広告系の長期インターンって何するの?業務内容から応募まで

【広告業界のインターンって?】広告業界とは?

広告業界といってもその業務は実に幅広いです。

広告業界は広告をデザインする業務以外にもマーケティングや営業を行っており、沢山の人が協力して成り立っています。

ここからは広告業界としてまとめられる仕事について具体的にお話していきます。

広告業界は主に

  • 広告代理店
  • 広告制作会社
  • アドネットワーク事業

で成り立ちます

広告業界の仕事についてよく知って、自分のキャリアにつなげてください。

広告代理店

広告代理とはその名の通り、企業の広告活動を企業に代わって行うことをいいます。

広告代理はテレビやウェブサイト、新聞などのメディアに対する広告出稿を手数料付きで手伝うことで利益を得ています。

広告代理店は具体的に専門広告代理店、総合広告代理店やハウスエージェンシーなどに分類できます。

広告代理店には華やかなイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。

実際、大規模な仕事に携われることもあります。

また、多様な業種の人達とつながりを持てる点も魅力のひとつかもしれません。

しかしその反面、広告に明確な成果を求められる上に広い視野を持って臨機応変に対応する必要があります。

華やかに見える仕事の裏で人一倍の努力を要するのです。

広告制作会社

広告制作会社では依頼されたコマーシャル映像や写真をデザインします。

広告制作会社には、特定の広告代理店からの依頼をこなす広告代理店系列の会社と、複数の広告代理店や個人から直接依頼を受ける独立した形態をとる会社があります。

他にも映像に特化している会社、ウェブ広告を専門としている会社など、会社の請ける依頼の幅は企業ごとに異なります。

自分がどの技術を身につけたいか、どのメディアに掲載する広告を作成してみたいか、よく調査してみてください。

このように、広告業界は広告制作会社と広告代理店のことを主に指します。

アドネットワーク事業

アドネットワーク事業を知っていますか?

アドネットワーク事業とは、広告配信ネットワークを作って、複数のメディアに広告を配信する仕組みのことです。

それまで広告は各メディア、ウェブサイトに個別に配信していました。

アドネットワーク事業はソーシャルメディアやウェブサイトを束ねたネットワークを通して広告を一挙に配信することで個別に配信する手間を大幅に省けるのです。

ウェブサイトを多く利用するようになった今、アドネットワークはとても役立っています。

アドネットワーク事業者も広告系の職業といえるでしょう。

【広告業界のインターンって?】インターンの時期と種類

広告業界の具体的な業務内容は理解できましたでしょうか?

次に、インターンに参加するにあたって応募可能な時期と参加できるインターンの種類、特徴を説明します。

インターンは就業する期間の長さや体験したい業務内容によって応募時期が異なります

自分にどの程度時間の余裕があって、どの程度仕事内容を知りたいのかをよく考えて自分にあったインターンに参加してみてください。

インターンの種類や期間について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

【広告業界のインターンって?】インターンで体験できる業務内容

インターンでは具体的にどんなことを学べるのでしょうか?

インターンは企業の社員と同等の業務を行います。

そのため今後の自身のスキルアップに大きく役立ちます。

自身が興味のある業務内容が実際に学べるか考えてみてください。

以下、広告業界のインターンで体験できる業務について説明します。

マーケティング

広告業界におけるマーケティングとは、広告主のニーズを理解し、有効な広告手法などを企画しデザイン制作に依頼する業務のことをいいます。

マーケティング業務は製品の特徴や顧客のニーズを分析し、考察する力を養うことができます。

多角的な観点から数字や結果の関連性を見出し適切な方法で製品をアピールすることはとてもやりがいを感じるのではないでしょうか。

企画

インターンでは実際に企画会議に参加し、どのように企画についてのすり合わせが行われているか知る事ができます。

また、企業によってはプレゼンテーションに使用される書類の作成を任せてもらえます。

企画はマーケティングと同様に、数字などの結果に基づいて論理的に考える力が必要とされます。

さらに企画の仕事では社会に求められる対人スキルや分析能力を培うことができます。

会議で他の人の意見を取り入れ、新しい視野を獲得できる貴重な経験です。

他の仕事にも役立つキャリアが手に入るのでメリットは多いでしょう。

営業

広告営業は顧客のリストアップなどから段階的に学習していきます。

いきなり営業に向かわされることはないので地道に業務に慣れていきましょう。

顧客のリストアップやアポ取りが板についたら商談に同行させてもらえるようになります。

さらに最終的には商談を一人で任せてもらえるようになります。

営業は顧客との関わりが強いです。

そのため仕事をする上で正しい電話対応、敬語の使い方が身に付きます。

また、ビジネスの基本も身をもって知ることができます。

最初は基礎的な仕事が多く、すぐに想像通りの営業らしい仕事ができるわけではありません。

しかしその分得るものが多く、自分の実績になるはずなので積極的に学習しましょう。

デザイナー

デザイナーは先に説明した他の業務とは少し異なります。

広告系の企業のインターンと聞くとデザインを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、実際デザインのインターンを募集している企業は多くありません。

デザイナーはPhotoshopなどを利用して広告をデザインします。

経験を積むと企画会議に参加して開発に関わることができるようになります。

広告をデザインする上での知識が身につく上、プログラミング技術などを学ぶこともできるので、PCに関する知識を増やしたい人、デザインが好きな人にお勧めです。

業務は幅広いのでよく調べよう

このように広告系のインターンで体験できる業務内容は多種類あります。

広告系の職業に就きたいと考えるだけではなく、具体的に広告系のどの業務に興味があるのかよく考えてみてください。

似ている仕事でもどのような違いがあるのか理解しておくとインターンの選択を失敗しにくくなります。

【広告業界のインターンって?】インターンへの参加方法

ここからは実際にインターンに参加するまでの流れを説明します。

インターンは一度入社してから「想像と違った…」と思ってもすぐに辞めることはできません。

応募する企業に目星を付けるときは満足いくまでよく調べてください

自分のキャリアに直結しているので、経験が無駄にならないように慎重に判断しましょう。

書類選考

まず履歴書、もしくはエントリーシートを提出します。

書類選考では自己PRや志望動機を明確に記しましょう。

自分の魅力や強み、仕事への意欲を存分にアピールしましょう。

広告業界は業務において独自性や発想力が重要視されます。

そのためエントリーシートや履歴書も独自の視点で書けると良いです。

適性試験

適性試験は企業によって会場や問題が異なります。

例として、マークシート形式や記述式などが挙げられます。

過去問題をよく調査していれば本番落ち着いて受験できるはずです。

過去問題を使用した試験対策は怠らないようにしてください。

また、記述問題では突飛な問いにいかにオリジナリティーをもって答えられるかがカギとなります。

試験当日緊張しすぎず、自身の考えを落ち着いて整理してください。

面接

面接も企業によって実施形態が異なります。

個人面接、グループ面接、グループディスカッションの3種類が主流な面接方法です。

個人面接は想像通り、個人対面接官で実施される面接のことをいいます。

グループ面接は自分以外の複数人と同時に面接を受ける形のことです。

さて、グループ面接とグループディスカッションは何が違うのでしょうか?

この二つは名前が似ているため違いがわかりにくいかも知れません。

しかしこの二つには明確な違いがあります。

グループ面接は「面接」です。

つまり複数人が面接官の質問に順番に答えていくことになります。

対してグループディスカッションは「ディスカッション」です。

グループディスカッションでは面接官から与えられた問について、学生同士が話し合いを行います。

そのためディスカッションでは学生のコミュニケーション能力がより顕著に発揮されます。

自分の考えをしっかり伝えるよう心掛けましょう。

【広告業界のインターンって?】Wantedlyを利用してみよう

広告業界のインターンシップに参加するならWantedlyを利用してみてはいかがでしょうか?

Wantedlyとは、インターンを募集する企業を多く掲載するビジネスSNSです。

Wantedlyは企業と学生をよりカジュアルにつなげています。

興味のある企業を見つけたら、企業に向けて「話を聞きたい」ボタンを押します。

学生はその後企業から連絡を待つだけでいいのです。

DMで志望動機を問われる場合もあれば、直接面談の日程を組む場合もあります。

掲載されている企業の業務内容も実に多種多様なので、ぜひ活用してみてください!

【広告業界のインターンって?】実践経験を積んで発想力を手に入れよう

広告業界は実用性の高いスキルを多く学ぶことができます。

しかし、人気が高いためインターンにおける試験の対策をしっかり行う必要があります。

また、発想力や企画力が重視されるため常に責任が伴います。

華やかな部分だけが見えがちですが、その分努力が必要であることを意識しましょう。

広告系のインターンで実践経験を積んで、自身のキャリアアップに繋げてください!

担当エージェントがインターンシップを紹介!
インターンシップ参加まで個別でサポートします。

インターンであなたのビジョンを実現まで
サポートを実施

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ