【新卒必見】新卒は手書きの履歴書が無難?作成時のポイントや注意点を解説!

はじめに

pixta_72150227_M

これまでは手書きの履歴書が主流でした。

しかし、デジタル化が進んでいる最近では、パソコンで履歴書を作成する人も増えています。

特に新卒で就活をしている人の場合、デジタル化が進んだ環境で生活している期間が長いです。

そのため履歴書の作成を手書きにするのか、パソコンでの作成にするのか迷っている人も多いでしょう。

実際、新しい企業と老舗企業それぞれの考え方に違いもあり、デジタル化が進んでいても手書きの履歴書のほうが好印象だという意見もあるのが現状です。

今回は、現在でも手書きの履歴書のほうが好印象だとされている理由や、手書きで履歴書を作成する際の注意点などを紹介します。

【履歴書は手書きのほうがよい?】なぜ手書きのほうが印象はいいのか

手書きの履歴書とパソコンで作成された履歴書を比較すると、手書きの履歴書のほうが印象はよいとされています。

なぜ手書きの履歴書が好印象だといわれているのか、意見を見てみましょう。

まず、文字の丁寧さを選考要素に取り入れるという意見があります。

このような意見をもつ企業は、履歴書に記入された文字をもとに、志望度の高さや熱心さ、人柄などを判断します。

また、パソコンより時間が必要な手書きの履歴書で本気度を見るという意見もあるのです。

手書きの履歴書から本気度を見ている企業は、社員の年齢層が高かったり老舗だったりする企業です。

デジタル化によって普段からパソコンを使う機会が増えている環境でも、正式な書類である履歴書はパソコンではなく、手書きするのが一般的だという常識があるか確認するためという意見もあります。

迷っているなら手書きが無難

企業のなかには、就活の際に提出する履歴書において、重要なのは書式ではなく内容だと考えている企業もあります。

そのような企業の場合は、手書きの履歴書かパソコンで作成された履歴かについてはどちらでも問題ないと考えています。

しかし、やはり手書きされた履歴書のほうが、若干ではあるものの企業から見たときの印象がよくなるでしょう。

これは、日本に昔からある、「手書きをすることには誠意がある」という強い認識のためです。

最近だと手書きは面倒だと考えて、はじめからパソコンで履歴書を作成する人もいます。

それに対して丁寧に手書きした履歴書を提出すれば、自分自身の個性や人柄を知ってもらうことにもつながるでしょう。

上記の理由で、履歴書を作成する際に手書きかパソコンか迷った場合は、特に企業からの指定がなければ手書きで作成したほうがよいといえます。

IT企業やWeb系企業志望ならパソコンで作成しよう

新卒の履歴書は手書きが好印象だという意見がある一方で、パソコンで作成した履歴書のほうが読みやすいという意見の企業もあります。

特にIT系の企業やWeb系の企業では、パソコンで作成した履歴書を指定することもあるでしょう。

IT系の企業やWeb系の企業で働く場合、パソコンの操作がスムーズにできることが必須です。

そのため、まずはパソコンで履歴書を作成してもらい、パソコン操作に関する基本的なスキルをもっているか見極める企業もあります。

また応募者にとっても、履歴書をパソコンで作成することで、身についているパソコンの知識やスキルを企業にアピールすることにつながります。

このような理由から、IT系の企業やWeb系の企業へ応募する際は、手書きではなくパソコンで履歴書を作成したほうがいいケースもあります。

場合によっては企業から指示される場合もあるため、応募する際は事前に確認しておきましょう。

【履歴書は手書きのほうがよい?】手書きの履歴書を作成する際のポイント

履歴書を手書きする場合、ただ書けばいいというわけではなく押さえておくべきポイントがあります。

手書きする際には、使用する用紙や筆記用具はもちろんのこと、書き方にも気をつけなければなりません。

せっかく最後まで丁寧できれいな文字で書いていても、基本的なことができていなければ面接官や企業からの印象も悪くなってしまいます。

入社前の面接やテストなどではなく、履歴書によって印象が悪くなってしまう事態はなんとしても避けたいところです。

そこでつぎは、履歴書を手書きする際に気をつけるべき点について確認しておきます。

履歴書の選び方

履歴書は、市販のものでもWeb上のテンプレートをダウンロードしたものでも、どちらでも問題ありません。

履歴書のサイズにはA4とB5があり、無難なのはA4ですが、B5を使用している人も多いです。

B5はA4と比べて一回り小さく、書ける内容が小さかったり項目が少なかったりします。

それぞれ注意点を見ていくと、A4の場合は用紙が大きい分、記入欄の面積も大きくなります。

B5より多くの情報を記入できますが、文章を書くのが苦手な人にとっては向いていない場合もあるでしょう。

一方でB5は用紙の大きさに比例して記入欄の面積も小さく、書ける内容も少なくなります。

多くの情報を記入したい人には向いていませんが、伝えたいことを文章にするのが苦手だったり経歴や職歴などがシンプルだったりする人にはB5がおすすめです。

企業から指定されていなければ、自分に合ったサイズのものを使用しましょう。

市販のものを買う場合

市販されている履歴書の種類は、以下の4種類です。

市販の履歴書の種類

①JIS規格
②一般用
③転職用
④パート/アルバイト用

それぞれの履歴書で各項目を記入するスペースが少し異なります。

この4種類の履歴書のなかで新卒におすすめなのは一般用です。

一般用の履歴書は自己PRを記入する欄の割合が大きいため、記入できる職歴がない場合でも、学業や部活動、課外活動のような学生時代の活動で得た学びや実績などをアピールできます。

JIS規格の履歴書の場合、学歴や職歴を記入するスペースが多く、自己PRを記入するスペースが少ないです。

そのため、JIS規格の履歴書は学歴や職歴でアピールしたい人向けの履歴書となっています。

転職用やパート・アルバイト用の履歴書を買わないように気をつけましょう。

テンプレートをダウンロードする場合

Web上のテンプレートをダウンロードして履歴書を作成する場合、一般的な履歴書と比べて大きな違いがないか確認しましょう。

なかには資格を記入する欄がないものもあり、そのような履歴書は印象がよくありません。

企業側に、「何か隠したいことがあるのかもしれない」というマイナスな印象を与えてしまう可能性もあります。

新卒で就活をする際は、趣味や特技、自己PRがきちんと記入できる履歴書を使用しましょう。

新卒のように、これまでの職歴がない場合に履歴書で企業にアピールする方法としては、自己PR欄や自由記入欄などに学生時代の功績や特技などを記入する方法が一番です。

筆記用具の選び方

履歴書に記入する際は、必ず消えないボールペンを使用しましょう。

おすすめのボールペンは、芯の太さが0.5mmの黒色ボールペンです。

履歴書は応募する企業へ提出しなければならない正式な書類のため、鉛筆やシャープペンシルのように簡単に消せる筆記用具で記入するのはマナー違反です。

また、人気のあるフリクションボールペンを使用することも避けましょう。

フリクションボールペンもボールペンではありますが、熱で文字が透明になるインクを使用しています。

そのため、高温の場所に置いておくと文字の色が薄くなったり、消えてしまったりすることがあるのです。

ボールペンには水性や油性、ゲルインクがあります。

履歴書の記入に使用する場合、水性のボールペンは使用しないほうがよいでしょう。

水性のボールペンを使用すると、書いているときに手で擦れて汚くなってしまったり、水滴がついてにじんでしまったりすることがあるというのが理由です。

油性やゲルインクのボールペンであっても手で擦れると周りが黒くなることもあります。

心配であれば速乾性のあるボールペンを使用するとよいでしょう。

修正ペンや修正テープは使わない

履歴書を作成する際、文字を間違った場合に修正液や修正テープなどを使用して書き直すことは失礼にあたります。

履歴書のような正式な書類を記入する際に修正液や修正テープを使用してしまうと、おおざっぱな性格だと思われてしまったり、熱意がないと思われてしまったり、企業になんらかの悪い印象を与えてしまう可能性があります。

はじめから誤字や脱字がないように記入するのが前提ですが、誤字や脱字などの書き損じをしてしまった場合は新しい履歴書に書き直すようにしましょう。

最後のほうで間違ってしまうと書き直しも大変なので、心配な場合は鉛筆で薄く下書きをしておくのがおすすめです。

シャープペンシルは芯が細く硬いため、紙を傷めたり跡が残ったりしやすいですが、芯がやわらかい鉛筆であれば紙を傷めにくく消しやすいです。

本書きが終わったら、下書きの線を消し忘れないようにしましょう。

【履歴書は手書きのほうがよい?】履歴書作成時の注意点

手書きで履歴書を作成する場合、注意しなければならないことがいくつかあります。

パソコンで作成する場合は簡単に調節したり直したりできますが、手書きの場合は自分であらかじめ考えてから記入する必要があります。

履歴書は自分が見るものではなく、企業に提出して見てもらうものです。

相手にとって見やすいものでなければならないので、自分だけが見やすくても意味がありません。

細かく見ていけば数々の注意するべき点はありますが、今回はそのなかでも特に注意が必要なポイントを3つ確認します。

ほとんどが基本的な内容なので、きちんと覚えておくようにしましょう。

文字の大きさやバランス

手書きの履歴書では、特に文字の大きさに注意しましょう。

企業側からすると、提出された履歴書が小さな文字で書かれている場合、応募してきた人に対していい印象は抱きません。

読み手の立場を考えた気づかいができないと判断されたり、文章を簡潔にまとめる能力がないと判断されたりすることもあります。

場合によっては、履歴書に目を通してもらえずに不採用となるケースもあります。

大きすぎたり小さすぎたりせず、それぞれの枠に合わせた文字の大きさを考えて記入しましょう。

文字の大きさのほか、文字のバランスにも注意が必要です。

文字の列が上下にずれていると、読み手にとっては読みづらいものとなってしまいます。

真っ直ぐに書くのが難しい場合、事前に鉛筆で横線を引いておくとバランスが取りやすくなります。

鉛筆の線は、ボールペンでの本書きが終わったら忘れずに消しましょう。

空欄の多さや内容の薄さ

空白が目立つ履歴書の場合、パッと見たときの印象がよくないのはもちろんですが、意欲がないと思われてしまうこともあります。

また、空白を埋めたいからといって文字を大きくすることもやってはいけません。

空白がなかったとしても書かれている内容が薄ければ、その人がどのような動機で応募してきたのか伝わりにくかったり、もし採用となった際にその企業で仕事をするうえでの強みがわかりにくかったりする場合もあります。

それぞれの項目を余すことなく活用し、できる限りの自己PRをしましょう。

誤字脱字の確認

これは履歴書を手書きする場合だけでなく、パソコンで作成する際にもいえますが、誤字脱字の確認は忘れないようにしましょう。

新卒の場合は特に、履歴書のような大切な書類であるにも関わらず見直しをおこたってしまえば、本気度が見えないという印象を与えてしまいます。

ついやってしまいがちなのは語尾が統一されていないというミスです。

すべての語尾が、「~だ、~である調」「~です、~ます調」のいずれかで統一されているか確認しておきましょう。

また、「すべて」か「全て」、「ひとつ」か「1つ」、「わかる」か「分かる」など、漢字で表記する場合とひらがなで表記する場合がある文字については、漢字とひらがなのどちらかの表記で統一したほうがよいでしょう。

「方(かた・ほう)」のような複数の読み方をする漢字の場合、文脈によって読みにくそうな場合はひらがな表記にしておくのが無難です。

まとめ

今回は新卒で就活をする際の履歴書の作成についてまとめました。

新卒の場合、企業から指定がなければ基本的には手書きの履歴書を作成するのがよいです。

しかし、どうしてもパソコンで作成したいという場合や、応募先の企業によって手書きとパソコンどちらで履歴書を作成するべきか迷ってしまう場合は確認してみるのがおすすめです。

手書きの場合でもパソコンの場合でも、履歴書を作成する際の基本はほとんど変わりません。

面接で自己アピールをしたり意欲を伝えたりするのは基本ですが、しっかりポイントを押さえて履歴書を作成することで、さらに企業へアピールできます。

応募する前にきちんと企業について研究して、それから今回まとめた内容を意識して履歴書を作成し、書類で企業によい印象をもってもらうことから始めましょう。

そんな履歴書でほんとに大丈夫?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ