長期インターンの面接で何度も落ちてしまう理由と内定を獲得するための方法を徹底解説!

はじめに

長期インターンは就活に有利になる、業界や仕事の理解ができる、スキルが身につく、成長できるなど、多くのメリットがあると言われています。

そのため、長期インターンに参加したいと応募している方も多いことでしょう。

ですが、長期インターンの面接で何度も落ちてしまい、いまだに参加できずに困っている方、どうしてかと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

このままでは、実際の就活でも内定がもらえないのではと、落ち込んでいる方もいるかもしれません。

長期インターンの面接で何度も落ちてしまう理由と、内定を獲得するための方法を徹底解説していきます。

長期インターンの面接で落ちる原因とは?

長期インターンの面接で落ち続けているのは、どうしてでしょうか。

代表的な理由は、「なぜ長期インターンをやりたいのか理由が明確でない」こと、「志望動機が曖昧」なこと、そして、「勤務可能日数が少ない」ことが考えられます。

理由や志望動機がしっかり伝えられないと、就活でも苦労することになりかねないので、今のうちから、やりたい理由や志望動機をどうすれば明確に持て、伝えられるのかマスターしていきましょう。

そうすれば、長期インターンの面接にも通り、就活でも役立つはずです。

また、長期インターンをするにあたっては、社員に準じた活躍が求められるので、一定の勤務日数が望まれます。

週1でもOKといったアルバイトと同列で考えないようにしましょう。

なぜ長期インターンをやりたいのか理由が明確でない

面接に通らない理由の代表例が、「なぜ長期インターンをやりたいのか理由が明確でない」ことです。

長期インターンに参加する大学生は、全体の3%しかいないと言われています。

気持ち的に参加したい大学生はたくさんいても、スケジュールの都合や、大学やアルバイト、サークルや部活などとの両立の面から思い留まる人は少なくありません。

わずかな人数だからこそ、なぜ、長期インターンをやろうと思ったのかは気になるため、ほかの学生に差をつけられないよう、長期インターンにチャレンジしたい理由をしっかりアピールしましょう。

志望動機が曖昧

「志望動機が曖昧」なのも、面接に通らない理由の一つです。

なぜ、長期インターンをするのに、その企業や職種を選んだのか、具体的に伝えることが大切です。

長期インターンは就職とは異なるため、企業や職場に合わないと感じるとすぐに辞めてしまう方も少なからずいます。

企業としては学生にすぐに辞められると、採用にかけた時間や優秀な学生が確保できなかった点でロスが生じ、非常に大きな損失になります。

志望動機がしっかりしていると、長く働いてくれそうと評価が受けられ、面接に通りやすくなるのです。

勤務可能日数が少ない

希望する「勤務可能日数が少ない」のも面接に落ちやすい理由の一つです。

学生なんだから、毎日のように働けるわけがないじゃないかという反論もありそうですが、企業としては最低勤務日数とかを提示してるとこもあるように、長期インターンにはなるべく多くコミットして欲しいと考えて募集をかけています。

本気で長期インターンを目指す人は、早い段階から、できるだけ早めに単位を取得したり、インターン期間中は出席をあまりしなくても単位が取りやすい科目を取ったり、授業を週数日に集中させて空き時間を作るなど工夫をしている方が少なくありません。

そういった努力や配慮をせず、週に1日しか働けないなどと応募してくる学生は、やる気モードが低いと思われかねません。

企業が長期インターンに求めているものとは?

では、企業が長期インターンに求めているものとは、どのようなことでしょうか。

企業が求めていることを理解し、その求めていることをアピールできると、面接に通りやすくなります。

企業が長期インターンに求めているのは、職場に早く馴染み、業務を早期にマスターして活躍していけるよう、「週3日以上の勤務」と、長期インターンを採用する目的でもある「学生ならではの視点」、そして、「社員のような成長」が期待できる人物であることです。

なぜ、このような点を求めるのか、どのようにすれば求める人材になれるのか、詳しく見ていきましょう。

週3日以上の勤務

長期インターンとして応募するからには、週3日以上の勤務ができるように調整して臨みましょう。

学生だから、アルバイトみたいなものと考えて、週に1日とか2日で、平日が主な営業日の企業に土日なら出られます、などと希望を述べても選考には通りません。

企業は単なるアルバイトではなく、長期インターンとして社員に準じた仕事を経験させようと考えている以上、労働力として期待している場合やしっかり仕事で成果を出して欲しいと思っています。

そのため、ある程度、長時間の勤務を求めているのです。

学生ならではの視点

学生アルバイトでもなく、社会人の中途採用や派遣社員を募集するのでもなく、大学生の長期インターンを募集するのは、企業の意図があるからです。

それは、仕事の面や企業の社風や文化、職場の雰囲気などに学生ならではの視点を持って臨んで欲しい、社員や社会人経験者では持てない発想や観点を吹き込んで欲しいと考えています。

新商品やサービスの開発でも、職場改革においても、社会人の偏見などを持たない、フラットな学生からの意見やアイディアは有益だからです。

社員のような成長

企業が長期インターンに求めることとして、「社員のような成長」を期待できる人物かという点が挙げられます。

社員レベルまで成長してくれると、そのまま内定を出すこともあるほどです。

それが叶えば、採用コストも抑えられ、入社時には即戦力になっているので、新人研修なども省けてスムーズです。

特に新卒の採用人数が少ないベンチャー企業などでは、仕事ぶりや成長ぶりを見て優秀な長期インターンを採用する傾向にあります。

「社員のような成長」ができる人物と思わせるには、長期インターンをやりたい理由や志望動機を具体的かつ明確にしましょう。

長期インターンの内定を獲得するには

では、長期インターンの内定を獲得するにはどうすればいいのでしょうか。

長期インターンの面接に通らない理由でもある、長期インターンをやりたい理由や志望動機が曖昧な方が多いので、まずは明確かつ具体的に考えて伝えられるようにすることが大切です。

そのためには、「徹底した自己分析」を行い、なぜ、長期インターンに参加したいのか、どうしてその企業なのかをよく考えましょう。

また、学生ならではの視点を提供し、社員としての成長を目指すためには、自己分析に加えて、自分の強みを活かして活躍できる企業を選ぶことも大切です。

つまり、「自分に合っている企業に応募する」ことも、長期インターンの内定を獲得するために必要です。

徹底した自己分析

長期インターンの内定を獲得するには、「徹底した自己分析」は欠かせません。

自分はどんな人間で、何をやってどうなりたいのか考えましょう。

実は、これができてる学生は少ないので、差別化につながります。

自己分析を徹底すると、志望動機などもより明確にすることができます。

なぜ、その企業を選んで、長期インターンをやりたいと思ったのか、長期インターンを通じてどのように成長し、将来的にどうなりたいのか伝えられるようになるとベストです。

自分に合っている企業に応募する

長期インターンの内定を獲得するには、「自分に合っている企業に応募する」こともポイントです。

行きたい企業や有名な企業にばかり応募していても、長期インターンをやりたい理由や志望動機が、いわゆるミーハー的な理由にしかなりません。

なぜ、うちで長期インターンをやりたいのかと問われて、有名だからとか、将来就職したいからでは、中身がなく、企業が長期インターンとして期待している人物には該当しません。

自己分析をしっかり行えば、自分が活躍できる場所はそこじゃないかもということが見えてくるはずです。

就活市場インターン

自分に合っている企業がわからない、どうしても、知名度の高い企業に目が行ってしまい、面接に落ちてばかりという方は、長期インターンを紹介してくれるサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

学生と面談を行い、学部や専攻科目、強みや知識、これまでの経験や将来の希望などをヒアリングし、性格などを踏まえて、その人に合う企業を探し出して紹介してくれます。

就活市場でもインターンの案内をしているので、ぜひ利用してみましょう。

"https://shukatsu-ichiba.com/internship"

就活と長期インターンは違う

長期インターンで内定がもらえずにいると、就活でも内定がもらえないかもと、悲観的になってしまう方がいます。

就活をあきらめて大学院進学を検討する方やフリーターでいいなどと自信を失う方も少なくありません。

ですが、就活と長期インターンは大きく異なりますので、長期インターンに通らなくても、就活でも落ちるとは限りません。

就活はポテンシャル採用、長期インターンはスキル採用のケースも多いです。

就活は長く働いていく社員を選ぶので、やる気があり、自社にマッチした人材を求めています。

長期インターンも自社にマッチした人材は求めていますが、さらに即戦力として役立つようスキルを求めているケースも多いです。

採用の視点が異なるので、長期インターン=就活と思わないようにしましょう。

おわりに

学生の中でも悩みが多い、長期インターンの面接で何度も落ちてしまう理由と、内定を獲得するための方法を徹底解説してきました。

長期インターンの面接で落ちる原因は、「なぜ長期インターンをやりたいのか理由が明確でない」、「志望動機が曖昧」、「勤務可能日数が少ない」ことです。

一方、企業が長期インターンに求めているものとは「週3日以上の勤務」、「学生ならではの視点」、「社員のような成長」です。

これらの条件をクリアするためにも、長期インターンの内定を獲得するには「徹底した自己分析」と「自分に合っている企業に応募する」ことが必要になります。

長期インターンに落ちても就活もダメということにはならないので、落ち込まずにチャレンジしましょう。

担当エージェントがインターンシップを紹介!
インターンシップ参加まで個別でサポートします。

インターンであなたのビジョンを実現まで
サポートを実施

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ