自分の将来のビジョンが決まらない?今すぐとる行動をまとめてみた!【将来のビジョン!】

八重樫

早稲田大学教育学部数学科(在籍中)
八重樫一生

詳しいプロフィールはこちら

好きな言葉は「人には人の乳酸菌」で好きな食べ物はラーメンです。
好きなアーティストは「THE BLUE  HEART」
面白いことが好きで大学では企画サークル「Walkin'」で本気でバカやってます。夢は人にやさしくなることです。

この記事では将来のビジョンを考える時に、取るべき行動を紹介させてもらいます。

僕は現在早稲田大学に通う2年生で、八重樫 一生(ヤエガシ カズキ)といいます。

早稲田って聞いて「へぇ~ちょっとは賢いじゃん」って思いましたよね?

じつは全然賢くないです、なんなら特技は木登りです。

趣味はふらふらしてきれいな景色を見ることで、性格は能天気です。

長所は根性があることで、短所は詰めが甘いことです。

頑張ったと言えることは19年間毎日を生きてきたことです。

頑張るという言葉があんまり好きじゃなくて、「頑張れ」を簡単に使ってしまう自分が嫌いです。

将来の夢は「立派な大人になること」です。

実は最後に僕の将来のビジョンがありますので是非読んでみてください。

【将来のビジョン】将来ビジョンを持つべき理由を考え直そう

まず何で将来ビジョンを持つのかを考えましょう。将来のビジョンとは様々な場所、ベンチャー企業や就活セミナー、新卒採用で使われていてそれぞれの場所でそれぞれの意味があります。

今回は読んでいるあなた個人の将来のビジョンについて考えようと思います。

将来のビジョンとは

将来のビジョンとは「未来(将来)の自分が何をしているか」を言います。

自分が将来どんな事をしているのか、どんな人間であるかを表すものです。例として

◆優秀な人と結婚したい
◆世の中の頑張る人が輝ける世界を作りたい
◆世界で一番面白い人になりたい

など人それぞれの将来のビジョンがあります。

しかしこの将来のビジョンを見て、「へぇ~、なるほど」としかならないですよね。

将来ビジョンは何故その一言になったのかの背景が大事なのです。

◆どうして優秀な人と結婚したいのか
◆優秀な人ってどんな人なのか
◆結婚したその先はどうするのか

など様々な疑問にしっかり答えられないと将来のビジョンとは言えないのです。

つまり将来のビジョンとは一言で自分が今まで何を考えてきて、将来何をしたいかを表す言葉なのです。

将来のビジョンを持つべき理由

将来のビジョンを持つ理由はどこに行けばいいか見失わなくなるからです。

将来のビジョンとはコンパスです、人生という大海原の上を進む時にとても役立つものです。

人は悩まずに生きることは出来ません、そんな時に判断基準となる一つのコンパスがあったら、少しは悩むことが減りますよね。

【将来のビジョン】今すぐとる行動とは?

今すぐすべき行動とは「自分の分析」「わからないことに対する行動」の二つです。

何故必要なのかというと自分の理解の先にある将来のビジョンに行動によって少しでも近づくことができるからです。

自分の分析

自分の分析をすることによって、つまり自分に「なんで?」「どうして?」をひたすらぶつけることで、自分がどういった人間でなにをしたいのかが明確に見えてくるのです。そこに自分を一言で言い表す言葉が出てきます。

ここでいうことはなかなか大変な作業です、すぐにできなくても、わからないことがたくさんあっても、気に病むことなく前向きにゆっくりやってみてください。

過去

過去に自分の中で特に記憶に残ってる出来事、どんな子だったか、何が好きだったのか、そして何で好きだったのかどうして好きだったのかを考えてみてください。

きっとそこに自分の中の価値観があります。

全て拾うのは難しいので、小学生、中学生、高校生などザックリ切り取って考えてみてください。

現在

過去を踏まえて今の自分の性格や特徴を考えてみましょう、自分の中でこれ!というものを見つけてみてください、先ずは意識的にすることを考えましょう。

意識的に大好きな行動、例えばラーメンを食べること、友達とふざけることetc...

こういった行動がなぜ好きなのかをどんどん深めて考えていきましょう。

未来

ここが一番難しいです、未来の自分を考える時はどうしても、今の価値観で考えてしまいます、未来の事は未来が決めるので考えても確定しないことが多いです。

なので未来を考える時に同時に考えて欲しいのが社会の流れも考えてみてほしいです。

もし「30歳で結婚する」というビジョンを掲げてたとしたら、僕の場合10年後の話なので、10年後の社会を考えてみます。

その時は結婚するのにどうなっていないといけないのか、家族に不自由ない生活をさせるにはいくらぐらいのお金が必要なのか、その為のお金を安定的に稼ぐためにはどうしなきゃいけないのか。

自分の将来のビジョンを考える時に将来の社会の流れを考えなければいけません。

こういわれると、「自分の未来なんて考えても無駄じゃん」と思いますが、自分のこの先ずっと大事にしたい考えなどは今からでも考える事はできます。

例えば、「自立した人間になる」や「頼られる人間になる」などの自分の状態に関しては今から考える事ができるので、未来の自分の状態を考えて見てください。

わからない事に対して行動してみる

自分の分析で、過去の事は思い出せるかどうかの問題ですが、今や未来はわかってるかどうかの問題になってくるので、わからないことには行動してみるしかありませんよね。

例えば、将来のビジョンは決まったけど、どう行動するのが正解かわからない時は、成功か失敗かは後からわかるものなのでわからない事にはとにかく行動してみましょう

自分の目で見てみる

結局自分の目で見たほうが楽しいし、そこにただの情報だけじゃなくていろんな感情が生まれます。

将来のビジョンを考えてて、わかんないことが出てきた時、きっとそれは自分の目で見たほうがいいです。

その時出てきた悩みはきっと動いてみて実際に体験してみないとわかんないもんです。

抽象的な言い方になってしまいましたが、どこか思い当たる節があるはずです。

【将来のビジョン】ヤエガシの将来ビジョン

僕の将来のビジョンは「人にやさしくなる」です。

これになったきっかけは大学受験の時に1年半毎日朝7時から夜の10時まで勉強していたときに、THE BLUE HEARTSの「人にやさしく」を聞いて、楽しいこともできない日々の中我慢して毎日勉強しててを過ごしていることを肯定された気がしてが大泣きしたことがあり、自分もこんなかっこい大人になろうと思ったのがきっかけです。

ここでいう人は貧しい国の貧乏な人とかではなく、自分の側にいる人です、家族とか仲間とか友達とか。

具体的にやさしくなるとは

◆その人たちが迷った時、悩んでいる時、側にいること。
◆その人たちの人生の選択を全力で応援することです。
◆そしてその人が取返しの付かない間違いを起こしそうになったら止めてあげれる人間になりたいです。

そのビジョンの為に僕には何を言われてもぶれない軸と人を支えられるだけの能力が必要です。

そのために自分のことを考えつくすこと、人に心の底から共感できる為に色んな経験をすることをしています。

【将来のビジョン】まとめ

将来ビジョンについて抽象的ではありますが書いてみました。

ビジョンに近づくために行動し続ける事はとても素晴らしいことですし、かっこいいことなので自信を持ってほしいのですが、ちょっと寄り道したり遠回りしたところで、諦めないでください。

ビジョンが変わることは自然なことだと思うんですが、諦めてビジョンを投げ捨てる事はやめてください、きっとそれは応援してくれた人に失礼です。

19歳の大学二年生なので言葉の重みなどは無いですが、自分も少し考えたので参考にしてみてください。

就活準備、順調ですか?
1人でわからない事はプロと2人で​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ