転職希望者必見!営業職って本当にきついの?楽な職場はある?

営業職に興味があるけど、営業ってきついって聞くし…なんてことを考えている人はいませんか?確かに世間のイメージですと「営業=きつい」ですよね。本記事では営業がきつくなる理由から、比較的楽な営業職の見分け方、さらには営業職ならではのやりがいについて迫ってみたいと思います。営業職への転職を検討中の皆様はぜひ本文をチェックしてみてください。気になる情報がきっと見つかるはずです。

すべての営業職がきついワケではない

ノルマとかクレーム対応とか。営業職ってきついんでしょ?と思っている人も多いかと思いますが、すべての営業職がきついワケではありません。営業とはいえ結構楽なんて職場も存在していますし、時期によってはハードだけど、時期によっては結構余裕があるなんて職場も存在しています。営業だからハードというワケではないのです。

営業職がきつい…ありがちな5つの理由

すべての営業職がきついワケではないのですが、きついと感じられる営業職には共通している部分があるものです。まずは営業職がきつくなりがちな5つの理由について見ていきたいと思います。

達成が厳しいノルマ

営業という仕事がきつくなる原因として挙げられるのがノルマです。適度なノルマであれば、仕事へのモチベーションになりますし、クリアできたときの達成感につながります。

けれど「これは無理でしょ!」という過剰なノルマが続きますと、四六時中ずっとプレッシャーにさらされることになりますし、ノルマをクリアし続けることが困難になります。それは今月も「ノルマを果たせなかった…」という苦しみを生み出し、それが焦りとなって仕事が空回り…。ますますノルマを達成できないという悪循環を生み出してしまうこともあるものです。

無茶な要望を出す顧客

最近ではずいぶん減ってきましたが、いまだに「お客=偉い」と考えている人がいます。そして彼ら・彼女らは「俺はお客なんだから!」と無茶な要望を出してくるものです。営業という仕事柄、そんな顧客も無下にはできません。とはいえ、それに対応するのは心身ともに疲弊するものです。顧客との窓口である営業という仕事ならではのきつさです。

なかなか取れない契約

法人向けの営業で、新規の契約を取ろうとすると、コレがまた大変です。関連していそうな企業にダイレクトメールを送ってみても、基本的に反応はありません。それではと関連してそうな企業に電話をかけてみても、担当者に繋がらないことがほとんどです。

やっとの思いでアポイントを取って、訪問してみても「想定してたのとちょっと違いますね…。ご足労いただいたのにスイマセン…」と断られるのが日常です。

だからこそ新規顧客を獲得できた時の喜びは大きいのですが、断られることがが続きますと、やはりつらいもの。多くの営業担当者は心が折れそうになる瞬間を経験しています。

商材が好きになれない

営業は商材を売り込むのが仕事です。営業相手にはいかにその商材が優れているのか・どんなメリットがあるのかを説明しなくてはなりません。ですからその商材が好きになれない場合や、本当はイマイチだと思っている場合には悲劇がおきます。

心の中では「コレじゃない方がおすすめですよ…」と思いながら、口では「コレは本当に良いものです。おすすめですよ!」と言い続ける。嘘をつくのは平気なんてタイプでない限り、かなりのストレスです。営業の結果、契約に進むという場合にも「本当はコレじゃない方が良いんです…スイマセン…」と心の中で思いながらですから、素直に喜べません。

きつめのクレーム

営業という仕事は契約を取ったら終わりではありません。その後のケアも大切な仕事の一つです。そんな中できつい仕事がクレームの対応です。とりあえずは平身低頭でひたすらに謝り、対応策を考えなくてはなりません。なかにはキツい物言いをする顧客もいますから、クレーム時の対応はつらくなるばかり…。

気持ちの切り替えが上手い人はクレーム対応もサラりと受け流せるのですが、そうでない人はしばらくダメージを引きずることになってしまいます。

比較的楽な営業職はコレ

前章では営業がきつくなりがちな5つの原因についてご紹介しましたが、逆に言えば、それら原因が起きにくい職場を目指せば比較的楽な営業職が見つかるということでもあります。どういった職場がそれに該当するのか、さっそくチェックしていきましょう。

法人営業

営業には個人向けの営業と法人向けの営業があります。無茶な顧客が多いのは圧倒的に個人営業です。法人営業であれば、互いにステークホルダーとしての立場を理解していますし、今後も関係性が続くことがほとんどです。ですから無茶な要求は避ける傾向にあります。

また営業担当者に何かしらの連絡を取るにしても、営業時間内など常識的な時間に連絡を取ることがほとんどです。それだけでもストレスはずいぶんと軽減されるものです。

メーカー営業

メーカーで、しかもそれなりに歴史のある企業ですと、営業も比較的楽になる傾向にあります。それら企業では取引先との信頼関係が出来上がっているため、何もしなくてもそれなりに商品は売れていきます。また、新規顧客を開拓するにしても「〇〇さんの商品であれば安心ですね」と説明せずとも相手が納得してくれるものです。企業の知名度や信頼感は営業担当者にとって大きなツールです。

ルート営業

営業というと「飛び込みで新規顧客を開拓する!」なんてイメージもありますが、それだけが仕事ではありません。例えば高度な医療機器メーカーであったり、工場の生産機器メーカーであったりすると、そもそもの需要がそれほど多くありませんし、飛び込みで営業したとして、そう簡単に売れるようなものではありません。

そういった商材を扱う会社では、とにかく既存顧客を大切にします。そしてそこで行われるのがルート営業です。取引先を定期的に訪れて、顧客の要望を聞き出し、時にはそれを解決します。そのようにして信頼関係を高めておけば、何かあった時に注文がもらえるというワケです。

ルート営業をメインとしている場合、「そもそもそれほど売れる商材ではない」というケースも多いもの。この場合、ノルマはゆるめに設定されているものです。そういった意味でも比較的楽な営業職と言えます。

営業ならではの楽しさ・やりがいをチェック

続いては営業職ならではの楽しさ・やりがいについて見ていきたいと思います。これらは営業職ならではのもの。体験したいと思ったのなら是非営業職への転職を検討してみてください。

結果が評価や収入に直結する

営業職ならではの魅力が「結果が評価や収入に直結する」ということです。一般的な仕事ですと、自分の頑張りが結果にどれだけの影響を与えたのかなかなか見えてきません。またそれゆえに評価基準もあいまいになりがちです。上司に気に入られている人のみが評価され、自分は…なんて悔しい思いをしたことがある人も少なくないですよね。

営業職ではそんなことはありません。頑張った結果は数字として表れます。これ以上ない明確な評価基準です。そしてその結果はインセンティブとして年収に直結します。自分の市場価値をはっきりさせたいという人にとって、これ以上ない魅力と言えるはずです。

顧客に直接感謝される

社内で仕事をしていますと、仕事の結果を誰かに感謝されるということはほとんどありません。与えられた仕事はやって当然、仕事の結果を誰がどこでどう使うのかもわからないまま、頑張るほかないものです。それが続くとだんだんと仕事のモチベーションも下がってしまい…なんてことも良くある話といえます。

一方営業職では顧客とやり取りをするのが仕事です。顧客の希望を叶えれば少なからず感謝されますし、それが続くと顧客との信頼関係も高まっていきます。そして顧客から「〇〇さん、こんなことで困ってるんだけど、なんか良い商品ってないかな?」と指名が来ることも珍しくはありません。

営業として働いていて、これはかなりうれしいことです。だからこそ仕事へのモチベーションが生まれ、それがさらに良い結果をもたらしてくれます。

人脈が広がる

社内で働いていますと、毎日同じメンバーのみと顔を合わせることになります。週末は友人と出かけようにも、予定がなかなか合わず、家でスマホをいじってる間にいつのまにか夕方…。スーパーでお惣菜を買ってきて、ほどんど出かけることもなく週末は終了。なんてこと、ありますよね。これでは人脈が広がるどころか世界がだんだんと狭まってしまいます。

営業であればそんなことはありません。仕事上、どうしても誰かに合わなくてはいけませんし、中には妙に気の合う人だっているものです。また様々な業種の様々な立場の人と話をすることは、自分にとっての刺激となり、世界を大きく広げてくれます。人脈を広げたいという人にとって、営業職こそが適職と言えます。

まとめ:「営業=きつい」ではない!

営業というとハードな仕事というイメージはつきものです。実際、本文でもご紹介した通り、ハードなノルマなど、きつい職場は存在しています。けれどそれはどの業界にも言えること。ハードな職場もあれば、そうでもない職場があるのは営業だって同じことです。

また今回ご紹介した通り、法人営業・メーカー営業・ルート営業に関しては、営業の中でも比較的ハードになりにくいものです。営業として働きたいけど、ハードな職場は避けたいという方は是非参考にしてみてください。

そして、最後にご紹介した通り、営業職には営業職でしか得られない楽しさややりがいもあるものです。それらに興味があるのなら、ぜひ営業職への転職に挑戦してみてください。それはきっと素敵な未来へと繋がっていくはずです。

内定は取れたけどこんな不安やあんな不安が…。
わたしたちに何でも聞いてください!​​

あなたのビジョンを実現させるための
就活のサポートを実施​

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ