【22卒女子大生が考える!】将来のビジョンとは?

はじめに

皆さんは将来のビジョンについて考えたことはありますか?

就活が始まると様々なタイミングで「将来について」考える必要が出てきますよね。

私も就活を目前に備えて自分の将来に真剣に向き合う時期となりました。

22卒の皆さんもそうじゃない方もこの機会に一緒に将来について一度考えてみませんか?

将来のビジョンを聞く理由

そもそも将来のビジョンを聞かれる理由って何なのでしょうか。

正直まだ将来どうなるかなんてわからないし、言語化するのももしかしたらイメージするのさえ難しいと思う方もいるかもしれません。

そんな難しいことを聞く企業の意図は基本的に三つです。

  • 志望度の高さを見る
  • 仕事への価値観を知る
  • 企業とのマッチ度を見る

志望度の高さを見る

これは皆さんも想像つきますよね。

採用した後どんな風に活躍してくれるのか、どのくらい頑張ろうとするモチベーションがあるのかを企業は知りたいんです。

ここで企業に対する熱量が伝わりきらないと、志望度が低いのかもな、、、

と判断されてしまうかもしれません。

仕事への価値観を知る・企業とのマッチ度を見る

この二つは少し似ていますが、自分たちの企業が求めているものとある程度同じ方向で仕事に取り組む人でないと

一緒にいい仕事ができないと考えられてしまいます。

この企業だからできることや、ここじゃないと叶えられない目標などを少し考えてみましょう。

実際のところ、働いてみなきゃ分からない点もあると思いますが、この企業で働いている社員さんの姿を見て

この人たちと一緒に頑張ってみたいと思えた」と思ったことを理由にしてもいいんです。

これもこの企業じゃなきゃできないことの一つです。

 

ビジョンの考え方

それでは自分の将来のビションについて考えてみましょう。

将来のビジョンを見つけるためにはまずは自分について知ることが必要ですよね。

過去、現在、未来の自分をしっかりと見つめることで自分がどんな目標を叶えるために何の行動をとるべきかを考えましょう。

ビジョンを考えるための自己分析

それでは自己分析をしていきましょう。ここでは私自身を例にして考えていきます。

私は自分が情報の発信源になりたいという目標をずっと持っている。

そのために、正しい情報を伝えられるようにある程度の知識を身につける必要があると思い大学進学まで進学する学校を選択した。

今はその夢に少しでも近づくために、長期インターンでマーケティングを学んでいる。

記事を書いて発信することで、自分が情報を発信することに取り組んでいるので夢に向かって少しは動けている気がする。

今はまだ自分が伝えたい記事を書いて、発信しているだけだが将来的には人に求められる情報は何かを数値的に分析して、多くの人に情報を提供できる存在になりたい。

まだ大まかですが、自分について分析してみました。

皆さんもこんな感じで自分を見つめてみてください。

自分のことってよくわかっていそうなのに意外と全然わかっていないんだな〜と気がつくと思います(笑)

ビジョンを考えてみる

先ほどした自己分析を踏まえて、将来のビジョンを考えていきます。

ここでのポイントは、先ほど述べた企業がビションを聞く理由を踏まえて伝えるべき要点を網羅するように考えることです。

キャリアビジョンは人それぞれ異なりますが「自分にどのような背景があってどんなことで頑張っていきたいか」「その結果将来的に何を達成したいかを明確化すること」が大切です。

と言いつつ、、、

実は私もまだキャリアビジョンは定まっていません。

やっぱりまだまだわからない将来のことを考えるのって難しいですよね。

せっかくなのでアドバイザーに将来のビジョンについて相談してみました。

アドバイザーに相談してみた

まず私が女子大というのもあるのですが

「女性ならではのライフイベントも踏まえたキャリアプランを考えたらいいのではないか」

とアドバイスをいただきました。

確かに何歳で結婚して出産するかによって、産休、さらには育休をとるタイミングも変わってきます。

そう考えると、自分が働く企業から長期間休みをいただいた後に、戻りやすい状態を作るためには休みを取る前にある程度の成長を遂げている必要がありますよね。

アドバイザーの方からお話を聞いたことで、自分の女性としての人生も充実させながら、社会人として成長できるようなキャリアビジョンを考えたいなと思うことができました

これで将来のビジョンを考えるポイントが定まりました。

ここからさらに深掘りしていって、数ヶ月後には将来のビジョンが明確化しているように私も頑張ります!

まだキャリアプランが定まっていないみなさん、、、

一緒に頑張りましょう!

まとめ

私も就活を考えて、今までは自分の将来ってこんな感じかな、こうなるといいなとイメージしていたことを言語化する難しさに改めて気がつきました。

「将来のビジョン」として5年後、10年後にはどうなっていたいかといった期限を設けて考えることは、自分がその時々ですべきことを明確化することにも繋がっているように思います。

また女性は特に、結婚、出産、育児など様々なタイミングで社会人としての区切りがあります。

近年では男性も育休を取るなど女性だけの話ではありませんが、やはり私を含む女性の方にとってライフイベントはキャリアプランを考える上で重要な出来事です。

実際、自分の生活に関する「結婚したい」「母親になりたい」などの目標はキャリアプランではなくライフプランですので、就活で聞かれるビジョンとはかけ離れています。

しかし、ビジョンを考える際には重要な出来事だと気がつけました。

私もまだ全然定まっていませんが、アドバイスを参考にしながら自分の将来のビジョンを描いてみようと思います

22卒の皆さんは一緒に就活頑張っていきましょうね!!

就活準備、順調ですか?
1人でわからない事はプロと2人で​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ