新卒の履歴書作成はパソコン?手書き?最適な形で履歴書を作成しよう

はじめに

pixta_75180690_M

就活の必須アイテム「履歴書」の作成は、選考に大きな影響を与えるものの1つです。

手書きするべきかパソコンで作成すべきか、悩んでいる就活生の方々のために本記事では履歴書作成の最適な方法をご紹介いたします。

「就活用の履歴書」といっても書き方の答えは1つではありません。

新卒か中途でも変わりますし、企業の社風によってどのような形が好まれるかはまったく異なります。

ぜひこの記事を読んで、応募する企業ごとにベストな履歴書を臨機応変に作成してみてください。

【履歴書はWordで作っていいの?】効率よく履歴書を書きたい

スマホやパソコンが普及し、近年は手書きの機会は一気に減りました。

大学でも、多くの方が基本的にパソコンをメインに使っているのではないでしょうか。

就活では何社にも履歴書を送ることになるので、できるだけ効率よく作成したくなると思います。

実際、手書きとパソコンのどちらでも問題はありません。

しかし、企業に与える印象面で違いが出るのは事実です。

また、企業から指定がある場合はそれを無視できません。

枚数が必要だからといって、効率重視で似たものを複製するのではなく、1社ごとに好印象となる書き方を考えることが大切です。

【履歴書はWordで作っていいの?】新卒は手書きが無難

特に企業からの指定がなく迷う場合、新卒であれば手書きを選びましょう。

スキルや経験の少ない新卒の採用では、人柄などが選考時の大きなポイントとなります。

字から伝わる真剣さや丁寧さ、履歴書作成にかかる時間を惜しまない本気度が企業へ伝わるのは手書きならではでしょう。

なお、古くから続く老舗企業や中小企業に応募する場合も、手書きでの作成をおすすめします。

「履歴書は手書きで書くもの」というイメージが根強く残っているほか、社員の年齢層が高いことも多いです。

美しく読みやすい文字や文章であればあるほど、好印象を得られる可能性が高いでしょう。

字は人を表すから

丁寧に書かれた字には、誰でも誠意を感じ、好感を抱くものです。

いわゆるペン字のようにきれいな字でなくても、まったく問題ありません。

日本文化特有の手書きがもつ誠実さのイメージを、できる限り自分の字で表現することが大切です。

また採用担当者は、誤字脱字なく最後まで丁寧に書いているか、などという点から人柄を見ています。

「字は人を表す」というとおり、履歴書の字から将来仕事に取り組む姿勢を想像されていると頭に入れて、丁寧に書く意識をもちましょう。

熱意が伝わるから

同様に、履歴書を手書きすると、パソコンでの作成よりも大幅に時間を要します。

企業側もその時間を惜しまず自社に向けて履歴書を丁寧に書いた、という就活生の熱意を感じることができます。

何枚も必要になる履歴書ですが、その1枚にかけた労力から志望意欲の高さが伝わるのです。

パソコンで簡単に複製・修正したと思われる履歴書よりも、手書きできっちりと書かれた履歴書からは、志望者の思いが強く感じられると思います。

手間もかかり少々大変ではありますが、熱い思いをもって手書きの履歴書を作成していきましょう。

【履歴書はWordで作っていいの?】手書きのときに気をつけたいこと

何枚も履歴書を手書きしていると、どうしても書き損じなどのミスが起きやすくなります。

またボールペンによっては、手ですれてにじんでしまうこともあります。

このような間違いや汚れは、誤魔化さずに書き直しましょう。

加えて、下記の3点にも必ず注意を払ってください。

乱暴な字になっていないか

学歴や職歴・志望動機など、何枚も書いていると意外とボリュームがあることに気がつきます。

はじめのうちは丁寧に書けていても、集中力が切れてくると次第に乱雑になりがちです。

履歴書をパッと開いて字のきれいさにムラがあれば、好印象を与えにくいことは容易に想像できるでしょう。

何枚目になってもはじめの1枚目、という気持ちで書くことが大切です。

字と字の間隔が均等になるよう意識しつつ、漢字より少しだけ小さめにひらがなを書くとバランスがよく見えます。

ちなみに応募方法が郵送で宛名書きが必要な場合は、必ず下書きをしてから宛名書き用のペンで書きましょう。

こういった小さな配慮がすみずみまで行き届くことで、丁寧さや誠実さを感じられる好印象の履歴書となります。

誤字脱字

集中力が切れると誤字脱字が増える経験は、誰しもあるのではないでしょうか。

ミスに気づかず提出してしまうと、職種によっては評価が下がる可能性も十分にあります。

経理や事務、校正などの文字をダイレクトに扱う職種や、社会的信用を伴う金融系の職種では実務の場合、少々の誤字脱字でも大きな問題につながりかねません。

どの職種に応募する場合でも、書き終わったあとは文章を声に出して読み、誤字脱字はないか確認しましょう。

普段から誤字脱字が多いと自覚している方は、時間を空けて2度確認する癖をつけることもおすすめです。

修正液・修正テープはしようしない

万が一、書き間違えていた場合は、たとえすべて書き終えていたとしても、新しく書き直してください。

修正液や修正テープを使うことは基本的にNGと考えましょう。

同様に消えるペンを使って修正したり、砂消しゴムなどで消したりすることもタブーです。

【履歴書はWordで作っていいの?】パソコンでもOKな企業

近年は、高いITスキルを求める企業が増えるなか、パソコンで作成した履歴書を好印象とする場合もあります。

IT系や外資系、若い世代の多いベンチャー企業などは特にその傾向が強いでしょう。

電気機械関係の職種や製薬や医療機器業界、アパレル業界なども、パソコンで作成することを基本としている場合が多いようです。

企業からフォーマットを指定されていなくても、応募する企業や職種に合わせて自分で判断する必要があります。

見やすいから

パソコンで作成された履歴書が好まれる理由の1つに、大量の履歴書をチェックするにあたっての見やすさ・読みやすさがあります。

大企業であれば、採用担当者は何百という数の履歴書に目を通さなければなりません。

そこで手書きであるがゆえに読みにくい箇所などがあれば、時間を浪費してしまいます。

字に自信がないのであれば、思いきってきれいにパソコンで作成された履歴書のほうがよい、という採用担当者もいるようです。

誰が見ても間違いなく読める、それがパソコンを利用したほうがよい点の1つといえるでしょう。

効率重視だから

またパソコンで作成する場合は、間違いがあっても1から書き直す必要はありません。

こまめに上書き保存をしながら作業を進めておきましょう。

そうしておけば、間違えたところから書き直せます。

IT系など効率重視で仕事を進める企業は、できるだけ作業効率を高められる学生の採用をしたいものです。

そのため、パソコンのスキルや無駄のない作業ができるかを見極めるポイントの1つとして、履歴書を見ています。

フォーマットの指定がなく、ITリテラシーを重要視する企業であれば、パソコンで作成するようにしましょう。

【履歴書はWordで作っていいの?】パソコン作成のときに気をつけたいこと

手書きでないからと油断したり、コピー&ペーストを乱用したりしていると、思わぬミスが起きてしまいます。

なおメールで送る場合は、文字化け対策なども忘れてはいけません。

パソコンでの作成であっても、最後までミスがないか確認を徹底し、1枚ずつ丁寧に向き合うことが大切です。

誤字脱字

タイピングミスで不要なアルファベットが残っている、逆に1文字抜けている、などが起きていないか入力後の確認をおこたらないようにしましょう。

ミスに気づかぬままコピーして貼り付けていると、何枚にもわたってそのミスが残る可能性もあります。

できるだけ入力時のミスが少なくなるよう、常にスキルアップを心がけたいものです。

同様に、予測変換ミスも気は抜けません。

タイピングに自信のある方も、選考に関わる履歴書ということを忘れずに、入力後は声に出して読み上げるなどの確認を徹底することが大切です。

内容の修正し忘れ

前述のとおり、パソコンでの履歴書作成は効率的にコピー&ペーストできることが最大の特長といえます。

しかし、別の企業名をそのまま貼り付けてしまうといった、大変失礼なミスな引き起こす可能性もあり、細心の注意が必要です。

また、志望動機など応募先の企業によって変わる内容も、他社用の文章を貼り付けてしまっていないか、しっかり確認しましょう。

安易にコピー&ペーストを使いすぎず、1枚ずつ丁寧に作成することは、手書きの場合と同様に基本となります。

【履歴書はWordで作っていいの?】手書きかパソコンかは募集要項と社風で判断しよう

事前に企業から指定があれば、当然ですがそのフォーマットにしたがって作成します。

特に指定がない場合は、これまでにご紹介してきたとおり、職種や社風に合わせた判断をしましょう。

どうしても迷ってしまう場合は、無難な手書きをおすすめします。

重要なことは、誠意や熱意をもって丁寧に履歴書を作成することや、志望動機などの内容です。

明らかに毛色の違うアプローチをしてしまって、選考書類で失敗することだけは気をつけましょう。

おわりに

新卒の履歴書作成方法とその理由について、いろいろな角度からご紹介いたしました。

就活中は予想以上に履歴書が必要になったり、思いもよらない結果が出たりするなど、余裕のなくなることもあるでしょう。

手書きが評価される理由や、パソコンでの作成が必須な業界や職種など、事前に知っておいたほうがいいことは頭に入れておきたいものです。

日本文化として、履歴書の印象が書類選考時の評価に影響する企業はまだまだあります。

志望する企業の特質を理解しつつ、最適な形かつ読みやすい履歴書を作成し、書類選考突破を目指しましょう。

そんな履歴書でほんとに大丈夫?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ