IT営業に未経験から転職は可能?成功させるコツを紹介

IT 営業は提案力だけでなく IT 業界特有の専門的な知識やスキルが求められる職業です。このため、他の業界での営業の仕事と比べると専門性が高いと言えるでしょう。とはいえ、IT営業に未経験からなることも不可能ではありません。この記事では IT 営業へ転職を成功させるコツをいくつか紹介します。職種研究にも役立つので是非ご一読ください。

【未経験】IT営業ってどんな仕事?

まずは IT 営業がどのような仕事なのか紹介します。

仕事内容

IT 営業の商材にあたるものは、 IT 技術を駆使した製品やサービスです。例えば、システムの開発やソフトウェアの導入・Web マーケティング・Web 制作やコンテンツ制作など多岐にわたります。商品をクライアントに提案するだけでなく顧客とのコミュニケーションを全て任せられるケースが多いです。デザイナーやエンジニアなど社内の技術者とも連携を取る必要があるので、様々な人とのコミュニケーションが発生します。

やりがいを感じるポイント

IT 営業は専門的な分野の商品を扱うため、商品やサービスに関する専門的・高度な知識が身につきます。普段の営業活動の中でもこういった専門的な知識を披露する場面が多々あるので、ヒアリング力や交渉力など高度な営業のスキルが身に付くでしょう。また。 IT 技術を通して、顧客となる企業の課題を解決することは非常に魅力ある仕事だといえます。

平均年収

転職エージェント大手マイナビエージェントの調査によると、 IT 系営業の平均年収は472万円という結果が出ています。サラリーマン全体の平均年収は約430万円程度なので、平均より少しだけ高いと言えます。

IT営業の将来性

仕事を選ぶ上で重要な要素が将来性です。ここでは、 IT 営業の将来性を見ていきましょう。

IT営業の現状

IT 業界は成長著しくその成長に人材の供給が追いついていない状況です。特に人材不足が蔓延化しているのはシステムエンジニアやプログラマーなどのエンジニア系の職種ですが、 IT 営業も例外ではありません。その証拠に未経験からでも可能な求人が増えています。

IT営業の予測未来(今の情勢ふまえて)

IT 営業の需要はこれからも増えていくと予想されます。 IT 業界では日々新たなサービスが登場しており、それらを売り込む IT 営業の仕事は必要性が高いためです。営業は高度なコミュニケーションが必要な職種であり、 AIに代替されにくい職種と言われていますが、中でも IT 営業は高度な専門性が必要なので特にAIに取って代わられることが考えにくい職種と言えます。

IT営業の展望(こんな世界が待ってる!)

IT 営業で専門的な知識を身につけて、エンジニア系の職種に転職する人は少なくありません。プログラミングの勉強は必要ですが、日々の業務でITに関する知識は備えているため、勉強の内容がすっと頭に入ってきやすいでしょう。もちろん、 IT 営業としてのスキルを高め出世したり独立したりする道もあります。 IT 営業からの出世パターンとしては、プロジェクトを管轄する立場であるプロジェクトマネージャーのポジションにキャリアアップする人が多いです・

【未経験】IT営業に求められるスキル

IT 営業に求められるスキルを紹介します。未経験から転職を成功させるポイントとしては職種に求められるスキルを有することをアピールすることです。 IT 営業に求められるスキルは以下の三つです。

コミュニケーション力

IT 営業の仕事は、顧客や社内の関係者と関わることが多いため、コミュニケーション力が求められる仕事です。人と関わることが好きであることはもちろん、協調性や自分の言いたいことをわかりやすく伝える力など高いコミュニケーション力が求められます。 IT 営業の主たるクライアントは個人ではなく法人であり時には会社の社長を相手にするケースもあります社長が相手でも幻滅されないように礼儀やマナーをわきまえてで必要があります

課題解決能力

IT 営業では顧客の課題を解決する商品やサービスを提案する必要があります。このためには顧客の課題の本質を掴み、複数の選択肢の中から最適な解決策を提案する能力が求められます。ロジカルシンキングといって論理的に物事を考える力が備わっている人であれば、難しいことではありません。しかし論理より感情を優先する人や、物事を決断する際に普段からあまりよく考えない癖がついていると難しいかもしれません。

人間力

IT 営業に重要な要素は人間力です。営業という仕事では商品やサービスの質の高さももちろんですが、クロージングを決める決定的な要素は営業の人間性である場合が多いです。この人は真摯に対応してくれるから営業成績に貢献してあげよう、と思えるような人物である必要があるのです。コミュニケーション力の高さとも関係しますが、決して話がうまい必要があるわけではありません。人の話をしっかり聞く、自分より相手を優先するといったことを意識することで誰でも人間力を高めることが可能です。

【未経験】IT営業に向いている人

IT 営業に向いている人物像を紹介します。IT業界や営業未経験の人でもここに挙げた人物像に適合していれば、IT 営業を目指す価値はあるでしょう。

人と関わることが好きな人

人と関わることが好きな人は営業の素質があるといえるでしょう。人と関わることが好きであれば、もともとIT業界の知識は有していなくても、仕事上のコミュニケーションの中から学びを得ることができます。また人との関わり方も熟知しているため、愛想よく人と接することができるでしょう。人間力やコミュニケーション力の高さと密接に関わりがあるため、人と関わることが好きという要素は重要です。

地道な作業が苦にならない人

IT 営業に限った話ではありませんが、営業の仕事は地道な作業も多い仕事です。案件のスケジュール管理や顧客との日程調整、契約書や請求書の作成など事務的な作業も発生します。これらの地道な作業にコツコツ取り組めることも営業として大切なことです。継続して何かをやることに苦手意識がなければ、向いている可能性も高いですよ。

IT業界に興味・関心がある人

IT 業界に興味・関心があるというのも重要な要素です。既に説明した通り、 IT 営業では専門的な知識が求められます。その知識の対象に興味があるかないかによって知識の習熟度の速さに差が出てきます。皆さんも興味があることならすぐ知識が頭に入るのに、興味がないことだとなかなか頭に入らないという経験があるでしょう。新しいものを取り入れるのが好きというだけでも、検討する価値はあります。

【未経験】IT営業のキャリアパス

現在 IT 営業についている人が、前職でどのような仕事をしていたのか紹介します。

エンジニア→IT営業

エンジニアからIT 営業に職種を変えるパターンは少なくありません。システムやアプリを構築する中で自らの知識や経験を活かして、顧客に提案を行いたいと考えるに至るケースが多いです。元々エンジニアをしていたのですから、営業に必要となる。専門的な知識やスキルに関しては問題はないでしょう。また、エンジニアはそもそもコミュニケーションを求められる職種ですから、スキル的には問題ないでしょう。

異業界の営業→IT営業

別の業界の営業から IT 営業に転職するパターンが多いです。 IT 営業はどちらかと言うと年収が高い職種なので年収アップのために転職するパターンが少なくありません。営業経験をダイレクトにアピールできるので、転職難易度は高くないと言えるでしょう。ただ IT 営業は営業の中で難易度が高いと言われる無形商材の法人営業です。有形商材の個人営業など簡単な営業手法の経験しかないと難易度は上がります。

【未経験】IT営業への転職を成功させるコツ

IT 営業への転職を成功させる2つのコツを紹介します。

Webサイトやコンテンツ制作など未経験可の求人が多いところを選ぶ

IT 営業といっても細かく分けると様々な職種や仕事内容があります。 Webサイトやコンテンツ制作などを扱う求人であれば、未経験可の条件が多いです。一方、システム構築やソフトウェア導入などを扱う場合、最低でも何かしらの営業経験を求める場合が多いです。この違いが生じる理由は、扱う商材の専門性です。 Web サイトやコンテンツ制作などは一般の方が副業でチャレンジしている分野でもあるため、そこまで高い知識は要求されません。

仕事内容に応じてアピールするスキルを変える

IT 営業といっても様々な仕事内容がありますから仕事内容に応じてアピールするスキルを変えることが大切です。

パッケージ・サービス営業では営業力を

パッケージ・サービス営業は IT 営業の中でも未経験から採用されやすい職種です。パッケージ・サービス営業とは、企業や個人にパッケージサービスを宣伝したり、販売する仕事です。あまり深い知識は求められませんが、飛び込み営業のスタイルを取る場合が多く、ノルマが課せられることも多いです。パッケージ・サービス営業に狙いを定めるなら営業力の高さをアピールする必要があります。前職の別業界の営業で営業成績トップになった、上半期目標の30%増しを達成したなど、実績を具体的に伝えましょう。

SI営業では提案力を

Si 営業とは企業が抱えている課題を解決する提案型の営業のことです。クライアントのヒアリングは営業が行いますが、システム開発の打ち合わせでは技術者も同行することが多いです。そのため、そこまでIT業界の専門的な知識が求められない職種でもあります。転職成功の為にはヒアリング力や提案力の高さを示す必要があります。パッケージ・サービス営業に比べて、受け身の人が向いている職種だと言えるでしょう。

まとめ

IT 営業に未経験から転職を成功させるポイントなどを紹介してきました。IT 営業は将来性が高い仕事であるため、目指す価値は大いにある職業です。ただし、他の営業と比べ専門的な知識が求められる点に注意してください。転職成功のポイントとしては Web サイトやコンテンツ制作などスキルがあまり必要とならない求人を選ぶことと、職種に合わせてアピールするスキルを変えることです。業界全体の需要増に伴い、未経験可の求人が増えている仕事です。狙い目の職業と言えるのでぜひこの記事を読んで転職を成功させましょう。

内定は取れたけどこんな不安やあんな不安が…。
わたしたちに何でも聞いてください!​​

あなたのビジョンを実現させるための
就活のサポートを実施​

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ