【履歴書の書き方】通勤時間がわからない!新卒にありがちなパターンの通勤時間の記載方法を解説!

はじめに

新卒の就職活動で履歴書を作成していて、「通勤時間」欄を書く方法やルールについてさまざまな疑問を感じたことがある方も多いのではないでしょうか。

たとえば、「応募先企業の事業所がいくつかあってどこまでの通勤時間を記入すればよいか悩んでいる」、「就職のタイミングで引っ越しを考えているが、まだ詳細な場所までは確定していない段階での書き方が難しい」などがあげられます。

そこで今回は、履歴書に設けられている記載項目の1つである通勤時間の記入方法について解説します。

【履歴書の書き方】なぜ通勤時間を記載するのか

新卒用に限らず、パート用や一般用など多くの履歴書には通勤にかかる時間を書く項目が設けられています。

そもそも、履歴書に書かれた通勤時間を見て企業の担当者はどのようなことを判断し、採用に役立てるのでしょうか。

また、通勤時間の長さが不採用に関わってくることはあるのでしょうか。

そこには応募する人の通いやすさを把握するため、おおよその交通費を把握するためなど、主に2つの理由があると考えられます。

ここからは、それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

応募者の通いやすさを把握するため

新卒用の履歴書に書く通勤時間には、応募者の通いやすさを把握する目的があると考えられます。

万が一家から職場までが遠すぎる場合、出社するだけで体力的に疲れてしまったり、ほかのスタッフよりも早く家を出なければならず、睡眠不足になってしまったりするリスクがあります。

そのため、通勤時間が長いと応募する方の体力面や精神面に負担がかかり、仕事に集中できないなど支障が出る可能性もあると判断されやすくなるでしょう。

たとえば東京都内の企業に応募する場合、1時間30分以上と書かれていると「出社しにくくて疲れてしまうのではないか?」とネガティブな印象をもたれやすくなります。

通勤に1時間30分以上かかる場合は、備考欄や本人希望記入欄などに通勤時間が長くても仕事に支障がない旨、またその理由などを具体的に記入しておくとよいでしょう。

また、帰宅時間が遅くなることによって生活習慣が乱れやすくなるため、残業を頼みづらいと思われてしまう可能性もあります。

残業にも対応できる旨を伝えたい場合は、本人希望記入欄に終電の時刻と何時まで残業が可能なのかを明記してアピールするとよいでしょう。

交通費を把握するため

新卒用の履歴書に書く通勤時間には、家と職場間の交通費がどれくらいかかるのかを把握する目的があるとも考えられます。

通勤時間が長いということは、家から職場までが遠く交通費は高いと想定できます。

スタッフの交通費は、企業にとって大きな支出の1つです。

全体的な支出をなるべく削減するためにも、1人にかかる経費が少なくて優秀な人材を雇いたいと考えるのが企業の本音です。

通勤時間が長ければ、企業が支払わなければならない交通費も高くなってしまうと判断されやすくなります。

したがって、企業が考えている採用基準によっては合否に関わってくる可能性があるのです。

たとえば東京都内の場合、月額7〜8万円程度までが企業負担にしてもよいと考えられる限度額だといわれています。

企業の応募要項に交通費全額負担もしくは一部負担と記載されている場合、通勤時間の長さが結果を左右する可能性もある点に注意しましょう。

【履歴書の書き方】通勤時間がわからない場合の記載方法

新卒用の履歴書を記入しながら、「今の段階では通勤にどれくらいの時間がかかるかはっきりしない」と頭を抱えている方もいるのではないでしょうか。

たとえば就職のタイミングで通いやすい場所に引っ越そうと考えているケースでは、入居先が確定しているかどうかで履歴書に書く内容も変わってきます。

しかし通勤時間がはっきりしないからといって空白のまま提出してしまうと、「心から当社へ就職したいと思っているのだろうか」とやる気のないイメージを与えてしまう可能性があります。

ここからは、転居先が確定している場合と確定していない場合、勤務地がはっきりしていない場合に分けて通勤時間欄の書き方を見ていきましょう。

転居先が決まっている場合

採用されるかどうか確定していない段階ですでに転居先がはっきりしている場合、新住所から職場までの通勤にかかる時間を記入しましょう。

ただし引っ越し予定日まで期間が空く場合、個人情報欄には現在の住所を記入する必要があります。

内容を見た担当者が混乱しないように、引っ越し先住所からの通勤時間を記載していると補足しておくとよいでしょう。

また、引っ越しの日程が確定している場合は具体的な日付を記入しておくのもおすすめです。

たとえば「新住所よりバスで約60分(2021年2月20日転居予定)」のように記載すると伝わりやすいでしょう。

履歴書を提出するタイミングと引っ越しの日程が近い場合は、個人情報欄に新住所を書きます。

その場合は通常どおり「バスで約60分」とシンプルに記入するとよいでしょう。

採用次第で転居を予定している場合

つぎに結果次第で引っ越しを考えていて、具体的な通勤時間を算出できないケースについて見ていきましょう。

この場合は、引っ越し予定のエリアから想定できるおおよその通勤時間を記載しておくとよいでしょう。

また、採用されてから通いやすい地域に引っ越す予定がある旨を追加で書いておくと、「当社への就職を真剣に考えてくれている」とポジティブな印象を与えることにもつながります。

通勤時間欄に横線(-)を書き、本人希望記入欄や備考欄に「〇分圏内に転居予定」と明記しておくのもよいでしょう。

このとき、具体的な時間がわからないからといって空白で出してしまうと熱意が伝わらず、ネガティブな印象を与えてしまう可能性もある点には注意が必要です。

どこから通勤するか確定していない場合は、わからない理由を相手にも伝わるようにしっかり書いておけばマイナスな印象にはなりません。

また、通勤時間がはっきりしないからといって、現住所から通った場合の時間を記載するのは、誤った情報を記載していることになるため控えましょう。

勤務地がわからない場合

最後に、履歴書を提出する段階では勤務地がはっきりしていないケースの書き方について見ていきましょう。

本社以外に営業所や事業所が複数ある、採用後は店舗勤務になるなど、応募する段階で勤務地が確定していない企業も存在します。

たとえばエリア採用や総合職採用の場合は勤務地がはっきりせず、具体的な通勤時間を書きづらいものです。

そのようなときは、家からもっとも近い勤務地を基準にして書くのがおすすめです。

ただし、必ずどこの勤務地を基準にした通勤時間を明記しているのかを具体的に記しておくことを忘れてはいけません。

なぜなら、もっとも近い勤務地を基準にした時間を書いたにもかかわらず、実際は遠いエリアの担当に任命されてしまった場合、企業に対して誤った認識を与えてしまう可能性があるからです。

たとえば「電車で約1時間00分(〇〇営業所までの通勤時間)」のように、おおよその時間と基準にした勤務地の名称などを書いておくとよいでしょう。

また応募する際に働きたい勤務地が決まっている場合、そこを基準に通勤時間を算出するのもおすすめです。

ただし、先ほどと同様どこを基準に算出した情報なのかを具体的に書くことを忘れてはいけません。

また、勤務地が決まったら通いやすいエリアに部屋を借りたい、と考えている場合はその旨を補足で書いておきましょう。

そのとき通勤時間欄には横線(-)を書いて、理由を備考欄や本人希望記入欄に書くのがおすすめです。

採用担当がわかるように書こう

履歴書の通勤時間は配属先が未定だったり、応募者側の引っ越し先が未定だったりするケースもあって書き方に迷うことも多い項目です。

しかし、わからないからといって空白で出したり適当に書いたりするのではなく、採用を決める担当者にしっかり伝わる書き方をすることが大切です。

たとえば引っ越し先住所から通う予定の場合はその旨を書いておく必要があります。

また、引っ越し先が確定していない場合は、どれくらいの時間で通えるエリアに住むつもりなのかを書いておく必要があるでしょう。

何も書かずに間違った認識を与えないためにも、算出した時間に対して相手が疑問をもたないような書き方を意識しましょう。

通勤時間欄のスペースが狭い履歴書も多いため、書くスペースが足りないときは無理に書き込むのではなく、本人希望記入欄や備考欄に追記するのがおすすめです。

【履歴書の書き方】通勤時間を書く際のポイント

通勤時間を書くときに「往復にかかる時間を記入するの?」「電車が遅れることもあるだろうし長めに見積もっていたほうがいいの?」「通勤する手段によって時間が変わる場合はどうしたらいいの?」などの疑問を抱いたことがある方もいるでしょう。

書き方を知らずに履歴書を提出してしまうと、採用担当者に誤った認識をされてしまう可能性があるため、基本的な記入ルールについて知っておくことが重要です。

ここからは、新卒が通勤時間欄を記入するときに迷いがちなポイントについて詳しく解説していきます。

片道の時間を書く

履歴書の通勤時間欄には、片道にかかる所要時間を記入するのが基本的なルールです。

往復の時間をなんの補足もなしに記入してしまうと、通勤時間が長すぎてマイナスな印象をもたれてしまう可能性もあるため注意しましょう。

また、基本的に5分単位で書いて、数字を具体的に書きすぎないようにします。

たとえば会社まで43分かかる場合、記入欄には45分と記入しましょう。

また、通勤時間は「〇時間〇分」表記を用いることも重要なポイントです。

たとえば1時間28分で着く場合は「1時間30分」と記載します。

さらに、約1時間で職場に着く場合は「1時間00分」と記載しましょう。

「00分」の部分をしっかり明記することによって、分数を書き忘れているのではないことを明確に表すことができます。

このように細かい書き方をマスターしておけば、採用担当者により正しい情報を伝えられるでしょう。

最短時間を記載する

履歴書の通勤時間欄には、職場までの最短時間を記入しましょう。

毎日の通勤は常に同じ時間で到着するとは限らず、時間帯の違うバス・電車に乗ったり、普段とは違う方法で出勤したりするケースもあるでしょう。

しかし、そこで平均時間を記入してしまうと誤った通勤時間が伝わってしまうため、スムーズに通勤できた場合の最短時間をアピールするのがおすすめです。

道路の混み具合やバス・電車が遅れる可能性などを考慮して書く必要はありません。

具体的な最短の所要時間がはっきりしない場合は、Googleマップなどの地図アプリを使ってリサーチするのもよいでしょう。

現住所から通うことが決まっている場合は、実際の出社を想定した予行練習をして所要時間をリサーチしてみるのもおすすめです。

通勤時間には公共交通機関で移動する時間だけではなく、徒歩で移動する時間もすべて含めることが重要です。

また、なかには「念のため、長めの時間を書いておこう」と考える方もいるでしょう。

40分ちょっとの時間を45分と記入するのはOKですが、40分程度で到着するものを長めに1時間と記入するなど大幅な差をつけるのはNGです。

たとえば家から近所の企業に応募する場合でも、「徒歩で00時間05分」のように徒歩での通勤時間を記入しましょう。

通勤方法を記載する

履歴書の通勤時間欄には、通勤方法を書き忘れないようにしましょう。

たとえば「バスで約0時間30分」「電車と徒歩で約1時間25分」のように通勤方法を含めて記入します。

通勤方法には電車・バス・徒歩・車などがあり、どの手段を選ぶかによって所要時間は大きく変わります。

企業まで通いやすい方法をまだリサーチしていない場合は、Googleマップで最短ルートを検索したり、実際の出社時間に合わせて予行練習したりしてみるとよいでしょう。

まとめ

新卒用履歴書の項目として組み込まれている通勤時間は、出社するまでの時間が長すぎて体力面への負担はないかどうか、企業が支払う交通費は多すぎないかどうかを判断してもらうためにも必要です。

記入枠も狭く、アピールポイントが少ないように感じる方もいるかもしれません。

しかし、通勤時間をしっかり書くことによって企業へ応募する熱意をアピールすることが可能です。

履歴書の通勤時間欄は5分単位で算出する、片道での最短時間を記入する、通勤する手段も忘れずに記入する、「〇時間〇分」表記で記入するなど基本的な書き方が定められています。

間違った書き方をしてしまったり、必要な補足情報を書かなかったりすると採用担当者に誤った認識をされてしまう可能性があります。

たとえば就職に合わせて引っ越しをする場合、転居先住所が決まっていればそのエリアと引っ越し予定の日程を書きましょう。

また転居先がまだ確定していない場合は「〇分以内で通勤できる地域に転居予定」などの補足情報を書き足すことが大切です。

イレギュラーな事情があって通勤時間がはっきりしない場合は適当な数字を書くのではなく、相手に伝わる理由を書き加えると覚えておきましょう。

そんな履歴書でほんとに大丈夫?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ