【OB訪問】お礼のメールの送り方は?

はじめに

pixta_32596089_M

就活では、企業研究の1つとして、OB・OG訪問をする人も少なくありません。

OB訪問は、その業界や企業について実体験のある人から、リアルな話を聞けるメリットがあります。

自分に合った企業であるかどうかを見極めるのにも参考になるでしょう。

そんな有意義なOB訪問の機会を作ってもらった先輩に対して、お礼をすることがマナーです。

ここでは、お礼のメールの仕方や例文について紹介します。
失礼のないように振る舞いたいものです。

【OB訪問のお礼メール】お礼メールは必要?

OB訪問を終えた後に、お礼のメールをしたほうがいいのか悩む人もいるのではないでしょうか。

結論からいうと、きちんとお礼メールはするべきです。

忙しい中わざわざ時間を割いて、OB訪問を受け入れてくれたのです。

それに対してのお礼をすることは、社会人として当然のマナーといえます。

電話でお礼を言おうと考えるかもしれませんが、電話は相手の時間を割いてしまいます。

何時くらいが相手にとって都合がいいのかもわからないです。

また、LINEはビジネス上のお礼を言うにあたっては、やや軽い感じがあるのも否めません。

電話やLINEではなく、メールで感謝の気持ちを伝えることがベストといえるでしょう。

【OB訪問のお礼メール】お礼メールを送る際の注意点

せっかくお礼を言うためのメールも、間違った送り方をしてしまうと、反対に失礼になってしまいます。

お礼メールを送る際は、マナーを守って、正しい言葉遣いの文章を書くように心がけたいものです。

ですが、メールを送る時のマナーについて、知らない人も多いかもしれません。

正しい礼儀作法を身につけて、気持ちのこもったメールを送りましょう。

送信してしまうと取り消すことはできないので、しっかり文章を見なおすクセをつけることも大切です。

どういった点にとくに気をつけなければならないか、以下に解説します。

入社後はさまざまなビジネスシーンで、こうしたお礼メールを送ることになるでしょう。

そのためにも、就活の段階でマスターしておけば安心でもあります。

マナーに気をつける

最低限のマナー
・時間帯を気にする
・正しい敬語を使う

お礼メールは、先輩の業務時間内に送ることがマナーです。

メールアドレスが会社用のパソコンの場合もありますし、仕事が終わってからビジネス関連のメールを読むのは、先輩のプライベートを邪魔してしまいます。

まず、時間帯を気にして送ることを頭に入れておきましょう。

次に気をつけたいのが、敬語の使い方です。

学生の間は、あまり敬語を使う機会がない人も見られます。

そのため、間違った敬語を使ってしまう可能性もあります。 とくに気をつけたいのが、尊敬語と謙譲語の勘違いや、二重敬語です。

たとえば「行く」という動詞は、尊敬語は「いらっしゃる、おいでになる」であり、謙譲語は「伺う」です。

きちんと使いわける必要があります。

また「おっしゃられたように」や「ご連絡させていただきました」は、二重敬語にあたるので気をつけましょう。

誤字脱字に気をつける

相手が読みやすい文章にすることも、相手への気遣いでありマナーです。

その1つとして、誤字脱字がないかどうか、見なおすことは基本です。

会社名や先輩の名前などを書き間違えていないかどうかも、確認しておきましょう。

さらに適切な場所で句読点を打つこと、正しい改行をすることも守らなければなりません。

ダラダラと「、」もなく改行もなく続く文章は、読む側にとってストレスです。

お礼を言うためのメールなのに、相手を疲れさせてしまわないように注意しましょう。

この点について予防するには、実際に自分が読む手になって、読んでみることが大切です。

自分が読みにくいと感じたなら、相手も同じように感じる可能性が高いといえます。

チェックリスト

・誤字脱字がない

・会社名/名前が正しい

・適切な位置での句読点

・正しい改行

【OB訪問のお礼メール】評価を上げるポイントとは?

OB訪問で知り合った先輩とは、今後もいい関係が続けば、企業の情報などを教えてもらえるはずです。

信頼関係が強くなれば、その企業の上司に紹介してもらうなどのつながりが広がる可能性もあります。

就活にとってプラスになる要素が、たくさんあるのです。

しかしながら、マナーもなっておらず、先輩から印象が悪く受け止められてしまえばそこまでです。

今後につなげるためには、先輩にいい評価をもってもらう必要があるといえます。

お礼メールは、高評価を得ることができる内容にすることが重要です。

そのためのポイントについて見ていきましょう。

「その日のうち」に送る

お礼メールは、できればOB訪問をしたその日のうちに送るようにしたいものです。

感謝の気持ちを強く伝えるためにも、終わって時間が経たないうちにメールするようにしましょう。

何日も経ってから送るのは、気持ちが薄れているように相手も感じますし、「今さらか」と思われてしまいます。

すぐにメールするからこそ、礼儀正しく気持ちも伝わるのです。

お礼メールは、とくに長々と書く必要もありません。

その日のうちにメール送信することは、決して難しくはないはずです。

ただし、OB訪問時間が夕方などで、終わってからメールをするのが夜になる場合は、控えることがマナーです。

夜間のメールになるならば、翌朝に持ち越すようにします。

その際は、「昨日のうちに送信したい気持ちは山々でしたが、夜間はご迷惑だと思い…」というようにお詫びを入れるといいでしょう。

面談を通じて得た学びや気づきを伝える

先輩にインパクトをもってもらうには、内容の濃いお礼メールにすることも大切です。

そのために必ず書きたいことは、OB訪問で何を得たのか、具体的な中身です。

ただ「ありがとうございました」だけでは、その時間でいったい何を学んだのかが伝わりません。

それでは軽い内容になりますし、先輩にとっても「話したことはきちんと伝わったのだろうか?」と不安や疑問が残る可能性があります。

具体的に「こういう点が自分にとって、ためになりました」などと書けば、先輩も時間を割いてまで対応してよかったと思うはずです。

また、自分の話をしっかり聞いてくれていたことがわかり、嬉しく感じるのではないでしょうか。

今後の抱負を送る

お礼メールの最後に、そのOB訪問で身についたことを力にして、今後どのように就活して入社後どんな目標をもちたいのかを書きましょう。

簡単にいうなれば、将来のビジョン今後の抱負に値するものです。

こうした目標を書くことで、先輩は就活生のやる気や意欲を感じるはずです。

また、自分自身も、学びを今一度整理して目標を立てるよい機会になるでしょう。

明日からの生活の中で、その抱負を意識しながら暮らすことができます。

それは必ず、就活の成功と将来の活躍に結び付くはずです。

今後の目標が掲げてあるお礼メールにより、先輩も「この学生にはもっといろいろ教えてあげたい」という気持ちにもなります。

【OB訪問のお礼メール】OB訪問のお礼メールの例文

具体的に、お礼メールの書き方例文について、いくつか挙げていきます。

お礼メールの件名は「用件」「大学名」「名前」を忘れずに書きましょう。

件名を書かずにメールを送ることは、ウイルス対策として開封してもらえない可能性もあります。

件名なしは、マナー違反であることを心得ておきましょう。

誰宛てのメールであるのかを定かにすることも、忘れてはなりません。

【相手の会社名・部署・名前】と自分の身の上【大学・学部・名前】を記載し、その後に挨拶文で書き出した後に文章を続ける構成にします。

例文①

「件名:OB訪問のお礼(〇〇大学・氏名)」

株式会社 〇〇◇◇部 △△課●●●●様

お世話になっております。
本日、OB訪問でうかがいました、〇〇大学の■■です。

本日はお忙しい中、貴重なお時間を割いていただき、誠にありがとうございました。
実際にお会いして●●様の実体験をお聞きできて、ますます御社での興味が高まっております。

本日教えていただいたように、◎◎についての知識ももう少し学んでいきたく思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------
氏名 ●●大学■■学部●●学科 携帯番号 メールアドレス

例文②

「件名:OB訪問のお礼(〇〇大学:氏名)」

〇〇株式会社 営業部 〇〇様 大変お世話になっております。

〇〇大学〇〇学部の〇〇と申します。

本日はお忙しい中、OB訪問をお引き受けいただきまして誠にありがとうございました。

○○様のお話のおかげで、仕事への取り組み方や働く上でのコンセプトなどがわかり、御社で働きたい気持ちが強まりました。
不安に感じていた◎◎の部分も、〇〇様にお聞きして解消し、感謝しております。

今後の就職活動にも活かし、さらに努力していきたいと思います。

このたびはお時間を作っていただき、誠にありがとうございました。

---------------------------------------------------
氏名:○○ ○○ 大学名:○○大学○○学部○○学科 電話番号 メールアドレス

まとめ

OB訪問は、終えればそれで終了ではありません。

よりいっそう身になるものにするためにも、終えてからの行動が何より大切になってきます。

その1つがまずは、お礼メールの送信なのです。

些細なことかもしれませんが、きちんとしたお礼メールを送れるかどうかは、その後の就活やいざ社会に出てからに響いてくることはたしかです。

面倒臭がらずに、丁寧でマナーあるお礼メールに仕上げたいものです。

OBとの関係が今後もプラスに働くように、上記のポイントを参考にしてお礼メールを書いてみましょう。

就活は十人十色!
あなたに合った就活方法をわたしたちがサポートします。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ