TOEFLとIELTSの違いってなに?両者の形式と内容の違いを徹底比較!

はじめに

大学によっては交換留学という制度があります。

協定を結んでいる海外の大学に、一定期間留学を行うというものです。

留学願望のある方にとってはよい機会でしょう。

交換留学のためにご自身の語学力をはかりたいと思ったときに、TOEFLとIELTSのどちらがよいか迷ってしまうかもしれません。

そこで今回は、TOEFLとIELTSそれぞれの特徴や内容の違いなどについてご紹介いたします。

挑戦する英語試験を決める際の参考にしてみてください。

TOEFLとIELTSの基本情報

TOEFLとIELTSはどちらも英語の試験です。

その目的としては、自身の英語能力が学校教育を受けるための基準に達しているかどうかを、判定するためのものとなります。

たとえば留学をする際に、当然現地の語学で授業を受けることになるわけです。

そこで最低限、授業を受けられるようなレベルの語学力がなければなりません。

万が一基準に達していなかった場合、留学しても意味がなくなってしまうので事前に判定をするというわけです。

TOEFL iBT(Test of English as a Foreign Language)

まずTOEFLですが、正式名称はTOEFL iBT(Test of English as a Foreign Language)といいます。

アメリカやカナダをはじめ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドやアイルランドなどを含む、ほとんどの英語圏の教育機関において採用されているものとなります。

「iBT」はInternet Based Testingの略で、これは2005年に導入された試験形式のことを指しているのです。

その前はComputer Baset Testing(CBT)という試験形式でしたが、現在のiBTになってから試験の難易度は格段に上がりました。

大学などの機関では9,000以上、国としては130か国にて採用されています。

 IELTS(International English Language Testing System)

IELTSは正式名称を、IELTS(International English Language Testing System)といいます。

TOEFLと同様に、ほとんどの教育機関において採用されているものです。

しかしアメリカの一部の短大・大学・大学院においては、利用できない場合もあるのが大きな違いです。

試験内容が「ジェネラルモジュール」と、「アカデミックモジュール」の2種類があります。

留学のために受験するのであれば、アカデミックモジュールを受験することになります。

またイギリス留学の場合に関しては「IELTS for UKVI」という試験を受ける必要があり、申し込みの窓口や試験回数に違いがあるので要注意です。

教育機関では9,000以上、国としては145か国以上で採用されています。

TOEFL iBTとIELTSは作られた国が違う

試験概要について若干の違いがあります。

そもそもにして作られた国が違うのです。

作られた国に違いがあることは、ベースにしている教育内容が異なることを意味しているのです。

英語は多くの国において使用されている言語ではありますが、英語のなかにもいくつかの種類が存在しています。

使用している英語の種類や、ベースにしている教育内容の相違点が、試験そのものの捉え方にも影響するのです。

次の項目では、TOEFL iBTとIELTSについて試験としての違いを説明しましょう。

TOEFL iBTはアメリカの大学教育をベースにした試験

TOEFL iBTがベースにしているのは、アメリカの大学教育です。

試験の特徴としては、大まかな理解を重視しているという点があげられます。

試験内容は複数の選択肢のなかから正解となる選択肢を選ぶという、多肢選択式の問題が多い傾向にあるのです。

多肢選択式の問題では、問題文を大まかに理解すれば回答は可能です。

たとえば問題文のすべてを理解できていなかったとしても、一部の単語などから推測して、選択肢のなかで回答と思われるものを導き出せるようになります。

また語学力として重要な能力に「リーディング力・リスニング力、スピーキング力・ライティング力」があります。

これら4つの能力を総合的に判定するための、問題が設けられているという面が特徴的です。

IELTSはイギリスの大学教育をベースにした試験

一方IELTSに関しては、イギリスの大学教育をベースにした試験となります。

イギリスの大学の教育方針として、知識や研究を重視する傾向にあります。

そのためIELTSの試験内容に関しても、学習した知識を存分に活かして回答する穴埋め式問題が多い傾向にあるのです。

選択式と違って、問題文をしっかりと理解しなければなりません。

さらに、自ら回答を生み出す必要もあるので、難易度は高いといえるでしょう。

実践の形式で語学力をはかりたいという方には、向いている試験といえます。

またライティング問題では、研究者の卵などに求められるような、グラフなどを分析する問題の出題数も多い傾向にあります。

語学力だけでなく分析のように、精細なデータを理解する能力も求められるというわけです。

TOEFL iBTとIELTSの試験内容の違い

TOEFL iBTとIELTSですが、試験の成り立ちだけでなく試験内容や形式に関しても違いがあります。

実際に語学力をたしかめるために試験を受ける際は、その違いを理解していればスムーズな受験が可能となるでしょう。

また受験する試験を選択する際の参考にもなります。

それぞれの違う部分について、しっかりと理解するようにしましょう。

試験形式の違い

まずは試験形式の違いがあげられます。

どのような形式の試験なのか、実際に試験を受けるときはもちろんのこと、受験対策をするときにも影響するものです。

あらかじめ理解しておく必要があるでしょう。

知らない状態のまま試験当日を迎えてしまうと、試験開始時に緊張してしまう可能性もあります。

当日戸惑ってしまうことがないようにしましょう。

TOEFL iBTはコンピューターベースでマークと筆記混合

TOEFL iBTの試験形式ですが、インターネット上で実施されます。

マークと筆記が混合となっており、マークに関してはパソコンで選択することになります。

筆記に関してはキーボードで入力するタイピングの形式となっているのです。

筆記用具が不要という点は特徴的ですが、その反面パソコンが必要になります。

ただ単にペンがパソコンに置き換わっただけといえるでしょう。

試験にはいくつかの種類があります。

当日はリーディング・リスニング・休憩、スピーキング・ライティングの順番で進行していきます。

IELTSは紙ベースですべて筆記試験

一方でIELTSに関しては、紙に記入するタイプの筆記試験という形式になっているのです。

多くの問題は穴埋め問題で、問題のなかで学んだ知識を正確に回答します。

インターネットは使用しませんので、アナログな印象を受けることでしょう。

タイピングが得意な人にとってはTOEFL iBTよりもスコアを取りにくいかもしれません。

試験の流れは、リスニング・リーディング・ライティング、スピーキングの順番で行われます。

最後のスピーキングは面接形式で行われます。

内容の違い

続いて試験内容に関する違いを確認していきましょう。

試験内容の違いによって、事前の勉強内容も変わってきます。

まずIELTSですが、日常的なジェネラル英語と大学環境を想定した、アカデミック英語の両方を対象としています。

語彙の難易度に関しては、比較的高くありません。

一方でTOEFL iBTですが、内容は非常にアカデミックとなっています。

理系関連やアメリカの歴史にまつわるものなど、専門的な問題はそのまま出題されます。

語彙の難易度は高めといえるでしょう。

 リーディング試験

リーディング試験ではその名のとおり、文章を読み解く力が試されることになります。

TOEFLとIELTSでの違いに関しては、ほとんどないといってよいでしょう。

読まなければならない文章のボリュームも、ほとんど差はありません。

強いてあげるとするならば、文章の内容に関しては若干の違いがあります。

TOEFLに比べてIELTSのほうが、一般大衆向けの文章を採用している傾向にあります。

したがって、IELTSのほうが読みやすいと感じる人は多いかもしれません。

アメリカの歴史や理系に関して、知識が備わっていればTOEFLの場合も読みやすくなるでしょう。

語学力が備わっているかどうかも重要ですが、つまるところ文章の内容を理解できるかどうかがポイントとなります。

リスニング試験

会話などの音声を聞き、その内容を理解できていれば回答できる問題を解く形式です。

TOEFLとIELTSの違いとしては、回答スタイルの違いがあげられます。

音声を一通り聞いたうえで、問題に回答するというのがTOEFLのスタイルです。

音声を聞きながら、ポイントとなりそうな部分はメモを取れば、音声の内容を大まかに理解でき、スムーズに回答できるでしょう。

一方IELTSの場合には、穴埋め式問題が多いスタイルとなります。

内容をすべて理解していなくても、音声内の一部の単語などを穴埋め式で回答することになります。

音声を聞いている最中も、回答が可能です。

また音声で使用される英語に関して試験の発祥と連動してTOEFLはアメリカ英語、IELTSはイギリス英語が多く使用されるという点も違いとなります。

 ライティング試験

文章を書くことになるライティング問題ですが、TOEFLとIELTSでさまざまな違いが存在しています。

まずTOEFLですが、2問あるうちの1つは総合問題です。

ライティング能力だけでなく、リスニングやリーディング能力も問われることになります。

難易度としては高い傾向にあります。

50分という回答時間に対して、ライティングする文章内に450語以上入れなくてはいけません。

ボリュームはかなりのものとなります。

IELTSに関しては、2問あるうちの1つは分析問題となります。

グラフなどを用いるため、分析問題の対策をしっかりしていなければ、回答できない可能性も高いでしょう。

400語以上入っていればよいので、ボリュームとしてはTOEFLより抑え目です。

しかし手書きなので、人によってはTOEFLよりも難易度は高いかもしれません。

 スピーキング試験

英語を話す能力が試される試験です。

TOEFLとIELTSでは、試験スタイルに決定的な違いがあります。

パソコンとマイクを使って話しかけるようにして、回答するというのがTOEFLスタイルです。

録音された音声をシステムや採点者が確認することによって、スコアが決まります。

そのため客観的な採点になるのが特徴です。

IELTSに関しては、面接官と対面で行う面接スタイルとなっています。

マンツーマンで行うことになり、実際に会話形式の試験であるため、自然なスピーキングを採点されることになります。

面接官の採点によってスコアが決まりますので、TOEFLに比べると客観性は若干下がるかもしれません。

またIELTSのスピーキング試験は、そのほかの試験とは別の日に実施するため少し面倒に感じるかもしれません。

目標スコアに達しやすいのはIELTS

語学力をはかるために受験するので、目標スコアは決まっていることでしょう。

目標スコアに達していれば安心して、交換留学を始められます。

もしもスコアが不足していた場合には、留学前に能力アップを検討する必要が出てくるかもしれません。

目標スコアに関していえば、TOEFL iBTとIELTSで比較した場合に、IELTSのほうが達しやすい傾向にあります。

なぜスコアに関して違いがあるのか、その理由についてご紹介していきましょう。

 IELTSはスコア合計が平均値

IELTSの総合スコアは、4セクションの平均から算出される「オーバーオール」と呼ばれる算出方法が採用されています。

各セクションに関しては9.0点満点、0.5刻みの「バンドスコア」という算出方式です。

たとえば採点として7.3というスコアであれば、実際には7.5というスコアになります。

そのため目標スコアに達しやすくなるというわけです。

ちなみにTOEFLは1点刻みの厳格な採点方式となりますので、それがそのまま総合スコアとなるのです。

TOEFL iBTは語彙が難しい

TOEFL iBTの特徴として語彙の難しさがあげられます。

文章を構成する単語ですが、語彙力がなければ文章の内容を読み解くことが難しくなります。

したがって単語の学習力が足りていなければ、苦戦してしまうでしょう。

その反面、語彙力が向上すれば、ライティングやリーディングも回答しやすくなるのです。

IELTSではTOEFL iBTよりも語彙は易しい傾向にありますので、その面でもスコアに達しやすくなるというわけです。

TOEFL iBTは複合問題がある

複合問題はTOEFL iBTの最大の特徴といっても、過言ではありません。

スピーキング試験であれば通常は話すことがメインの試験です。

リスニングやリーディングしたうえで要約した内容をスピーキングするなど、スピーキング以外の能力も求められる問題となります。

通常のスピーキングと比べると難易度は高くなります。

その分だけ目標スコアへ達する可能性は低くなりやすいといえるでしょう。

ただし複合問題を回答できるだけのスキルがあるというのは、非常に大切なことです。

留学後のことを考えると、あえてチャレンジしてみるのもよいかもしれません。

リスニングの事前読みができない

TOEFL iBTのリスニングでは、聞くことに集中する必要があります。

その理由としてはリスニングの事前読みができないためです。

まずはじめに音声だけを聞き、そのあとはじめて問題文を見ることになります。

音声を聞くチャンスははじめの一度きりですので、あとは問題文だけで回答しなければならなくなってしまうのです。

音声を聞いている最中はメモを取れるので、いかにして要点を抑えながらメモを取れるかにかかっています。

IELTSでは問題文を読みながら音声を聞けるために、やはりTOEFL iBTのほうが難易度は高いといえるでしょう。

 まとめ

TOEFL iBTとIELTSには、それぞれ特徴があります。

どちらの試験を受けるかの決め手としては、自分の留学したい大学がどの試験を採用しているのかによるといえるでしょう。

まずはその点を確認するようにしましょう。

もしもどちらも採用されているようであれば、ご自身にとって得意な試験を受けるのがおすすめです。

TOEFL iBTに比べるとIELTSのほうが比較的点を取りやすいため、迷ったらIELTSの試験を受けるのが賢明です。

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ