技術営業への転職を成功させる転職理由をチェック!

技術営業という仕事に興味があるけれど、転職理由が思いつかない…そんなことを考えているエンジニアの皆様、何はともあれ本記事をチェックしてみてください。転職理由を考えるためのポイントから、転職理由を考える際の注意点まで、徹底的に解説しています。さらには技術営業に求められる人材像やおすすめの資格についてもご紹介。技術営業に興味がある人であれば、気になる情報がきっと見つかるはずです。

技術営業への転職を目指そう!

エンジニアとして活躍してきたけれど、このままエンジニアとしてやっていくのはどうも違う…そんなことを考えたとき、おすすめの転職先は技術営業です。専門的な問題を解決するためには、エンジニア並みの知識が必要です。だからこそ、技術営業では、エンジニア出身者が多く働いており、新たなキャリアを築くのにおすすめの職場といえます。

技術営業には技術に対するしっかりとしたバックボーンに加え、問題の真の原因を見つけ出す洞察力、顧客を納得させる提案力などが求められます。洞察力や提案力についてもエンジニアとしてのこれまでのキャリアで磨かれてきたはず。これまでとは違う道を歩みたいという人はぜひ技術営業にチャレンジしてみてください。

技術営業への転職理由を考えるためのポイント

それでは早速、技術営業への転職理由を考えるための3つのポイントについてチェックしていきたいと思います。いずれのポイントも面接官を納得させるために大切です。皆様なりの答えをしっかりと見つけ出して、面接に挑んでください。

なぜ技術営業なのか

エンジニアという仕事を辞して、技術営業という新たなステージを目指す場合、「なぜ技術営業なのか」ということを明確にしなくてはなりません。エンジニアからの転職を考える場合、技術営業以外にも色々な道があります。その中でなぜ技術営業という道を選んだのでしょう?

この答えを考えるヒントは「技術営業という仕事ならでは」のポイントに着目することです。「顧客と直接的にやり取りができる」であったり「技術の最新トレンドに触れられる」など、魅力的に思える部分をピックアップし、そこに対する自分の思いをプラスしてみてください。それで「なぜ技術営業なのか?」という疑問への答えが出来上がるはずです。

なぜ現職ではダメなのか

転職理由を考える場合、「なぜ現職ではダメなのか」ということも明確にしておかなくてはなりません。ここが曖昧ですと「なんでこの人転職しようと思ってるんだろう?」という疑問が面接官の中にずっと残ることになりかねません。それでは内定を得ることは困難です。

現職では叶えられないポイントを提示することができれば「なるほどそれなら技術営業として働いた方が良いよね」という印象を与えることにつながります。こういった納得感の積み重ねが、内定への近道です。

技術営業として活きる経験・スキルは何か

未経験から技術営業への転職を目指す場合、これまでの経験・スキルを技術営業としてどう活かすのかについても明確にしておきたいもの。エンジニア出身であれば、技術を持っているということは一つの大きなポイントですが、それだけで営業は務まりません。

プレゼンの経験や、顧客とやり取りをした経験があるのなら、それについて言及しておきましょう。あるいは他部署とのやり取りやすり合わせが多くコミュニケーション能力に自信があるというのであれば、それも大きなアピールポイントとなります。

技術営業への転職理由を考える際の注意点

続いては技術営業への転職理由を考える際に注意しておきたい2つのポイントについて解説していきたいと思います。いずれも好印象を与えるために需要なポイントですから、しっかりとチェックしておいてください。

現職へのネガティブな意見は述べない

転職の理由には「上司と合わなかった」「残業が多すぎる」「正当に評価されない」など、ポジティブではないことも多かれ少なかれあるはずです。なのですが、それをストレートに伝えるのはおすすめできません。現職で働いている会社のことを悪く言うということは、雇った後で自社のことを悪く言う可能性があるからです。

そういったことはオブラートに包むのが大人のマナー。現職についてのネガティブな意見は避ける・ポジティブな言葉に言い換えるといった対応を心がけましょう。

話はできるだけ具体的に

技術営業という仕事では文字通り「技術」に関するバックボーンが問われます。技術に対する知識が無いと成り立たない仕事だからです。そういったことをきちんと伝えるためには具体性が重要です。

例えば「ITエンジニアとして働いていました」というよりも「DBエンジニアとして働いていました。主にMy SQLなどオープンソースを扱っておりましたが、商用DBについての知識も有しています」と具体的に伝える方が何が出来るのかが伝わりやすくなるものです。

技術に関する話題だけでなく、「何が出来て」「何がしたくて」「なぜ営業を目指すのか」についてはそれぞれ具体的に記載しておきましょう。技術営業というプロフェッショナルだからこそ、一般的な営業よりも具体性が求められます。

技術営業に求められる人材像とは

続いては技術営業に求められる人材像についてご紹介していきたいと思います。転職活動を進めていく上で、人材像を意識しておくことは重要です。志望動機作成や面接対策など様々なシーンで活きてきます。

ヒアリング力

技術営業という仕事はその技術力で顧客が抱える問題を解決するのが仕事です。一方で顧客が抱えている問題を探るためにはとにかくヒアリング力が重要です。

何に困っているのか、何をどう変えたいのか、そういったことをまずはしっかりと理解しなくては、てんで方向違いな提案をすることに成りかねませし、それでは契約に結び付くことはありません。またヒアリングが足りていない場合、現場で全く使い物にならない商品を納品することに成りかねません。

まずはとにかく顧客の話をしっかりと聞きだす。それこそが技術営業に求められるスキルです。それが出来るからこそ、顧客にとって必要なモノ・サービスを提案できます。

想像力

顧客が抱えている問題について、顧客自身が完璧に理解できているかというと、必ずしもそうではありません。例えば「この工程は不良の発生率が高いから、検査体制を強化したい」なんて依頼はその典型例です。この場合、本質的な解決策は不良の発生原因をとらえ、それを無くすことです。けれどこの例のように、顧客側は「とりあえずの対策」に目が行ってしまい、「問題の本質」を見失うことは少なくありません。

ですから、技術営業という仕事には想像力が求められます。顧客が何かしらの要望を出してきたとき「なぜそれが必要なのか?」と疑問を抱き、その答えを想像してみる必要があります。それが出来るからこそ、問題の本質に迫り、顧客が本当に必要としているものを提案できるのです。それは結果としてWIN-WINの関係を生み出し、顧客との深いつながりを生み出してくれます。

提案力

技術営業が提供する製品・サービスは基本的に安くはないものです。ですから、その導入・契約は現場の判断だけで出来ません。それは何を意味するのかというと、顧客企業の然るべき立場の人に提案をしなくてはならないということです。

現場の人であれば専門的な話題だけをすればOKなのですが、企業経営者の関心はそこにはありません。最も気にすることは費用対効果。それを明確にして提案することが契約のカギを握ります。技術の話は得意だけど経営的な話は苦手…というエンジニア出身者は多いもの。経営者的な視点に立って提案できるかが、技術営業として活躍できるか否かを左右します。

技術営業への転職におすすめの資格はTOEIC

技術営業を目指すのであれば、英語力はあった方がベターです。どんな技術にしても、最新の情報は英語で発表されることが多いからです。流暢に喋るレベルになくとも、英語の資料が読み込めれば、それだけで最新情報へのアクセスはスムーズになるものです。技術営業という仕事では「幅広い技術的知識」が必要となります。それを得るのに英語が重要というワケです。

ですから、TOEICは受験しておくことをおすすめします。地道に勉強を続けていれば着実に点数が上がるのがTOEICです。英語はちょっと自信がない…なんて人は、今すぐにでも英語の勉強をスタートさせましょう。千里の道も一歩から始まります。

せっかくですから英語の勉強と技術的な知識を得ることを兼ねて、専門分野に関する英語のニュースをチェックしてみてください。辞書を使いつつでもそれなりに内容を把握できるようになれば、第一段階はクリアです。

まとめ:営業職への転職は理由が大切!

技術営業を目指す人に向けて、転職理由の考え方、転職理由を考える際の注意点、求められる人材像とご紹介してきましたが、気になる情報は見つかりましたか?

技術営業ではエンジニアとしての経験・技術が活かせますし、自分の専門だけでなく、周囲を取り巻く様々な最新技術に触れることのできる魅力的な仕事です。

また、技術営業の仕事は顧客と直接的に触れ合って、問題を解決していくというもの。顧客の反応をダイレクトに見ながら仕事ができるため、やりがいを感じやすい職場でもあります。

本記事を読んで、技術営業という仕事に興味を持ったのであれば、ぜひ挑戦してみてください。そこには素敵な未来が待っているのかもしれません。

内定は取れたけどこんな不安やあんな不安が…。
わたしたちに何でも聞いてください!​​

あなたのビジョンを実現させるための
就活のサポートを実施​

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ