就職・転職前にチェック営業職に向いてない人の特徴とは?

営業職への就職・転職を考えますと「自分って営業に向いているのかな?」なんてことが気になりますよね。その答えが知りたいのなら、ぜひ本記事をチェックしてみてください、営業に向いていない人の10の特徴について、不向きな理由と共に徹底的に解説しています。営業は向き・不向きがはっきりした仕事ですから、就職・転職を決めてしまう前にチェックしておくことが大切です。

営業は向き・不向きがある仕事

世の中には様々な仕事がありますが、営業ほどに「向き・不向き」がはっきりしている仕事はなかなかありません。営業向きなタイプであれば楽しみながら仕事ができる場面でも、不向きな人にとっては苦痛でしかない…というケースは多々あります。

よりシビアなのが給与に関する話です。営業向きなタイプであればしっかりと成果を出し、それがインセンティブとして給与に反映されます。一方で営業に不向きなタイプですと全く結果を出せず、お金は貯まらずににストレスだけが溜まっていくものです。

営業に向いていない人の10の特徴

それではさっそく、営業職に向いていない人にありがちな10の特徴について見ていきたいと思います。1つ2つ当てはまったから営業は無理というワケではありませんが、ほどんどの項目で当てはまると感じたのなら、営業は避けた方が無難です。自分に向いている道は他にもあるはずです。

知らない人と話すのが苦手…

営業という仕事は人と話をするのが大前提です。すべてはそこから始まると言っても過言ではありません。なので知らない人と話すのが苦手…という場合、仕事上様々なシーンで極端な緊張を強いられることになってしまいます。それでは仕事にならないですよね。

同世代と話すのは大丈夫だけど、会社の偉い人と話すのはちょっと…という人も営業職はおすすめできません。商材によっては、現場の判断で契約できず、偉い人達の前でプレゼンするなんてこともあるからです。それが上手くいけば大型契約という場で極端に緊張してしまっては、それまでの苦労が水の泡。そんな場でこそ「行くぞ!」と思えるハートが必要です。

頼まれると断れない…

営業というと、どんなことでも「はい喜んで!」と引き受けるイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。無理なものは無理と断ります。すべてを引き受けていては現場が持たないからです。ですから、これまでの関係性や、見込まれる売上の規模、今後の発展性などを考え、シビアな判断を下さなくてはなりません。

頼まれると断れない…というタイプですと、「ありがとうございます。なんとか間に合わせます」なんて引き受けてしまい現場が混乱。結局納期を守れず、顧客にも迷惑をかけて…。と誰も得をしない結果を招いてしまいます。こんなタイプは営業向きではありません。

然るべき営業担当者が無理な注文を受けた時には「その納期ですと申し訳ないのですが無理です」ときっぱり断ります。その方が相手に迷惑をかけないからです。その上で「次回の生産が〇月×日ですから、それ以降のタイミングでは如何でしょう?」とフォローも忘れません。

切り替えが下手…

営業という仕事は割とよく怒られます。たとえ自分がミスをしていなくても、配送係がミスをしたり、ちょっとした行き違いがあったり、部品のサプライヤーにトラブルが発生し、生産が間に合わなくなったり。そんな時に怒られるのは残念ながら営業です。顧客との窓口になっているのですから致し方ありません。

営業という仕事ですと、怒られたことを気に病んでいるヒマはありません。「スイマセン!」と口で謝りつつ、頭ではそのトラブルをどう乗り切るかの算段を立て始めています。それくらい切り替えが早いものです。

というのも、ミスを上手くリカバーできれば、顧客の信頼は大幅アップしますし、それが新しい契約につながる可能性を秘めています。だからこそ、営業担当者はすぐに頭を切り替えて、対応策を考え始めるのです。

セルフマネジメントが苦手…

営業という仕事は随時状況が変わっていく仕事です。それらに対して臨機応変に対応していかなくてはなりません。もちろん、日々こなしていかなくてはならない仕事も存在しています。それがあった上での、臨機応変な対応ですから、自分がいつまでに何をなすべきか、きちんと把握しておかなくては「しまった…アレやってない…」なんてことが発生してしまいます。

そんなことが無いように、営業職ではセルフマネジメント能力が大切になります。やるべきことに優先順位をきちんと立てて、一つ一つ着実にこなしていく。そんなマメさが求められる仕事です。

想像力がイマイチ…

営業職は想像力が求められる仕事でもあります。そもそも顧客は自分が本当に必要としているものを自分で把握していないケースが結構多いものです。「そんなことある?」と思うかもしれませんが、実際にあります。

例えば生活を例に考えてみましょう。パソコン仕事で肩がこるから、とりあえず湿布薬を購入するというケースは多いもの。けれど、それは一時的なしのぎであって本質的な解決策ではありません。本当に必要なのは、身体のサイズにあった椅子かもしれませんし、高さを調整できるモニターなのかもしれません。けれど、それら商品について存在を知らなければ、とりあえず湿布薬でしのぎ続けることになります。

企業レベルでも同じようなことは起こるものです。「この部署は残業が多いから、効率化できる(らしい)システムを導入してみよう」なんてケースは多々あります。優秀な営業がその依頼を受けた場合、依頼されたシステムを提案するのはもちろんですが、そもそも残業が多数発生する理由についても想像してみるものです。

想像力を張り巡らせながら現場を見てみると、色々なことが見えてくるものです。紙ベースでのやり取りがやたら多いのかもしれませんし、とにかくみんな電話対応に追われているのかもしれません。そういったことに気付くことができれば、そもそも依頼されたシステムにプラスして、問題を解決できる別のシステムについても提案することが可能となります。

それは、顧客にとって、求めていた以上の結果をもたらします。営業側にとっても、より大規模な契約を取れる可能性があることです。まさにWIN-WINの関係といえます。このように「できる営業」にとって想像力は欠かせません。言われたことを額面通りに受け取るタイプは注意が必要です。。

とにかくプライドが高い…

営業という仕事はお願いしたり、謝ったりの繰り返しです。プライドがとにかく高く、頭を下げるのなんてストレス以外の何事でもない…なんてタイプでは務まりません。仕事は仕事と割り切ることが大切です。

情報を集めるのが苦手…

どんな商材にも旬と呼べるようなものがあるものです。そして旬を過ぎてしまいますと、売るのが困難になります。使いやすく導入しやすいITシステムがあったとして、競合他社がさらに使いやすいものを提供したらどうなるでしょう?多くの顧客候補は競合他社の製品に流れてしまいます。それが旬を過ぎたという状況です。

こういった競合他社製品に関する情報はもちろんのこと、世の中の動向や、流行り廃り、最新の技術トレンドなど、自分が少しでも関連するような情報はしっかりと押さえておかなくてはなりません。

情報を集めるのが下手ですと、お客さんから「先日の日経に〇〇って製品の話が載ってたけど、そんな製品出さないの?」なんてことを言われて、「えっ、そんなの出てました!?」と恥じをかくことになってしまいます。それでは信頼感もガタ落ちです。

段取りが悪い…

営業は段取りの良さも必須です。お客さんがその気になって、いざ契約という段で「あっ、スイマセン、契約書これから作るんで、ちょっと待ってもらっても良いですか…」「あ、しまった…アレ忘れた…」なんてやり取りが発生してしまいますと、てきめん気がそがれてしまいます。それで契約を取り逃すなんてことになっては目もあてられません。

プレッシャーに弱い…

営業という仕事は多かれ少なかれノルマが課されます。ノルマはインセンティブ発生の目安にもなりますし、モチベーションを保つのにも有効です。なのですが、プレッシャーに弱い人にとっては重圧以外の何物でもありません。「あぁ…ノルマがヤバい…」そんなことばかり考えて日々を過ごすことになってしまいます。

ノルマに対し、プレッシャーと思うのではなく、むしろ「よっしゃ!今月も越えてやろう!」くらいに思えるタイプでなくては、営業向きとは言えません。

自分に自信が無い…

営業という仕事は扱う商品に自信を持っていなくてはなりません。「コレは良いものです」と自分が思っていない商品を他人が買ってくれることはありません。そこで重要なのが自分に対する自信です。自分に自信が無くては「たぶん良いものなんだと思うんですけど…」といった曖昧な態度になってしまいます。「この商品は自信をもっておすすめできます!」そう言えないタイプは営業向きとは言えません。

まとめ:営業職に就く前には適性をチェック!

営業に不向きな10の特徴についてご紹介してきましたが、気になる情報は見つかりましたか?最初にご紹介した通り、営業は向き・不向きがはっきりした仕事です。営業職を目指す場合、仕事に対するストレスという意味でも、給与という面でも、自分が営業向きなタイプかどうかをしっかりと考えておく必要がります。今回ご紹介したポイントから、自分の適性をしっかりと判断してください。

内定は取れたけどこんな不安やあんな不安が…。
わたしたちに何でも聞いてください!​​

あなたのビジョンを実現させるための
就活のサポートを実施​

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ