【自己分析が重要】将来のビジョンを明確にし、就活を有利に進めよう

はじめに

上限があるのはなぜ?インターンシップの交通費事情を詳しく解説

就活を意識しだして、様々なところで「将来のビジョン」という言葉を耳にすることが多いと思います。

将来のビジョンとは、

自分が将来どうありたいかという
自身の理想像を具体的にしたもの

です。

将来のビジョンが大事と言われても、就活のどのように影響を与えるのか、どうして将来のビジョンが就活で大事なのかわからないそんなあなた!

この記事では将来のビジョンとは何なのかわからない人向けに将来のビジョンの重要性や見つけ方、さらに面接ではどのように答えたら良いのかについて紹介します。

将来のビジョンの重要性

将来のビジョンは、就活を進めていく上で非常に重要です。

リクナビによると面接で将来のビジョンを問う企業は3割に上ります。どうして企業は学生に将来のビジョンを聞くのでしょうか。

学生とのミスマッチを避けたい

面接で将来のビジョンを問うことで、企業はその企業の想定しているキャリアや企業の風土と学生があっているのか確認することができます。なぜなら、学生が企業に入社した後、キャリア観や価値観のミスマッチすることを避けたいからです。

もしミスマッチしていることに企業も学生も気づかないまま入社してしまうと離職率が高くなってしまいます。

企業は具体的にどんな人材を求めているの?

企業によって価値観や風土、提供できるキャリアパスは様々です。また、多くの企業は向上心がある学生を求めています。

成長意欲がある

企業は成長意欲がある人材を求めています、将来のビジョンを把握することで、学生がどのくらい成長意欲があるのかわかります。

総合職志望なのか、専門職志望なのか

総合職として育てたいのか、専門職として育てたいのかによって求めることは大きく違います

また、総合職として採用する大手企業の場合、転勤するのが前提の場合が多いです。

転勤を希望しないのに総合職を志望すると、ミスマッチが起こりますよね。

総合職と専門職をより詳しく知りたい方はこちらの記事が参考になるでしょう。

入社がゴールでないか把握したい

企業は学生に入社がゴールになっていないか確認しています。

なぜなら、入社がゴールになっている学生は入社した後にやりたいことが見つからず、モチベーションを継続することが難しいからです。

将来のビジョンの見つけ方

重要性がわかったところで具体的にどうやって見つければ良いかについて紹介します。

自己分析が重要

将来のビジョンは自分の大事にしている価値観が関係することが多いです。

例えば、自分が過去に心の動いたエピソードから将来のありたい姿が見つかることが多いです。

そのため自己分析して自分の過去の価値観を深掘りしてみましょう。

自己分析の仕方

自身の価値観を深掘りしていくことが大事です。

自分自身に「どうしてそう思う?」と問いかけ続けると良いでしょう。

または、モチベーショングラフを作ってみると自己分析を簡単に進めることができます。

自分がどういう時モチベーションが上がったのかということを明確にしてみると、自身の価値観をビジュアルで把握することができ、自己を知ることに繋がるでしょう。

もし自己分析についてより、詳しく気になる方はこちらの記事が参考になるでしょう。

自己分析を将来のビジョンに繋げるには

自分の大事にしている価値観がわかったら、将来この価値観を満たすためにはどうあれば良いか考えてみましょう。

将来どうありたいのか明確に自分に問いかけてみましょう。

さらに志望している企業だからこそできる将来のビジョンを伝えることが大事です。

それにはもちろん業界研究も大事なので業界研究もやっていきましょう。

業界研究についてより深く知りたい方はこちらの記事が参考になるでしょう。

将来のビジョンの答え方

見つけ方がわかったところで、実際に将来のビジョンの答え方を把握しましょう。

将来のビジョンとは、面接で問われやすい質問です。

そのためどのように答えるか回答を用意することで、面接が後々楽になるでしょう。

論理的にわかりやすく伝えよう

面接では相手にわかりやすく伝えることが重要です。

わかりやすくするには論理的に伝えることが効果的です。

結論をまず伝えて、その後なぜそう思うのか伝えると論理的にわかりやすく伝えることができます。

実際にこの記事の筆者が書いた将来のビジョンについて書いた記事があります。

興味がある方は参考になると思うのでみてみてください。

人生で一番大切にしていることを強調しよう

人生で一番大切にしていることは将来のビジョンの結論にあたります

一番大切にしている自身の価値観を強調して伝えましょう。

この価値観とは何かまだわからない方は自己分析をしてみると良いでしょう。

終わりに

就活のビジョンについて把握することはできたでしょうか。

この記事では見つけ方や答え方も紹介してきました。

将来のビジョンとは様々な経験を経ることで変わっていくものです。

いろいろな経験を積みつつ、自己分析を進め、価値観を形作っていきましょう。

そして自分の譲れない価値観を明確にし、就活を有利に進めましょう。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ