【アルバイト面接の服装】何を着ていけば良い?職種別バイト面接での服装例

はじめに

正社員とは違ってアルバイトの面接となると、どのような身だしなみで受けるべきか迷う人もいるはずです。

そもそもアルバイト面接ではどの程度、服装面が重視されるのでしょうか。

もちろん、職種によっても好ましい服装は異なります。

ここではアルバイトの面接での理想的な服装について、性別や職種別に解説します。

またアクセサリーやデニムスタイルの是非についても考えていきましょう。

これからアルバイトの面接を受ける人は参考にしてください。

【アルバイト面接の服装】バイト面接で服装は重要?

アルバイトの面接で面接官が見極めたいことは、「与えられた仕事をきちんとこなせる人かどうか」です。

時間を守ることや規律を守って動くことなどは、働く上での基本です。

しっかりきちんと働いてくれるかどうかを見極める材料の1つが、面接時の服装と言えます。

受ける側と採用側が初めて顔を合わせる面接では、第一印象が重要です。

だらしない服装や派手すぎる人は、面接官に悪い印象を与えてしまいます。

「この人は職場できちんと働いてくれるのだろうか」と疑問に思われてしまうのです。

きちんとした印象を持ってもらうためにも、面接時にどのような身だしなみをするかは非常に重要です。

【アルバイト面接の服装】基本的には清潔感があればOK

アルバイト面接はきちんとした服装をすることが大切とは言え、リクルートスーツを準備しなくてはならないのか悩むかもしれません。

髪型やかばん、靴なども具体的に好ましいものを教えて欲しい人もいるでしょう。

アルバイトの面接の服装は、正社員の面接ほどの堅苦しさは不要です。

重要なポイントは、「清潔感」と「さわやかさ」です。

服にシワがあったり髪の毛がボサボサだったりすると、不潔に見えてしまいます。

長い爪に真っ赤なマニキュアが塗られていて濃いメイクの女性は、さわやかな印象には決して見えません。

そのスタイルでカフェのウェイトレスなどの面接に来られても、面接官も困ってしまうはずです。

アルバイトの面接は、元気でさわやかな印象を持ってもらえるような服装を考えたいものです。

具体的に男女別の服装例を紹介します。

女性例 

まず髪型ですが、髪の毛が肩よりも長い場合は、1つにまとめてすっきり見せるようにしましょう。

明るい表情を作るためには、長すぎる前髪もマイナスイメージになってしまいます。

職場によっては茶髪禁止の所もあるので気をつけたいものです。

次にメイクですが、基本的に面接にはナチュラルメイクが好まれます。

濃いメイクは派手に見えますし、かと言ってノーメイクは顔色が悪く見えがちです。

たとえば、アパレル関係の仕事では、ある程度のセンスも求められます。

受ける仕事に応じたメイクをすることがポイントです。

服装は、トップは白や淡い色のブラウスを着るようにします。

寒い季節はカーディガンや襟付きジャケットを羽織りましょう。

下半身は短すぎないスカートやきちんとしたパンツを合わせます。

紺色や黒を選ぶと安心です。

靴は黒や茶色、紺色のパンプスやローヒールが無難です。

スポーツ関連や現場の仕事などは運動靴でもかまいませんが、屋内の仕事の場合はカジュアルシューズは避けましょう。

かばんに関しても、派手すぎるカラーやデザインのものは控えます。

筆記用具やクリアファイルが入る大きさのものが便利です。

男性例

男性は髪の毛がボサボサの人もいるので要注意です。

前髪も短めにカットして、さっぱりとさわやかに見せるように心がけましょう。

髭を剃っておくことも基本です。

茶髪禁止の職場もあるので、事前に確認をして適切な髪の色で面接に挑みたいものです。

服装においては、上半身は白やさわやかな淡いカラーのシャツを選ぶようにします。

ネクタイはつけなくてもかまいませんが、できれば襟付きのシャツが好ましいです。

Tシャツのようなカジュアルスタイルは避けましょう。

下半身はスラックスなどきちんとしたズボンを穿きます。

営業職や経理の仕事などは、スーツの上下が適切かもしれません。

いずれにせよ、きちんとした服装であることが基本です。

帽子をかぶったまま面接を受けるのはマナー違反です。

男性の場合、靴が汚れている人も少なくありません。

汚れた靴は不潔に見えてしまうので、前日までに洗うなり磨くなりしてできるだけ綺麗な状態にしておきましょう。

かばんはA4サイズの書類が入る大きさのものが便利です。

色は黒や紺色、茶色などが無難です。

【アルバイト面接の服装】とくに服装に気をつけるべき職種

アルバイトにも多種多様な仕事があり、各職種に合った適切な身だしなみをすることが大切と言えます。

「さわやかで清潔感のある服装」であることはどの職種にも共通していますが、会社が求めるものや重きを置くポイントが多少異なります。

無事に面接に通るためには、各職種の求める人材像を知っておくことが大切です。

飲食店やアパレル、オフィスワークなどアルバイトで人気の職種において、それぞれ気をつけるべき服装について見ていきましょう。

飲食店

カフェや居酒屋、お弁当屋さんなど食品を扱う飲食店は、アルバイト求人でもよく見られます。

ホール職や厨房職など仕事はさまざまですが、共通しているのは食べ物を取り扱っていることです。

それゆえに、食料品を扱わない業種以上に清潔感が求められます。

飲食店の求人条件には、ネイルや髪型について厳しく規定がある職場が多いです。

面接を受ける際にも、決められた条件を把握して適切な身だしなみをすることが大切です。

意外と忘れてしまいがちなのが、爪の身だしなみです。

女性は短く切ってネイルは控えます。

男性は、爪が伸びていないか、汚れていないか事前にチェックしておきましょう。

アクセサリーも控えめにして、面接に挑みたいものです。

アパレル

ショッピングモールのテナントなど、アパレルショップのアルバイトも人気があります。

アパレルで働く場合は、ある程度のおしゃれやセンスも必要になってきます。

取り扱っている服が似合うおしゃれなスタッフが接客することで、客も購買意欲が増すのです。

そのため、アパレルを受ける場合にあまりにもノーメイクでおしゃれ感がないのはマイナス評価になってしまいます。

派手すぎるのはよくありませんが、ある程度は個性を出してセンスの良さをアピールしましょう。

受けるブランドアイテムを服装のどこかに取り入れるのも良い手です。

常に身だしなみに気を遣いトレンドにも敏感であることを、面接でも伝えることが大切です。

家庭教師や塾講師

家庭教師や塾講師のアルバイトで求められるのは、生徒が信頼できそうな人柄であるかどうかです。

それは身だしなみにも言えることで、きちんとした服装の人は「先生」として生徒から信頼されることでしょう。

指導者系の面接を受ける場合は、スーツまではいかなくとも「指導者」として適切なかっちりした服装を心がけるようにします。

白いカッターシャツに紺色のズボンなどが、教師らしいのではないでしょうか。

受ける塾が、実際の授業はスーツで行うのか事前に調べておけば安心です。

スーツで授業をする職場であるなら、面接も堅苦しすぎないスーツの上下で挑みましょう。

家庭教師の面接に関しては私服でかまわない所がほとんどですが、派手すぎない「教師らしい身だしなみ」をすることが基本です。

事務などのオフィスワーク

事務職を受ける場合は、品の良い落ち着いた服装をしたいものです。

事務の仕事内容もさまざまですが、中にはアルバイトでも取引先客の応対をしなければいけない場合もあります。

来客対応をする仕事では、会社に恥じない上品な身だしなみが求められます。

面接においても、事務員らしいきちんとした服装で受けることが望ましいでしょう。

電話対応やデスクワークのみの事務職であれば、ナチュラルで清楚な服装であれば問題ありません。

とくにリクルートスーツを着て行く必要もないはずです。

淡いカラーのトップスに紺色のタイトスカートなどが無難ではないでしょうか。

【アルバイト面接の服装】バイト面接の疑問Q&A

アルバイトの面接で失敗しないためには、事前にきちんと面接準備をしておくことが重要です。

身だしなみに関しても、いろいろな疑問を抱いている人は多いはずです。

はっきりした答えが分からないまま面接当日を迎えてしまうと、慌てて朝に準備して遅刻するかもしれません。

服装関連の疑問においては、事前に解決しておきましょう。

面接時のデニムスタイルやアクセサリーなどについて、具体的に解説します。

デニムで面接にいっても大丈夫?

普段ジーパンしか履くことがなくて、アルバイトの面接もデニムではダメだろうかと悩む人もいるでしょう。

できればデニムスタイルでの面接は、避けるべきです。

デニム生地にもいろいろありますが、やはりデニムというだけでカジュアル感が出てしまいます。

面接官の中には、「遊び感覚でアルバイトに来るのではないか」と感じてしまう人もいます。

どうしてもデニムしかないのであれば、破れなどがなく薄い色のものを選びましょう。

ジーパンを穿くのであれば、チノパンの方がまだ無難です。

また下半身がカジュアルになってしまうときは、上半身は襟のある白いカッターシャツにするなどの工夫が必要です。

できるならスーツの方が良いの?

アルバイトの面接で、「スーツを着てお越しください」と言われることはほとんどありません。

正社員の面接のようにリクルートスーツを準備する必要はないでしょう。

しかしながら職種によっては、スーツ姿の方がふさわしいものもあります。

とくに実際の職場でスーツを着る仕事であれば、面接もスーツで受けるのも好印象を持ってもらえるかもしれません。

スーツ姿は「きちんとしている」とみなされるメリットがあります。

わざわざスーツを購入することはないですが、私服かスーツか迷ったならば、スーツにしておけば無難です。

アクセサリーはどうするべき?

面接時のアクセサリーの是非は、受ける職種によっても異なってきます。

アパレルや化粧品関連、事務職などは、ナチュラルでセンスの良い小さいアクセサリーであれば問題ないでしょう。

大きなピアスはNGですが、目立たないものであればかまいません。

とくにアパレル関連は、おしゃれな人材を求める会社も多いはずです。

ただし、ブレスレットや大きな髪飾りなどは控えましょう。

飲食店を受ける場合は、指輪なども外しておく方が安心です。

髪の毛の色は?

茶髪や個性過ぎるカラーのヘアスタイルは、面接官に良い印象は持ってもらえません。

たとえ求人に「茶髪可」と書かれてあったとしても、あまりにも奇抜なヘアカラーは避けたいものです。

けれども少し茶色の程度であれば、わざわざ真っ黒に染める必要もないでしょう。

実際に現場で働く光景をイメージして、その姿で問題がないと感じる髪色であれば良いはずです。

髪の色に関しては、社会人としての常識を試されるとも言えます。

花粉症や少しの咳のマスクはしても良い?

花粉シーズンはマスクが手放せない人もいるでしょう。

また面接日に運悪く、風邪を引いてしまうこともあります。

そのようなときに、マスクをしたままで面接を受けて良いのかどうか悩むものです。

咳やくしゃみがひどいときは、挨拶のときはマスクを外してその後に「花粉症(風邪気味)ですので、マスク着用させていただいてもかまわないでしょうか?」と了承を得ると良いでしょう。

きちんと説明することで、マナーのある人だと思ってもらえます。

また風邪をうつさないための心配りも感じるはずです。

断りなくマスクをつけたままで面接を受けることは、控えたいものです。

面接官は相手の表情もチェックしており、マスクをつけない方が笑顔や目の輝きなどが分かります。

症状が軽いときは薬を飲むなどできる限りの対策をとり、マスクなしで面接に挑めるように心がけたいものです。

まとめ

身だしなみをきちんとしておけば、アルバイトの面接は通りやすくなることは間違いありません。

受ける会社によって適切な服装は異なるので、面接準備としてきちんと確認しておくことが重要です。

きちんとした身だしなみをして行けば、自然と自分に自信も持てて面接時の緊張も緩和されます。

清潔感のある服装で最高の自分をしっかりアピールして、無事に内定をもらいましょう。

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ