大学を中退して就職はできるのか?その方法や他の選択肢を紹介!

はじめに

晴れて大学に入学しても、何らかの事情で中退したい、中退しなければならないと考えていませんか?

大学を中退したら、就職しなければならない人も多いでしょう。

大学中退者が就職できるのか、不安に感じる方も多いのではないでしょうか。

結論からいうと、大学中退しても就職は十分できます

ただし卒業している人と比較して、選択肢は狭まるため、厳しいと感じてしまう方も多いかもしれません。

大学を中退すると、学歴は高卒になってしまうからです。

そこでここでは、大学を中退した人がどのような就職先を選んでいるのかどんなデメリットがあるかについてまとめました。

また大学を辞める前に試してみる対策についても紹介しますので、迷っている方は参考にしてみてください。

大学中退でも就職は可能

大学を中退したら働き口がなくなると不安に感じていませんか?

しかし、大学中退でも就職先を見つけることは十分可能です。

大学を中退した場合、採用時の学歴は高卒扱いになります。

高卒を対象にした求人情報は日本各地で出ています。

また高卒で就職している人もたくさんいるのです。

仕事が見つからないという事態は考えにくいでしょう。

ここでは大学中退者でも就職できる理由について、掘り下げて考えていきます。

働くことになった場合の待遇、特に給料面でどのような影響があるかについてもここで見ていきましょう。

就職できる理由

ここまで何度か紹介しているように、大学を中退した人でも就職先を見つけることは十分可能です。

ただし「大学中退」ではなく「高卒資格」をもった状態で就職する形になります。

実際のところ、高卒でも就職先は十分に見つかります。

ただし高卒の方が、全員正社員として就職できているわけではありません

就職活動がなかなかうまくいかなければ、まずはアルバイトとして勤務する方法も考えられます

このようにいろいろなキャリアパスが考えられるのでここで詳しく見ていきます。

今後どうキャリア形成するかの参考にしてみてください。

高卒扱いのため、就職先はある

大学中退の場合、最終学歴は高卒になります。

高卒を対象にした職場はたくさんありますので、働き口を見つけるのはそこまで難しいものではありません。

特に建設業などは高卒でも活躍している人が多いので、おすすめの業界です。

大学に進学しているから、高卒だと既卒扱いになるのではないかと心配している方も多いでしょう。

しかし、厚労省では卒業後3年以内であれば、既卒者を新卒として扱うように通達を出しています。

高校卒業して3年以内であれば、高卒の新卒扱いです。

既卒だと就職に不利になることはありますが、新卒であればその部分のハンデもありません。

アルバイトから正社員になることも可能

就職活動してみたけれども、なかなか内定が取れないこともあるかもしれません。

その場合にはアルバイトから初めてみるのも1つの方法です。

アルバイトの中には正社員登用制度がある案件も存在します。

成果を出せば、正社員として採用される可能性が出てきます。

アルバイトとして仕事をすれば、その業務に適性があるかも正社員になる前に判断できるでしょう。

就職後のミスマッチがなくなり、すぐに離職してしまう可能性が低くなります。

気になる給料面は?

大学中退者が就職した場合、やはり気になるのは給料でしょう。

結論からいうと大卒と比較すると、給料は若干低くなると思ってください。

厚労省は「賃金構造基本統計調査」を行っています。

令和元年の調査を見てみると、大学並びに大学院卒の月収は平均男性40万500円・女性29万6400円でした。

一方、大学中退者が含まれる高卒だと、平均男性29万2900円・女性21万4600円でした。

その差は男性で10万円以上に及びます。

女性でも8万円以上差があるのです。

こちらをベースにすると大卒と比較して生涯収入が5,000万円以上も変わってきます

待遇面で比較すると、大学を中退するのはデメリットが大きいと思ってください。

大学中退した方の主な就職先

中退してしまっても就職先がないわけではありません。

ただし大卒の方と同じような会社に就職できるかというと、それは難しいでしょう。

中退して就職しようと思っているのであれば、中退でも就職のチャンスが大きな業種にターゲットを絞るといいでしょう。

中退した人の就職先を見てみると、多くの人が働いている業界はいくつかあります。

ここで主要な就職先を紹介します。

中退して就職したいけれども、どの業界に進めばいいか迷っているのであれば、以下で紹介するジャンルを中心に絞り込んでみてください。

主な就職先

大学中退した人がどのような職場を見つけているかについて見ていきます。

もちろん中退者によってもいろいろなキャリアに進んでいます。

その中でも多いといわれているのがエンジニア営業公務員です。

それぞれなぜ人気なのか、理由があります。

そこでここではなぜ、大学中退者が以下で紹介する3つの分野に進むのか、その理由を解説します。

以下3つの職種に興味があれば、こちらをメインに就活を進めるといいでしょう。

エンジニア

まずはエンジニアがあげられます。

エンジニアに限らず、IT業界は慢性的な人材不足に陥っています。

IT業界は最近急激に成長したマーケットです。

市場規模が急拡大して、それに人材が追い付いていないのも現状です。

そのため「猫の手でも借りたい」状況といえます。

エンジニアの求人情報を見てみると、未経験者歓迎の案件も少なくありません

実際に、大卒の文系学生の場合は未経験も多くなっていますが、問題なく採用されています。

学歴不問の募集も見られるので、大学中退でも十分採用されます。

プログラミング言語をマスターするなど、専門のスキルは必要です。

システム関連について勉強する意欲があれば、エンジニアを目指すのはおすすめといえます。

営業

営業も中退者の間で人気の職種の1つです。

営業の場合、ポテンシャル採用といって、これまでの実績や学歴をあまり重視せずに採用する傾向があるからです。

営業はコミュニケーションスキルなど、学歴とは関係ない能力を求められるのがその理由でしょう。

大卒でも高卒でも、事前知識などがない人でもポテンシャルがあれば採用される傾向にあります。

もし初対面の人でもすぐに打ち解けられるようなコミュニケーション力をもっているのであれば、採用される可能性は高いでしょう。

面接の際には面接官の質問を正しく理解し、ポイントを押さえた簡潔な回答を心がけましょう。

論理的思考能力があることをアピールできるからです。

論理的思考能力も、営業スタッフに求められる資質です。

公務員

公務員を目指す大学中退者も少なくありません。

公務員は試験に合格すればよいので、学歴も職歴も一切関係ありません。

しかも公務員になればリストラされるリスクは低く、長期にわたって安定した収入を確保できます

退職金や福利厚生も手厚いので、高い生活水準を維持できるはずです。

公務員試験は倍率が高く、試験の難易度も高くなっています。

中には数年かかってやっと合格したという人もいます。

しかし大学に入学できるだけの学力があるので、しっかり勉強すれば試験突破できる確率も高いでしょう。

大学中退にはデメリットが多すぎる

大学を中退しようかどうか迷っているのであれば、中退せずにそのまま卒業したほうがよいでしょう。

というのも中退すると、さまざまなデメリットが生じる可能性もあるからです。

ここでは中退したことで生じうるデメリットについていくつかピックアップしてみました。

以下の項目を詳しく見てもらえればわかると思いますが、多方面にわたってマイナスの影響があるかもしれません。

本当に大学を辞める以外の選択肢はないのか、デメリットもふまえて慎重に検討したほうがいいでしょう。

入学金や授業料などの金銭面

大学に入学するにあたって、今までいろいろな費用を負担してきたはずです。

入学金や授業料などが該当します。

もし大学を中退してしまうと、これまで支払ってきた入学金や授業料が無駄になってしまいます。

中退すれば高卒扱いなので、これまでの大学の経歴が一切リセットされるからです。

たとえ中退しても、今まで支払ってきた費用は返還されません。

お金がもったいないと思うのであれば、中退するのは考え直したほうがいいでしょう。

最後の学生生活

大学を中退すれば、その段階で学生生活もおしまいです。

学生時代は、社会人になるとなかなかできないことを楽しめます。

サークル活動や長期休暇を利用した旅行、学業の合間をぬったアルバイトなど、いずれも学生でなければできないことばかりです。

大学時代はこの特異な学生生活を楽しめる最後のチャンスです。

十分学生生活を楽しんでから就職を検討するのも一考でしょう。

一生続く仕事人生

大学を卒業して就職すれば、そこから先定年までずっと仕事人生が待っています。

就職するにあたって、適性があるもの、自分が打ち込めそうな仕事を見つける必要があるでしょう。

大学は少なくても4年間あります。

その中で今後何をしたいのかじっくり考えられます。

大学中退すると、すぐに就職先を選ばないといけないという人もいるでしょう。

すると何の仕事をしたいのか考える余裕もあまりないでしょう。

その結果、自分に合わない仕事を長年続けないといけない事態になるかもしれません。

大学を中退したいと思ったときにすること

もし今大学を中退しようか迷っているのであれば、中退以外に今の問題は解決できないのかを検討しましょう。

大卒と中退とでは、社会における扱いには差があるからです。

大学を中退したいと思ったら、まず自分がやりたいことを見つけるのが重要です。

目的がなく日々を過ごしていると、どうしても気持ちが下向きになってしまいます。

自分のやりたいことが見つかれば、日々頑張る活力もわいてきます。

結果的に中退を回避することにつながるかもしれません。

やりたいことを見つけるためには

大学を中退しようと思っている人の中で「やりたいことが見つからないから」と思っている方もいるでしょう。

やりたいことが見つかれば、日々頑張るモチベーションもわいてきます。

ではどうやって見つけるのか、それにはまず己を知ることです。

自分のことは自分が一番よくわかっていないことも多いのです。

自分がわかれば、何をするのが向いているのかも見えてきます。

このような自己分析は今後の就職活動にも活かせるので、今試してみるのはいかがでしょうか。

大学を中退する以外の選択肢

今の状況が嫌で、打破するために中退を検討しているのであれば、ほかの方法で解決できるかもしれません。

中退せずに済む方法について、いくつかピックアップしてみました。

中退する前に以下の方法を試してみれば、大学を辞めずに済むかもしれません。

アルバイトやインターンなど、大学以外の部分で何かやりがいを見出すのも1つの方法です。

今の勉強や学校に不満があれば転籍や休学という選択肢もありますので、以下で詳しく見ていきます。

大学ではなくアルバイトに力を入れてみる

大学生活の中で何かやりがいを見出せていないようであれば、そのほかの活動でやりたいことを見つけてみましょう。

たとえばアルバイトに精を出してみるのはどうでしょうか

働くことの面白さに気づけるかもしれません。

またお金も稼げるので、お小遣いも確保できます。

中退すると、就活時に大学を辞めてからのことを聞かれます。

アルバイトをしていれば、仕事をしていたことのアピールができるでしょう。

応募先の企業に関連するアルバイト経験であれば、その部分は評価されるかもしれません。

大学の転校や学部の転籍を考える

現在の大学生活でやりたいことが見つけられないのは、今の大学や学部があなた自身に合っていないからかもしれません。

もし今やっている勉強が楽しくないというのであれば、ほかの学部に転籍してみるのも1つの方法です。

自分に合った勉強ができれば、また大学生活の見え方も変わってくるでしょう。

どうしても今通っている大学でやりたいことが見つからないようであれば、他大学への転校を検討しましょう

今通っている大学にはない学部や学科があれば、その中でやりたいものが見つかるかもしれないからです。

今一度、本当に自分のやりたいことは何なのか見直してみましょう。

長期インターンに参加する

インターンは就職前に実際の職場で働くことで、仕事のやり方を実体験する制度です。

もし大学の中でやりたいことがなければ、インターンで会社勤務してみるのも1つの方法です。

通常は就活前の短期間インターンに参加することが多いのですが、ベンチャー企業を中心に長期のインターン生を募集しているところもあります。

インターンとして仕事をすれば、将来の就活にも有利に働きます。

たとえいろいろ頑張ってみても中退したとしても、インターン先に相談すれば、正社員として採用してくれる可能性もあるのです。

もしインターンについて興味があれば、こちらに詳しく紹介しているのでチェックしてみてください。

休学をしてみるのもあり

コロナ禍によって、大学生活をどう送ればいいかわからない、オンライン授業ばかりで大学に行っている感がないので中退したいと思っている方は多いでしょう。

このように思うような大学生活が送れていなくて辞めたいと思っているのであれば、思い切って休学してみるのもアリです。

休学は中退と違って大学に籍は残りますので、思い立ったときにすぐに復学ができます

コロナの問題が解決して、従来通りの大学生活が送れるようになれば、また今とは違った景色が見えてくるかもしれません。

それまで休学することで待ってみるといいでしょう。

また休学期間中を利用して、中退することが本当に自分のためになるのか頭を冷やして考えてみるきっかけにもできます。

おわりに

いろいろな事情で、大学を辞めたいと思っている人もいるでしょう。

しかし大学生活は今でしか楽しめないものです。

それをみすみす放棄してしまうのはもったいないことです。

大学中退でも就職先は見つかりますが、大卒と比較するとやはりその選択肢は少なくなっています。

しかも給料面など待遇で大卒とは差ができるのも事実です。

こうしてみると、中退はあなたにとって有利に働くとは考えにくいでしょう。

もしかすると別の方法で、今抱えている問題を解決できるかもしれません。

以上で紹介した方法を実践してみて、問題解決できないか検討しましょう。

就活準備、順調ですか?
あなたの就活を二人三脚で内定までサポートします​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ