未経験からの転職なら営業がおすすめ!その5つの理由をチェック

営業職に転職したいけど未経験だし、上手くやれるか心配…なんてことをお悩みの人はいませんか?もしそうなら、本記事をチェックしてみてください。未経験者に営業職がおすすめな理由から、営業職に向いている人・向いていない人の特徴まで徹底解説しています。営業職への転職を考えるヒントがきっと見つかるはずです。

未経験からの転職先を探しているなら営業をチェック!

今の仕事とは全く違う分野に飛び込みたい…けど自分には何が出来るかわからない…。なんて場合には営業職がおすすめです。詳細は後半で詳しく説明しますが、営業職では社会人経験のさまざまな部分が役立ちますし、多くの未経験者が活躍している分野でもあります。また、製造業、IT系、サービス業、小売業など業種を問わずに存在しているのが営業という仕事。気になる企業がきっと見つかります。

営業って大変なイメージがあるけど…

営業というと「残業ばかり」であったり「ノルマがきつい」といったブラックなイメージを持っている人も少なくありません。確かにそういった企業も無くはないのですが、すべての営業がハードというワケではありません。ですから安心して営業職を目指してください。

なお、営業職がキツくなりがちな要素として「個人向け営業」「新規顧客獲得がメイン」があります。キツめの営業は避けたいという場合、上記を避けるようにしてください。とはいえ、キツくなりがちな営業にもメリットはあります。その一つが「上手くやれば莫大な給与を手にできる」ということです。どちらが良いかは人によります。

未経験からの転職で営業職がおすすめな理由

続いては、未経験からの転職先に営業がおすすめな5つの理由について解説していきたいと思います。それぞれの理由は「営業ならでは」というモノですから、もし何かピンとくるものがあるのなら是非挑戦してみてください。

必要な知識は入社後でOK

一般的に中途採用では即戦力が求められます。ですから、業界についての知識はある程度持っているのが前提です。IT業界であればITに関する知識が必要ですし、貿易実務に携わるのであれば貿易に関する知識が必要とされます。製品企画に携わるのであれば、マーケティングなどに関する知識はあって当然です。

一方、営業という仕事で求められる最も大切な知識は、商品に関する情報です。とはいえ、商品に関するコアな情報は入社後でしか手に入りません。原価がいくらで、納期がどれくらいで、最低ロットはこれくらい。それらは入社後で学ぶことです。

これまでの経験・スキルが活かしやすい

営業という仕事では様々な経験・スキルが活かせます。これまでは営業される側だったというのであれば、営業された経験が役立ちますし、製品のユーザーであったというのならその経験が役立ちます。営業にはプレゼンや事務作業もつきものですから、それら経験も求められます。つまるところ、仕事をしてきた経験のほとんどは営業職で役に立つということです。

多くの未経験者が活躍している

必要な知識は入社後でOKで、なおかつ様々な経験・スキルが活かしやすいということで、営業職には多くの未経験者が転職し、実際に活躍しています。

多くの先駆者がいるからこそ、雇う側としても「未経験」ということにそれほど抵抗があるワケではありません。だからこそ、未経験者が転職しやすいという状況を作り上げています。偉大な先輩たちに感謝しながら営業職への転職を目指しましょう。

好きなモノ・コトに関われる

世の中には様々な企業がありますが、そのほとんどで営業という仕事は存在しています。小さな会社で営業部門はないとしても、営業活動はあるものです。それはつまり、営業としての仕事なら、自分が好きなモノやコトに関われる可能性があることを意味しています。趣味などでどっぷりハマっているものがあるのなら、その業界に挑戦してみては?

成果と評価が直結しておりやりがいを感じやすい

転職したいと感じる理由の一つに「自分の頑張りが正当に評価されない」というものがあります。確かに評価基準が曖昧で、上司の気持ち次第なんて会社は少なくありませんし、そこで正当に評価されなければ、仕事へのモチベーションを保つのは困難です。

一方、営業という仕事であれば、自分の努力は数字として明確に現れます。それは評価に直結し、インセンティブという形で給与に反映されます。上司の気持ちといった不確定な要素が入り込む隙間は一切ありません。実力主義で行きたいという人にとってはこれ以上ないほどにやりがいを感じやすい仕事です。

営業職に求められる人材像とは?

ここまでは営業がおすすめな理由について解説してきましたが、営業という仕事に興味は湧いてきましたか?もし興味があって挑戦したいと思うのなら、本章にじっくりと目を通してください。営業という仕事に求められる人材像について解説していますので、それらポイントを意識しながら転職活動をすれば内定はグッと近づくはずです。

人当たりが良い

営業という仕事は人と会うのが大前提です。ですから人当たりの良さは必須といえます。人当たりを良くするためには、髪型や表情など見た目を気にすると共に、喋り方やボディランゲージなどコミュニケーションを工夫する必要があります。一朝一夕で上手くなるものではありませんので、常日頃から人当たりの良さを気にして見てください。それだけでずいぶんと良くなるはずです。

話を聞き上手

営業職で活躍している人の多くは話を聞くのが上手です。営業というと話すのが上手というイメージがあるかもしれませんが、むしろ顧客に話をしてもらい、それを聞く側に回っています。

顧客がどんな問題を抱えており、どんなものを欲しがっているのか、それは顧客しか知り得ません。その情報を聞き出せるからこそ、それに見合う提案ができ、顧客との信頼関係が築けるからです。そのためには自分が喋るのではなく、顧客に喋ってもらうことが重要です。

想像力がある

一歩上の営業職を目指すのであれば想像力も欠かせません。顧客から「〇〇が欲しい」と連絡があった場合、それに応えようとすることは必須です。けれどただ応えるだけでは十分とは言えません。優秀な営業担当者は「なぜ〇〇が欲しいの?」と考えます。そうすると「ひょっとすると××で困っているのかも?だとすると△△も提案できるかもしれない」といったことが想像できます。

その想像が当たりますと、顧客にとっては「求めていた以上の提案をしてくれた」ということになります。それはWIN-WINの関係となり、営業担当者に対する信頼感もグッと増すものです。

タイミングが良い

営業担当者にとって、タイミングを読む力も大切です。流行りすたりがある商材なら、流行る直前に提案しなくてはなりません。顧客の忙しさに波があるのなら、繁忙期は避けて提案するのが無難です。同じ商材を売るのでも、タイミングによって売れ方は大きく異なります。

営業に不向きなタイプって?

続いては営業職には不向きというタイプについてご紹介していきたいと思います。当てはまるかも…という人は営業以外の仕事を探した方が無難かもしれません。

切り替えが下手

営業という仕事にミスはつきものです。納期が間に合わない…。間違った商品を届けてしまう…。商品の数が違う…。ミスのパターンを挙げればキリがありません。営業担当者がミスをすることもあれば、配送担当者がミスをすることもあれば、顧客がミスをしていることもあります。けれどとりあえず怒られるのは営業担当者です。

これは顧客との窓口という立場上、致し方ない部分です。とはいえ、怒られてへこんでいる暇はありません。頭をサッと切り替えて、いかに被害を最小限に抑えるか、お客様のもとへ正しい商品を届けるかということを考えられてこそ営業です。

実際に、優秀な営業はミスのフォローが上手いもの。そのフォロー力から信頼感を得て、次の契約に繋げるなんてケースも少なくありません。転んでもただでは起きないのが営業というワケです。

人づきあいが嫌い

営業という仕事を突き詰めますと、結局は人と人とのつながりが重要です。ですから、人づきあいが嫌いというタイプですと、営業という仕事を続けているのがつらくなってしまいます。「人づきあいが大好き」くらいでないと、なかなか務まりません。

セルフマネジメント能力が低い

営業という仕事はある程度、自分の裁量で動くことが可能です。そのため「今月はA社にはこれを提案、B社にはこれを提案。それと並行してC社へのフォローとD社提案の準備」といった計画を自分で定め実行していかなくてはなりません。

コレが上手くできないと「アレっ、C社のフォローを全然してない…。今更顔出すのもなんだかなぁ…」なんて事になってしまいます。それでは顧客をつなぎとめることは困難です。

まとめ:未経験職への転職なら営業職がおすすめ!

未経験からの転職先として営業がおすすめな理由、営業職に向いている人、向いていない人についてご紹介してきましたが気になる情報は見つかりましたか?

営業というと大変というイメージもありますが、すべての営業が大変なワケではありません。向き・不向きはあるにせよ、向いている人にとってはやりがいを感じやすい職場の1つです。もし本記事で営業職への興味が深まったというのであれば、ぜひチャレンジしてみてください。それは素敵な未来に繋がっているはずです。

内定は取れたけどこんな不安やあんな不安が…。
わたしたちに何でも聞いてください!​​

あなたのビジョンを実現させるための
就活のサポートを実施​

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ