【大学生の食費はいくらかかる?】食費が5万円だった筆者が教える!平均食費から節約の仕方まで解説!

【大学生の食費はいくらかかる?】はじめに

大学生の出費について考えてみると、その中で割合が大きいのは、家賃と食費ではないでしょうか。

すべて自宅で食べて、自炊をしているのならば、そこまで大きくはなりませんが、友人と飲み会などをすることによって、食費は大きくなってきます。

自宅に友人を招くことや自分で友人の家に行って、朝まで飲み明かすこともあるかと思いますので、そういったことをすると1回で1万円以上が飛んでしまうといったこともあるのです。

このように大学生の一人暮らしは意外とお金がかかってきます。

しかし、飲み会や友達との遊びは減らしたくないというのも本音でしょう。

実際に、こういった遊びは大学生だからできることなので、無理してやめてしまうのももったいないです。

【大学生の食費はいくらかかる?】大学生の平均食費

まずは、大学生の食費はどのくらいかかるのかを確認したいところでしょう。

大学生の平均食費を確認することによって、どのくらいの食費が妥当なのかわかるかもしれません。

また、3万円を食費に使っている場合と、2万円を食費に使っている場合は、まったくラインアップが変わってきますので、そういった事情を知るのもなかなか面白いものです。

食費3万円の場合

まず、食費3万円というのは、かなり多いと言えるでしょう。

食費3万円といえば、やりくり上手な主婦であれば、家族3人くらいであれば、普通に生活できてしまうレベルです。

そのため、大学生一人でこのくらいの食費を使っているのであれば、かなり使っているというのは間違いないでしょう。

だいたい、このくらいの食費という人たちは、外食がメインであることが多いです。

また、かなり高頻度で出前などを頼んでいるような人もこのくらいの食費になってしまう可能性があるでしょう。

また、自炊をしていても、食材にこだわっているような人は、このくらいの食費になってしまうかもしれません。

ある程度、収入を確保することができれば問題のない額ではありますが、少し金欠を感じているのであれば、削る部分はこの3万円という食費になってくるかもしれません。

食費2万円の場合

食費2万円というのは、かなり賢い使い方をしている大学生と言えるかもしれません。

食費2万円で、特に栄養の偏りもなく、普通に食生活をしていけるのならば、これは生活の中でもかなり役立つスキルを手に入れたと言っても過言ではないでしょう。

しかし、無理やり食費を2万円に抑えている場合は、栄養分に偏りが出始める食費だと言えるでしょう。

中には、1日2食や1日1食といった人も見受けられますので、そういった人は健康には十分に注意しましょう。

食費2万円というのは、大学生としての交友としては、どの程度のものなのかというと、だいたい月に数回程度の飲み会をしている程度だと言えるでしょう。

また、基本的には自炊をしなければ、2万円以内に収めるのはかなり難しくなってきます。

毎日コンビニの弁当などを食べていると、この金額に収めるのはなかなか難しくなっていくでしょう。

食費1.5万円の場合

もし、食費1.5万円でバランスの良い食生活を営めているのならば、もしかすると食費節約に関する本を出せるかもしれません。

そのくらいハイレベルな食費節約術を持っている大学生と言えるでしょう。

1.5万円という金額は、バランスの良い食事の範囲内で切り詰められるギリギリのラインです。

ここより低くなってくると、ほぼ間違いなく栄養の偏りが発生します。

大学生が何も考えずに食生活をしていれば、まずこの金額内には抑えられないので、食生活の中に何らかの工夫が必要になってくるでしょう。

ただし、大学生の場合は、親の援助を受けられるといった部分もありますので、たまに自宅に帰ってご飯をごちそうしてもらっているといった場合には、このくらいの食費に抑えることもできます。

食費1万円の場合

食費1万円くらいになってくると、生活の中にもサバイバル要素がかなり含まれてきます。

食費1万円では、まずバランスの良い食生活は無理です。

そのため、栄養に注意した食生活と、多少栄養バランスが悪い食生活を交互にするなど、そういった組み合わせも必要になってくるでしょう。

このくらいの食費になってくると、実践している大学生は多くが節約を意識しています。

このことからも節約を意識しなければ達成できない食費だと言えるでしょう。

食費5,000円の場合

まず、食費5,000円というのは、普通に考えると、成り立たないお金です。

月の半分を5000円でやりくりするのも難しいでしょう。

つまり、この食費5,000円で生活をしたいのならば、なんらかの援助が必要になってくるでしょう。

実家から定期的に食材が送られてくるといった場合ならば、このくらいの金額を達成できるかもしれません。

また、おごられるのが非常にうまいという人もこういった金額での生活ができるかもしれません。

大学生の中には、先輩などからかわいがられて、とにかくおごってもらうのがうまい人もいます。

さらに、アルバイトのまかないなどを利用することによって、達成できるかもしれません。

どちらにしても、普通に生活して食費5,000円以内に抑えようとすると、間違いなく、必要な栄養分が足りません。

ただ、たまに修行僧のような食生活をして、食費5,000円を達成する人もいますが、あまり空腹状態が続くと、何事にも集中できなくなってしまいますので、大学生活をエネルギッシュに乗り切るといったことすらできなくなってしまいます。

【大学生の食費はいくらかかる?】食費が5万円だった筆者の生活

ここで筆者の食生活について語っていくと、大学時代は5万円くらい食費がかかっていました。

今思えば、かなり食費に使っていたということがわかり、大学生の中でもかなり多い方だったと言えるでしょう。

その理由というのが、毎日毎日外食をしていたからです。

さらに飲み会の費用がかさんだのも事実です。

週1回程度飲み会を開いていて、多い時にはそれ以上の頻度で飲み会に通っていました。

そういった食費をどうやってまかなっていたかというと、たくさん食べたその分をバイトで月に10万円以上必ず稼いでいました。

時には20万円以上稼ぐこともあったので、食費は5万円以上といっても、なんとかなりました。

ただし、こんな生活をしていたせいで、どれだけお金を稼いでもお金が足りなかったとも反省しています。

これから大学生活での食費を考える人たちに教えたいのは、外食ばかりではなく自炊の方法も覚えたほうが良いということです。

【大学生の食費はいくらかかる?】食費を削って節約する方法

ここでは毎月の食費を減らすための節約方法を紹介します。

大学生活の出費において、食費が一番無駄な生活費と言えるかもしれません。

もちろん、絶対に削れない最低限度の食費はありますが、それ以外の無駄な食費を使ってしまっている大学生は多いのです。

削れる部分は削らなければお金がどれだけあっても足りなくなってしまうので、食費を削るための節約術は重要になってくるでしょう。

また、食費を節約するためには、飲み会の回数なども見直してみるのも良いかもしれません。

飲み会をするなとは言いませんが、毎日毎日飲み会をやっていては、どんどんお金がなくなってしまいます。

そのため、回数を決めて飲み会に参加すれば良いでしょう。

案外、回数を決めたほうが、メリハリが利いて、一回一回の飲み会が楽しくなるかもしれません。

たとえば、毎日飲み会をやっているより、月2回の飲み会にしたほうが、その2回の集まりは盛り上がることが多くなります。

なぜならば特別感を演出できるからです。

自炊

なんといっても節約には自炊です。

ただし、自炊はたまにするだけではダメです。

自炊する料理にもよりますが、一度自炊するだけでは余計お金がかかってしまいます。

基本的にスーパーなどに売っている食品は1人が1回だけ食べる量というのはなかなか売っていません。

そのため、自炊は一人分の食事を安く作ることができるものではないということを把握しておくことが重要になってきます。

2人分の食事を一人分の値段で作ることができるのが自炊になっていますので、この部分を意識して作ると良いでしょう。

別に4人分作ったって、5人分作ったって、冷凍すれば良いだけなので、問題ありません。

自炊は継続してこそ効果が発揮されるものなので、まずは継続できるように頑張ってみてください。

飲食のバイトを始める

居酒屋などの飲食店でアルバイトをすることでまかないをもらって食費を浮かせることができます。

このまかないというのがばかにならず、かなり食費を補ってもらうことができるのです。

もしも新しいバイトを始めようと思ってる人がいたら飲食店も考えてみても良いかもしれません。

また、飲食店は大学生くらいの人が働いていることも多いので、そこから仲間が増えることも多いです。

そういった人脈づくりにも役立ってきますので、飲食店のアルバイトをするというのはおすすめになっています。

さらに、飲食のアルバイトをすることができれば、料理を覚えることができます。

飲食のアルバイトをしていた学生が、プロ並みの料理スキルを身につけることもあるのです。

料理のスキルを身につけられれば、それは少ない食費でおいしいものを作れるということなので、食費を切り詰めていても、意外にストレスにならないのです。

我慢する

これは、あまりおすすめできる方法ではありません。

しかし、どうしてもお金がないという場合には、最終手段として知っておくのが良いかもしれません。

人間は最悪何も食べなくても数日生きることができます。

筆者も2日に1度しか食事をしないという生活を何回か経験しています。

1日に1食にするだけでも食費はある程度抑えることができるのです。

ただし、体調を壊しては元も子もないので本当に気を付けてください。

体を壊してしまっては、そもそも大学に通っている意味がなくなってしまいますので、無理は禁物だと覚えておきましょう。

【大学生の食費はいくらかかる?】おわりに

食費はとにかく抑えられるところは抑えなければなりません。

自炊は最初はパスタくらいから始めてみても良いかもしれません。

料理ができるようになると楽しいので、この機会に覚えてみても良いのではないでしょうか。

料理がうまくなったら、友達を招いて、料理を披露するというのも面白いかもしれません。

料理のスキルを高めることができれば、今後の人生で役立ってくれるのは間違いありませんので、大学生時代に料理を覚えるのは良いことでしょう。

就活準備、順調ですか?
1人でわからない事はプロと2人で​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ