【やっぱり厳しい?】Fラン大学生が就活で成功させるには

はじめに

pixta_69302505_M

就活市場において、Fラン大学生は不利になると言われています。

なぜなら、学歴というのが一つの判断基準となるからです。

しかし、Fラン大学生だからといって就職が困難になるわけではありません。

学生時代に必要なことを行っておけば、就活を成功させることができます。

企業が採用するときに見るポイントとしてさまざまな要素があります。

その要素の一つが学歴です。

学歴が選考基準の一つということは、高学歴の大学と比べるとFラン学生は有利ではなくなってしまいます。

Fラン大学生が就活で不利になってしまう理由や、その対処法などをご紹介します。

そもそもFランの定義とは

Fランの定義について紹介します。

「Fランク大学」のことをFランと言います。

一般的には「偏差値が低い学校」ということです。

具体的には偏差値50未満の大学のことを言います。

Fラン大学の特徴といえば、あまり有名な名の知れた学校でない場合や定員割れしているところが多いでしょう。 

就活では、残念ながら低評価を受けてしまい不採用になってしまうことがあります。

Fランの就活は厳しい、、、

企業側は、「採用するなら優秀な人」と考えています。

一般的に人気のある商社やメーカーなどの大手企業の場合、応募をする人はかなり多いと言われているのです。

そのため、すべての応募書類に目を通すのは難しく、まずは出身校などを見ることになります。

このことから、Fラン大学生は書類選考の時点で落とされてしまうこともあるのです。

Fランの就活は厳しいことがわかります。

もう一つ厳しい点は、高学歴な大学に比べ、企業説明会が少ないことです。

高学歴な大学は、積極的に企業説明会が実施されるので、情報に乏しくなることはありません。

しかし、Fラン大学生は情報量にかけることになります。

これは企業を選ぶ際に不利になります。

その企業のことを事前に知っておくことは就活において、大切なことでしょう。

しかし、Fラン大学の企業説明会といえば、大手企業ではなく、地元の中小企業である場合や不真面目な社員がいる会社などの可能性があります。

就職率

Fラン大学の就職率は、6割から7割ほどだと言われています。

これは、「10名の中で4名は就職が決まっていない」ということです。

これは高い就職率だとは言えないでしょう。

高学歴の大学ならFラン大学より、10%ほど高い数値となっています。  

多く就職している業界

Fラン大学生はどういった業界への就職が多いのでしょうか。

就職するにあたり、多い業界を紹介します。

小売業

Fラン大学生の就職する業界の一つに小売業界があります。

小売業とは

小売業とはどういったものかというと、百貨店やスーパーマーケットなど、卸売りの業者から仕入れた商品を消費者(私たち)に販売する業界のことを言います。

ドラッグストアやファッションストアも小売業の一つです。

小売業といっても企業によって特徴は変わってきます。

一見、魅力的な販売員ですが、小売業界は昇進などが望めないうえ、給料も高くありません。

このことから、あまり人気がない業界なので、常に人手不足なことが考えられます。

そのため、Fラン卒でも就職しやすい業種だと言えるのです。

製造業

Fラン大学生の就職先として製造業も多いと言われています。

製造業

製造業とは、商品の材料などを加工したり、生産したりする業界のことを言います。

また、その製品を提供することも仕事です。

製造業といっても細かく分ければ、金属製造や食品製造、機械製造や衣類製造などの種類があると言われています。

製造の仕事は、できた商品を詰める梱包作業や商品の企画などもあるのです。

また、品質の管理なども行っています。

この製造業は、求人数が多く就職しやすい業種です。

実は、Fラン大学生は、製造業の業界に就職を考える人が多いと言われています。

製造業は、学歴があまり関係なく、体力が求められる仕事だからです。

また、あまり人気もありません。

このことから、製造業は就職しやすいのです。  

飲食業

Fラン大学生の就職先としてもう一つ多いのが飲食業です。

仕事は飲食関係というFラン出身の人はたくさんいます。

飲食業というのは、アルバイトから正社員になることがあります。

そのため、就職における面接や履歴書などは必要ないのです。

たとえば、就活をするタイミングの時期に、自分は夢があるから就職はしたくないので、とりあえず飲食店でアルバイトする、なんてこともあるでしょう。

何年か経ち、ほかの職種に就職しようと思っても不利な状況です。

しかし、飲食業なら、アルバイトをしていてそのまま正社員になり、飲食の企業へ就職することも可能なのです。

デメリットをいえば、給料が安い、長時間労働ということが挙げられるでしょう。

金融業

実は金融業界もFラン大学生の就職先に多いと言われています。

金融業界は一見、華やかな世界でFランの大学生では無理なのでは……と考えてしまうでしょう。

しかし、金融業界への就職は非常にたくさんいます。

金融業界といえば、銀行をイメージする方は多いでしょう。

金融業界といってもさまざまな種類があり、銀行のほかには、証券会社・生命保険・損害保険・クレジットカードなどがあります。

しかし、やはりこの中で多いのが銀行です。

銀行は大手メガバンクが有名で、こちらに就職するのは比較的難かしいでしょう。

ただ、大手メガバンクではなく、地方銀行や信用金庫などは新卒を採用する数が非常に多いのです。

金融業界では、中途採用が少ないと言われています。

ほとんどが新卒採用なので、Fラン大学生にとっても非常に有利なのです。

Fランの平均年収は300万円

Fラン大学生が就職すると平均年収はどのくらいあるのでしょうか。

世間一般では、大学卒業して1年目(20代前半)の平均年収は300万円だと言われています。

卒業して5~6年目(20代後半)では400万円に近くなるのです。

大卒1年目の初任給は、どのような職種でも企業でもそれほど変わらないことがわかっており、数年経てば企業の規模や個人の成績によって大きく変わってきます。

Fラン大学生の平均年収は300万円と言われています。

もちろん、個人の能力や成績によって異なりますが、多くは給料が大きく伸びることはないと言われているのです。

Fラン大卒と高学歴卒は、年数が経てば年収に大きな差が出てくると言えます。

どうして就職で学力が評価されるのか

就活では学力によって左右されることがあります。

当然、学力が高ければ高いほど良いわけです。  

企業は、「学歴なんかで判断しない、Fランの大学は採用しない」といっているわけではありません。

しかし、実際には学歴で個人を判断する学歴フィルターといったものがあるのです。

学歴フィルターとは簡単にいえば、この大学なら採用、この大学なら不採用というものとなります。 

学歴フィルターがかかると、書類選考の段階で落ちてしまうことがあるのです。

どんなに魅力的で完璧なエントリーシートを書いても、書類選考で落とされます。

このことから、Fラン大学の就職は不利だということが言えるでしょう。

学歴がある人間が地頭がいい確率が高いから

学歴があるということは、「何かに向けて努力する力がある」「根気強さがある」「向上心がある」という風に見られ、就活の場面では有利なのです。

それに、勉強ができるということは地頭が良いという確率も高いでしょう。

また、学歴が高いということは、これまでに難しい試験をパスしてきたということが考えられます。

そのため、結果を出す人という認識をされます

少なくとも努力をしてきた人間という証明だから

学歴があるということは、地頭が良いことに重ね、目標に向かって達成する力や計画性があるということを評価されます。

また、学力は努力をすることができるという証明でもあるわけです。

そのため、Fランの大学では、努力をすることが苦手なのかもと面接官に思われても仕方ないでしょう。

Fランが高収入を目指すには

Fラン大学生でも高年収を狙えます。

どのようにすれば良いのでしょうか。

その方法は、人気のある職種を選ばず、低学歴でも高収入が狙える職種を探すか、低学歴でも高収入を得ている人を参考にしてみることです。

高収入を狙うには、基本給プラス歩合がある職種が挙げられます。

単純に労働時間を増やすか、成績の伸ばすかということになるのです。

成績を伸ばし、その分給料がアップするような業種を探せば、高収入も狙うことができます。

人手不足な業界で、高収入が目指せる業界を志望する

Fラン大学生が、高収入を狙うなら、人手が足りていない歩合性も期待できる企業に就職すると良いでしょう。

具体的にどのような業種なのか見ていきましょう。

IT業界

IT業界(エンジニアやプログラマー)はおすすめです。

なぜなら、「これから伸びる業界である」「学歴は不要」「自分の努力次第で収入アップを狙える」からです。

IT業界は、今、右肩上がりで成長しています。

最近では、どの企業もインターネットでのホームページなどで宣伝しているのです。

そのため、普通に仕事をしているだけで年収も増えていきます。

また、IT業界は増えていっており、人材を募集している会社も多いです。

求人が多いのと業界が伸びていっているということで確実に高い収入を期待できます。

では、なぜ学歴が関係しないのでしょう。

それは、IT知識というのは学校では教わらないからです。

多少、触ることはありますが、専門的なことは学びません。

そのため、IT業界は個人で努力し、スキルなどを身につけているほうが有利なのです。

Fラン大学生でも十分目指せる業界です。

不動産業界

成績による歩合制や労働時間が長いというのは主に、営業になります。

実は、メーカーや商社などの企業は成果主義ではないのです。

また、ホワイト企業が多いので、高学歴の人が狙うことが多く、企業側も学歴で判断するので、Fラン大学生には不利だと言えます。

しかし、不動産業界は募集人数が多いので就職しやすい業種だと言えるでしょう。

また、歩合制なので、頑張れば高収入を狙えます。

ただ、不動産の営業というのは、ノルマがあり、働いている時間も長いです。

そのため、向かない人もいるかもしれません。

しかし、高収入が狙いたいのであれば考えるべき業界です。

さらに、営業の場合、能力次第では1,000万円以上の高収入を目指すことも可能となります。

SPIテストやTOEICで高得点を出す

一般的にFラン大学生は学力が低いという認識を持たれています。

その評価を変えるために、SPIテスト(企業を志望するときのテスト)やTOEICで高得点を取得し、企業側にアピールできる状態にしておくことが大切です。

ほかのFラン大学生との差別化が図れるでしょう。

長期インターンに参加して大学生のうちに社会経験を積む

ビジネス経験を学生のうちに身につけることも大切です。

長期のインターンに参加している学生は全体の3%程度だと言われています。

つまり、Fランの大学生が長期インターンをすればほかの学生との差別化できます。

さらに、入社する際に、社会経験を積んでいれば、企業からの評価も期待できるというわけです。

おわりに

Fラン大学生の就職の実態についてご紹介しました。

世の中には、成長分野でもない+人材不足といった業種が山ほどあります。

Fラン大学生の就職先として選んで損はないのは不人気な職種や業界だと考えられるでしょう。

Fランの大学生は一般的に就職活動が厳しいと言われています。

実際に、厳しい数字が出ています。

しかし、だからといって希望をなくすことはありません。

周りに認められるには努力を重ねれば良いのです。

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ