【御中の書き方】封筒に書く御中の書き方とは?書く場面と書き方を完全解説

はじめに

ビジネスシーンでは、送り先によって宛名の書き方を使い分ける必要があります。

とくに「御中」と「様」はどのように使い分けたらいいのか、混乱する人も多いのではないでしょうか。

ここでは御中の書き方について、必要になる理由から書く場面、実際の書き方など、詳しく説明します。

今度こそ御中の使い方を身につけたいというのなら、ぜひ参考にしてください。

【御中の書き方】御中はなぜ必要?

封筒に「御中」と書くのは、古くから伝わる日本のマナーです。

しかし、なぜ御中は必要になるのでしょうか。

必要な理由はいくつかありますが、主なものとして「組織の『中』の人へ敬意を払う意味で使う」「『御』という日本語に欠かせない敬語をつけた」の2つが挙げられます。

各理由について詳しく解説します。

組織の「中」の人へ敬意を払う意味で使う

「御中」は原則として、個人ではなく組織や法人宛に手紙などを出すときに使います。

御中を分解すると「御」と「中」になりますが、この「中」には「組織の中の人」という意味があります。

つまり、「御中」は単に組織や団体を指しているのではなく、その組織や団体に所蔵する人全員を対象にしていることになります。

「御」という日本語に欠かせない敬語をつけた

御中を分解したときの「御」は、日本語特有の敬語と考えると、理解しやすくなります。

単に「中」と記すのではなく、組織の中の人たちに対して、尊敬の意を込めて「御中」としています。

個人には「様」をつけますが、「御」は団体版といったところでしょう。

「御」という言葉を入れることで、「様」と同じように、相手に敬意を表す言葉になります。

つまり、「御中」とは組織の中の人たちに対しての敬称です。

「御中」や「様」のほかに、「行」という宛名書きもありますが、これは自分の名前や会社を宛名にするときに使用します。

「御中」はあくまでも相手の組織や団体に対して使います。

自分宛につけてしまうと、自分に対して尊敬の意を表すことになりますので、言葉の意味から考えると違和感があります。

封筒の宛名は、送り先にあわせて使い分けることを忘れないようにしましょう。

【御中の書き方】御中を書く場面はいつ?

御中の意味はわかりましたが、どのような場面で書いたらよいのでしょうか。

微御中はビジネスシーンでよく使われるため、できるだけ間違えないよう使うに越したことはありません。

間違えて使ってしまうと、場合によっては失礼にあたったり、ビジネスマナーを知らないのではと思われたりすることも少なくありませんので、注意が必要です。

御中が必要になる主な場面は「企業に送るとき」「団体に送るとき」「部署宛に送るとき」「官庁などの機関」「店宛など」の4パターンあります。

各パターンについて見てみましょう。

企業に送るとき

企業は複数の人が働いている場所で、組織に分類されます。

そのため企業宛に書類や物などを送るときは、「様」ではなく「御中」を使います。

企業に勤めている特定の人に送る場合は、個人宛になりますので、「御中」ではなく名前に「様」をつけて送りましょう。

うっかりすると様と御中を間違えてつけたり、宛名に両方記入したりしてしまうこともありますが、どちらもビジネスマナーとしては間違いになりますので、注意が必要です。

団体に送るとき

団体も、複数の人たちが属しているグループになりますので、「様」ではなく「御中」になります。

団体には法人団体をはじめ協同組合、財団、社団法人などいくつか種類がありますが、宛名にはすべて御中が使われます。

団体はメンバーが一人でも組織できますが、団体名として知られているのであれば、「様」ではなく「御中」を使うのが無難です。

中にはメンバーが一人ということに気づかず、団体として認識されている場合も少なくありません。

団体に所属している特定の人に送る場合は、個人があらかじめわかっていますので、「様」をつけます。

団体と似たような組織に事務所がありますが、事務所も複数の人が属した総称になりますので、「様」ではなく「御中」です。

法律事務所や会計事務所も御中で、個人宛には様をつけます。

部署宛に送るとき

企業内の部署や部門宛に送る場合は、個人ではなく組織になるため、御中をつけます。

なぜなら、部署は通常複数の個人が属していますし、部署名だけでは個人を特定することにつながらないからです。

部署名に続けて個人名を記入する場合は、「様」を使うことを忘れないようにしましょう。

部署以外にも部門や研究会など、企業にはさまざまなグループがあります。

小規模なグループであっても、やはり個人名ではないということで、「御中」を使います。

「御中」と「様」のどちらをつけたらよいのか迷った場合は、名前から個人がわからないという場合は「御中」、個人宛なら「様」と覚えておくとよいでしょう。

官庁などの機関

官庁などの公共機関は組織に入りますので、「御中」を使います。

「御中」は敬称になりますので、使用して失礼にあたることはありません。

むしろ使用しなかったり、「様」をつけたりするほうが、失礼にあたるでしょう。

官庁には、県庁や市役所などの地方公共団体をはじめ、裁判所や警察署、税務署などがあり、これらの機関もすべて敬称は「御中」になります。

官庁の場合でも、個人宛に郵送する場合は、「様」を使います。

官庁のほかに教育機関や医療機関など公共機関にはいくつか種類がありますが、例外なくすべて「御中」を使用します。

学校や病院、図書館など、団体名を記入した場合は、その下に「御中」をつけます。

団体名とともに個人名または院長名などを記入した場合は、個人宛になりますので、「御中」ではなく「様」です。

両方記入する必要はありません。

店宛など

宛名が店の場合も、「御中」を使います。

店と一口に言っても、大小さまざまな規模があり、一人で経営している店もありますが、原則として「御中」になります。

小さな店や飲食店の場合、「様」とつけてしまいそうになりますが、担当者がわからなかったり、宛名に店の名前だけであったりする場合は、「御中」とするほうがビジネスマナー上良しとされています。

相手がわかる場合は、店の名前と一緒に、個人名も宛名に書きます。

その場合は、「御中」ではなく「様」を使うことになりますので、忘れないようにしましょう。

【御中の書き方】

実際に御中を使った書き方をいくつかご紹介します。

迷ったときの参考にしてください。

会社宛に御中を使う場合、以下のような使い方があると考えられます。

・○○株式会社御中

・○○株式会社○○部御中

団体宛に御中を使う場合、以下のような使い方があると考えられます。

・社団法人○○御中

・社団法人○○相談窓口御中

法律事務所や会計事務所の場合は、・○○法律事務所御中

・○○会計事務所御中

などになります。

官庁などの公共機関に御中を使う場合、以下のような使い方があると考えられます。

・○○大学文学部御中

・○○市役所○○課御中

・○○庁○○センター○○係御中

・○○病院○○課御中

・○○病院○○科御中

・○○警察御中

・○○警察○○課御中

・○○県警察本部御中

・○○地方裁判所御中

・○○簡易裁判所民事部御中

・○○家庭裁判所後見センター御中

・○○小学校御中

・○○高等学校事務室御中

このように、組織の名称のあとに「御中」とつけるのが基本です。

組織の特定のグループ(部署など)宛に出す場合は、組織名を先に書き、次にグループ名、そして最後に「御中」を記入します。

組織の宛名は、正式名称で書くことが基本になりますので、御中をつけることと、組織名は正式名称で書くということを忘れないようにしましょう。

注意!「ご担当者様」宛は「御中」を使わない

御中はあくまでも組織(組織に属する人たち)につける敬称で、個人ではありません。

個人名がわかっている、個人名あてに郵送したいという場合は、「様」を使います。

「様」はプライベートでもビジネスでも使用できる、個人の敬称です。

さらに目上や目下にも使えるため、個人名のときは「様」を使うと覚えておくとよいでしょう。

注意する点は、ビジネスで「様」を使用する場合は、必ず漢字で書くということです。

プライベートならひらがなやカタカナで書いても問題ありませんが、ビジネスシーンでは常に漢字となりますので、気をつけましょう。

「様」を使用する場合、会社名や部署名などを入れることもありますが、その場合は「御中」を入れず、宛名の最後に「様」をつけます。

・株式会社◯◯山田太郎様

役職が必要な場合は、役職も忘れずにつけましょう。

・株式会社◯◯総務部長山田太郎様

担当者など、特定の人を指している場合は「様」です。

・株式会社◯◯営業部担当者様

通常「各位」と「様」は一緒に使うことはできませんが、お客様宛の場合は例外です。

・取引先各位

・お客様各位

「様」と同じく「殿」も使われることがありますが、「殿」は目上の人から目下の人に対して使われる敬称です。

「殿」は男女関係なく使用できますが、使用する人の立場が限られるため、使うときは注意が必要です。

とくにお得意様やお客様に対しては、使用しないのが無難です。

【御中の書き方】基本的な「御中」の書き方

御中の意味や基本的なルールは理解しましたが、ビジネスシーンではどう書くのが無難でしょうか。

ここでは御中の基本的な書き方についてご紹介します。

ポイントは「黒いボールペンで書く」「社名・部署名のあとに余白を空けて書こう」「『行』と書かれている場合は二重線を使って消す」「消したその下か横に『御中』を書こう」「返信時に『行』は二重線で消し、『御中』を書き入れる」の5つです。

各ポイントについて詳しく説明します。

黒いボールペンで書く

「御中」の文字を書くときは、原則として黒いボールペンを使って書きます。

ビジネスシーンでは、黒居ボールペンまたは黒い筆ペンを使用して文字を書くことが基本になっていますので、御中の文字を書くときも、基本に習って黒いボールペンを使います。

封筒に宛名を書くときは、縦書きまたは横書きどちらがよいのか迷うかもしれませんが、基本的には縦書きです。

特別に指定されていない場合は、縦書きで書くようにしましょう。

また用意する封筒は白いものが基本です。

文字は誰が見てもわかりやすいよう、楷書で丁寧に書きます。

社名・部署名のあとに余白を空けて書こう

宛名を書く順番は、会社名から部署名というふうに、大規模から小規模になることをイメージして書くと間違いにくくなります。

社名と部署名など、必要な宛名を書いたら、その後に余白を空けて、「御中」と記入します。

余白を空けないと読みづらくなりますので、意味を区別させるためにも、余白は必ず空けるようにしましょう。

個人名を書くときは、「御中」ではなく「様」です。

たとえ社名や部署名を入れたとしても、個人名の前に「御中」を書き、その後に個人名を書くことはしないようにしましょう。

「行」と書かれている場合は二重線を使って消す

ビジネスシーンでは、返信用のはがきを送り返すことも多くありますが、そのとき宛名は「御中」ではなく「行」となっています。

そのため返信する場合は、「行」に二重線を引き、「御中」と書き換えてるのが原則です。

たとえば「株式会社○○人事部行」と宛名が記されている場合、最後の「行」部分のみを訂正します。

訂正したら必ず「御中」を記入しましょう。

二重線の引き方にはルールがあります。

縦書きの宛名の場合は、縦に二重線を引き、横書きの場合は横に二重線を引いて文字を消します。

訂正する線は一重線でも三重線でもなく、二重線と決まっています。

縦書きなら縦に、横書きなら横に、二本線を引きましょう。

文字の太さや大きさによっては、二重線が見えにくいというケースもあります。

線を引いてもわからないようであれば、斜めに二重線を引きます。

斜めに二重線を引いた場合でも、必ず「御中」を記入するようにしましょう。

消したその下か横に「御中」を書こう

二重線で「行」を消したら、「御中」を記入しますが、記入する場所は、訂正した下または横が無難です。

担当者は二重線の横に「御中」が記入されていることに慣れていますので、訂正部分から離れた場所に「御中」と書いてしまうと、違和感を持たれる可能性が高くなります。

返信時に「行」は二重線で消し、「御中」を書き入れる

二重線を引いて行を消し、「御中」を記入するというのは、ほとんどの場合が返信の必要があるときです。

なぜ宛名は「行」であるかというと、返信用の封筒を発送するのは、返信を受け取る組織になるからです。

自分の組織に対して「御中」という敬称はつけません。 

常に「行」となります。

自分で発送するときに、「御中」をつけるのはおかしくなるため、「行」としているのです。

受け取った人は、相手に返信することになりますので、「御中」という敬称をつけて返します。

返信用の封筒の中には、社名とともに、担当者の印が押されているものもあります。

返信する相手が個人であることがわかりますので、この場合は「御中」を使わずに、「様」を記入します。

まとめ 

宛名に御中を使う理由から、御中を使う場所や書き方について、解説しました。

細かなマナーはいくつかありますが、「御中は組織や団体に使うもの」と理解しておくと、使い間違いは減るでしょう。

会社に送るか個人に送るかによって宛名につける敬称は変わってきますので、最終的に誰に送るのかを明確にしてから、宛名を書くことをおすすめします。

会社に手紙を送ることも、ビジネスマナーの一つです。

御中を正しく使うか使わないかで相手が受ける印象は大きく異なることを忘れずに、正確に使うようにしましょう。

そんな履歴書でほんとに大丈夫?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ