就活の軸=コンパスになる??就活の軸がない人必見!

八重樫

早稲田大学教育学部数学科(在籍中)
八重樫一生

詳しいプロフィールはこちら

好きな言葉は「人には人の乳酸菌」で好きな食べ物はラーメンです。
好きなアーティストは「THE BLUE  HEART」
面白いことが好きで大学では企画サークル「Walkin'」で本気でバカやってます。夢は人にやさしくなることです。

【就活の軸がない!】はじめに

就活の軸とは何でしょうか?就活の軸とは何かを今回徹底解剖します。

きっと最後まで読んだら就活の軸マスターになれます。

【就活の軸がない!】就活の軸は山道になる

就活の軸は山道になるのです。就活とは山登りの事なんです。

山登りってゴールとどの道で上るか決めてから登りますよね

就活でもゴールと就活の軸決めてからじゃないと何をしたらいいのかわかりませんよね。

つまり就活においては、就活の軸は山道なのです。

なんで山道なの?

なんで山道なのかというと、就活の軸というのは自分の進むべき道なのです。

まず、「あの山の頂上でご来光を見る」という目的で山に来た時に、もし特別帰る理由がない限り山に登らない選択肢は消えますよね

そして山の頂上に続く道が3本あります。

険しい道だけど3時間で頂上まで行き、とてもいい経験ができる道
少し険しい道5時間で頂上まで行き、そこそこいい経験ができる道
安全な道だけど8時間で頂上まで行き、普通の経験ができる道

もしこの3本の道があったとします。

あなたならどうしますか?

ここで早くゴールして、道中でいい経験をしたい人は①の道に飛び込んでいきますよね。

またバランスよくすこし安全で、道中でそこそこいい経験したい人は②の道で行きますよね。

安全重視で、道中で普通の経験で問題ない人は③の道に行きますよね。

といった感じで自分の願望とすべきことをなるべく満たせる道に進みますよね。

そして就活も同じくビジョンというゴールに向けて、自分が進む道(就活の軸)を決めなきゃいけないのです。

なぜ就活生はみんな就活の軸をもっているの?

就活セミナー、就活記事では就活の軸をすごい押しています、それは就活の軸は就活生にとっても、企業にとってもメリットになるからです。

結局就活においては、軸というものが必ず必要なのであります。どうして就活の軸がメリットになるかっていうと、それは主張やアピール、就活における取捨選択の一貫性が持てるからです。

そしてこの一貫性を持つことによって、自己表現の場所である就活では進みやすくなります

就活の軸は持たなくても良い?

「先輩や就活経験者に就活の軸を持たなくても大丈夫だ」と言われたことがある人がいると思いますが、就活の軸は持ったほうが絶対に良いです。

それでも就活の軸を持ってない人っていますよね?

何故あの人たちは持ってなくても就活を終えられたのでしょうか。

それは彼らにはもともと未来を考えて動く力があったからです。

彼らには「就活」の軸はないけど、自分の軸があったのでなんとかなってるのです

結局就活においては、軸というものが必ず必要なのであります。

【就活の軸がない!】就活の軸をもっていると、就活が簡単になる?

ここまで山道だとか、色んな人が勧める物と言いましたが、実際にどんな形で役に立つのかを紹介します。

就活を効率よくできる

軸が持っていると業界選定や受けに行きたい企業を選ぶのがすごく楽になります。

第一に考えるべき軸とは関係ない、表面的な福利厚生や口コミに惑わされる事が少なくなり、しっかり自分のしたいことを基準で選ぶ事ができるようになりますよね。

これにより入った後、自分がやっている仕事に対して自信が持てるようになります。

面接が通りやすくなる

面接での応答で想定していなかったものが来た時に、就活の軸がしっかり決まっている場合だと、軸に合わせて考えればいいので困らないのです。

しかし、軸が無い状態だと、質問されたときになんていえばいいのか色々考えてしまい、結局タジタジな返しになってしまいます。

面接官は辞めずに一緒に働き続けて欲しいと考えるので、この学生はうちで働いても大丈夫だと安心できる学生を雇いのです。

そんな時にその会社に合う合わないどちらにせよ、はっきりと一貫性がある人間の方が採用側は検討しやすいですよね。

一貫性は面接においてもかなりの効力を発揮するので、一貫性のある就活の軸を使わない手はありませんよね。

【就活の軸がない!】就活の軸の一般例を見てみよう!

じゃ、実際に就活の軸ってどんな物があるの?って気になりますよね、ここではよくある一般的な就活の軸を見ていきましょう。

「どんな時代も通用する人間になる」の場合

ここではAさんの軸を紹介してみます。

ビジョンが「どんな時代も通用する人間になる」だとすると。

軸の例をいうと

「若手から挑戦できて、20代の内に幅広い仕事を学べる環境」

若いうちから挑戦を繰り返すことによって、30歳、40歳になった時には徐々にずっと同じことをやってきた人間とは違い、自分のできる仕事の幅が広くなってます。

これによって、1人で働く力が付き、替えの利かない人間になっていきますよね。

このように自分のビジョンに対してMUSTでやらなければことが就活の軸になります。

【就活の軸がない!】実際に就活の軸を考えてみよう!

それでは一緒に就活の軸を考えてみましょう!ここまできて就活の軸を考えない手は無いですよね。

社会人の自分がどんな生活をしたいか考える

まずさっきもあった、自分がどんな生活を送りたいのか、どんな1週間をすごしたいのかを考えてみましょう。

どんな風に一週間を過ごしたいか。

・時間に関係無く、目標の為に働きたい
・会社に残って仕事する日もあれば、早く帰る日もありたい
・必要最低限の時間で働き、自由な時間を増やしたい

1週間の時間の使い方から自分が仕事に対してどれくらいのモチベーションがあるかを理解してみましょう。

何歳までにどんな状態でありたいのかを考える

続いて、何歳までにどんな状態でありたいか考えましょう。

例えば、

・30歳までに結婚したい
・40歳で年収1000万欲しいなど etc...

次に自分の求めている状態を何で求めているのかを考えましょう。

40歳で年収1000万欲しいのは、その時にいる家族の為なのか、はたまた自分の中にあるコンプレックスなのか、表面的に見えるものの根源にある思想を拾っていきましょう。

ここで考えてほしいのは、その時の時代の流れです。

結婚や年収というものがその時代ではどれぐらい大変なものなのかをしっかり考えてください。

もしかしたら、結婚したらすごい損するような時代かもしれませんし、年収1000万だけじゃ誰からもすごいと言われない世界かもしれません。

なので完全にわかるのは不可能ですが、なるべく社会の流れを理解しておいてください。

今の段階から自分の理想を理解して、目標を立て、行動するのは成長に繋がっていくので、是非考えて見てください!

どちらもできるために必要なことが就活の軸だ!

そして最後に上二つの間を取ったものを作り、就活の軸が完成します!

ここで注意し欲しいのが、就活で言える軸と自分の中にある軸を用意してください。

企業に自分のわがままを押し付けても、相手も困ってしまうだけなので、ちゃんと二つの軸を分けて考えて見てください。

自分はこんな感じで作ってみたので参考にしてみてください。(参考にならないかも知れないですが。)

この感じのことを何十回もやるときっと自分の軸が見つかると思います。

スライド1.JPG

因みに僕自身、志望する業界・職がなく、欲望とワクワクに向けているので、それ以外のことはどうでも良くなりました。

【就活の軸がない!】まとめ

ここまで書いてきましたが、就活の軸は就活を勧めるにあたって大事なもので是非一度考えてみてください。

働き方などは近くの社会人に聞いてみてください、自分の考えているものと、多少のギャップがあり妥協が必要な事があると思います。

そんな時、譲ってもいい事と譲れない事をしっかり分けて考えているといいです。

目の前の楽しそうな事と楽しさを我慢して未来の自分の為になることのどちらが本当に自分のしたい事なのか、常に考えて見てください。

就活準備、順調ですか?
1人でわからない事はプロと2人で​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ