2年生こそ長期インターンに参加するべき!2年生が参加するメリット・デメリットを徹底解説!

はじめに

flow001

みなさんは、長期インターンに参加する気持ちはありますか。

もし、長期インターンに参加する気持ちがあるのならば、2年生のうちの参加を考えたほうがよいかもしれません。

それがなぜかというのを今回は紹介します。

2年生からインターンに参加することによって、メリットは多いですし、就活において有利に立ち回れる可能性が高いです。

2年生のうちに長期インターンに参加することによって、はじめて開ける道もありますので、そういった点も踏まえて、まずはどういったメリットやデメリットがあるのかを確認してみるとよいでしょう。

せっかく、こういった選択肢があるのに、詳細を知らずに、使わないというのはとてももったいないのです。

2年生が長期インターンに参加したほうがいい理由とは

まずは、なぜ2年生が長期インターンを考える必要があるのかを紹介します。

2年生には、長期インターンに参加したほうがいい正当な理由があって、一番が時間に余裕があるという点でしょう。

さらに、2年生からインターンに参加することによって、仕事を覚えてからも長く働くことができますし、企業も育成してから長く働いてくれるため2年生というだけで少し有利になります。

これが優秀な人材ならば、企業にとってはかなりメリットが大きくなってくるのです。

優秀な人材を企業の色で染めることができますので、さらに磨きがかかる可能性があるでしょう。

このように、企業にとっても、大学生にとっても2年生の長期インターンというものは、メリットが大きくなっているのです。

これは、ぜひ把握しておきたい事実でしょう。

2年生が長期インターンに参加するメリット

まずは、2年生が長期インターンに参加するメリットについて確認してみましょう。

2年生が長期インターンに参加するメリットはたくさんあって、現実的な問題として稼げるというのもメリットになってくるでしょう。

ほかにも、就活に有利になるというのはいうまでもありません。

また、即戦力として働ける可能性もあって、こういったメリットをすべて得ることができると考えれば、かなりメリットが大きいといえるのではないでしょうか。

稼げる

2年生が長期インターンに参加するメリットのひとつは、稼げるというものです。

まだ2年生なので、これから大学生活にたくさんのお金が必要です。 正直な話で、大学生活を充実させるためには、それなりのお金も必要になってきます。

そういったお金を稼ぐために、長期インターンを利用できるのはメリットだといえるでしょう。

少なくとも、何も技術や知識を得られないようなアルバイトをするのであれば、長期インターンで技術や知識を得ながら働いたほうがよいといえるのではないでしょうか。

時給換算にするとそこまで高くないこともありますが、それでも技術や知識の分まで計算するとしたら、かなり割のいい仕事といえるのではないでしょうか。

2年生というタイミング的に、このメリットはかなり大きいです。

就活に有利になる

インターンに参加することで、社会人がどのように働いているのか知れます。

社会人がどのように働くかを知ることができれば、自分の理想と現実の差を埋めることができます。

想像どおりのこともあるでしょうし、まったく想像と違うこともあるかもしれません。

また、実際に働いている社員のみなさんにいろいろと意見を聞いて、その会社のメリットやデメリットを把握するのもよいでしょう。

さらに、長期インターンに参加している学生が3%しかいないので、差別化をすることができます。

ほかにも、実際に会社で働くことによって、社会人のコネができます。

場合によっては、インターンで出会った人たちと起業をしたというようなケースもありますので、長期インターンで出会う人たちとの人脈づくりは軽視することができません。

また、長期インターン同士で仲間意識が生まれやすいことから、その意味でも人脈をつくりやすいといえるでしょう。

就職してから即戦力として働ける

企業で働く中で身につけたスキルは、他の学生にはないものです。

やはり、長期インターン先の企業に就職した場合は、いきなりその会社に入ってきた人たちと比べると、かなりの差があるといえるでしょう。

それも長期インターンなので、よりそれが顕著になってくるでしょう。

また、違う企業に就職したとしてもその経験は役立つ可能性が高いので、こちらもポイントになってきます。

長期インターンと違う会社に就職してしまうと、それまでの知識が役立たなくなると思われがちですが、それはまったくの嘘なので、惑わされないようにしましょう。

そのような考え方をしてしまうと、せっかくのチャンスを逃してしまいかねません。

2年生が長期インターンに参加するデメリット

ここでは、2年生が長期インターンに参加するデメリットを紹介します。

メリットを踏まえたうえで、デメリットも確認することで、より長期インターンというものが見えてくるのではないでしょうか。

場合によっては人生に大きな影響を与えるようなデメリットもありますので、よく確認しておきたいものです。

また、そのデメリットを自分が許容できるかという点についても再確認してください。

時間投資をする必要がある

時間投資をする必要があるというのは、長期インターンの大きなデメリットでしょう。

そのデメリットを最小限にするために2年生で参加するといっても、まったくなくなるわけではありません。

2年生は時間があるとはいえ、長期インターンは週に〇〇時間以上勤務など、制限がかけられている場合があります。

そのため、場合によっては予想以上に時間を投資しなければならない可能性があるでしょう。

また、時間を投資して、見返りがしっかりとあればよいですが、実際に参加してみると、思っていたのとは違ったといったように、失敗してしまうと、リスクも大きくなってしまうでしょう。

こういったデメリットもしっかりと見据えておきたいところではないでしょうか。

周りとの差を感じて嫌になってしまう

長期インターンに参加するデメリットには、周りとの差を感じて嫌になってしまうこともあります。

長期インターンに参加している学生は、優秀な学生が多いという特徴があります。

社員はもちろん優秀なので、そこと比べて自分ができないと落ち込んでしまうこともあるかもしれません。

長期インターンに参加した学生が、社員と比べてしまうというのは、そもそもおかしい話ですが、それでも比べてしまう人は多いです。

とくに自分が仕事にチャレンジして、思うような成果をあげられないときにこう思ってしまうことが多いようです。

ショックが大きいのは、同じ学生との間に差がついてしまったときでしょう。

しかし、能力差は能力差なので、ある程度は割り切ることも必要になってくるのではないでしょうか。

留年してしまうリスクがある

長期インターンでは、留年してしまうリスクがあります。

これもデメリットのうちのひとつだといえるでしょう。

それなりの時間投資をすることになるので、時間を使いすぎて、留年してしまうような学生もいます。

また、長期インターンに参加することによって、社会で働くことの面白さに目覚めてしまうような学生もいます。

これはとてもいいことなのですが、あまりに仕事が楽しいので、大学のことを忘れてしまうのには注意する必要があるでしょう。

とくに、長期インターン先の会社で重宝されはじめた場合は、自分の居場所を手に入れたようなものなので、余計に大学に戻りたくない気持ちになってしまいます。

しかし、学業や遊びとのバランスも重要になってきますので、常にその点は考えていきたいところです。

長期インターンに参加するのはどんな人?

ここでは、長期インターンに参加する人はどんな人が多いかを確認してみましょう。

長期インターンに参加する人の属性を把握することによって、長期インターンの理解がより深まることもありますので、ぜひ確認しておきたいところです。

変わったアルバイトをしたいという理由で参加するような人もいますし、やはり就活に向けての材料がほしくて参加する人もいるでしょう。

多くの人が、就活を見据えて参加することになりそうです。

変わったバイト、稼ぎたいという気持ちで始める人

これは不純な動機といえるかもしれませんが、変わったアルバイトがしたくて、長期インターンに参加する人もいます。

また、単純に稼ぎたいから参加するという人もいるでしょう。

長期インターンの場合は、社会に出て働く際に役立つことを学びながら、お給料をもらうことができるので、大学生にとってはもっともよいアルバイトともいえます。

さらに、不純な動機とはいっても、長期インターンに参加することによって、その仕事の楽しさを知り、その業界に飛び込むことに決めたという学生もいますので、ある意味できっかけはなんだってよいといえるかもしれません。

筆者も学生時代に稼ぐための手段として、ベンチャー企業の長期インターンに参加したことがあります。

ベンチャー企業のインターンはとても新鮮で、大学生を即戦力として使ってくれる面白みがあります。

次々に新しいことが発見できますので、一時期は大学での授業がどうでもよくなったものでした。

このように長期インターンによっては、とても魅力的な体験ができる場合もありますので、侮ることはできません。

就職に向けてのアピール作り

実際には、多くの学生がこの理由のために長期インターンに参加するのではないでしょうか。

就活に向けてのアピールづくりの場として、長期インターンは最高です。

ちなみに、就活ではエントリーシートと呼ばれる履歴書のようなものに、学生時代に頑張った経験などを書く必要があります。

みなさんはこれをガクチカなどと呼んでいますが、ガクチカの材料探しとして、長期インターンに参加する人もいます。

面接でも聞かれることになりますので、そのときに有利に立ち回るために長期インターンに参加するというのも、決して悪いことではありません。

学生によっては、それまでにまったくガクチカやアピールポイントがないといった人もいるため、そのようなタイプの人には、長期インターンが格好の的になるのです。

ただし、アピールづくりのために長期インターンに参加する場合は、下手をすると、時間の投資に失敗する可能性があります。

興味のあるインターンに参加するのであれば問題ありませんが、ガクチカのためにまったく興味のない世界に飛び込んでしまうと、時間浪費が大きくなりがちです。

自分の成長のため

意識の高い学生になってくると、自分の成長のために長期インターンに参加するような人たちもいます。

具体的な将来の夢や目標があって、そのために学生のうちから長期インターンとして参加している人もいるのです。

こういった夢や目標をもっている人は、できるだけ早く社会で活躍したいと考えます。

また、進路もかなりの部分が決まっていることが多いので、大学生として勉学に励むよりも、実際に長期インターンで将来就くべく仕事で学んだほうが、メリットは大きくなるのです。

長期インターンも、就活の選択肢を増やすための手段と考えているような人には、できない参加目的なので、このような人材とはここで差がつくといえるかもしれません。

ただし、就活生のすべてが将来の目標が決まっているというわけではありませんので、こういった人たちがいたからといって、無理に焦る必要はないといえるでしょう。

こういった人たちにペースを乱されてしまっては、受かるものも受からなくなってしまいます。

2年生で長期インターンに参加するための探し方とは

ここでは、2年生で長期インターンに参加しようとした場合に、どうやって長期インターンを探せばいいのかを紹介します。

具体的な方法としては、長期インターンを紹介してくれるようなサービスを利用するのが一番です。

案件数も豊富ですし、アドバイスやサポートを受けられるサービスもありますので、こういったサービス経由で参加したほうがメリットは多いです。

また、探し方に関するアドバイスを受けることもできるでしょう。

就活市場インターン

就活市場インターン
就活市場インターンは、就活情報サイトが母体になっているだけあって、情報量が豊富になっています。

さらに、簡単に登録できるだけではなく、担当者がしっかりと個別対応をしてくれるので、自分に合致したインターンが見つかりやすいというメリットがあるのです。

長期インターンの仲介サイトでは、たくさんの情報が手に入ります。

しかし、多くの学生がそのうちどれを選別していいかわからないと思っているので、だからこそ就活市場インターンが提供してくれるような質の高いアドバイスが重要なのです。

中には、大学生ができるアルバイトとは比べものにならないくらい稼げる仕事もありますし、就活の際に有利になれるようなインターン情報も満載です。

infraインターン

infraインターン
infraインターンは、長期インターンや有給インターンシップなどを提供しているサービスです。

ユーザーの参加する目的や意味を徹底的に突き詰めて、最適のインターンシップを紹介してくれます。

また、登録しておくと、企業からのスカウトがくるような仕組みになっていますので、もしかすると貴重な案件にありつけるかもしれません。

首都圏を中心に、豊富なインターン情報を掲載していて、ジャンルも豊富です。

エンジニアやデザイナーといった職種から探すこともできますし、特徴からインターンを探すこともできるのです。

アルバイトの求人サイトのようなイメージで手軽に利用することができますので、これだけの情報量があれば、あなたにぴったりのインターン情報を手に入れることができるでしょう。

ゼロワンインターン

ゼロワンインターン
ゼロワンインターンは、とても面白いサービスです。

これまでの長期インターン仲介サイトとは違って、ゼロワンインターンを通じて参加したインターンで、頑張れば頑張るだけ、就活で高く評価されるようになっています。

今までは、インターンに参加すると就活に影響があるといわれてたものの、直接的な効果を実感するというのはなかなか難しいものがありました。

しかし、ゼロワンインターンの場合は、より就活に役立つインターンに特化することによって、インターンに参加したメリットを理解しやすいサービスになっているのです。

わかりやすいインターンの成果というものがほしい大学生はたくさんいるかと思われますので、そんな人たちにはゼロワンインターンがおすすめです。

長期インターンで経験できる職種とは

ここでは、長期インターンで経験できる職種について紹介します。

自分の希望している職種が長期インターンで経験することができるのかは、重要なポイントになってくるでしょう。

一般的な仕事ならば、インターンで参加できる可能性は高く、マーケティングやエンジニアなどの鉄板の職種もあります。

さらに、営業や事務などより一般的な仕事も長期インターンで参加することができるのです。

営業や事務の場合は、大学生に任せやすいということもあって、長期インターンが導入されることも多くなっています。

マーケティング

マーケティングの場合は、長期インターンといえども、第一線で仕事をさせてもらえる可能性は低いといえるでしょう。

マーケティングという分野は、技術や知識が必要とされますので、大学生がすぐにチャレンジしても、成果を上げられないことが多いです。

そのため、マーケティングのインターンに参加するのならば、周囲の人たちから積極的に吸収し、マーケティングという仕事の現場がどうなっているのかを知ることに注力しましょう。

企業側も、マーケティングで何らかの成果をあげてほしいというハードルは設けていないはずです。

エンジニア

エンジニアも熟練した技術が必要になってくる仕事なので、大学生には難しい仕事でしょう。

エンジニアのインターンの場合は、ほとんどがIT系の仕事に携わることになるのではないでしょうか。

この世界でしか触れられない技術や知識に多数触れることができます。

プログラミングに触れることもあるかもしれませんし、顧客との打ち合わせなどに立ち会わせてくれることもあるかもしれません。

営業

営業は、長期インターンでは多いです。

営業には特別なスキルが必要ないため、よほど特殊な商品を扱っている企業以外は、積極的に仕事にチャレンジさせてもらえることでしょう。

長期インターンで営業をしておけば、実際に営業をすることになったときに、ライバルに差をつけられるかもしれません。

事務

事務も、長期インターンとの相性がよいです。

しかし、事務の長期インターンをして、学べることは限定的だといえるでしょう。

確かに任される仕事は多いですが、本当にアルバイト感覚の仕事になってしまうかもしれません。

事務のインターンをするのならば、企業にはこだわりたいところで、気になる企業の雰囲気や実際の職場を知るために参加するのがおすすめです。

おわりに

2年生こそ長期インターンに参加したほうがいい理由が、わかったのではないでしょうか。

メリットとデメリットを踏まえたうえで、自分にとって意味のあるインターンに参加したいところでしょう。

2年生なので、とくに焦ることはありませんので、じっくりと仕事に向き合ってみるのもよいかもしれません。

担当エージェントがインターンシップを紹介!
インターンシップ参加まで個別でサポートします。

インターンであなたのビジョンを実現まで
サポートを実施

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ