営業へ転職したいなら転職エージェントを使おう!利用時の注意点を紹介

コミュニケーション力に自信があり高収入を狙いたい人に人気の営業の仕事。未経験からでもチャレンジしやすく求人数も多いため、狙い目の職業と言えるでしょう。転職活動の際は転職エージェントを利用することをおすすめします。今回は、転職エージェントを利用するメリットや利用時の注意点などを解説します。希望の条件を満たす求人を見つけることができる可能性が高まるので、是非ご一読ください。

転職エージェントとは?

まず、転職エージェントの特徴をご紹介します。概要だけさらっと説明すると、転職エージェントとは人材紹介サービスのひとつです。求職者が抱える様々な悩みの解決をはかり、求職者の最適な転職活動の実現を目指します。

利用するメリット

転職エージェントを利用することによる主なメリットは、以下の3つです。

非公開求人の紹介が受けられる

各転職エージェントは非公開求人といって、求人サイトや転職サイトなどでは公開されていない非公開の求人を取り扱っています。掲載企業との独自の強いパイプを活かして、非公開求人を入手しているのです。企業が求人を敢えて非公開とする理由は極秘プロジェクトなどのために、競合会社に求人の募集をしていることを知られたくない場合などが考えられます。企業としては重要なプロジェクトとなる場合が多く、好待遇が設定されている場合が多いです。つまり、非公開求人には好条件が多い傾向があります。あなたのスキルや経歴が募集要件とマッチしていれば、キャリアアドバイザーから非公開求人の紹介が受けられます。

キャリアアドバイザーという強い味方が得られる

転職エージェントに登録すると、基本的には専任のキャリアアドバイザーが付くことになります。キャリアアドバイザーはこれまで何人もの転職活動をサポートしてきた、いわば転職のプロとも言える存在です。受かる書類の書き方や面接での受け答えの仕方など転職に役立つ実践的なアドバイスを受けられます。また転職活動は孤独な活動になりがちですが、辛い時の悩みの相談相手にもなってくれます。

サービスが全て無料

転職エージェントの各種サービスは無料で受けることができます。紹介した求職者が採用に至った時、企業から紹介料をもらうことで転職エージェントは成り立っています。つまり求職者側に費用負担は一切発生しないのです。

利用の流れ

転職エージェントの利用の流れは以下の通りです。

1.サイトを通じて登録する

2.キャリアアドバイザーから連絡が来るので、カウンセリングの日程を決める

3,カウンセリングを受ける

4,カウンセリングの結果を考慮し、求人の紹介を受ける

5.紹介を受けた求人の中からピックアップした求人に応募(応募はエージェントを通じて実施)

6.面接(選考に通過しなかった場合、面接のFBを受けることも可能)

7.内定

8.入社時期や年収などの条件交渉(交渉はキャリアアドバイザーが代行)

営業職に強い転職エージェント5選

転職エージェントには様々な種類があり、各転職エージェントにおいて強みを持つ業界や職種は異なります。ここでは営業職に強い転職エージェントを5つ紹介します.

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、株式会社リクルートキャリアが運営する転職エージェント。転職成功実績・求人数ともに業界トップを誇り、業界No.1エージェントと呼ばれています。求人数は圧倒的であり、公開求人数だけで10万件を超え、非公開求人も合わせると25万件程度あると見られています。

おすすめポイント

求人量が膨大なので、様々な求人を比較したい方に適しています。同じ営業の求人でも、ルート営業か新規開拓なのか、担当する商材が有形なのか無形なのか、顧客が法人なのか個人なのかによって、仕事内容や待遇が異なります。多くの求人を比較することで、条件が良い求人を見る目が養われるでしょう。ちなみに職種「営業」で検索すると1500件以上の求人があります。求人数だけでなく、求人・キャリアアドバイザーの質ともに評判が高いため、転職を検討する全ての人におすすめできるエージェントと言えます。

doda

dodaは、人材大手パーソルキャリアが運営する、業界no.2の転職エージェント。リクルートエージェント同様、求人数に強みを持っており、非公開求人を合わせるとリクルートエージェントに匹敵するとも言われています。キャリアアドバイザーがつくエージェント型のサポートだけでなく、求人を検索するだけの転職サイトのとしての使い方も可能です。

おすすめポイント

キャリアアドバイザーの質の高さに定評があります。各業界に精通するキャリアアドバイザーが在籍しており、応募先企業に受かるための実践的なアドバイスを受けられます。例えば、この職種ではこうした能力をアピールすると良い、この企業では面接でこんな質問が聞かれるなどの情報を教えてくれるでしょう。面接が苦手な方・不安な方におすすめできるエージェントです。各地で転職フェアを開催しており、参加すると求人の紹介を受けられることもあります。非常に利用価値が高いエージェントと言えるでしょう。

パソナキャリア

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する総合型の転職エージェント。オリコンによる利用者満足度調査で3年連続第1位を獲得しており、サポート力の高さには定評があります。求人数はリクルートエージェントやdodaに比べると劣りますが、それでも3万件程度の公開求人を有しており、希望の営業の仕事も見つかりやすいでしょう。

おすすめポイント

パソナキャリアは女性の転職に強みを持っています。2016年3月に女性の転職支援に特化する「女性活躍推進コンサルティングチーム」を誕生させています。キャリアアドバイザーは女性の転職のサポート実績が豊富な人ばかりで、悩みや疑問に真摯に向き合い求職者に寄り添ったコンサルティングを実施してくれます。 営業の求人が多いエージェントでもあり、5,000件以上の求人が見つかっています。

ハタラクティブ

ハタラクティブはレバレジーズ株式会社が運営する20代向けの転職エージェントです。転職先の企業は全て実際に取材した案件ばかりであり、求人の質は高いと言えます。求人件数はここまで紹介した総合大手のエージェントと比べると少ないですが、少なくとも2,300件以上の求人が存在します。

おすすめポイント

ハタラクティブの強みは未経験職種への転職に強いということです。転職成功者のうち、3人中2人は正社員経験がない人です。第二新卒だけでなく、既卒やフリーターでも問題なく転職を成功させています。職種で言うと営業が20%の割合を占め、最も多い職種です。スピード内定にも定評があり、最短で登録から一週間で内定を獲得できています。

jacリクルートメント

jacリクルートメントはイギリスで創業し、現在では日本も含め7カ国に拠点を広げています。 年収600万円以上のハイキャリア求人が多く、キャリアアップを目指している方におすすめできるエージェントです。紹介する求人には、外資系や金融系の求人が多いことで有名です。

おすすめポイント

jac リクルートメントは管理部門・管理職の求人の多さで圧倒的です。管理職・管理部門の求人の打ち、6割は非公開求人で構成されています。 非公開求人は、新規事業や極秘案件に関する重要なポジションのものが多く、より高い条件下での転職チャンスに恵まれるでしょう。アドバイザーは企業に直接コンタクトを取っているため、待遇や業務内容などの基本的な情報だけでなく、社風や社員の雰囲気など内部からでしか分からない情報も入手できます。

転職エージェント利用時の注意点

転職エージェントを利用する際はいくつかの注意点があります。注意点を守ることで転職成功率を上げることができます。

複数社登録する

利用するエージェントは1つに絞らず、複数社登録することをおすすめします。最低でも2から3つ、余裕があれば4から5つ利用するのが良いでしょう。というのも、エージェントを複数利用することで、それだけ多くの求人情報を得ることができるからです。他のエージェントで求人が掲載されていたからといって、別のエージェントでも同じ求人が紹介されているとは限りません。また、複数社登録することで、別のキャリアアドバイザーからのサポートが受けられます。複数のキャリアアドバイザーとコンタクトを取ることで、自分に合った担当者を見つけることができる可能性が高まります。

2週間に1回は連絡を取る

初回のカウンセリングは終わると、キャリアアドバイザーからの求人紹介を待つことになります。キャリアアドバイザーはあなたの条件や希望にマッチする求人を真摯に探しています。しかし、求人の募集が少ない時期などはなかなか条件にマッチする求人が見つからないでしょう。この場合、キャリアアドバイザーがの連絡が滞る可能性が高いです。2週間経過しても連絡が来ない場合、こちらから一度連絡を取ってみると良いでしょう。担当者も多くの案件を抱えているので、あなたが後回しにされている可能性もあります。連絡を取ることで熱心さが伝わり、優先度を高めてくれるかもしれませんよ。

キャリアアドバイザーが作成する推薦状をチェックする

求人への応募手続きはキャリアアドバイザー側が代行します。応募者が作成した履歴書や職務経歴書といった書類を企業の担当者に送付してくれるのですが、この時に一緒に推薦状というものも提出されます。推薦状はキャリアアドバイザーが作成したもので、カウンセリングやこれまでの面談の結果をもとに、求職者の印象や求職者が求める条件などを記載した書類です。人事担当者は応募書類と同様、推薦状の内容もチェックしています。推薦状に意に反した内容が記載されていないか確認することが重要です。

担当者が合わなければ変更を申し出る

キャリアアドバイザーが合わないならば、担当者変更を申し出ることも可能です。キャリアアドバイザーも人間ですから、相性があります。キャリアアドバイザーと相性が合わないと、希望の求人の紹介を受けられる、転職成功率が大きく下落してしまう可能性もあります。合わないと感じたら早めに見切りをつけることが大切です。心苦しいところはありますが、アドバイザーを変更すること自体は問題ありません。直接言うのが難しければ、別途、相談窓口を設置している場合もあるため、こちらに問い合わせてみると良いでしょう。

まとめ

営業職に強い転職エージェントや、転職エージェント利用上の注意点を紹介してきました。営業職に強い転職エージェントの特徴としては、「大手で求人数が多い」ことがあげられます。営業はすべての職種の中でも求人数が多い仕事なので、求人数が多いエージェントであれば、それだけ多くの営業の求人を見つけることができる可能性も高まります。上記で紹介した4つのポイントを実践し、理想の条件の営業職の仕事に就いて頂けたら幸いです。

内定は取れたけどこんな不安やあんな不安が…。
わたしたちに何でも聞いてください!​​

あなたのビジョンを実現させるための
就活のサポートを実施​

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ