広告営業へ転職成功させるための4つのポイントを徹底解説

広告業界は華やかなイメージがあり、転職先としても人気が高い業界です。未経験から広告業界に挑戦する場合、デザイナーやコピーライターなどのクリエイティブ系の職種よりも、広告営業の方が転職しやすいです。今回は広告営業に転職したいと考えている方向けに、転職を成功させる4つのポイントを解説します。是非参考にしていただければ幸いです。

【転職】広告営業の企業は大きく2つに分かれる

広告業界を大まかに2つに分けると広告代理店と自社メディア運営会社の2つに分かれます。それぞれの特徴を解説します。

広告代理店

広告代理店は新聞社やテレビ局と言った広告メディア運営企業と、広告を出稿したい企業とをつなげる役割を担います。つまり、自社で抱える新聞やテレビ・雑誌などの広告枠を利用し、クライアントの広告活動をサポートして手数料を徴収するビジネスです。広告代理店には、 Webなど専門領域を保有する専門広告代理店とさまざまなメディアを幅広く扱う総合広告代理店、特定の事業会社に専属で広告事業を扱うハウスエージェンシーの3つに分かれます。

仕事内容

広告営業はクライアントの窓口として活躍します。まずクライアントの要望をヒアリングし、多くの場合コンペで競うことになります。新聞やテレビ・ラジオなど自社で広告枠を持つメディアの中から、クライアントに最も適した広告手法を選択します。 案件が受注できたら、広告制作のプロデューサー的な役割を担い、企画をまとめます。広告制作に関する各種調整・制作物の確認など進行管理的な役割も担当します。

自社メディア運営会社

フリーペーパーやWebサイトなど自社で広告メディアを抱え、メディアへ掲載しないか、法人に対して営業活動を行う会社です。 代表的な企業としてはリクルートが挙げられます。ホットペッパーや リクナビ NEXT など様々な分野における広告メディアをいくつか抱えており、自社内に営業部門も携えています。提案できる広告の種類は限定されますが、自由度が高い広告制作が可能です。

仕事内容

担当メディアに掲載してもらえる企業を見つけるために営業をかけます。受注してもらえたら、プロジェクトのリーダー的な役割として、広告制作の進行管理を担当します。下請けの広告会社が存在する場合もありますが、自社内で制作まで一括で担当することもあります。その場合、仕事で関わりを持つ相手はクライアントや社内の関係部署のメンバーんい限定されます。広告代理店に比べると、コミュニケーションを取る人が少なくなると言えるでしょう。

広告営業に求められる能力

広告営業に求められる能力を3つ紹介します。

フットワークの軽さ

広告営業はクライアントに訪問する機会も多くあり、広告制作の段階では各関係部署や広告制作会社などと、こまめに連絡を取り合う必要があるため、フットワークの軽さが求められます。また、様々な人と関わる必要がありますから、仕事以外の付き合いも重要です。クライアント会社の飲み会に顔を出したり、休日返上で接待をしたりといったこともあるでしょう、そうした業務以外の活動も苦にならない人が向いています。

コミュニケーション力

先ほども述べた通り、広告営業は様々な人とコミュニケーションをとる必要がある仕事です。各業界の有識者や芸能人など、他の業界の営業職では関わることができないような人とも会える可能性があります。こうした点はやりがいを感じるポイントでもありますが、同時に誰とでもうまくやれる高いコミュニケーション力が求められるともいえます。具体的には、 相手のニーズを適切に捉え、かつ自分の言いたいことをわかりやすく明確に伝えられる力が必要です。

スケジュール管理能力

広告制作の段階では、様々な部署や人が同時並行して動いています。関係各所の作業スケジュールを把握し、遅滞なく納品にこぎつけるためには、高いスケジュール管理力が求められます。自分の頭だけで記憶するのは限界があるため、最新のツールを利用する必要があります。機械に強い人や新しいことを積極的に導入できる人が向いています。

【転職】広告営業の特徴

広告営業の特徴を、メリット・デメリットに分けて紹介します。

メリット

多様な業界・職種の人と関わることができる

広告営業は多様な業界・職種の人と関わることができます。このことにやりがいを感じる人も多いです。例えば、化粧品を扱う大企業の広告プロモーションを、広告代理店に勤務する営業が担当するとします。クライアントの担当者はもちろん、下請けの広告会社や社内の広告制作部署、また自社で広告枠を抱えるそれぞれのマスメディアの担当者などともやり取りが発生します。テレビ広告を打つ場合、テレビ局の方や有名人とも関わりを持つ機会もあるでしょう。これだけ多くの人とコミュニケーションを取る仕事はそうはありません。会社の顔として様々な業界・職種の人と関わるわけですから、礼儀やマナーをわきまえた態度で臨む必要があります。さらに、広告代理店の営業として、アンテナを常にはり、トレンドを把握することも大切です。

スケールが大きい仕事に携われる

大企業がクライアントの場合、予算規模が大きいですから、CMなどのマス広告や大規模なイベント開催・店頭でのプロモーションなど一連の大型企画を担当できる機会に恵まれるかもしれません。行政や文化スポーツなどの国家的なイベントにも携わる機会が持つことができる可能性があります。このようなスケールや世の中への影響力の大きさにやりがいを感じる人は多いです。博報堂やサイバーエージェントなど大手広告代理店に勤務すれば、上記のようなスケールが大きい仕事に携われる可能性は高まります。

デメリット

働き方がハードになりやすい

広告スケジュールに合わせ仕事を進めていく必要があるため、特に納期前は忙しくなりがちです。また既に説明した通り、仕事以外でも様々な人と関わっているため、仕事外での付き合いも増えます。ルーティンワークが少なく、働き方がハードになりやすいため、体力や精神力に自信がある人でないと難しいでしょう。実際、2015年には大手広告代理店電通に入社した新入社員高橋まつりさんが過労死自殺したという事件もありました。

シビアな成果を求められる

広告代理店では、広告を数値化してレポートを出します。求められた数字が実現できていないと、シビアな評価を受け、その後の受注を継続できない可能性もあります。モラルや倫理感に反した広告を掲載してしまうと、炎上し企業のブランドイメージに傷がついてしまうので、過激な内容は控える必要があります。 世の中に大きな影響を与えるからこその厳しさ・難しさがある仕事です。

広告営業への転職を成功させるコツ

広告営業は広告業界の中では未経験からチャレンジしやすい職種です。基本的に広告業界は経験者なのでなければ難しい傾向があります。それはデザイナーやコピーライターなどクリエイティブ系の職種が多いことも理由の一つです。もとより広告を成功させるにはマーケティングなどの専門的知識も必要ですから、なかなか未経験から活躍するのは難しい現状なのです。広告業界未経験者が広告営業へ転職を成功させるにはどうすれば良いのかご紹介します。

広告業界を選んだ理由を明確にする

面接やエントリーシートで広告業界を選んだ理由を明確に説明することが大切です。ただの憧れやイメージで志望動機を書いてしまうと、採用担当者に刺さる内容となりません。業界の特色や魅力を理解した上で、なぜ広告業界に志望したのかという点が明確に伝わるように、具体的かつ説得力ある書き方で伝える必要があります。広告業界のメリットだけでなくデメリットにも考慮して作成すると、深みのある志望動機となる確率が高まります。

営業経験をアピールする

広告営業は、何かしらの法人営業の経験を求める求人が多いです。法人営業は企業がクライアントとなり、営業をかける相手は会社の中でも予算や企画などの決定権を持つ重要人物であるケースが多いです。そのため、個人営業よりも営業スキルや知識が必要となる傾向があります。法人営業を求めるには、上記のような理由があるわけです。また、広告は目に見えない無形の商材です。車や不動産など実態がある有形商材に比べて、無形商材は商品の良さや特徴を伝えることが難しい特徴があります。そのため有形商材よりも無形商材の方がスキルが必要とされています。

営業経験が無ければコミュニケーション力の高さをアピール

営業経験がないと少し厳しくなりますが、コミュニケーション力の高さをアピールすることで転職できる可能性も残されています。広告営業は仕事上多くの人と関わりますから、高いコミュニケーション力が必須です。自分の強み・長所を述べる際は、コミュニケーション力に関することを伝えましょう。

入社意欲を全面に押し出す

企業が中途採用者を採用するにあたって最も心配するのがまたすぐに辞めてしまわないのかという点です。企業からしたら、採用活動に生じた費用が無駄になってしまうため、とても嫌がります。短期離職の心配がないことをアピールするためには入社意欲の高さを伝える必要があります。注意してほしいのは自分の意志の強さをアピールするだけでなく、それを証明することとして自分でやってきたことを伝える点です。実際に行動したことを述べることで「言っていることは嘘ではないのだな」と面接官に印象づけられます。

アイデア力(発想力)をアピールする

広告というものはゼロからイチを作り上げるものです。魅力的で人の心を動かすような広告を作るためには常人では考え付かないようなアイデア力を発揮する必要があります。営業は実際に広告を制作するポジションではありませんが、仕事上の報告など制作部署とは密接に関わらなければいけないため、アイデア力を備えておいた方が良いです。面接ではコミュニケーション力同様、発想力をアピールすると効果的です。

まとめ

広告営業に転職するためにポイントを紹介してきました。広告業界は未経験から転職するのは難しいとされる業界ですが、営業職であれば未経験でも採用されることは十分可能です。この記事で紹介した広告営業のメリットとデメリットをきちんと把握した上で、アイデア力の高さやコミュニケーション力の高さをアピールしましょう。

内定は取れたけどこんな不安やあんな不安が…。
わたしたちに何でも聞いてください!​​

あなたのビジョンを実現させるための
就活のサポートを実施​

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ