営業経験を活かして転職したい人必見!転職ノウハウまとめ

営業から別職種に転職したいと考える人は少なくありません。営業は高収入が見込めやりがいのある仕事なのですが、その分ハードな働き方が求められます。そこに嫌気がさして転職を考える人は多いのです。人には向き不向きがありますからもちろん転職自体は悪いことではないのですが、問題は転職を成功させるにはどうすべきかということです。今回は営業から転職する際の転職ノウハウをまとめました。

営業経験者が転職したいと思う理由

営業で実際に働いたことのある人の声を参考に、転職したいと考える理由をまとめてみました。代表的な理由は以下の3つです。

ノルマがきつい

想像するに難くないことですが、営業はノルマがきついです。一度ノルマを達成したら数字が引き上げられますし、そもそもギリギリの水準でノルマが設定されていることも多いです。場合によっては「そりゃ無茶だろう」と思ってしまうような水準のノルマを課すブラック企業も存在します。ノルマが達成できない場合、まず起きることは上司から叱責されることです。成績が著しくない営業マンは他の社員の前で見せしめのごとく、長時間説教されてしまうこともあります。プライドがズタズタにされるだけでなく、メンタル的にも病んでしまう人もいるでしょう。営業職である以上、ノルマは避けて通れないので、ノルマがきついと感じるならば営業を辞める理由としては十分です。

自分が悪くないことで人に頭を下げたくない

営業は頭を下げる機会が多い仕事です。1日で一番多く発した言葉が「すいません」という人は多いでしょう。謝る原因が自分にあるのならば致し方ないですが、時として自分が原因でないことでも謝らなければならない場合があります。例えば、契約したお客様から製品に不備が見つかったなど問い合わせを受けるケースが考えられます。その製品を製造したり梱包しお客様の元に発送したのは自分ではないのだから、 あなたには何の非もありません。しかし、お客様が怒っている以上、謝らなければ示しがつきません。変にプライドが高いと、こういう場面で謝れず相手を更にヒートアップさせてしまいます。

断られるのが辛い

いくら能力が高いスーパー営業マンといえども、全ての商談を成功させることは難しいでしょう。営業として仕事を続ける以上、一生懸命提案した商材を断られる場面は多々あります。断られるたびにメンタルをやられ挫けてしまうようでは営業を続けるのは難しいでしょう。断られるのは当たり前と捉えて、うまく気持ちを切り替えて次に繋げる必要があります。

営業経験は転職に有利に働く

営業経験は転職に有利に働くということをご存知でしょうか?その理由を解説します。

様々な汎用的なビジネススキルが身につく

営業では、様々な汎用的なビジネススキルが身につきます。例えば、お客様や上司などとうまくやり取りをするコミュニケーション能力、タスクを滞りなく進めるスケジュール管理能力、契約書や請求書をミスなく作成する書類作成能力などです。営業はいろいろなことを業務として行わなければならないため、様々な能力が幅広く身につくのです。営業で身につけた能力のうち、何か一つは転職で役立つスキルが見つかることでしょう。

キャリアの選択肢が広がる

営業とは全く関係ない職種に見えても、一定の営業経験を求める求人は多いです。例えばマーケティングや人事などが考えられます。つまり、営業を経験するとキャリアの選択肢が広がるということがいえます。実際、新卒で会社に入社する場合でも最初は営業の部署に配属させることが多いです。営業で基礎的なスキルを身につけさせて他の様々な職種も経験させて、キャリアの道筋を明確にさせる狙いを持つ企業は少なくありません。

営業経験で転職に活かすことができるスキル

先ほど、営業経験は転職に役立つスキルが多く身につくと申し上げました。ここでは具体的にどのような能力が転職に生かすことができるのか解説します。

コミュニケーションスキル

簡単にイメージしやすいと思いますが、やはりコミュニケーションスキルは営業で身に付きます。多くの人と関わりを持つため、話す力や聞く力が鍛えられます。営業として多くの顧客への訪問を続けるうちに、相手の話を聞くことの重要さが身にしみて分かることでしょう。

問題発見能力

営業で商品を売るためには、営業相手がどのような問題を抱えているか把握することが大切です。質問の中で相手のニーズを引き出すヒアリング力や相手の言動から推察する洞察力などが具体的には高められます。

課題解決能力

課題を発見するだけではまだ足りません。顧客を契約に結びつけるには、お客の悩みを解決する最善の解決策を提案する必要があります。そのためには、課題解決能力を備えておく必要があります。お客様にとって一番良い解決策を提案するためには、複数の選択肢をあらかじめ自分の頭の中に用意しておかねばなりません。そのため商材に関する知識は非常に重要になります。

スケジュール管理力

営業は1日に何件もの訪問作業もあります。そして一人一人によって交渉状況や求めている商品は変わりますから、臨機応変に対応する必要があります。仕事をうまく効率的に進めるにはスケジュール管理が求められます。自分の頭の中だけでは限界があるので、タスク管理ツールをうまく利用し自分の頭に負荷をできるだけ負荷をかけずに、スケジュールを管理することがポイントです。

営業経験を活かせる職種

なかでも営業経験を生かしやすい職種を4つ紹介します。

企画

企画は売れる商品を開発するポジションです。営業ではお客様とダイレクトにコミュニケーションを取ってきたので、お客様がどのようなニーズを抱えるか把握できています。お客様のニーズを商品に反映させることで、売れる商品を開発することができるでしょう。また企画の仕事は、企画案が実現可能か技術系の部署と調整する必要があります。この調整業務において営業で培ったコミュニケーション力は活かすことができるでしょう。

マーケティング

マーケティングは商品を売るためにどうすべきか戦略を考えるポジションです。商材を購入するお客さんと直にやりとりを続けてきた営業職であれば、どういったニーズを持つか部署内で共有できるでしょう。ただし、効果的な戦略を立案するためには奥様の声だけでなくマーケティングや専門的なツールを用いて数字で把握することが大切です。勉強が求められることは理解しておきましょう。

事務

事務はコーポレート職ポジションですからノルマが存在せず、比較的楽な働き方が可能です。営業で疲れた人が転職先として考えるパターンが多いです。事務職は楽なイメージがあることから倍率は非常に高くなります。業務内容は難しいものではないですが高倍率を勝ち抜くためには、他の人よりも抜きん出たスキルをアピールすることが必要です。スキルのアピールの際に営業経験は大きく役立ちます。コミュニケーション力の高さはもちろん、ホスピタリティの高さをアピールすると効果的です。なぜなら事務職は社内の人に対して思いやりの持った態度で接する必要がある仕事だからです。

人事

営業は日々多くの人と関わりますから自然と人を見る目が養われます。そのため人事で採用のポジションを担当する際に、その力を活かすことができるでしょう。営業と人事の共通点としては、高いコミュニケーション力が必要なのはもちろんのこと、コスト意識の高さがあげられます。営業ではたとえ大口契約を一本取れたとしても、そこの契約に至るまでにかかった費用が大きい場合、良い評価をもらえない可能性もあります。人事も、採用コストを支払って入社した社員がコストに見合った活躍をしているのかという視点は常に持つ必要があります。

営業経験者が別職種に転職する際の注意点

営業経験者は他の職種への転職もしやすいです。とはいえいくつかの注意点が存在します。

本当に営業の仕事が嫌なのか考える

まずは本当に営業の仕事が嫌なのか考えましょう。営業の仕事はインセンティブ制度が導入されており、結果を残せば大きく稼ぐことが可能です。また努力が実を結びやすくやりがいのある職種だとも言えます。あなたは今営業の仕事が嫌だと考えているかもしれませんが、それは営業の仕事に嫌気がさしているのではなく、会社や上司に不満がある場合があります。例えば、会社の方針や上司の仕事の進め方への不満を営業という仕事の辛さに転換していないでしょうか?もう一度胸に手を当てて本当に営業が嫌なのか、本当は楽しいと思うところもあるのではないか考えてみましょう。

転職する理由を明確にする

上記に関連してですが転職する理由を明確にしましょう。「なんとなく営業の仕事は嫌だ」「なんとなくうまくいかない…。転職したいな」と思っていないのでしょうか?こうしたメンタリティで転職しても、希望の企業に転職を成功させる確率は低いです。キャリアアップを実現したい・収入アップを実現したい・かねてから興味があったことにチャレンジしたいなど、自分が何を求めて転職するのか理由を明確にしてください。

営業に向いていないのか考える

仕事がうまくいかないと営業に向いていないのではと考えがちです。しかし、仕事がうまくいかないのはあなたが原因じゃない可能性もあります。上司との人間関係が悪い、社風が自分と合わずうまく自分の力を発揮できないなど外的要因が原因の可能性もあります。 よくあるのは「自分は話下手だから営業は向いていないのでは」と考えるケースです。話し下手でも営業で活躍している人はいます。営業で重要になるのは人柄です。話し下手でも相手の話をきちんと聞き、誠実な対応を取っていれば契約を取ることは十分可能です。自分の思い込みで営業に向いていないと考える場合もあることを知っておきましょう。

まとめ

営業経験を活かしてどのように転職するかまとめてきました。営業経験を活かせる仕事というのは様々な種類があります。一度営業を経験してしまえば、様々なキャリアの選択肢が広がっていると言えるでしょう。そのため、転職活動に悲観的になる必要はありません。自分の進みたい道を明確にし、それに向かって突き進みましょう。ただ一つ注意して頂きたいのは、営業を本当に辞めるべきなのかという点です。向いていないと考えている方は周囲の環境が原因で仕事がうまくいかない場合がありますよ。

内定は取れたけどこんな不安やあんな不安が…。
わたしたちに何でも聞いてください!​​

あなたのビジョンを実現させるための
就活のサポートを実施​

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ