【ベンチャー企業の定義】何をもってベンチャー企業という?ベンチャー企業の定義とは

はじめに

仕事をするにあたって、安定した企業で言われたことだけを淡々とこなすよりも、自分が主体的になって働きたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

会社や上司の顔色を窺いながら働くよりも、新しいものに挑戦でき若いうちから責任のある仕事にも挑戦していきたい時には、ベンチャー企業もおすすめです。

こちらではやりがいの大きいベンチャー企業について、詳しくご紹介していきます。

【ベンチャー企業の定義】一般的なベンチャー企業のイメージは?

まず一般的なベンチャー企業のイメージといえば、中小企業で立ち上がったばかりというのが多いでしょう。

大手企業のように、歴史も何十年ある企業は確かにベンチャー企業とは言いません。

若い頃から責任のある仕事を任せられて、主体的に働けそうなイメージもあるでしょう。

中小企業に比べて大手企業ではこれまでさまざまな経験や失敗なども繰り返してきていて、すでにその中から成功するコツやノウハウを得ているので、これからまた新しいものに果敢に挑戦するという機会は少なくなります。

仕事でも攻めるというよりは守りに入っている部分も多いです。

それに比べるとベンチャー企業のイメージは、これから新しいことにどんどんと挑戦をしていくというイメージもあるでしょう。

【ベンチャー企業の定義】ベンチャー企業の定義とは?

なんとなくのイメージはありますが、一体ベンチャー企業の定義とは?と聞かれてしまうとわからない方も多いでしょう。

実際にもベンチャー企業に対し、明確なこういった企業というものは決められていません。

少しアバウトにこういった感じというものが決められているだけですので、絶対の定義はないのです。

ただ一般的な中小企業と比べると、比較的立ち上げてから新しい会社ということがいえます。

年数が浅く、若い企業である

ベンチャー企業としての特徴は、まだ立ち上がったばかりかもしくは設立してから5年程度くらいまでの企業です。

年数としてはあまりないのですが、若い人ばかりがいるとは限りません。

年代が40代や50代であっても、新しいものやことに果敢に挑戦していける企業を立ち上げたいと考え活躍している会社もあります。

しかし比較的50代や60代以上の方が新規で事業を立ち上げるというよりも、20代や30代の若手社長の方が多く従業員も若い方が集まりやすい傾向はあります。

似たような言葉に社内ベンチャーやベンチャーキャピタルなどの言葉もありますが、ベンチャー企業とは意味が別です。

年数は浅いものの、新しいことも挑戦し世の中に還元していきたいという考えの方の社長が多い企業です。

今の時代だけでなく、実は昔にもこういったベンチャー企業が多数あり、そこで生まれたサービスのおかげで便利な世の中になっています。

若い年代の方だけでなく、中高年の方などもベンチャー企業という言葉を知っている方は多いでしょう。

新しいことに挑戦している企業である

今あるものやことで満足するのではなく、常に新しいことに挑戦しているのがベンチャー企業です。

インターネットを使うのが当たり前の時代ですが、お客様が喜び使いたい、利用したいと思えるようなサービスを考えて事業を展開しています。

常に時代を読み、新しいものを生み出し努力している企業ともいえるでしょう。

ベンチャー企業のベンチャーという意味も、日本語にすると冒険です。

失敗するリスクもあるがそれ以上に、もっと発展できるように努力をする会社です。

新しいことにどんどんと挑戦をするということはそれだけのリスクもありますが、恐れずに皆働いている一人ひとりが主体的になっている会社でもあります。

今やほとんどの方が使っているLINE株式会社なども、これまで日本にはなかった画期的なサービスに挑戦し展開をしている事業です。

使いやすく既読や無料で電話をできるなど、使う側のメリットも考え消費者が求めていたサービスを展開しています。

大企業ではなく中小企業に近いこと

もうすでに決まっていることを継続するため淡々と仕事をするのではなく、いつでも挑戦していくことをベンチャー企業では大切にしています。

良いと思ったものは多少のリスクがあったとしても、さらに向上させるために取り入れ、日々研究しています。

大企業のようにどちらかというと年功序列な部分もあり、ある程度の年齢にならないと責任のある仕事を任せられません。

良いと思ったアイディアも、安易に話せないような空気もあるでしょう。

しかしそんなにベンチャー企業には人数がいるわけではなく、中小企業に近くさらに話しやすい雰囲気もあります。

些細なアイディアなども伝えやすく、重要なポジションを与えてもらいやりがいのある仕事もできます。

多少の責任やプレッシャーを感じるかもしれませんが、それ以上に自分が主体となってやりたいことができる環境を感じられるでしょう。

ベンチャー企業でしかできなような、革新的なやりがいを感じられます。

【ベンチャー企業の定義】中小企業庁が定めている定義

事業を始めたばかりの若い企業というイメージもありますが、一体中企業庁ではベンチャー企業の定義をどのように決めているのでしょうか。

こちらでは中小企業庁はどのようにベンチャー企業の定義をしているのか、中小企業庁とはなんなのかなども交えてここから説明していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

※中小企業庁とは?

1948年に設置された経済産業省の外局でもあり、中小企業がこれからももっと発展できるように育成を行っています。

新しい事業を行う際には初めに資金などもかかってくる場合も多いのですが、その際の資金の融資斡旋や中小企業信用保険、ほかにも中小企業に関する施策などを行っています。

中小企業があるからこそ、日本の経済が発展していると言っても過言ではないので、応援し発展させていくことが目的で、経営がさらに向上するように、中小企業庁としても情報の収集、分析、供給を行っているのです。

日本にある中小企業の方から困ったことなど相談があれば、経営に関するアドバイスなどもしてくれます。

国会の中でも提出議案が中小企業に関係のあることの場合、意見も提出できます。

【ベンチャー企業の定義】ベンチャー企業の特徴

中小企業ではベンチャー企業とはこういったものというような定義を、いくつか決めています。

まず起業家的であることやサービス、製品のイノベーションを行っていることなどです。

さらに新たな事業機会を開拓すべくリソースの結集を行い、付加価値を創造していく企業ともしています。

ただベンチャー企業についての定義を読むと、普通の中小企業どこでも当てはまるようなことが書かれています。

実はそこまで中小企業とベンチャー企業に、はっきりとここが違うというようなものがないのも現状です。

世の中でベンチャー企業と呼ばれる企業の特徴としては、設立から5年前後のスタートしたばかりの企業やインターネットを使って新しいビジネスの領域を手掛けている企業などです。

社会に新しい価値を生み出すことができる

消費者側も大手の企業が手掛けているサービスに慣れてしまい、それを当たり前だと思って使ってしまいます。

そのような中で、多くの企業ができなかったビジネスモデルを手掛け、今まで世の中になったようなものや新しい価値を生み出し発信できるのが、ベンチャー企業の特徴でもあります。

大手の場合は、ある程度成功したモデルがあるので少しの改革を起こすことがあっても、180度大きく革新するようなことはほとんどありません。

今ある価値にプラスで何かを付ける場合が多いですが、ベンチャー企業では何か今あるものに何かを足すよりは第二、第三のまったく新しいサービスを作ってくれます。

これまでなかった斬新で革新的な発想で、社会に新しい価値を作り出せます。

自分のスキルを使い新たなものを生み出すことができる

ある程度の人数がいる大手企業では長い歴史もあり、なかなか若手の意見や考えをダイレクトに採用してくれることはほぼありません。

まず入社して数年しか経っていない頃は、責任のある仕事や主体性を持って頑張れるようなものは任せてもらえないところがほとんどでしょう。

もちろん大手企業では福利厚生もしっかりとしており、急にお給料が大きく下がることもなく安定は手に入れられます。

今は昔程年功序列ではないと言われてはいますが、まだまだその風潮があるのが現実です。

それに比べてベンチャー企業ではスキルも評価され、主体的に良いと思ったサービスを作り上げる環境を与えてくれます。

やりたいことは応援してもらえ、「こういったものを作りたい」という気持ちを大事にしてくれます。

社員がイキイキと仕事をしている

主体的に働ける職場の場合、まるで自分が主人公になったような気持ちでさまざまな知恵を出し創造しながら働けます。

皆が意見をどんどんと出し合って、多少もしかしたら失敗するかもしれないリスクを抱えながらも、もっと良いものをと考え頑張る雰囲気があります。

だからこそ仕事にやりがいや楽しさを感じやすく、一人ひとりの社員がイキイキと仕事をしているのです。

大手の場合は昔から働いている上司も多く、簡単に自分の意見やアイディアを話せない環境があります。

革新的な働き方をしたい方にとっては、居心地の悪さを感じてしまうかもしれません。

もちろん安定していて言われたことをこなすほうが得意な方もいますので、そういった方は大手企業や公務員のような仕事が合っている方もいます。

働くことが好きな人が多い

自分のアイディアを持っていて、毎日働くことをつい考えてしまう方が多いです。

働くのも主体的になれるくらいやる気もあって、自分の中でどのようにして目標を達成していけるのかビジョンを常に考えています。

仕事には多少の失敗もつきものですが、そこでしょげているだけでなくさらにどうしたらもっと良いものが作れるのかを考え前向きに取り組んでいる方も多いです。

働くことが好きで常に情熱を向けて考えているからこそ、人が成し得なかった発想などを形にします。

指示されてその通りに動くだけではなく自分で主体的に働くからこそ、楽しさを感じている方も多いです。

ベンチャー企業で働いている方はやらされているからやっているのではなく、自分自身の意志でさまざま取り組み楽しんでいる方ばかりです。

若手から重要な仕事を任せてもらえる

大手の場合まだ若手には責任のある仕事を任せるのは危ないと考えている企業や年功序列を重視していてなんか大切な仕事はまず経験の長い中高年の方からという考えの企業もあります。

もっとアイディアを出して革新的に仕事がしたいと思っても、そういった環境にいるとほとんどやりがいを感じないでしょう。

もっと責任のある重要な仕事をして、会社をもっと大きくしていきたいと考えている方には、ベンチャー企業が大変おすすめです。

そもそも若い年代の方も多く、ベンチャー企業内で働いている方たちはあの人は何歳だからと気にして働いていません。

それよりもやる気や実力、アイディアや革新的で主体性がある点などを重視し、さらに評価しています。

スキルがあり会社に利益をもたらす実力があれば、年齢関係なく給与面でも優遇されるなどのメリットもあります。

実力次第で出世する

ベンチャー企業の最大のメリットでもあるのが、実力次第で出世ができるという点です。

古い考えであったり大企業になると、どうしても長くいる方や経験が豊富な方を優先してしまう傾向にあります。

どんなにその方よりも実力を上げたとしても、何十年待たないと自分が出世するのは難しい場合もあります。

しかしベンチャー企業では、たとえばまだ半年しか経っていなくて、企業の中ではまだ入った年数では下っ端でも、しっかりと会社に還元する利益を大きく出しいる際には、そこを評価し出世できるのです。

頑張った分や結果出した分を、しっかりと評価してもらえるのでさらにやる気につながるでしょう。

従業員も多くはないので、自分の能力を発揮できる機会も増えます。

会社の成長と自分の成長が伴う

大手の企業で前年比から売上が上がったなどと発表されても、一体自分がどのくらい貢献できているのかいまいちわからないものです。

ある程度の人数もいるので、誰がどのくらい貢献しているかなどは目に見えない点が多いのです。

しかしベンチャー企業には元々人数もそこまでおらず、まだ立ち上がったばかりの企業ですので、大きくなるたびに自分がどれだけ貢献できたのかがわかりやすい傾向にあります。

それまで取引先が少ない場合や反響が少なくても、自分の頑張りで顧客も増え売上が上がったとしたら、お給料の面でも会社全体での売上としてもはっきりと見えてきます。

自分も成長をしたから会社もこんなに成長してきたのだと実感しやすいでしょう。

社内のコミュニケーションが活発である

ある程度人数がいると、ほとんどコミュニケーションを取らない人も出てきやすいです。

それでも会社は回りますが、お互いにしっかりとコミュニケーションを取っていないと離職率が高くなってしまうことやいざという時にお互い上手に協力し合えないこともあります。

ベンチャー企業の場合少ない人数の中で、革新的で主体的なパフォーマンスをしていかなければならないため、社内でのコミュニケーションも活発で関係性を深めているケースがほとんどです。

不安定な財政基盤である

大手ではある程度これまでの培ってきた成果や蓄えもありますので、お給料が安定しているケースも多いです。

しかしベンチャー企業では、まだビジネスモデルとして成功した前例などもないので、財政基盤は不安定でもあります。

それなりのノルマがある場合もありますので、安定を第一に考えている方には向かないかもしれません。

まとめ

自分が主体となって、会社の中で斬新で改革的なことを考え実行していきたい方にとってベンチャー企業はおすすめです。

大手企業のように年功序列の風潮はなく、その方がどれだけの実力を出し会社やお客様に貢献できるかで評価されます。

仕事を全力で楽しめ、自分で何かを生み出し挑戦したい方にとって、大変イキイキとして働ける環境です。

やりたいと思っていることを押さえつけられずに挑戦できる環境を求めている方も、ベンチャー企業で働くことも視野に入れてみましょう。

ベンチャー企業は学生のナニを重要視してる?
専属のエージェントが就活を徹底サポート​!​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ