【生命保険業界】生命保険業界の仕事内容とは?

はじめに

pixta_60726956_M

生命保険業界は、就職先として人気の高い部類に入ります。

競争率が高い以上、仕事内容をきちんと理解して臨むことが内定獲得への王道であることは、いうまでもありません。

また、漠然としたイメージや待遇だけで実際に働きはじめてしまうと、ギャップに苦しみ、早々に転職を考えなければならない状況になるリスクもあります。

単に働き口を見つけることが真の就活ではありませんので、まずはここで業界や仕事への理解を深め、志望を絞り込みましょう。

【生命保険業界の仕事内容】生命保険業界とは?

生命保険業界では、死亡や病気、怪我、介護など、人間のさまざまな予期せぬ出来事に備えるための「生命保険」という商品を企画開発し、個人や法人に販売するビジネスをおこなっています。

一般消費者側の目線では、「保険=商品」だという考え方にはなかなかたどりつきません。

商品である以上、顧客が魅力を感じるものでなければなりませんし、その価値に納得してお金を出すものでなければなりません。

販売力ばかりが注目されがちですが、実際には新しい保険の開発やソリューション、提案力などが必要とされる業界といえます。

生命保険業界は資金の取引をおこなうため、金融業界に属し、銀行や証券会社と並ぶメジャーな業界です。

幅広い領域があるため、業界研究をおこなう場合はビジネスモデルや、企業別のサービス内容なども知っておく必要があります。

【生命保険業界の仕事内容】損害保険と生命保険の違い

生命保険業界は、もちろん保険業界の中に含まれますが、保険業界には生命保険のほか火災保険、自動車保険など、実にさまざまな商品を扱う企業があります。

そこでもっとも気になるのが、損害保険と生命保険の違いです。

就活の面接では、「なぜ生命保険会社を選んだのか」を問われる場合があります。

この時の質問の真意には、数ある業界の中でなぜ保険業界なのかということ以外にも、なぜ保険業界の中で生命保険を選んだのかを聞きたがっているケースが少なくありません。

その問いに適切に答えるためには、損害保険と生命保険の違いを、根本で理解している必要があります。

かぎとなるのは、生命保険は「ヒト」を扱い、損害保険は「モノ」を扱うという大きなポイントです。 これを理解した答えができれば、面接官も、この学生は理解していると評価できるでしょう。

【生命保険業界の仕事内容】生命保険業界の仕事内容

生命保険業界の中にも、たくさんの仕事があります。

具体的にどのような仕事に就きたいのか、わかっている人とわかっていない人とでは、大きな差が生まれることは間違いありません。

自分がどのように働きたいか考える上でも大切なことですので、しっかり理解しておいてください。

ここでは部門にわけて、生命保険業界の仕事内容をまとめてみましょう。

リテール部門

リテール部門、リーテイル部門と呼ばれる部門では、個人の顧客や中小企業に対して営業活動をおこないます。

企業によって細かな仕事内容は変わりますが、多くの場合エリアごとに担当が決められていて、生命保険商品のプランの提案新規顧客開拓をおこなっています。

生命保険は、一度契約すればそれで終わりではなく、ライフスタイルが変わったり家族構成が変わったりするごとに、状況に合わせたプランの見直しが必要です。

そうした顧客一人ひとりの状況に合わせ、個人の元に出向いて最適なプランを提案するというフォロー業務も、この部門のメイン業務の1つになります。

顧客と信頼関係をしっかり結び、万が一の時には保険金という形で、まっさきに個人の助けになることが仕事といえるでしょう。

ホールセール部門

ホールセール部門は、いわゆる法人営業(団体保険、企業年金)をおこなうのが仕事です。

テレビや動画CMなどを見る限り、生命保険といえば個人に寄り添う姿がメインにイメージされがちですが、生命保険会社は、企業や官公庁にも商品を提供しています。

こうした企業や団体の従業員に対するあらゆる保障を担うのが、ホールセール部門です。

業務の幅がかなり広いのが特徴ですが、大別すれば、組織単位で対象を個人とした「団体保険」企業が従業員の退職金制度として準備する「企業年金」の2つとなります。

法人がどのような商品や制度を提供すればニーズに合うか、提案することがメインの業務となり、企業コンサルティング力も求められることが特徴です。

難易度は高く、相手法人の経営方針にも関わる仕事ですので、スケール感のある部門といえます。

資産運用部門

生命保険会社が保有する資産は、自社の資産ではなく、あくまで顧客から預かる保険料です。

こうした預かり資産を運用し、安全に安定的に運用し続けるという側面は、まさに機関投資家としての仕事といえます。

このような機関投資家としての業務を担うのが、生命保険会社の資産運用部門です。

部門内がさらに細かくわかれ、株式や債券、融資、不動産などで資金運用がおこなわれるのが一般的で、各部門の専門知識をもつ人材が仕事にあたっています。

先ほど生命保険会社は銀行などと同じく金融業界に分類されることを述べましたが、まさにその根幹に携わる部門といえるでしょう。

国内のみならず世界経済の情勢を知り、厳しい環境の中でも安定的に資産運用益を捻出する、難しい仕事を担う部門です。

【生命保険業界の仕事内容】生命保険業界のやりがい

単に働き口を見つけるのが就活ではないと冒頭で述べましたが、そこで重要なのが、仕事のやりがいをどこに見出すかです。

生命保険業界で働く場合、どこにどのようなやりがいを感じて仕事にあたることができるでしょうか。

もちろん人それぞれ向き不向きもありますので、自分が向いているかどうか、そのやりがいを自分のやりがいとして感じられるかどうかを考えてみましょう。

将来そうありたい自分のビジョンにつながるかどうかも含め、しっかり理解することが大切です。

無形商材営業のため営業力がつく

生命保険に限りませんが、保険業界が販売するのは、保険という目には見えない商品です。

こうしたものを売る仕事を無形商材営業といいますが、生命保険業界は、まさにこの無形商材営業が仕事となります。

生命というとても重要で大事なものに対し、万が一の時の安心を提供するのが仕事ですが、販売する時点では、まだ必要に迫られているわけではないケースが大半です。

目にも見えず、まだ切羽詰まった需要があるわけではない、そんな商材を販売するのですから、そこに必要なのは何よりも信頼感です。

真の営業パーソンは、顧客としっかり信頼関係で結ばれているものですが、生命保険業界で働くことで強い営業力を身につけ、大きなやりがいを感じられることは魅力でしょう。

社会的意義がある

生命保険はかけがえのない人生のリスクに対する備えですので、それを適切に販売する仕事には、社会的意義があるといえます。

人生で2番目に高い買い物などといわれるのが生命保険ですが、それだけの価値を見い出せる商品だからこそ、顧客は納得して契約してくれるわけです。

それだけ重要な社会的意義ある商品を扱う仕事には、もちろん大きな社会的責任が伴い、それと同時に大きなやりがいにもなります。

万が一の事態はないに越したことはありませんが、もし本当に何かがあった時に、自分が提案した保険を契約してくれた顧客から「契約して本当によかった」と言われることは大きな喜びになるでしょう。

まとめ

生命保険業界は、就活生からも人気が高いため、内定につなげるためには、業界や仕事内容に対する研究をおこない、しっかり理解を深めておくことが重要です。

なんとなくのイメージや単なる条件面だけで飛びつくと、運よく入社できても、働きはじめてから後悔することにならないとも限りません。

社会的意義のある仕事ですので、自分の目指す将来のビジョンにつながるなら、天職になる期待ももちろんあります。

どんなビジネスモデルでどこにやりがいがあるのか、納得した上で就活に望みましょう。

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ