心臓が止まった!想定外の質問が来たときの対応方法

はじめに

flow004

面接では志望動機や自己PR、ガクチカといったお決まりの質問のほか、時に想定外の質問が飛んでくることがあります。

なぜ、面接官はそんな質問をするのか、意図を知ることで適切な解答や対応ができるようになります。

【面接で聞かれる想定外の質問を対策】面接で聞かれる質問はよく聞かれる質問ばかりではない

面接で聞かれる質問は、志望動機や自己PRなど、よく聞かれる質問ばかりではありません。

一見、就活生に意地悪していると思ってしまう質問も出るものです。

想定外の質問をされたら何も答えられないかもと心配しているなら、この記事を読んで不安を解消しましょう。

なぜその質問をするのか。面接官の意図は?

時に就活にまったく関係がないような質問をすることや意地悪とも思える質問をするのはなぜでしょうか。

就活生の多くは足切りと思っているようです。

採用予定人数を大幅に超える人数の面接を行うにあたって、すぐに答えられない人を落とすためと考えられています。

ですが、実際には落とすためではなく、より欲しい人物を見極めるための質問です。

面接官は就活生にプレッシャーを与えて、臨機応変に対応できるのかを見ているのです。

【面接で聞かれる想定外の質問を対策】意図別 質問&解答例

面接で聞かれる想定外の質問に対応するには、面接官がなぜその質問をするかの意図を知り、それに対応した解答をすることがポイントです。

面接官の意図別に質問と解答例をご紹介します。

業界・企業・時事編

想定外の質問としてよくあるジャンルが、業界・企業・時事に関する内容です。

業界・企業・時事に関する質問をする意図は、業界分析と企業分析がしっかりできているのかを知りたいからです。

具体的に想定外問答を見ていきましょう。

業界を理解しているか

志望動機を答えることや将来その企業でどんな活躍をしたいかなどを問われて回答した際に、

「それって別の業界でも良くない?」

といった質問が投げかけられることがあります。

自分の志望動機や将来の姿をより掘り下げる質問が来るかと想定していたのに、「別の業界で実現できるよね?」と言われると、その時点で自分は向いていない、いらないと言われたようにショックを受ける方も少なくありません。

この質問の意図は業界をより深く理解しているかを問うています。

「確かにそうかもしれませんが、」ではなく、その業界でないとダメなことをアピールしましょう

業界の特徴と惹かれたポイントを伝えるのがポイントです。

【回答例】
「御社のサービスは早く消費者に届く最終段階であるからこそ得られる喜びに魅力を感じたからです。」

企業を理解しているか

「うちの会社でやりたいことある?」

という質問の投げかけも、ショックを受けやすいケースです。

その会社で働きたいから面接を受けているのに、「やりたいことあるの?」と問われてしまうと、それまでアピールした志望動機などがまったく伝わっていないように思えてしまうためです。

より一歩踏み込んで、自分が研究して興味を持っている企業の特長を伝え、将来やりたいことを具体的に伝え、それがその会社でないと実現できないことをアピールしましょう。

【回答例】
「御社の◯◯というビジョンと私が個人で目指す姿が重なっていると思いました。ぜひ私がその一員になりたいです。」

この回答例では、◯◯をしっかり理解しているかがポイントになります。

時事に関心があるか

「今一番気になっているニュースは?」
「最近関心がある時事問題は?」

などと質問されたら、どう答えれば良いのでしょうか。

時事問題は問われると想定しているから、経済新聞のデジタル版も購読しているし、政治のニュースや国際関連のニュースもチェックしてきたと、簡単に構えてはいけません。

ただ、気になるニュースを答えれば良いのではなく、どうして気になっているのか、それにどう対処したいのかを面接官は知りたいと意図しているからです。

ニュースをどう捉えているかを伝え、自分の意見を伝えるようにしましょう。

【回答例】
「コロナ禍で家での食事が増えました。一人暮らしをしている消費者に向けた商品を作ればさらに利益が上がると思います。」

このように、入社後に実践したいアイディアなども提案できるとベストです。

自己分析編

面接では自己PRをはじめ、ガクチカなどの定番の質問、長所や強み、短所や弱みといった質問が行われます。

それに加えて、別の角度から質問が投げかけられる場合や応用問題的な質問が投げかけられることがあります。

一見、自己否定されているような、自分が求められていないように感じる質問もありますが、それは、あなたが何をできるかを、より詳しく知りたいための質問です。

自己分析がしっかりできているかを確認したい意図なので、一問一答だけで自己分析していたらここで躓くので、事前準備が不可欠です。

強み

「あなたの強みは何ですか?」という質問には、事前に準備をしていた想定問答集でスラスラと答えられるのに、「あなたが入ったらうちの会社は何が変わる?」といった質問が投げかけられると、思考がストップしてしまう方がいます。

「あなたが入社したところで、何も変わらないよね?」と言われているように思ってしまう方がいるためです。

この質問の意図は、あなたの物足りなさを指摘しているのではなく、「あなたの強みは何?」「何ができるの?」と尋ねるものです。

あなたの強みで、どう会社に貢献できるかを具体的に答えましょう。

【回答例】
「私の強みであるスピード感を御社で活用することで、物事が早く進み、PDCAがより迅速に回ります。」

将来どんな人になりたいか

「5年後、10年後にどんな人になりたい?」という質問は、その企業に入社して、どう成長を遂げたいのか、将来のイメージができているかを問う意図です。

ほかの企業でも成し遂げられるような将来像ではなく、企業のビジョンとマッチしていることをアピールすることが求められます。

【回答例】
「御社のインターン先でお世話になった◯◯さんのように、あらゆる事象に疑問を抱き、そのバックグラウンドを考え、常識を変える人になりたいです。」

「御社の中期経営戦略に掲げる××という経営目標を達成するために、△△に取り組める技術を磨きたいです。」

このように具体的な話をするのがおすすめです。

【面接で聞かれる想定外の質問を対策】それでも想定外の質問が出たときの対処法

業界・企業・時事編や自己分析編の想定外質問の対策を採ったとしても、想定外なわけですから、有り得る質問を100%カバーするのは不可能です。

そこで、どんな質問が来ても無言にならず、答えられるよう対処法をご紹介します。

焦らない

回答を準備していない質問や考えたことがない質問をされると、すぐに答えなくてはと焦り、かえって頭が真っ白になる方も少なくありません。

想定外の質問が投げかけられたら、押し黙ってしまうのではなく、まずは「はい。」と答えて間をつなぎ、とにかく落ち着きましょう。

質問の内容や投げかけ方、面接官の表情などから、意地悪されていると思う方や自分は不要と自己否定されているように思い込んでしまう方がいます。

面接官にはそのような意図はなく、あなたをより知りたいと思っているだけなので、気を大きく持ちましょう。

質問の意図を捉えよう

自己否定されている、圧力をかけられているなどとマイナス志向に陥ると、焦って、何も考えられなくなります。

面接官は意図があって質問しています。

採用基準に何も関係ないように見える質問であっても、トラブルに対応できるかどうかを見ているのです。

あなたを貶めようとか、不採用を決め込んで困るような質問をしているのではなく、あなたが採用したい人物かを見極めるための質問です。

企業に入社して仕事をしていくうえでは、想定外のトラブルに見舞われることは何度となく訪れます。

そういったトラブルにどう対処できるのか、問題を大きくしないか、乗り越えて成長できるかなどが見られています。

意図を捉えれば、落ち着いて意図に沿った回答ができるはずです。

自己分析を徹底的にしよう

一見、採用とは無関係に思える質問であったとしても、どの質問も、結局はあなたが会社に向いているのか見極めるために質問をしています。

あらゆる質問を想定して回答を準備しておくことは不可能ですが、徹底的に自己分析をすることはできるはずです。

自分の強みをしっかり把握し、引き出しを増やして柔軟に対応できるようにしましょう。

自己分析と業界研究、企業研究を深め、その業界に自分がどうマッチしていて、どう活かせるのか、面接を受けている企業で自分がどう貢献できるのかを事前にしっかりと考えておけば、どんな質問が投げかけられても、冷静に対処できるはずです。

おわり

一見、就活とは関係ないような質問や就活生に意地悪するような質問に思えても、実は自社に合った人物かを見極めるための意図があります。

想定外の質問が来ても質問の意図を汲み取って、落ち着いて答えれば問題ありません。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ