大学生必見!スーパーでアルバイトをしたい場合の面接で落ちないための3つのポイント

 

はじめに 

スーパーのアルバイトにも志望動機が必要です。

中には、面倒だと感じる人もいるのではないでしょうか。

しかし、スーパーのアルバイトを就職試験の志望動機に見立てて訓練することによって、志望動機づくりがしやすくなります。

こうした心掛けが就職試験をスムーズに突破するためのポイントにもなってきますので、徹底的にスーパーのアルバイトの志望動機を考えてみるのもよいでしょう。

細かく分析しながら志望動機を作成すれば、スキルアップにつながるはずです。

スーパーのアルバイトの志望動機の作り方

スーパーのアルバイトの志望動機を作ろうと思って、いざ考えてみると、なかなか志望動機が浮かんでこない場合があります。

このような悩みを抱えている人は、就職試験でも同じような悩みを抱えることになるかもしれません。

そのため、今のうちに訓練して、就職試験のときにスムーズな志望動機づくりができるようになっておくとよいでしょう。 

話す内容を考えることから始めて、構成を考えることも重要です。

さらに、エピソードを利用して、肉付けできるようになれば、志望動機づくりはかなり上達したといえるでしょう。

話す内容を考える 

スーパーのアルバイトは、はっきりいえば、それほど厳しく審査されるわけではありません。

応募者の多いスーパーならば厳しく選考される可能性はありますが、スーパーの時給から考えて、そこまで応募者が殺到することは考えられないでしょう。

そのため、適当に志望動機を作っても採用される可能性も十分にあります。

しかし、大学生ということで、今後就職試験が待っています。

そのときのために、スーパーのアルバイトであっても、志望動機を作成する練習をするとよいでしょう。

そのため、スーパーのアルバイトの志望動機を作るなら、まずは話す内容を考えることから始めます。

スーパーというのは、さまざまな人が働く場所なので、志望動機は簡単なようで難しいです。

聞いた人が納得するような文章を考えるのは、なかなか難しいものがあるでしょう。

話す内容はスーパーの採用担当者が見て、これならばスーパーでアルバイトをするのは必然と思わせられるような内容です。

構成を考える

話す内容を考えたら、今度は構成を考えてみるとよいでしょう。

構成を考えずに話してしまうと、相手に気持ちが伝わりにくい志望動機になってしまいがちです。

ここで重要になってくるのが、自分がスーパーでアルバイトをする理由を明確にするというものです。

この部分が明確になっていると、なぜスーパーで働きたいと思っているのか、そして、スーパーのアルバイトを通じて、どのようなことがしたいのかが明確になってきます。

そして、その部分がはっきりとしたら、今度はより相手に伝わりやすいような構成を考えてみるとよいでしょう。

構成を考える場合には、最初に結論ありきで話して、その結論を補完するような内容を掘り下げていくのがおすすめです。

最後に再び結論を強調して、志望動機を話すことができれば、相手に伝わりやすいといえるでしょう。

エピソードで厚みを増やす

話すことを考えて、構成を決めて、実際に志望動機を語ってみます。

しかし、それだと少し物足りないイメージを覚えるかもしれません。

物足りないと感じるならば、エピソードで厚みを増やしてみるのもよいでしょう。

エピソードが加わることによって、その志望動機に現実味が出てきますので、説得力が高まります。

エピソードは、なぜスーパーのアルバイトをしようと思ったのか、ということに関するものにしましょう。

このような経験をしたから、スーパーのアルバイトを通じて社会貢献がしたかったというような内容になってくると、とても説得力があります。

逆に、エピソードがスーパーのアルバイトに関連していないものだと、何か志望動機が嘘くさいと思われてしまう可能性があります。

このエピソードは就職試験でも使う部分なので、自分なりのエピソードをスムーズに出せるようにしておくとよいでしょう。

スーパーのアルバイトの志望動機のポイント

スーパーのアルバイトに応募する際の志望動機のポイントを紹介します。

いくつかのポイントを踏まえるだけでも、より良い志望動機になりますので、スーパーの採用担当者に認めてもらえるはずです。

重要になってくるのが、選んだ理由を明確にするというものです。

また、自分がアルバイトとして、どう活躍するか、どう貢献するのかということも明確にしておきたいところでしょう。

さらに、店側の事情を考えてみると、長く働けるという部分もポイントになってくるのではないでしょうか。

こういったポイントを踏まえた上で、志望動機を作成してみましょう。

スーパーを選んだ理由を伝える

スーパーやコンビニのアルバイトの場合、この部分はなかなか難しいです。

多くの人がスーパーを選んだ理由は誰でも簡単にアルバイトができて、募集数も多く、お給料がもらえるからというものでしょう。

このような理由によりスーパーでアルバイトをする人が多いので、スーパーで働くための明確な理由を志望動機にするというのはなかなか難しいのです。

スーパーの特徴を踏まえると、地域の人たちに生活のための商品を提供することで、人々の暮らしを支えるというようなニュアンスの志望動機にするとよいでしょう。

事実、スーパーは人々にとっては生活のために必要不可欠なものでもありますので、スーパーのアルバイトを志望する理由としては、ピッタリでしょう。

また、スーパーの部門によっていろいろな仕事があるかと思われますので、それらに関連したスキルや知識を身につける方法もあります。

さらに、将来接客業をしたいと思っているので、レジのアルバイトで接客スキルを学びたいというのもありでしょう。

アルバイトでどう活躍するかを伝える

自分をアルバイトとして雇うことによって、スーパーはどんなメリットを得られるのかを明確に伝えることも大事です。

これはアルバイトとしてどう活躍したいのかということでもあり、その活躍がスーパーにとって大きなメリットであれば、採用してもらえる可能性は高いといえるでしょう。

スーパー側は、時給という報酬をアルバイトに支払うことによって、何らかのメリットを得たいと思っています。

そのため、そのメリットを明確に提示できれば、採用しやすいといえます。

仕事はギブアンドテイクであることは覚えておきたいところで、自分がもらうだけでは成り立たないことを忘れてはなりません。

接客スキルが高いならば、接客関連の仕事をして活躍するのもよいですし、シフトを他の大学生よりも入れられるのならば、より長時間働いて、長い時間スーパーに貢献するというのもアピールポイントになってきます。

長く働けることを伝える

大学生のアルバイトというのは、すぐに仕事を辞めてしまうというイメージを持っている採用担当者も少なくはありません。

実際にそれを踏まえた上で大学生を採用している職場もありますが、それでもどうせ働くなら、長く働いてくれる方がスーパーにとってはメリットが大きいです。

そこで、長く働けることをアピールできれば、アルバイトとして採用してもらえる可能性が高いでしょう。

たとえ、大学生のアルバイトといえども、仕事を覚えてもらうまでは、店が大学生に投資しているようなものです。

そして、せっかく仕事を覚えてもらったのに、すぐに辞められてしまっては、それこそ無駄な投資になってしまうのです。

スーパーが自分に投資する金額を考えれば、長く働けるということはスーパーにとって大きなメリットになってきます。

スーパーによっては、志望動機うんぬんよりも、どのくらいの時間を働いてくれるのかを審査していることもあるくらいです。

スーパーのアルバイトでよくある志望動機例

ここではスーパーのアルバイトでよくある志望動機例を紹介します。

スーパーのアルバイトというのは、とても求人数の多いアルバイトなので、ほとんど志望動機はいくつかの中から選ぶかたちになってくるでしょう。

そこに、自分のオリジナリティを少し加えてやるのがポイントです。

その志望動機としては、地元への貢献というのもよくある志望動機です。

また、接客業に興味があるからというのも無難なところでしょう。

また、少し使い方には注意する必要がありますが、楽しそうだからという志望動機も前向きにとらえてもらえる可能性が高いです。

地元への貢献

スーパーのアルバイトでよくある志望動機は地元への貢献です。

スーパーを通じて、どんな社会貢献ができるかを考えてみると、多くの場合はこの地元への貢献という部分になってくるのではないでしょうか。

スーパーというのは、地域の人々の生活に根差したものになっています。

そのため、そういった人々に貢献する気持ちを伝えることができれば、スーパーとしては好印象でしょう。

地元への貢献というのは、とても無難なアルバイトの志望動機になってくるので、ぜひ利用するとよいでしょう。

ただし、この部分をメインに組み立ててしまうと、無難になりすぎる可能性がありますので、エピソードでの肉付けが重要になってくる可能性があります。

エピソードを上手に利用して、オリジナリティあふれるものにするとよいでしょう。

接客業に興味があるから

スーパーのアルバイトというのは、接客の伴う仕事になっています。

そのため、接客業に興味があるからという理由も真っ当な理由といえるでしょう。

将来、接客の仕事に就きたいので、スーパーのアルバイトを通じて接客スキルを高めたい、これはごく自然の志望動機といえるのではないでしょうか。

人と触れ合うのが好きなので、接客の仕事に興味があるというようなつなぎでも問題ありません。

スーパーにとってはアルバイトの人材が接客を苦にしないタイプの人である場合、とても使いやすいといえますので、この志望動機もポイントが高いといえるでしょう。

ただし、接客業に興味があるという志望動機は、裏方の仕事にはあまり関係ありません。

その部分は、志望する部門によって、上手に使い分けていくとよいです。

楽そうだから

どうしても志望動機が出てこない場合は、楽しそうだからという志望動機もありです。

しかし、楽しそうという理由だけでは少し弱いので、スーパーの仕事のこんなところに興味があって、楽しそうというものすべきでしょう。

たとえば、スーパーのお客さんの人の流れに興味があるので、スーパーの仕事をしたいというのもよいです。

これはマーケティングにも関係する部分なので、スーパーのアルバイトを志望する理由としても真っ当です。

また、地域への貢献と楽しそうという理由を組み合わせて利用するのもよいでしょう。

地域に貢献できるので、前向きな気持ちで働けるといった志望動機です。

楽しいといっても、いろいろな意味がありますので、くれぐれも仕事を甘く考えているというようなとらえ方をされないように注意してください。

場合によってはポジティブな意味ではなく、ネガティブな意味になってしまう可能性もあるのです。

スーパーのアルバイトの志望動機例文3選

スーパーのアルバイトの志望動機の例文を3つ紹介します。

いくつかのパターン用意しましたので、自分が参考にしやすい例文を利用して、自分なりの志望動機を作成してみるとよいでしょう。

ひとつは地域貢献、もうひとつは、接客スキルを高めるためという志望動機です。

最後に楽しそうという理由に関する志望動機の例文を作成してみました。

いずれも、スーパーのアルバイトを志望する人たちがよく利用する動機になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

例文①

日頃からお世話になっている地域に何か貢献できないかと考えたときに、日頃から通っているこのスーパーが思い浮かびました。

そして、スーパーで働くことによって、地域に貢献できるのではないかと思ったのです。

人とコミュニケーションを取るのはうまい方だと自負していますので、接客のアルバイトに関われたらと思い志望いたしました。

例文②

私は将来接客の仕事に携わりたいと思っています。

大学生活を送っていくためには学費を稼ぐためにもアルバイトをしなければなりませんが、どうせ仕事をするなら、将来の自分の役に立つ仕事をしたいと思っています。

スーパーには属性問わずさまざまなお客さんが訪れます。

そんなさまざまな人たちと接することによって、接客スキルを向上させることができるかと思いますので、ぜひこちらのスーパーで働かせていただきたいと思い応募させていただきました。

例文③

先日、こちらのスーパーで買い物をしていると、スーパーを利用するお客さんには、人の流れがあることを知りました。

いろいろと調べてみると、スーパーの設計は、しっかりと人の流れを計算して設計しているのだと知ったのです。

これまで考えもしなかったことですが、それを知ることによって、スーパーに買い物にくるお客さんの気持ちや行動心理に興味が出るようになりました。

現在、とても興味がある分野なので、こちらのスーパーで採用していただければ、楽しく働けると考え志望いたしました。

スーパーのアルバイトのNG志望動機

スーパーのアルバイトの志望動機の例文を確認したら、今度はNGといわれているような志望動機を確認しましょう。

もしかするとあなたの作成した志望動機はNGに触れてしまっているかもしれません。

例文①

スーパーの仕事にとても興味があるので応募させていただきました。

以前よりスーパーの仕事が楽しそうと感じており、いつか働きたいとな思っておりました。

また、一生懸命働いて、スキルや知識を学びたいと思っているので、ぜひよろしくお願いします。

改善ポイント 使い回しの志望動機

このような志望動機は、どんなアルバイトにも利用できるといえるでしょう。

そのため、こうした志望動機を提出された場合、使い回しと見られてしまう可能性が高いのです。

また、具体性が足りないというのもポイントです。

オリジナルのエピソードなどを加えてあげると、より具体性が高まりますので、くれぐれもどのようなアルバイトの志望動機にも使えるようなものは避けるようにしましょう。

例文②

もう少しすると夏休みに入りますので、今のうちにお金を貯めたいと思いアルバイトに応募しました。

夏休みには海外旅行に行きたいと思っていますので、短期間で集中的に働くのが希望です。

採用していただければ、決して損はさせませんので、ぜひよろしくお願いします。

改善ポイント

スーパーのアルバイトに採用してもらうためのポイントは、長期的に働きたいということをアピールすることです。

こうすることによって、コストに見合った採用になるというわけです。

しかし、こちらの志望動機では、短期的に集中して稼ぎたいというものです。

シフトにたくさん入れるというのは店にとってもメリットが高いですが、短期で辞められるとなると、厳しいところでしょう。

スーパーのアルバイトは、長期間働いてくれる人を求めることも多いので、このような志望動機を買いてしまうと、不採用の確率が高くなります。

ある意味では、最もNGな志望動機といえるかもしれません。

例文③

現在、金欠で困っております。

大学生活を続けるためには、どうしてもお金が必要なので、こちらのスーパーで働かせていただきたいと思っています。

こちらのスーパーは、そのほかのスーパーに比べると、時給が高かったので、効率的に収入を得られるのではないかと考えて、志望することにしました。

時給の分はしっかりと働こうと思っていますので、ぜひよろしくお願いします。

改善ポイント ただお金が欲しいから

スーパーでアルバイトする理由は、お金が欲しいから、これは多くの人がそう思っていることでしょう。

しかし、これは志望動機としてNGです。

スーパーならまだ許される可能性がありますが、これが就職試験になってしまうと、かなり厳しいです。

また、お金が欲しいというアルバイトの志望動機は、どうしても自分本位になってしまいやすいです。

アルバイトというのは、働く人はもちろん、店側にもメリットがなければなりません。

しかし、一方的にお金のことだけを伝えられると、自分たちに何かメリットがあるのだろうかと疑問に思われてしまうのです。

正直なことは確かに悪いことではありませんが、社会人として生きるためには、嘘も方便という言葉を覚える必要があるでしょう。

まとめ

大学生がスーパーのアルバイトに応募する際の志望動機を確認してきました。

スーパーのアルバイトの合格率は決して低くはありませんので、ポイントを把握して、魅力的な志望動機を作成しましょう。

今回紹介した3つのポイントを踏まえれば、余程競争率の高いスーパーなどでなければ、採用される可能性は高いでしょう。


 

就活準備、順調ですか?
あなたの就活を二人三脚で内定までサポートします​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ