SNSの活用は身を助ける!?就活中のSNS

はじめに

就活中、こんなに頑張っているのは自分だけなんじゃ、周りの友達はみんな就活を終えてしまって自分だけが取り残されている、と感じることはありませんか?他にもたくさんの悩みが生まれると思います。今回はそのお悩みを解決する方法を紹介していきます

就活中のお悩み

先ほども述べたように就活中は多くの悩みや思いが生まれます。例えば就活をやっている友達が少ないだったり、周りの友達がすでに就活を終えていて自分の就活のことを中々相談できない。他にも今さら周りに聞きづらい質問だったり、特定の人間にしか答えられない質問だったりがあるかもしれません。そういう時に仕えるのがSNSです。

SNSについて

そもそもSNSとはソーシャルネットワークサービスの略で登録された利用者同士が交流できる ウェブサイトの会員制サービスのことです。広く使われているものとしてはLINEだったりFacebookだったりがあります。

SNS活用のメリット

では実際、SNS活用にはどういった利点があるのでしょうか。以下の利点を見てみて心をひかれた方はぜひSNS活用の検討をしてみてください。

幅広い人と出会うことができる

インターネット上には様々な人がいます。例えば就職浪人をしている人だったり、他の大学、学部に通う人、自分と同じ業界を目指している人などが数多くいます。現実では中々知り合うことのできない人たちと関わる機会がそこら中に散らばっています。そして、そうした人たちと知り合うことで様々な情報を得ることができます。SNSを利用していない人と比べると情報面において優位に立つことができるのではないでしょうか。

いろいろな人がいる

上記と多少被るかもしれませんが自分より就活が進んでいない人も、逆に自分より就活がずっと進んでいる人もどちらもいます。自分より上を見たほうがモチベーションを上げられる人も下を見たほうが自分にはっぱをかけられる人もどちらにとってもモチベーションとなる人を見つけやすいです。自分のモチベーションとなる人を見つけることができればそういった人たちをフォローしていくことでSNSのフォームをモチベーション上昇板にすることができます。

聞きづらいことも聞くことができる

今さら聞けないような質問でも実際に面接を経験した人にしかわからないような質問でも質問しやすいです。上記でも述べたように様々な人がネット上には存在するので、多少なりとも自分の質問に答えることのできる人がいます。そして、様々な進度状況の就活生がいるので最終面接や内定後のことについての質問に答えられる人もいます。また、どの時間帯に質問しても比較的迅速に返事が返ってきます。

SNS活用のデメリット

もちろんメリットがあればデメリットもあります。SNSについては様々なことをニュースなどで聞いたりして不安になっている方も多いのではないでしょうか。順に見ていってみましょう。

他人の就活状況に追い詰められる可能性も

これは私が実際に体験したのですが、「ポンコツ就活生」というアカウント名でSNSをしている人がいました。ある日そのアカウントが「就活終了しました」という内容の投稿を行いました。それを見て「ポンコツ就活生」よりも就活が進んでいない自分はポンコツ以下じゃないか、とかなり精神的に落ち込みました。このように、自分のモチベーションを上げる為にフォローしていたアカウントが自分を追い詰めてしまう可能性もあります。

質問の回答が必ずしも正しいとは限らない

顔が見えず、匿名だからこそ質問にいいかげんに答える人は少なからずいます。質問の内容によるとインターネットで検索すると答えが出るものもあります。質問の回答に違和感や疑念を感じたら、一度インターネットで検索したり、別のSNSで質問したりするべきです。しかしインターネットには誰にでも当てはまる内容のみが載っています。どうしてもSNSツールの中で質問しなければならない場合はきちんと情報の取捨選択を行いましょう。

企業からのイメージが悪くなる?

就活のためだけにSNSを利用し、一切何も呟かず、自分に関する写真をアップしない方は大丈夫かもしれませんが、普段の自分のことを誰でも見ることができるような状態で公開するのは非常に危険です。企業にアカウントが見つかってしまうとそこから素行を確認され、場合によっては不利に働く可能性があります。またなりすましアカウントが出現する可能性も0ではありません。なりすましアカウントによってありもしない日常の投稿をアップされてそれにより、マイナスイメージを与えるのは非常にもったいない事なのでなりすましアカウントが登場しないようにプロフィール画像や投稿する画像には十分気を付けましょう。

おすすめのSNS

SNS活用におけるメリット、デメリットを紹介してきました。両方を読んでなお、SNS活用に興味があるという方のためにおすすめのSNSをご紹介します。

LINE

Twitterやインスタグラムをしていない人でも利用しやすいSNSです。

近年追加されたオープンチャットという機能を利用することで同じ年の就活生のコミュニティに参加することができます。就活がうまくいかず、落ち込んでいる内容のノートには励ましのコメントがつくため、諦めずに頑張ることができる人が多いです。また、年齢だけではなく、業界ごとのコミュニティもあります。自分の目指している業界のオープンチャットに参加するとエントリーの締め切りなどを逃すことがほとんどなくなるため、おすすめです。

Twitter

Twitterは情報収集のためにも利用できますが自分のモチベーションを保つためにもとても役に立ちます。自分のモチベーションになる人をフォローしておくとTwitterを開けば自分を鼓舞できるようになります。情報収集の面については就活情報アカウントをフォローしたり、志望業界、志望企業をフォローしたりしておくと容易に行うことができると思います。Twitterは他のSNSに比べて敷居が低く、繋がりやすいので仲間を増やすのにも向いています。

就活市場のTwitterでは就活に役立つ情報をお届けしています。

見逃さないようフォロー&通知オン!!

https://twitter.com/shu_u_ichi

Instagram

インスタグラムは就活情報や就活において気を付けること、やっておくといい事の特集の投稿が良くあるので、自分に合った情報を取捨選択して保存すると自分のための見直しノートを作ることができます。一方で他のSNSに比べると意識の高い人が多いので、場合によっては自分との差に落ち込んでしまわないように適切に利用する必要があります。

TikTok

近年、利用が増えているアプリです。22卒においては「ポンコツ就活生」「ダメ就活生」といった就活がうまくいっていないアカウントの投稿が非常に多かったです。TikTokには面接官や人事のアカウントが比較的多くあるため、不利になるような投稿については気を付ける必要があります。就活の愚痴を投稿すると励ましのコメントや同じような境遇の人がコメントしてきてくれるので一人で頑張っているのではないかという意識を薄めることができます。

SNS利用の際に気を付けること

お勧めのSNSを紹介してきましたがネットというのは非常に恐ろしいです。ネット利用者が何かしらの犯罪に巻き込まれる事件はいつの時代も必ずあります。そのため、安易にネットで知り合った人と直接会おうしないでください。また、ネット上の誹謗中傷で死を選んだ人がいます。取り返しのつかないことになってしまうので決して誹謗中傷を行わないでください。最後にSNSばかりに夢中にならないことが大切です。あくまで就活のための手段なので、SNSに時間を取られすぎて就活などのやるべきことが終わっていなければ元も子もなくなってしまいます。

まとめ

就活におけるSNSの活用はかなり有効な手段となります。一方で使い方を間違えると自分だけでなく他人を傷付けてしまうかもしれません。一緒に頑張っている仲間が先に就活を終えてしまう可能性も十分にありますし、その逆も同じです。相手が先に終わってしまった場合は落ち込みすぎず、自分が先に終わってしまった場合は配慮を忘れないようにしましょう。

必要な情報を取捨選択しながら。就活を有利に進められるように自分に合ったSNSを利用してみましょう。

就活準備、順調ですか?
1人でわからない事はプロと2人で​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ