仕事内容がまったく違う!?コンサル業界のその先の職種を知っておこう!

総合系

総合系コンサルティングファームは、企業が抱えるさまざまな課題や問題について、総合的にサポートすることを仕事としています。

従来コンサル業界は、「総合系」「人事系」などと区別されることなく、ひとくくりに「経営コンサルタント」と呼ばれていました。

しかし、IT技術の発展や企業を取り巻く環境の多様化に伴い、コンサルタント業務の幅も拡大、得意分野や強みをアピールするコンサルティングファームも増えてきました。

総合系コンサルティングファームは、元会計事務所という場合が多く、「会計系コンサルティング」と呼ばれていた時期もありました。

現在は、会社経営においてさまざまな課題提案・実施できる、オールラウンダー的な存在としてビジネス界では認識されています。

仕事内容

総合系コンサルティングファームの仕事は多岐にわたり、取り組む課題や問題別に、部門や専門組織を設置する傾向があります。

何を基準に区分するかは、各総合系コンサルティングファームによって異なりますが、通常は「金融業界」「通信業界」「不動産業界」など、業界別と、「経営戦略」「人事組織」「会計」など、仕事の機能別に、それぞれ専門チームを組織します。

総合系コンサルタントの仕事は、各部門によって違いがありますが、大まかに言うと、課題を解決するために必要な「課題の提案・実施」「市場調査」「ソリューション導入」などです。

もしそのプロジェクトに対し専門チームがない、または複数の専門チームにまたがって取り組む必要があると判断した場合は、プロジェクトのテーマに向いている社員を数名選んで、プロジェクト専用のチームを組織します。

プロジェクトには顧客企業の社員も参加する場合が多く、課題・問題の発見をする作業からプロジェクトは始まります。

通常課題を見つけるために、市場調査や必要に応じて関係者へのインタビューなど、必要な情報を見つけて仮説を立てていきます。

その上で戦略を策定し、プロジェクトを進めていきます。

職種

総合系コンサルティングファームの業務は幅広く、働くコンサルタントたちは所属している部門などによって、「人事育成コンサルタント」「財政経理コンサルタント」「ブランドコンサルタント」などと呼ばれています。

こうした細かく分類された職種の総称が、「総合系コンサルタント」と言えます。

特徴

総合系コンサルティングファームは、業界別・機能別に部門が細く分かれているため、複数の部門が業務を担当して、コンサルティング業を展開するという特徴が見られます。

総合系コンサルティングファームは人材を採用する際、会社全体で採用すると言うよりも、各部門で必要とする人材を選ぶ傾向があります。

新卒だけでなく、中途採用も積極的に行うコンサルティングファームもあります。

総合系コンサルティングファームが取り組むプロジェクトは、規模が大きいものが多く、他のグループファームとともに作業を進めるという場合も少なくありません。

1つのプロジェクトを実践する際に、専門家のアドバイスを聞く必要のある業務は珍しくなく、クライアント側にしてみれば、1ヶ所で済ませたいと思います。

そうした複数にまたがる業務に対応しているのが総合系コンサルティングファームで、「ワンストップ・コンサル」と呼ばれるのも、総合系コンサルティングファームの特徴と言えます。

戦略系

戦略コンサルティングファームは、戦略が必要な企業の課題(新規事業立案など)を解決するために、解決策を提案したり、実践したりする際、支援したりするのを主な仕事としています。

戦略コンサルティングファームが対応する専門分野は幅広く、提案する戦略についても短期から中・長期までさまざまです。

総合系コンサルティングファームは、一般社員から会社の幹部まで幅広い人材に対応しますが、戦略コンサルティングファームは、主に会社の経営層がクライアントになる傾向にあります。

そのため、経営層が抱える課題や問題について、戦略的な解決方法を立案していくのがメインの業務になります。

仕事内容

戦略コンサルティングファームの主な仕事は、戦略立案です。

市場調査や分析を通して課題の本質や原因を発見し、それを解決するために必要な方法を、戦略的に考えます。

戦略コンサルティングファームが取り組む仕事は、「戦略」ですが、こうした解決策が必要になるのは単に経営戦略だけではありません。

新規に事業を展開する場合は「新規事業戦略」が必要になりますし、企業の合併や統合を視野に入れた課題では、「M&A戦略」となります。

戦略の立案が主な仕事になる戦略コンサルタントですが、近年では戦略立案の提案だけでなく、実際に企業に参加し、業務を行うこともあります。

これは戦略コンサルタントが取り組むテーマの幅が広がり、専門的に実践してくれる人材が早急に必要になることを物語っています。

戦略コンサルタントが単独で仕事をするという場合はあまりなく、ほとんどの場合、チームで業務にあたります。

職種

戦略コンサルタントと一口に言っても取り組む分野は多岐にわたるため、戦略コンサルタントの中でも、得意分野によって「経営戦略コンサルタント」「人事組織コンサルタント」と呼ばれることもあります。

戦略コンサルタントは、さまざまな専門分野を対象としているため、幅広い職種をバックグラウンドに持っている人が集まります。

とくに人事や経理、マネジメント業務を経験した人は、転職しても戦略コンサルタントとして、即戦力になるとして重宝されます。

コンサルティング業務は実力主義の世界ですので、コンサルティングファームによっては新卒よりも中途採用が多い場合もあります。

特徴

戦略コンサルティングファームは、会社の運営から人事まで、幅広い分野で発生する課題や問題に取り組み、戦略を立案するという点に大きな特徴があります。

総合系コンサルティングと同じく、業務の範囲は広くなりますが、総合的に見て、戦略コンサルタントの目的は、企業の利益に直結するような課題を取り扱う傾向が見られます。

戦略コンサルティングファームが立てる戦略は、現状を論理的に把握し、具体的にどう解決していくか、そうすることによってどんなポテンシャルが生まれるかまで考慮して誕生します。

課題の提案から解決まで、一貫してロジカルシンキングが求められるのも、戦略コンサルタントの特徴の1つと言えるでしょう。

IT系

IT系コンサルタントは、ITに関連した戦略の立案や実行に取り組みます。

ITを活用して企業が抱える課題や問題を解決するのが、IT系コンサルタントの領域になります。

IT技術の発展で、ITを導入する企業も多く、経営戦略の中にIT戦略を盛り込むコンサルティングファームも増えてきました。

経営の中でITの役割は、作業能率をアップさせるなど、経営をサポートすることです。

IT戦略を導入する場合は、システムの最適化や運営テストなどの作業が出てきますが、IT系コンサルタントは対策を立案するだけでなく、実行にも関わります。

仕事内容

IT系コンサルティングファームの業務は、ITに関わる領域すべてにわたります。

IT戦略に沿ってサイバーセキュリティの導入をはじめ、システムの開発・構築・統合など、導入支援はシステムだけでなく、AIやデジタルレイバーにも及びます。

常に新しい技術やツールが誕生しているIT業界では、企業の経営をサポートする新しい試みも登場します。

近年ではIoT(Internet of Things)技術が発達し、行政レベルで浸透しています。

民間企業でもIoT技術を取り入れるところも多く、作業状況やデータなどを管理するようになりました。

職種

IT系コンサルティングファームで、コンサルティングの仕事にあたる人は、IT系コンサルタントという職種で呼ばれます。

コンサルタントの仕事は、顧客の問題解決を目的としていて、ITコンサルタントも同じです。

ITを活用した解決策を提案し、必要に応じてITの導入などにも関わります。

ITについて知識とスキルを持っていることが前提となるITコンサルタントは、SEなどのバックグラウンドがないと、なるのが難しい職種と言えるでしょう。

ITマネジメントコンサルタントは、ITという特定の分野に特化した職種ですが、ITは経営全体に関わるようになり、IT系コンサルティングファームは、総合系コンサルティングファームと言われることもあります。

コンサルティング業のデジタル市場は拡大傾向にあり、それに合わせてITコンサルタントの需要も高まっています。

優秀なITコンサルタントは貴重な存在で、実績や経験を積むほど、さまざまなプロジェクトに挑戦できる機会に恵まれます。

特徴

IT系コンサルティングファームの特徴と言えば、ITを活用した課題提案・実行でしょう。

一般的なコンサルティングに関するスキルや知識に加え、ITに関する知識や技術を持っていることも、IT系コンサルティングファームの特徴になります。

IT系コンサルティングファームの視点は、ITを活用することで、「企業の利益や業績にどう貢献できるか」です。

これはほかのコンサルティングファームとIT系コンサルティングファームを区別する特徴と言えるでしょう。

ITコンサルタントになるには、ITスキルを持っていることが前提となりますが、働くうちに、ITシステムやセキュリティに関して理解が深まり、仕事を通して必要なスキルが身につくようになります。

ITの知識に加えて、特定の業界に深い知識を身につけると、より高度なプロジェクトに参加したり、フリーランスとなって複数の企業のコンサルティング業務を掛け持ちできたりできるようになります。

人事系

人事系のコンサルティングファームは、人事に関する課題や問題に取り組むことを専門としています。

企業の経済活動を「人」としてとらえ、「人事戦略」をはじめ「人事組織改革」や「制度設計」「人材育成」といった解決策を提案・実行します。

年金や社会保障制度なども、人事系コンサルティングファームの領域になります。

人事はどの企業どの業界にも必ずと言って良いほど存在する部門で、人事系コンサルティングファームも、他のコンサルティングファームと同じくさまざまな業界に関わっています。

人事経緯コンサルティングファームは、外資系だけでなく、日系の企業も増え、需要の高さをうかがわせます。

仕事内容

人事系コンサルティングファームの主な仕事は、リサーチで人事に関する課題や問題点を明確にし、解決策を打ち出すことです。

人事に関する課題と言っても多岐にわたり、それに伴い人事系コンサルティングファームの仕事も多様化しています。

報酬制度といった制度を構築するのも人事系コンサルティングファームの仕事です。

社内の人事組織を見直し、新しい労働環境を作るという場合、その新制度の立案に、人事系コンサルティングファームは関わります。

日常業務の効率化は、複数のコンサルティングファームが関係しますが、人事系コンサルティングファームもその1つです。

とくに従業員の仕事の能率をアップさせるという課題は、人事系コンサルティングファームの領域と言えます。

M&Aで会社が統合された場合、人事制度も統合する必要がありますが、人事制度統合を円滑に行うために知恵を出して対応するのも、人事系コンサルティングファームの仕事です。

外資系の企業になると、海外での人材確保や多国籍間での年金制度など、海外特有の課題や問題が浮上しますが、グローバル人事マネジメントといった、海外で事業展開している企業に対応している人事系コンサルティングファームもあります。

職種

人事系コンサルティングファームは、課題の種類によって部門やチームを設置する傾向があり、それに伴いコンサルタントの職種も複数あります。

「人事組織コンサルタント」は、主に組織診断や人事制度の構築、組織改革に対する立案など、人事組織に関係する仕事を得意としています。

顧客企業の現状を分析し、経営戦略をもとに、人事戦略を提案します。

社員の評価制度導入など、労働力を上げて企業の利益につながるような戦略を策定するのが、人事組織コンサルタントの目的になります。

「人材育成・研修コンサルタント」は、社員や役員に適切な研修プログラムや人材育成を目的としたプログラムを作成するコンサルティング業を展開します。

新入社員なら新入社員研修というふうに、社員のレベルに合わせさまざまなプログラムを提案するのが、人材育成・研修コンサルタントの役目です。

企業の中には、「リーダー向け」「マネージャー向け」というふうに、社員の階級に合わせ、パッケージ型の研修を実施しているところもありますが、人材育成・研修コンサルタントは、研修内容や方向性などについて提案します。

そして必要であれば実際に研修に参加し、研修が円滑に行われるよう管理することもあります。

「採用コンサルタント」は、人材採用全般に関する課題解決に貢献します。

企業の中には採用業務が後回しになり、良い人材が集まらないことが課題になっている企業もあります。

採用コンサルタントは、そうした人事採用の分野で遅れのある企業に対し、サポートします。

採用コンサルタントは、企業の即戦力となる人材の確保について戦略を立て、顧客企業に提案、求人の募集から書類選考、そして入社まで採用業務を代行することもあります。

「グローバル人事コンサルタント」は、海外で事業展開する企業をメインにサポートします。

グローバル企業の課題は、文化の違う従業員の育成や人事評価、社会保障制度、人材の採用、経営理念の共有など、国内では生じないような、さまざまな課題が出てきます。

そうした課題に取り組むことを専門としているのが、グローバル人事コンサルタントになります。

特徴

人事系コンサルティングファームは、人事をメインに取り扱うという点が特徴的です。

他のコンサルティングファームは、経営や会計などの視点で企業の現状を把握したり、分析して問題点を探したりします。

人事は人の動きや組織を視点に戦略を立てていきますので、ほかのコンサルティングファームではカバーしきれない領域にも対応します。

人事系コンサルティングファームは、人事についての業務をメインに行うため、人事職から入りやすい職種と言えます。

人事系コンサルタントになるために必須資格はありませんが、職務経験や実績が採否に大きく影響します。

そのため、人事系コンサルティングファームは、人事畑を歩んできたコンサルタントが多く所属します。

シンクタンク系

シンクタンク系コンサルティングファームは、経済・社会・政治・産業など、さまざまな分野でリサーチを行い、政治政策の提言や課題解決、経営の方向性の決定などに貢献します。

シンクタンク系コンサルティングファームの仕事はリサーチや研究がメインになりますが、必要に応じてマネジメント業務を行うコンサルティング会社もあります。

仕事内容

シンクタンク系コンサルティングファームと言うと、リサーチや調査をするコンサルティング会社と思うかもしれませんが、「経済調査」はシンクタンク系コンサルティングファームの部門の1つとされている場合が多くあります。

シンクタンクは通常「経済調査」に加えて「ITコンサル」「マネジメントコンサル」「官公庁向けのリサーチ」と、4つの部門に分けられています。

シンクタンク系コンサルティングファームの仕事は、民間企業系または政府系と大きく分けられますが、ITコンサルトマネジメントコンサルは民間企業系の仕事が多く、経済調査と官公庁向けのリサーチは、行政機関向けのサービスと言えます。

職種

シンクタンク系コンサルティングファームは、4つの部門があり、そこに所属するコンサルタントは現職に関連した職種を経験している場合がほとんどです。

とくに中途採用者にその傾向が見られ、採用には経験職種が重要視されます。

特徴

シンクタンク系コンサルティングファームの特徴は、バックに大手企業がついている場合が多く、大手企業が持つ独自の人脈や技術的ノウハウから恩恵を受ける傾向があります。

シンクタンク系コンサルティングファームはリサーチをすることが多く、膨大なデータを蓄積するシステムや、さまざまな情報を取り扱うため、高度な分析力が必要です。

そのため、リサーチに高い技術やノウハウを持っていると、それがリサーチする際に有利になります。

シンクタンク系コンサルティングの仕事を続けていると、分析力に加えて情報処理能力や情報を適切に取り扱うスキルが身につきます。

経験を重ねスキルを磨いていくと、国家戦略プロジェクトに参加できるなど、やりがいのある仕事に出会える可能性も高まります。

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ