奨学金を借りたい学生必見!奨学金の申請から返済までを徹底解説!

はじめに

大学生になって奨学金という言葉をよく耳にするようになったのではないでしょうか?

奨学金制度は正しい使い方をすれば自分の進学を手助けしてくれる非常に便利な制度です。しかし、お金を借りるという行為に不安を抱いている学生も多いはずです。奨学金を借りる時にそのような不安がないように奨学金の正しい使い方を学んでおきましょう。この記事では奨学金の借り方、返還の仕方、借りる前にしておくべきことなどを解説していきます。

そもそも奨学金ってなに?

奨学金とは奨学制度に基づき、学生を援助するため給付や貸与される給与のことを言います。学ぶ意欲と能力はあるものの家庭状況などにより経済的に大学進学が困難とされる生徒が主に利用しています。ちなみに奨学金を受給している学生はそんなに多くないと考えている方も多いかと思いますが、日本学生支援機構の調査によると実は、奨学金を受給している学生の割合は一般的な昼間部の大学で約半数の47.5%を占めています。意外にも多くの人が利用しているのがわかりますね。

奨学金の種類と各メリット、デメリット。

これはご存知の方も多いと思いますが、奨学金には給付型と貸与型の2種類が存在します。給付型は借りたお金を返す必要がなく、学生としては理想の奨学金です。しかし実際に学生が受給してるの奨学金の多くは貸与型になります。貸与型の方が多い理由や各奨学金のメリットデメリットを詳しく見てみましょう。

給付型奨学金

これは名前の通り、返済が不要の奨学金です。しかし、給付型奨学金の場合は申請条件が厳しかったり、競争倍率が高かったりなどで実際に受給できる可能性が貸与型と比べてかなり低くなります。例えば大学一年時に申し込む場合、

・高等学校の評定平均値が3.5以上

・高等学校卒業程度認定試験の合格者である

・学習計画書などにより将来社会で自立し、活躍する意欲を示す

のいずれかに該当しなければ申込資格を得られません。また、志願者は特に優秀な生徒ばかりなので採用されるのが難しいのが現状です。

給付型のメリットデメリット

メリット

・奨学金の返済が不要

デメリット

・募集枠が少なく、競争倍率が高い
・採用条件が厳しい

貸与型奨学金(第一種、第二種)

奨学金の貸与型は卒業後に返済しなくてはいけません。また貸与型の中にも第一種と第二種の2種類があります。大きな違いは主に2点です。

1点目は第一種には返済に利息がつかず、第二種には返済に利子がつくという違いです。とはいっても利率は年3%の上限があるなど、後述する教育ローンなどと比べてもかなり低く設定されているので安心してください。

2点目は選考の基準が異なります。これは予想できた方もいるかと思いますが、利息がつく第二種よりも利息がつかない第一種の方が採用されるのが難しくなります。例えば成績の基準が異なり、第一種は高等学校の平均成績で3.5以上の成績が必要とされますが、第二種では具体的な数字が明記されておらず、ほとんどの学生に申込資格があることになります。その他にも第二種の方が家庭の収入基準が厳格に定めれている等の違いもあるので申込資格について詳しく知りたい方は日本学生支援機構の公式ホームページをご覧ください。

https://www.jasso.go.jp/

また、奨学金を利用する場合は保証人が必要になるので、返済が滞るとその返済が連帯保証人に移ってしまいます。必ず自分が返済できるだけの額を借りるようにしましょう。

貸与型のメリットデメリット

メリット

・募集枠が多く、競争倍率が低い
・採用条件が給付型と比べて比較的簡単。

デメリット

・返済義務がある
・返済が滞ると自分以外に迷惑をかける可能性がある。

奨学金ってどうやって借りるの?

みなさんは奨学金についての知識は深められたかと思いますが、実際に借りる時にどうすれば良いのかわからないかと思います。そこで次は実際に奨学金を借りるまでの流れについて述べていこうと思います。

書類の準備

まずは申込関係書類を自身が在学している学校に取りに行きます。そして学校が定める提出期限までに必要書類を学校に提出します。提出書類の中身としては給付型、貸与型ともに、奨学金の確認書とマイナンバーカード、その他大学が指定する書類などがあります。また、この時に家庭の収入が分かるものを用意しておくと書類を記入するのが楽になるでしょう。

※何か他に日本学生支援機構が提示する条件に該当する場合は書類が増える可能性があります。

申込〜採用

書類を大学に提出した後、学校から申込に必要なIDとパスワードを教えてもらい、インターネットで申込情報を日本学生支援機構に送信します。その後マイナンバーカードを簡易書留で日本学生支援機構に郵送します。最後に学校を通じて選考結果を聞きましょう。

採用後

採用された方には学校から奨学生証と貸与型の場合は返還誓約書が交付されます。その後ようやく奨学金の給付が始まります。奨学金の給付は奨学生名義の口座に原則毎月振り込まれます。奨学金の申込までに利用できる口座を開設しておきましょう。

奨学金の返還方法

ここでは奨学金の返還方法について述べていきます。貸与型の場合、奨学金を借りたあとに莫大な奨学金の返還が待ち受けています。こんな言い方をしたら奨学金を借りるのが不安に感じる人も出てくるかもしれませんが、返還するのが困難な人のために救済措置が用意されているので安心してください。

返還の流れ

返還開始時期は卒業した月の翌月から数えて7ヶ月目の27日から始まります。奨学金貸与の後半または終了時に返還のてびき、貸与奨学金返還確認表、口座振替加入申込書が交付されます。借りた金額や借りた期間、返還する金額を覚えておくと書類の記入が楽です。そして金融機関で口座振替加入申込書を提出して返還の準備が完了です。

返還の方式は2種類存在します。

定額返還方式   貸与された奨学金の総額に応じて決定した一定の金額を返還する方式

所得連動返還方式 卒業後の年収に応じて毎年の返還月額を決め、返還する方式

ご自身の収入などを加味した返還方式を選びましょう。

もし返還できそうになかったら?【救済制度】

返還の方法を知って、もし自分が返還できなくなったらどうすればいいんだろう?と不安に思った方、安心してください。先ほど述べたとおり、日本学生支援機構では経済困難や失業、災害、傷病などで返還が困難な人に限り、救済制度が設けられています。

それは減額返還といって毎月の返還額を三分の一や二分の一に減額できる制度です。減額返還でも返済するのが厳しいときは、返還期限を猶予する制度もあるのでそんなに心配しなくても大丈夫です。万が一それでも返還が困難な場合は返還相談センターに相談してみましょう。

奨学金を借りる前にすべきこと3選

ここまで読んで下さった方は奨学金の仕組みをある程度理して頂けたかと思います。ですが、今学校に必要書類を取りに行こうとしているあなた!ちょっと待ってください。奨学金を借りる前に入念な準備が必要です。

自分の成績や家庭の収入を知っておく

奨学金を借りる際にご自身の成績とご家庭の収入を知ることが必ず必要になります。というのもご自身の成績やご家庭の収入額によって自分がどの形態の奨学金を受けられるのかや総額でいくら奨学金を受給できるのかが変わるからです。ご家庭の収入がいくらであるのかを簡単に計算してくれる進学資金シミュレーションが日本学生支援機構のサイトで出来ます。リンクを貼っておくので興味がある方は是非使ってみてください。https://shogakukin-simulator.jasso.go.jp/

自分が返済する額を知る

これは当たり前のことのように思えますが、先ほど述べた救済措置を用いても、自分が借りた奨学金を返済できずに債務整理をしなければいけなくなった人も存在しています。将来、自分が借りた奨学金を返せなくならないように予め返済額を知っておき、返済計画を立てておきましょう。

借金であることを認識する

これも上記と似ていますが、奨学金とはいえど貸与型の場合は借金であり、将来自分が返せなくなった場合は連帯保証人になった両親や親族に多大な迷惑をかける恐れもあります。将来返さなくてはいけないお金であることを再認識しておきましょう。

こんな制度も【学生ローン】【大学独自の経済支援】

家庭の経済状況などが理由で進学が困難な場合、奨学金制度を用いるというのは妥当な手段ではありますが、その他にも学生ローンという制度もあります。学生ローンとは学生に向けた消費者金融のことです。奨学金との主な違いは金利利便性が挙げられます。

学生ローンは実質金利が15~18%といわれており、奨学金と比べてもかなり高くなっています。また、借りられる金額も会社によりますが学生の上限を50万円ほどにしている会社が多く、大きな金額を借りることは難しいです。

一方で学生ローンには奨学金にはない利便性があります。例えば保証人が必要なかったり、審査が比較的優しく、必要な金額がすぐに手に入るという点が魅力的です。授業料の振り込みを忘れていたり、教科書を買うお金がなかったりなど、早急にお金が必要な場合は学生ローンを利用してみるのもいいかもしれませんね。

また、大学によっては成績が特に優れている生徒に対して授業料が免除される制度が用意されている学校もあります。自分の大学が独自の経済支援を行っているかどうか調べてみましょう。

さいごに

奨学金は正しい使い方をすれば非常に便利な制度です。この記事を読んでお金を借りるという行為に不安を抱いていた方が少しでも安心して奨学金制度を利用していただければいいなと思います。ただし、お借りした奨学金は必ず返しましょうね。

就活準備、順調ですか?
あなたの就活を二人三脚で内定までサポートします​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ