企業はインターンの選考で何を見て何を判断する?

はじめに

みなさんはインターンをする際に、何が一番大事だと思っていますか。

インターンをする際に一番大事になってくるのは、目的です。

なんらかの目的があり、その目的を達成するためにインターンをするのです。

この部分がしっかりとしていなければ、人事の選考で落とされてしまうかもしれません。

今となっては、インターンに参加するのはごく普通のことです。

だからこそインターンに意味を持たせたいところで、最近はなんとなくインターンに参加する学生も多くなっています。

これから紹介する事柄をしっかりと確認し、あなたがインターンをする目的を明確にしましょう。

なぜインターンの選考に目的が必要なのか?

インターンの選考の際に目的がなぜ必要なのか理解できない人もいるかもしれません。

しかし、人事が意味のない問いを投げてくるはずがありません。

インターンの選考に目的が必要な理由を理解すれば、落とされてしまうのを回避するきっかけになるはずです。

インターンの意図を理解した学生と、そうでない学生では、インターン時の行動や成長にも違いが出てきます。

また、インターンを終えた後の行動にも違いが見られるため、しっかりとその意図を理解する学生を企業側は求めているといえるでしょう。

そのため、まずはなぜインターンの選考に目的が必要なのかをじっくりと考えてみてはいかがでしょうか。

これを理解すると、インターンに参加するモチベーションもずいぶん高まってくるはずです。

人事は目的から何を見ている?

インターンの選考になぜ目的が必要なのかを明確にするためには、人事は目的から何を見ているかを知れば納得できるかもしれません。

ここでは、人事が目的から何を見ているのかを具体的に紹介していきます。

目的から一貫性や合理性を見る場合もあります。

その目的を達成するのに、インターンは合理的な選択肢なのか、そして、一貫性があるのかを判断するのです。

また、目的に対する向き合い方を見て、その人の性格も見ています。

目的と行動に一貫性があれば、その人は目的に対して真摯な姿勢で取り組む、正解をしっかりと導き出せる信頼性の高い人間だと判断してもらうことができるでしょう。

このように、インターン選考の際の目的を確認するだけでも、その人のことがずいぶんわかってしまうのです。

行動と目的の一貫性

人事も会社側になんらかのメリットがあるからこそインターンを提供しています。

そのため、行動と目的の一貫性ないと、会社のメリットにもならないと思われ、落とされてしまう可能性があるのです。

ものづくりに興味のある人が、Web制作の仕事に携わりたいというのであれば、これは行動と目的の一貫性があるとわかるでしょう。

しかし、ものづくりに興味があるのに事務作業のインターンをしたいという場合は、目的と行動に一貫性がないと見なされてしまう可能性があります。

これは極端な例ですが、人事の人たちは人材を見極めるプロなので、些細な食い違いであっても、見極められてしまう可能性は高いといえるでしょう。

特に短期インターンの場合、行動と目的が合致していなければ、余程のことがない限り、得られるものはありません。

これは、会社側にとっても、とても無駄な行為になってしまうので、落とされてしまうのです。

目的に対する姿勢から人となりを見る

行動と目的が一貫性している人間は、会社側にとってみれば信頼性が高いです。

行動と目的の一致を見られるのは、このような意味もあるのです。

人事は、志望動機からその人の人となりを見ます。

行動と目的の一貫性がない人は、信頼性に欠ける人間、応募要項をよく確認しない人間と思われてもしかたがありません。

逆に、行動と目的に一貫性のある人間は、今やるべきことをしっかりと把握している人間とも捉えられるでしょう。

これは、社会において非常に重要なポイントで、このような人材が集まる会社は、成長を続ける可能性が高いといえます。

このどちらを会社が採用したいかは明白です。

目的にしっかりと軸があるということでもありますので、そのような人は、目的に対して真摯に向き合う姿勢を持っています。

インターンをやる目的

インターンをするなら、インターンをやる目的を明確にしておきましょう。

インターンをする目的は、インターンの種類によっても違います。

短期インターンと長期インターンでは、得られるスキルがまったく違いますので、その目的も違って当然です。

また、今では多くの人がインターンを利用する時代になりましたので、ついつい、なんとなくインターンをしてしまいやすいです。

しかし、人生の目的によっては、インターンよりも学生企業の方が向いていたりと、必ずしもインターンが最良の選択肢でないこともあります。

柔軟な思考を養って、今自分がやるべきことは何なのか、インターンで何を得られるのかをしっかりと把握しておきましょう。

インターネットには、インターンの目的を考察した記事がたくさんありますので、まずはそれらを確認してみるのも良いでしょう。

インターンの目的についてはこちらを確認してみてください。

https://shukatsu-ichiba.com/article/12212

インターンで何を得たいか?

インターンで絶対に避けなければならないのが、なんととなく周りの雰囲気に流されるままに参加するというものです。

逆にインターンを成功に導く方法は、確固たる意志を持ってインターンに参加することです。

そのためには、明確な目的を持って参加するようにしましょう。

インターンで何を得たいのかを明確にします。

また、短期インターンと長期インターンでは得られるものの性質が違いますので、その点も注意してください。

得たい理由を明確に

インターンの目的を決めても、なぜその目的なのかが明確でなければなりません。

これは、得たい理由を明確にするということです。

将来、グローバルに活躍したいので、グローバルビジネスを展開する企業で、時代の最先端の風を感じるために短期インターンに応募するというのならば、得たい理由は明確になります。

また、将来、入りたい業界が決まっていて、その業界に入ったときにスムーズに入り込めるよう長期インターンをするというのも得たい理由が明確なインターンといえるでしょう。

得た先の自分を想像しよう

インターンで得たい理由が明確になったら、得た先の自分を想像してみるのも良いです。

また、逆に理想の自分を想像して、そこから遡り、インターンを選ぶ方法もあります。

得た先の自分を想像して、自分の将来の理想像と比べてどうなのかも確認してみてください。

自分の理想像と得た先の自分を比べ、そこに違和感が少ない場合、それは自信につながってきます。

自信を持った人間というのは、相手に対して説得力をアピールできるので、インターンの選考時にも選ばれる可能性が高くなるはずです。

企業側がインターンを実施する目的

企業側がインターンを実施する目的は、自社にとってメリットになる人材を確保するためだといえるでしょう。

優秀な人材を確保するためには、自社のことを就活生に知ってもらう必要があります。

そのためにインターンはぴったりなのです。

インターンで会社に興味を持ち、将来の内定者になる可能性もあります。

また、業務を担当させてその人のスキルを見る意味もあるでしょう。

書類や面接だけで見極めるよりも、実際に業務を通じて見極めたほうが、より正確にその人を判断しやすいのです。

未来の内定者になってもらうため

企業側がインターンを実施する目的は、未来の内定者になってもらうためです。

企業側もメリットを求めてインターンを実施するのは当たり前ですが、良い人材に振り向いてもらうためともいえるでしょう。

良い人材にインターンで、しっかりと自社をアピールすることができれば、その人材を確保できる可能性が高まるのです。

また、インターンは企業から就活生への宿題とも考えられます。

実際に現場を見てもらい、自分に何が足りないのかを理解してもらうことができれば、実際の就活のときにさらに成長した人材に出会える可能性があるのです。

これは、就活生が意識しなければ、絶対にわからないインターンの隠された意図です。

この部分を意識できる学生とそうでない学生では、かなりの差が出てしまうでしょう。

人柄や、性格、スキルを業務を通して見るため

筆記試験や面接でその人物を正確に評価するのは、実は非常に難しいです。

採用のプロであっても、100%正確に見極めることは難しいでしょう。

そのため、企業側も将来化ける人材を見逃している可能性はあるのです。

そこで、インターンを通じて、将来化けるであろう優秀な人材を見極める必要があります。

単に筆記試験や面接でその人を見極めるよりも、実際に業務をしてもらって観察したほうが、圧倒的に性格やスキルを確認することができます。

業務に対しての向き合い方で性格は出てしまいますし、与えられた仕事をどの程度こなせるかでスキルを見極めることができるのです。

つまり、インターンに参加する学生は、この部分を見られているという意識をする必要があります。

職種別!人事が選考で見ているポイント!

インターンにはさまざまな種類の仕事があります。

そして、それぞれのインターンで、選考時のポイントは異なってきます。

ここでは、いくつかの仕事を挙げていますので、それらのインターン選考をするときに、どんな部分が見られているのかを確認してみましょう。

ポイントを把握して選考に臨めば、落とされる可能性を低くすることができるはずです。

営業

営業と聞けば、飛び込み営業や1日100件の電話などを思い浮かべる人もいるかもしれません。

しかし、最近は業務の効率化が図られており、営業の前段階の工程が存在することが多いです。

それがセミナーやイベントになっていて、これらに参加した見込み客にターゲットを絞って営業をかけるような方法が主流になってきました。

そして、営業の仕事は、今も昔も変わらなく、自社のサービスや商品の新規客獲得のきっかけを作る仕事です。

また、特定の業界にしかないというわけではなく、どの業界にも営業職は必要になってきます。

仕事内容

仕事内容は、自社のサービスや商品の売り込みです。

すでに付き合いのある企業に新商品の紹介に行くのも営業にあたるでしょう。

また、見込み客に対して、自社のサービスや商品をアピールすることもあります。

最近は、少しずつ少なくなっているものの、電話営業や飛び込み営業をしているような企業もまだまだ存在します。

営業は人柄も仕事といえるくらい、人柄の重視される仕事です。

顧客に対して直接接点を持つので、第一印象が良いことが大前提でもあります。

営業のインターン選考で人事が見ているポイント

営業のインターン選考で見られるポイントは、成果を上げられるかではありません。

営業職としての資質を見極められることが多く、そのほとんどが第一印象やコミュニケーション能力です。

営業職は、第一印象が良ければ良いほど、営業成績を上げやすくなります。

また、コミュニケーション能力も高ければ、高いほど良いでしょう。

求められる性格としては、ハキハキと明るく元気です。

営業では、新人のフレッシュさも武器になりますので、インターン選考の際にはどんどん発揮していきましょう。

エンジニア

エンジニアというくくりは、非常に広いくくりです。

エンジニアというのは、工学に対して専門的な知識を持つ人のことを指していて、それぞれの分野に専門のエンジニアが存在します。

ITの世界においてはITエンジニアが活躍しますし、電力会社では電気系のエンジニアが活躍するのです。

近年、注目を集めているエンジニアとしては、Web系の専門知識を持つエンジニアがあります。

この分野だけでも、かなりのエンジニアに細分化することができ、プログラマーやネットワークエンジニア、システムエンジニアなどさまざまです。

仕事内容

エンジニアの仕事内容は、それぞれの専門知識を駆使して、開発をしたり設計をしたりします。

また、その専門技術はトラブル解決にも役立ち、商品の修理などに携わることもあるでしょう。

エンジニアというのは、技術者のことでもありますので、それこそエンジニアの分だけいろいろな仕事があるといえます。

エンジニアといえば、専門的な技術を利用して、何かを作ることを思い浮かべる人も多いかと思われますが、セールスエンジニアのように知識や話術を活かして、営業活動をする人も含まれるのです。

エンジニアのインターン選考で人事が見ているポイント

エンジニアのインターンで人事が見ているポイントは、ものづくりに対する姿勢でしょう。

エンジニアは、さまざまなものを作る仕事でもあります。

そのため、ものづくりに対して興味を持っているか、良いものを作るための独創性を持っているかなどを確認されるのです。

また、エンジニアは、多くの人と連携して大きなものを作ります。

チームワークが非常に重要な仕事なので、協調性などを見られることも多いのです。

さらに、根気が必要な仕事でもありますので、根気強さや粘り強さが評価ポイントになることもあります。

マーケティング

マーケティングは、業務の効率化を図る行為です。

世の中の人々のニーズを知り、そのニーズに合致した商品を世に出すことが仕事でもあります。

新しい商品やサービスを企画したりすることもありますし、世の中のニーズを知るためにマーケティングをしたりすることもあるのです。

市場調査でニーズを調査し、そのニーズに合致した商品を開発します。

そして、その商品を営業担当が顧客にアピールすれば、より売れる確率が高まることが理解できるのではないでしょうか。

仕事内容

マーケティングの仕事は、会社によって微妙に異なってきます。

一つが、各市場のニーズに合わせた商品開発をするというものです。

また、これは会社によって違うのですが、場合によってはマーケティング部門が営業企画をすることや販売促進を担当することもあります。

これには営業担当の方針を決定するというような意味合いもあるのです。

さらに、マーケティング部門が、良い商品を作るためには、市場調査は欠かせません。

市場調査によって得たデータを利用して、今後の戦略を立てていくのです。

最後に、広告や宣伝もマーケティングの仕事の一つになります。

マーケティングのインターン選考で人事が見ているポイント

マーケティングのインターン選考で見られるポイントは、発想力や独創性を見られます。

また、仕事に対しての合理性や客観性を見られることもあるでしょう。

マーケティングという仕事は、相反する能力をうまく使いこなさなければならない難しい仕事です。

商品の企画には発想力や独創性が求められますし、市場調査の結果分析では、合理性や客観性が非常に重要になってきます。

また、各部門と連携して仕事をするので、協調性やチームワークなどが見られる場合もあるでしょう。

企画

マーケティングにも企画という仕事が含まれますが、企画職はさらに企画に特化された仕事です。

また、逆に、企画職の一部にマーケティングが含まれることもあります。

企画職はマーケティングに比べて、より専門性の高い分野であり、特に商品開発においては、商品を企画するためにその分野の専門知識が必須の場合も多いです。

そのため、より突き詰めた仕事になるともいえるでしょう。

また、大きな商品になればなるほど、一人で企画を担当することはなく、さまざまな人たちと連携して商品企画に臨みます。

仕事内容

企画の仕事は、商品企画や宣伝や広告の企画、そして営業企画に分かれています。

商品企画は、新商品を開発したり、すでにある商品を改良したりすることもあります。

商品企画は、それぞれの商品の専門職ともいえ、食品開発なら食品関連の専門知識が必要ですし、Web関連ならWebの専門知識が必要です。

宣伝や広告は、その大枠や方針を決めるのが仕事で、それにもとづいて多くの人が進んでいくことになります。

営業企画も同様で、営業職の人たちが参考にするための指針を作り出すための仕事です。

戦でいえば、軍師のような仕事をする人たちなので、戦略性も求められます。

企画のインターン選考で人事が見ているポイント

企画のインターン選考で人事が見ているポイントは、独創性や発想力です。

オリジナリティのある人間は企画職で重宝される傾向にあり、成功する可能性も高くなります。

また、大勢の人で意見を出し合って商品開発を進めることも多いので、チームワークや協調性も重要です。

場合によっては、上層部とのコミュニケーションが求められることもあります。

さらに、マーケティング部門が市場調査やその分析をしたデータを利用して、商品開発をすることになりますので、データを読み解く力や応用力が求められるでしょう。

また、世の中で大ヒットするような売れ筋商品を作るのは並大抵のことではありません。

そのため、企画には相応の根気が求められます。

ライター

ライターは、さまざまな文章を作成する仕事です。

Webメディアに投稿する記事を作成することもありますし、新聞の記事を作成するのもライターです。

また、ライターは書くだけが仕事ではなく、取材をすることもありますし、Webページの作成をするようなこともあります。

単純に企業の商品を紹介するライティングもあれば、その商品を売るために短い文章で購買欲を高めるコピーライティングと呼ばれる特殊な技術を駆使するライターもいます。

覚えておきたいのが、ライターはあくまでも縁の下の力持ちである点で、テレビで紹介されるような華々しいライターは、ライターの中のごく一部の存在なのです。

仕事内容

ライターといっても、その仕事内容は千差万別です。

基本的には、文章を作成する仕事に違いはないのですが、Web媒体に記事を投稿するWebライターのような存在もいれば、新聞や雑誌などの紙媒体を主体に活動するライターもいます。

また、文章よりも、取材に時間を割くライターも存在し、写真に力を入れるライターもいるのです。

また、商品の売上貢献に特化したコピーライターのような仕事もありますし、ライティングだけではなく、Web制作、文字装飾などをまとめて請け負う仕事もあります。

仕事によっては、文章力よりも、コミュニケーション能力が求められることもあるでしょう。

ライターのインターン選考で人事が見ているポイント

ライターのインターン選考で人事が見ているのは、基本的な文章力や他人に配慮した文章が書けるかです。

ライターは、企業を背負って文章を書くことも珍しくないため、大勢の人への配慮が必要になってくるでしょう。

そこで重要になってくるのが、基本的な気配りです。

また、ライターと呼ばれる仕事は、予想以上に根気が必要です。

1日何時間も文章を書かなければいけないこともあるので、それなりの根気は必要になってくるでしょう。

さらに、取材が必要なライターになれば、コミュニケーション能力も必要になってくるので、社会人としての基本的なコミュニケーション能力が求められます。

まとめ

企業のインターン選考対策についてずいぶんわかったのではないでしょうか。

企業もより良い人材と出会いたいからこそ、インターンを実施します。

そのため、ある程度の選考が行われるのは当然であって、重要なのは、その意図を理解することです。

意図を理解したうえで、しっかりと相手に目的を伝えることができれば、どのインターンであっても、参加できる可能性は高まるでしょう。

それぞれの仕事には、それぞれの選考基準があることがわかったかと思われますので、自分がインターンをしたい業界を選び、それに向けて対策を始めてみてはいかがでしょうか。

そうすれば、インターンに参加できる可能性も高まります。

インターンに参加した際には、なんとなくではなく、目的を持って必ず何か得られるように努力しましょう。

担当エージェントがインターンシップを紹介!
インターンシップ参加まで個別でサポートします。

インターンであなたのビジョンを実現まで
サポートを実施

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ