大学が始まる前に把握しておこう!サークルの種類と種類別の特徴!

サークルとは?

大学生活と言ったら、サークル活動をイメージされる方も多いことでしょう。

でも、サークルがどんなものなのかきちんと理解していますか?

部活とサークルはどう違うのかがわからない、大学生たちは何を目的としてサークル活動を行っているのか知りたいと思っている方もいらっしゃることでしょう。

まずは、サークルがどんなものなのかについて、見ていきましょう。

部活とサークルの違いとは?

部活とサークルの違いについては、新入生には少しわかりにくい面があるかもしれません。

大学の部活は、中学や高校の部活とほぼ同じようなものだと思っておけば良いでしょう。

試合やコンクールに向けて真剣に練習することや活動していくことを目的としている団体です。

部活は、大学からも正式に認められている団体なので、練習設備や費用の面で学校から優遇されやすいという面があります。

サークルの場合は公認団体もありますが、大学から正式に認められていない団体もあります。

部活のように厳しい規律や練習がほとんどありませんし、活動日数が少ないサークルもあるので、スポーツや音楽などを緩く、気軽に楽しめます。

サークルをやる目的

大学生がサークルをやる目的は、人それぞれです。

友達や先輩と仲良くなって人脈を広げたい、好きな活動に打ち込んで人生を楽しみたい、大学生らしい青春を体現したいなどの目的がありサークルを活動に参加する方が多い傾向です。

中には、先輩に就職活動の相談をしたいという目的で、サークルに参加するという人もいます。

これからどのサークルに入ろうかと検討いる方は、まずは自分がどんな目的で参加しようと思っているのかについて、よく考えてみると良いでしょう。

サークルをやる目的がはっきりしてくれば、自分に合う団体が見つかりやすくなります。

人脈を広げたい

人脈を広げることを目的として、サークルに参加する方は非常に多いです。

サークル内には同じ大学の先輩や同級生たちがたくさんいます。

しかも、テニス、アート、音楽など共通の趣味を持った人が集まっていますので、友達が作りやすい環境となっています。

中には、他大学生が参加しているサークルもありますので、同じ学校以外の人脈を作ることも可能です。

大学に入学してすぐの時期は、友達や知り合いも少なくて、寂しく感じてしまいがちです。

でも、サークルに参加すれば、一気にたくさんの人と知り合うことができます。

大学の先輩や後輩だけでなく、卒業生、他大学の人たちとも仲良くなれますので、人脈を広げたい方にとっては、サークルをやる意味は大きいでしょう。

人生を楽しみたい

人生を楽しみたいという理由で、サークルに参加している方もいます。

サークルに入れば、スポーツや研究などの活動も仲間たちと一緒に楽しめますから、より面白く感じられるはずです。

また、サークルでは、新人歓迎会、打ち上げなど、合宿などさまざまなイベントがあります。

イベントが多いサークルを選べば、大学生活がより充実したものとなることでしょう。

大学を卒業した後も、サークルの仲間同士で集まることや食事する機会もあります。

大学のサークルで知り合った人たちの存在、サークル活動の思い出などは、一生の財産となりますし、その後の自分の人生をより豊かにしてくれるかもしれません。

青春を体現したい

大学生らしい青春を体現したいから、サークルに参加するという方も、割とたくさんいます。

サークルには、似たような趣味や嗜好の人たちが集まりやすいので、意気投合しやすく、青春を謳歌しやすい環境です。

自分が興味を持っている分野について仲間同士で熱心に語り合ったり、キャンプやバーベキューなどに出かけたり、友情や恋愛を楽しんだりなど、絵に描いたような青春を体験するには、サークルは最適な場所となることでしょう。

大学を卒業して社会人になると、仲間たちと一緒に好きなことに打ち込める時間や環境を確保するのが非常に難しくなってしまいます。

後になってもっと楽しんでおけば良かったと後悔しないためにも、サークルに参加して、大学生の間に青春を謳歌しておいたほうが良いかもしれません。

先輩に就活相談をしたい

スポーツや研究などの活動内容を楽しみたいのではなくて、就活が目的でサークルに参加する人もいます。

サークルには、大学の先輩がいますから、就活の情報も気軽に聞くことができます。

面倒見の良い先輩であれば、就活の相談にも応じてくれるかもしれません。

また、自分が希望する就職先に、サークルの先輩が入社していた場合には、OB、OG訪問をお願いしやすくなるというメリットもあります。

就職を目的としてサークルに参加しようと思っている方は、先輩の内定先、卒業生がどんな会社に入社しているのかなども、リサーチしておくと良いでしょう。

サークルの活動内容

大学には、公認、非公認を含めてたくさんのサークルがあります。

どこの大学でも人気となっているサークルは、運動系、文化系、クリエイティブ系などです。

また、英語系、メディア系、企画イベント系などのサークルに参加される方も多いです。

カテゴリーごとに、特徴やメリットについてもご紹介しますので、サークルを選ぶ際の参考にしてみてください。

運動系

運動系は、大学生の定番サークルとなっています。

テニス、フットサル、バスケットボールなどメジャーなスポーツのサークルは、どこの大学にも必ず存在していることが多いです。

とくに、テニスは大学生たちの間で圧倒的な人気となっており、複数のテニスサークルが存在している大学もあります。

そのほかにも、合気道、柔道、剣道などの武道系のサークル、ハイキング、登山、散歩などを楽しむサークルなどもあります。

大学によっては、カバディ、ブーメラン、射撃などマイナーなスポーツが楽しめるサークルもありますので、体を動かすのが好きな方は、自分が興味があるスポーツを選んで参加してみると良いでしょう。

女子はスポーツを楽しむのではなくて、マネージャーとして運動系のサークルへ参加する人もいます。

特徴

運動系のサークルは、体を動かすのが好きな人が多く参加しているため、アクティブで、ノリの良い人たちが多いが特徴です。

性格も明るい方が多い傾向なので、人によってはチャラいという印象を持つかもしれません。

運動系は、和気あいあいとスポーツを楽しむサークルもあれば、経験者が多くて部活並みに真剣に練習に取り組んでいるサークルもあるのも特徴です。

運動系のサークルへ入ろうと思っている方は、サークル参加者の運動のレベル、練習の頻度などもチェックしておいたほうが良いでしょう。

また、運動系は、飲み会や合宿などが多いという特徴もあるので、お酒の場やイベントが好きな方ならば、みんなでワイワイ盛り上がることができ、楽しみやすいかもしれません。

運動系サークルに入るメリット

運動系のサークルに参加するメリットは、スポーツが楽しめることです。

体をたくさん動かしますので体力を付けられますし、汗を流すことでストレス解消、運動不足解消にもなります。

どの大学でも運動系のサークルは人気が非常に高く、他大学からも多くの参加者が集まっているサークルも珍しくありませんから、人脈を広げやすいというメリットもあります。

好きなスポーツを通して気の合う友達をたくさん作れるので、充実した時間を過ごせることでしょう。

また、運動系のサークルは、歓迎会、飲み会、キャンプなどのイベントも多いので、スポーツ以外の時間も楽しめるというメリットもあります。

文化系

大学には、軽音楽、吹奏楽、ダンスなどの文化系サークルも多いです。

書道、茶道、日本舞踊など和の文化を楽しめるサークルもあれば、映画研究会や歴史研究会など研究を目的としているサークルなどもあります。

中には、ペン回しなどマニアックなことを研究しているサークルもありますので、ユニークな活動も楽しめます。

文化系の中でもとくに人気があるのは、バンド、軽音楽系などのサークルです。

音楽系のサークルは、コンテストに参加したり、大学の文化祭で演奏したり、ライブハウスに出演したりなど、いろいろな活動ができるのが魅力です。

音楽が好きな方、研究したいテーマがある方、ちょっと変わったサークルに入ってみたい方は文化系を選んでみてはいかがでしょうか?

特徴

文化系の特徴は、サークルによってかなり異なります。

軽音楽や吹奏楽のような音楽系のサークル、演劇系のサークルなどは、練習をしなくてはなりませんし、文化祭やコンテスト出場などの目的もあるため、部活のように練習や規律が厳しいサークルもあったりします。

マニアックなことを研究している文化系サークルは比較的落ち着いた雰囲気で、変わった嗜好を持った人が集まっていることも多いという特徴があります。

ダンス系は、踊ることや体を動かすのが好きというアクティブな人が集まっており、スポーツ系のサークルのような雰囲気となっていることもあります。

一口に文化系と言っても、サークルによっていろいろな特徴がありますので、気になるサークルがあったら、見学に行ってみると良いでしょう。

文化系サークルに入るメリット

文化系にサークルに入るメリットも参加するサークルによって異なります。

たとえば、吹奏楽や軽音楽などの音楽系のサークルであれば、楽器や歌がうまくなりますし、人前で演奏する機会もありますので、度胸が付くことでしょう。

誰かに自分たちの演奏を聴いてもらえるという喜びを感じやすいのも、音楽系のサークルのメリットです。

また、研究系のサークルであれば、その研究テーマに関する深い知識が身につきますし、面白いテーマであれば就職活動の際にアピール材料になるというメリットもあります。

文化系サークルは、共通の趣味を持つ友達が見つかりやすい点もメリットです。

音楽、ダンスなど、好きなことを仲間たちと一緒に楽しみながら、上達も目指せるのが魅力です。

クリエイティブ系

クリエイティブ系のサークルとしては、美術、デザイン、写真などがあります。

美術サークルは、油彩画や水彩画などを描いたり、デッサンの勉強をしたり、コンクールに出品したりなどの活動を行っているところが多いです。

写真サークルは、フィルムカメラやデジタル一眼レフカメラなどで写真の撮影が現像を行ったり、コンテストに応募したりなどの活動が楽しめます。

美術系のサークルは、運動系のサークルや軽音楽などの文化系サークルと比較すると、地味な印象を持つ方もいるかもしれませんが、自分の趣味、やりたいことにじっくり取り組めるのが魅力です。

アートやものつくりが好きな方は、クリエイティブ系のサークルをチェックしてみると良いでしょう。

特徴

クリエイティブ系サークルの特徴は、絵画や写真などの創作活動を楽しみたい方が集まってくるため、仲間同士でアートのことで盛り上がりやすいことです。

スポーツ系のサークルと違って、明るくて華やかなイメージは持たれにくいですが、創作活動が好きな方にとっては、創作活動に打ち込めますし、創作仲間も見つかりやすいので、最高の場となることでしょう。

また、クリエイティブ系は飲み会などのイベントに関しても、スポーツ系のサークルと比較すると少ないという特徴もありますので、自分のやりたいことに集中してみたいにはおすすめです。

クリエイティブ系のサークルに入るメリット

クリエイティブ系のサークルに参加するメリットは、創作活動に没頭できることです。

想像力豊かな人が集まってきますので、仲間の作品を鑑賞して良い刺激を受けられるというメットもあります。

また、絵画や写真などの創作活動を仲間と一緒に楽しめるのも、クリエイティブ系のサークルならではのメリットです。

学園祭に出品するための作品のデザイン案を考えたり、一緒に絵を描いたりなど、仲間たちと何かを作り上げる喜びも感じられることでしょう。

将来的にデザイン系、写真系など、クリエイティブ業界への就職を考えている方にとっても、サークル活動の経験が役に立つかもしれません。

メディア系

メディア系は情報を発信するのが好きな方におすすめのサークルで、広告研究会、インターネットテレビ、放送研究会などがあります。

広告研究会は、インターネットなどの広告の研究や制作したりなどの活動をしているサークルです。

ミスコンなどのイベントにも関わっている広告研究会もあり、サークルによって活動内容が異なります。

放送研究会は、ナレーション、照明、音響などの活動を行っており、中には、外注で仕事を請け負っているサークルもあります。

そのほかにも、フリーペーパー、インタビュー、アンケートなどの活動を行っているサークルなどもあります。

特徴

メディア系サークルは、多くの人に情報を届けたい、発信してみたいと思っている方が多く参加しているのが特徴です。

学生新聞などフリーペーパー、Webサイトの編集や運営、インターネット広告などに興味を持っている方ならば、サークル活動が楽しめることでしょう。

メディア系の中には、何百人もの人が在籍している大規模サークルもあったりするので、いろいろな出会いのチャンスがあるという特徴もあります。

ナレーション、映像制作などの仕事を請け負っているサークルに入れば、さまざまな企業とも関われるので、人脈も広がりやすくなることでしょう。

メディア系のサークルに入るメリット

メディア系のサークルに参加するメリットは、自分で取材することや編集した情報をフリーペーパーやインターネットサイト上で発信できることです。

自分が発信した情報が多くの人の目に留まり、役に立つことで、やりがいも感じやすいのが魅力です。

また、ナレーション、映像制作などを請け負っているメディアサークルに参加すれば、仕事も体験できるというメリットもあります。

将来的に、新聞社、広告代理店、Web系の会社などへ就職を考えている方にとってもは、メディア系サークル活動で体験したことは、良いアピール材料になることでしょう。

英語系

英語系のサークルは、国際交流、英会話、ディスカッションなどがあります。

国際交流は海外留学生、外国人などとコミュニケーションを取ることを目的としているサークルで、英語での会話だけでなく、パーティーや飲み会などのイベントを行っているところもあります。

英会話サークルは日常会話やビジネス会話など英語を楽しむサークル、ディスカッションはテーマを決めておき、英語でディスカッションを行うサークルです。

そのほかにも、英検やTOEICなどの試験を目指すサークルなどもあります。

英語系のサークルは、語学力が高くないと参加できないではと不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、初心者を歓迎しているサークルもありますので、英語が苦手な方でも参加可能です。

自分の英語のレベルにあったサークルを選んでみると良いでしょう。

特徴

英語系のサークルの特徴は、英語に関心がある方が多く集まっていることです。

英語が好きな仲間が見つかりやすいので、どっぷりと英語に浸ることや会話やディスカッションが楽しめることでしょう。

ただ、英語系サークル参加者の全員が英語力が高いとは限りません。

中には、英語を使ったり勉強することよりも、パーティーなどのイベント、海外の人たちの出会いを目的としているサークルもあったりします。

英語のレベルに関しては、サークルによって差がありますので、本気で英語に取り組んでみたいと思っている方は、事前によくリサーチしておいたほうが良いでしょう。

英語系のサークルに入るメリット

英語系のサークルに参加する一番のメリットは、英語力がアップすることでしょう。

サークルの仲間たちと英語で会話したり、一緒に勉強したりすることで、どんどんと英語が上達していきます。

ディスカッション系のサークルに参加すれば、自分の考えを英語で相手に伝えるスキルも身につけられます。

英語系のサークルの中には、海外留学経験者、帰国子女など英語力が高い人も多く集まってくるので、勉強のモチベーションアップになることや良い刺激がもらえるというメリットもあります。

また、英語系のサークルに入って英語力を高めておけば、外資系企業への就職、英語を使った仕事へ就職する際にも有利になるかもしれません。

企画・イベント系

企画系、イベント系は、交流会、パーティー、飲み会などのイベントを楽しむことを目的としているサークルが多い傾向です。

テニスをしたり、バーベキューなどのイベントを企画して、大学生同士で盛り上がったり、交流を深めたりする活動をしているサークルもあります。

そのようなイベント系はチャラそうなイメージを持つ方もいるかもしれません。

中には、音楽のイベント、自分磨きのイベントを企画しているサークルなどもありますし、ボランティア活動など真面目な活動を行っているサークルもあるので、イベント系のすべてがチャラチャラした軽い雰囲気ではないので安心です。

特徴

企画、イベント系サークルは、大学の非公認となっている団体がほとんどで、人数が多い大規模サークルが多いのが特徴です。

サークルに参加して、たくさんの人が集まるイベントを企画したり、参加したりすれば、人脈もどんどんと広がっていくことでしょう。

また、テニス、スノーボード、ボーリングなどのスポーツのイベントをメインとしているサークル、飲み会やパーティーなどが多いサークルなど、サークルごとに特徴が異なっていますので、参加前にどんなことを行っているのかをよく確認しておいたほうが良いでしょう。

イベント系のサークルは、明るい性格、にぎやかなことが好きという人が集まりやすいという特徴もあります。

みんなでワイワイと盛り上がりたい方や大学生らしい青春を謳歌したい方は、イベント系のサークルに入れば、楽しい時間が過ごせることでしょう。

企画・イベント系のサークルに入る、メリット

企画系、イベント系のサークルへ参加するメリットは、人脈が作りやすいことです。

イベントにはいろいろな人たちが集まってきますので、他のサークルよりも出会いのチャンスがたくさんあります。

気の合う仲間も見つかりやすいので、一生の友達や素敵な恋人にも出会えるかもしれません。

いろいろなイベントに参加できるので、人生経験が豊かになるというメリットもあります。

また、自分でイベントを企画することによって、積極性や行動力も付きやすくなります。

サークル活動を通して、自らイベントを仕切るのが得意になれば、就職して飲み会などの幹事を任された際にも、活躍できるかもしれません。

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ