【プログラミング未経験】文系でもIT就活ってできるの?

文系でのIT就活は歓迎されている!

pixta_54362550_M

近年、文系でのIT就活は多くの企業で歓迎されています。

IT業界は市場規模の拡大スピードに人材供給が追いついていない状態です。

常に人材不足の状況が続いているので、文系出身者でも引く手あまたとなっています。

実際、文系を専攻していた学生がIT企業に就職した事例も増えてきました。

この記事では、プログラミング知識がなくてもIT就活ができるのか悩んでいる学生に向けて、IT業界の基礎知識や就活の進め方などを解説します。

新卒でのプログラミング経験は必須ではない!

IT企業への就職において、新卒でのプログラミング経験は必須ではありません

新卒向けの求人の中には、「プログラミング未経験OK」と記載されたものも多いです。

ただし、未経験者は入社した後、ほかの経験者へ追いつけるようにプログラミングを学習しなければなりません。

ITの幅広い知識とプログラミング知識の学習から逃げるのは難しいと思います。

社員研修で補えない範囲は自分で学習を進めなければならないことも理解しておきましょう。

IT業界の全体像

文系を専攻している人は、IT業界の全体像を把握してから就活を進めることも大切です。

そもそもITとは

IT(情報通信産業)とは
IT(情報通信産業)とは、コンピューターやインターネットでの情報技術のことを指します。

この技術を活用し、各企業がユーザーにITサービスを提供しています。

ITサービスは年々拡大しており、スマートフォンや家電、自動車、健康管理など身近なものとなってきました。

ユーザーに新たな価値を提供し、最新技術に触れられるというのもITの特徴です。

IT業界の職種はエンジニアだけじゃない!

IT=エンジニアというイメージが強いかもしれませんが、IT業界にはほかにも多くの職種があります。

ITに関する知識や技術よりも、コミュニケーション力やアイディア力、対応力などが求められる職種も多いです。

顧客交渉などは文系の人のほうが有利かもしれません。

具体的な職種をいくつか見ていきましょう。

営業・コンサル職

IT企業にも自社の商品やサービスを売り出すための営業職が存在します。

営業
営業は顧客の課題把握と解決を目指す職種です。

顧客の課題やニーズに合わせて、自社の商品・サービスを提案するのが主な仕事となっています。

商品・サービスを売り込むための知識と顧客と商談するためのコミュニケーション力が求められます。

文系出身者の人も多くいる職種です。

セールスエンジニア
セールスエンジニアは営業スキルに加え、技術力も併せ持った職種です。

自社のサービスや商品に関する技術的な質問へ対応するのが主な仕事となっています。

営業と一緒に顧客先へ行き、自社で「できること」「できないこと」を技術的な面から説明するケースもあります。

難しい内容を簡単でわかりやすく説明できる能力と幅広い専門知識が必要です。

プレゼンが得意な文系出身者の人は活躍できるかもしれません。

ITコンサルタント
ITコンサルタントはIT技術を活用して顧客の経営課題を解決するのが仕事です。

顧客から業務範囲や経営戦略などをヒアリングし、整理・分析を行って課題の洗い出しを行います。

課題解決に向けた提案のプレゼン、チームのマネジメントなどもITコンサルタントの業務範囲です。

プロジェクト全体の調整役のような仕事です。

開発職

開発職(エンジニア)にはプログラマーやSE(システムエンジニア)などの種類があります。

プログラミング言語を活用した仕事が多いです。

SE(システムエンジニア)
SEは顧客の抱える課題に対し、解決策となるシステムを設計します。

システムの表示方法や操作方法、実装する機能などを考えます。

プログラミングに関する知識はもちろん、顧客と打ち合わせを行う際のコミュニケーション力も求められる仕事です。

営業が受注した仕事を受け取り、その後の流れを具体的に作っていくイメージです。

プログラマー
プログラマーはSEが設計した仕様書や設計書に基づき、プログラミングしていく仕事です。

プログラミングに対する知識と技術が必要で、時には発想力も求められます。

チームで仕事をすることが一般的です。

一般的にイメージされるITエンジニアの姿ではないでしょうか。

マネジメント職

簡単にいうと、SEの上司にあたる役職です。

プロジェクトの責任者としてチームを統括しています。

PM(プロジェクトマネージャー)
PMはプロジェクトの成果を出すことに責任を持つ仕事です。

プロジェクト全体の責任者として動きます。

進行や人員、予算、納期などを管理してプロジェクトの完成を目指します。

社内の管理だけでなく顧客や経営層との交渉も行うため、管理する範囲が広いのも特徴です。

IT業界での豊富な実績と経験がある人が就ける役職と言えます。

PL(プロジェクトリーダー)
PLはプロジェクトに参加している各チームのリーダーとして活躍します。

簡単に言うと現場監督のような仕事です。

PMの下にPLがいるといったイメージで、実際にチーム内へ指示を出すのはPLの役割となっています。

プロジェクトメンバーの管理、意見をまとめてPMへ提案するなども仕事のうちです。

PLもPM同様、十分な実績と経験がある人にしか任せられません。

マーケティング職

マーケティング職は市場調査や課題解決に向けた手段の考案などが主な仕事です。

経営層に近い視点を持って仕事にあたります。

Webマーケター
Webマーケターは自社サイトのPV数や登録者数を増やすため、Web広告の運用、Webサイトの改善などを行います。

プログラミングの知識や技術よりも、Webの特性を理解して企業の利益へ貢献できる能力が求められます。

よりユーザーと近い位置にいるので、流行やSNSの情報へ敏感に反応できるかどうかも大事なポイントです。

データアナリスト
データアナリストはビッグデータと呼ばれる膨大なデータから法則や関連性を分析する仕事です。

分析した内容から隠れたニーズを見つけ出し、顧客の課題解決の手段を考案します。

システムの実装に関わる際はプログラミング技術も求められます。

論理的な分析力、プログラミングの技術力、課題解決に向けた発想力など幅広い能力が必要です。

エンジニアやマーケターからジョブチェンジする人が多いようですね。

ITの就活を成功させるには

文系の学生がIT業界への就活を成功させるには何が必要なのか、3つのポイントに分けて解説します。

1.将来のビジョンにあった業界を決める

将来のビジョンに合う業界を決めるため、まずは自己分析を重ねて具体的なキャリアアップを定めましょう

自己分析では、これまでの学習内容や興味のある分野、得意分野、好きなことなどを把握します。

これらを把握しておかないと、就職後に「仕事のやりがいを感じない」「仕事との相性が悪い」などネガティブな状態に陥ってしまうおそれがあります。

大事な場面でキャリア形成の機会を逃してしまうことにもつながるので、自己分析は時間をかけて行いましょう。

自己分析の結果と希望するキャリアを照らし合わせ、それらにマッチする業界を決めていきます。

具体例を紹介するので、参考にしてみてください。

<業界を決めるまでの具体例>

1.自己分析の結果「コツコツ進める作業が得意」「コミュニケーション力がある」ということがわかった
2.実務で経験を積んで、将来的にはチーム全体を統括できる仕事がしたい
3.上記2つを照らし合わせた結果、文系でも開発職への適正があることがわかった
4.IT業界も視野に入れて就活を進める

2.自分にあった企業を決める

自分に合った企業を決めるため、企業研究にも力を入れましょう。

たとえば、以下のようなことを調査します。

・事業内容
・経営理念
・将来性
・募集職種
・離職率
・社内制度

各項目を調査し、自分が求めている方向性とマッチしている企業を決めます。

たとえば、将来性や事業内容からは将来的に自分のやりたい仕事かどうか、キャリアパスを実現できるかなどを見極められます。

働くモチベーションにも影響するポイントなので、十分に準備することが大切です。

3.職種を決める

職種を決める際は、自身のキャリアの方向性に合うかどうかで判断します。

たとえば、PMやPLを目指したいという人は、プログラマーやSEなどを募集している企業を選びます。

漠然とやりたい仕事だけを軸に選んでしまうと、将来の目標を見失ってしまう可能性があるので注意しましょう。

IT就活をもっと楽に進めるには!

「IT業界は人材不足が深刻」と言われていても、自己分析や業界・企業研究は必要不可欠です。

これらが不足していると、ES(エントリーシート)や面接は通りません。

熱意や意欲のない人だと思われてしまうからです。

もし、1人での就活が難しいと感じる人はエージェントを活用してみましょう

就活のスペシャリストが徹底的に自己分析や業界・企業研究をサポートしてくれます。

面接の対策方法まで教えてもらえます。

文系からIT業界への就活も有利に進められるでしょう。

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ