現を探す

デメリットを背負っている分、自分をいかに魅力的な人間としてアピールするかは非常に重要なポイントです。

ネガティブにならず、自分をしっかり見つめて、恥ずかしがらずに事実を話すべきです。

中退した理由や就活を始めるまでのブランク期間がある場合も、できるだけ言い換えを考えて、可能な限りよい印象を与えられるよう努力しましょう。

短所も見方を変えると長所になるという言い換えと似たようなものです。

自分について見つめ直すいい機会なので、リストアップして視覚的に見てみるというのも1つの方法です。

就活についての計画をおこたらない

不利な状況下でよい結果をつかむためには、就職活動の計画をおこたらないことが重要です。

どんなこともやはり早めの行動と準備が功を奏するのです。

もしかしたら、なんとなく就職活動を始める大学生もいるかもしれません。

企業はおそらくそういった部分を見抜きます。

しっかり企業や業種の調査をして、ライバルと差をつけていきましょう。

そしてできるだけ余裕をもって準備を進めて、可能な限り心配な要素がない状態で就職活動をおこないましょう。

「未経験歓迎」や「学歴不問」の募集を探す

計画的に就職の準備を進めているとわかると思いますが、「未経験歓迎」や「学歴不問」という募集が見つかることもあります。

中途採用の募集にはある程度のキャリアをもったライバルがいるのです。

そのため、前者の未経験歓迎の募集は中退したばかりで、まだキャリアの少ないあなたにとって有利に働きます。

また後者も、中退というデメリットが作用しないので、見逃さないようにしましょう。

こういった部分も就職活動で成功するための重要なポイントです。

ポテンシャル採用や非公開求人を活用

もしも、あなた自身のある能力や、考え方に自信があるのであればポテンシャル採用という求人をおすすめします。

これは人格や意志の強さのある人材、大きな成長が期待できる人材をピックアップして採用する募集です。

若手の人材が減っているので、ポテンシャル採用によって積極的に人材を集めている企業もあります。

また、インターネットには載っていない非公開求人を有効活用するというのも1つの手です。

これは転職系のサイトに登録したり、転職の窓口に行ったりした方のみに公開される求人です。

選択肢を増やしたいのであれば、こういったものも活用してみましょう。

大学中退した学生におすすめ職業

就職を成功させるために、おすすめの職業をいくつか紹介します。

学歴を重視した求人も多いです。

その一方で、学歴は関係なく試験を通っていれば問題ない職業や、人柄重視の職業ももちろんあります。

また、若い人材を探していて、未経験からじっくり育てていきたいという求人もあるはずです。

これはあくまで就職活動の成功しやすいであろう職業の紹介なので、あなたに向いているかどうかは別です。

安全策を取るために無理をして苦手な職に就くことは、将来的に見ていい結果を望めないでしょう。

公務員

公務員にもいろいろな職種があり、国家公務員と地方公務員があります。

詳細が気になる方はそれぞれ調べてみてください。

公務員になるためには、基本的に学歴は不問とされています。

公務員試験にさえ合格すれば、就職先を見つけられるのが公務員です。

安定した収入や待遇が約束されているので、安心して働ける職業の1つです。

試験合格のためには勉強が必須なので、早めに準備を始めましょう。

書店でテキストを購入できるので、試験内容が気になる方は一度目を通してみるとよいかもしれません。

営業職

営業職は人とコミュニケーションを取ることが最重要とされているスキルです。

企業の顔として客先におもむき、いかに仕事の話を可能な限り、損なく気持ちよく進められるかを求められます。

そのため、ほとんどの企業が学歴よりも人柄や忍耐力を重視しています。

もしあなたがそれらに自信があるタイプであれば、営業職の求人を探してみるのもおすすめです。

最初のうちは苦労するかもしれません。

しかし、人と話すことが好きなのであれば、キャリアを積むごとにやりがいを感じるはずです。

IT系

エンジニア職は若い人材にキャリアがないことは承知のうえで求人を出しています。

そのため、未経験から教育することを視野に入れて採用をしている場合があります。

入社後、向上心をもって経験し、仕事に臨んでくれる若い人材を探しているはずです。

あなたがエンジニア系の仕事に興味があったり、少しでも知識があったりするのであれば、IT系の募集を一度見てみるといいかもしれません。

若い人材は吸収が早く、将来的に組織の軸になる可能性も高いので、企業側も大切にするでしょう。

自分なりによく考えて後悔がないようにしよう

中退はあなたにとって、非常に大きなターニングポイントになるでしょう。

軽い気持ちで考えてはいけないものです。

もし軽い気持ちで中退を考えているのであれば、通学を続け、卒業することをおすすめします。

家庭の理由などがあるのであれば、それは仕方のないことです。

中退をすれば、就活に関して不安になることもあるかもしれません。

諦めずに就職先を探しましょう。

また、理由をしっかりもって中退するという方は、上記のことに気をつけて、計画的に行動すれば問題ないでしょう。

自分の人生は自分で決めるということは当たり前のことです。

自分の考えに自信をもつべきです。

ただし、後悔のないよう、ベストな選択ができるように心がけましょう。

就活準備、順調ですか?
あなたの就活を二人三脚で内定までサポートします​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ