転職の最終面接、絶対にモノにしたい人がとるべき4つの行動

「いよいよ次は転職活動の最終面接。これをモノにできれば新たな人生が拓ける!」そんな状況にいる皆様。最終面接対策は順調でしょうか?

もし「まだ何も…」という場合や、「最終面接の対策って何をすればよいかわからない…」というのであれば、ぜひ本記事をチェックしてみてください。最終面接で面接官は何を見ているのかから、最終面接前にやっておくべき対策まで、みっちりと解説しています。

さらには最終面接を落してしまう人の特徴についてもご紹介。そちらも併せて参考にしてみてください。最終面接を絶対にモノにしたいのであれば、本記事のチェックをすることがその第一歩です。

最終面接=採用ではない!

いきなりですが、最終面接=採用ではありません。ときおり「最終面接なんて顔合わせみたいなもので、ほぼ内定でしょ?」なんてことを言う人もいますが、それは全くの誤解です。残念ながら最終面接でも落ちる人は少なからずいます。ほんのあと一歩のところで落とされるのですから、これは非常にもったいない話です。

最終面接では何を見られている?

そもそも最終面接ではどんなことが見られているのでしょう?それを知ることこそ、最終面接をモノにするための最大の近道です。チェックされているポイントは大きく分けて3つ。それぞれを見てゆきたいと思います。

熱意

まずチェックされているのは熱意です。会社を辞めたいという気持ちが高まりますと、どこでも良いから次に行きたいなんてことを考えるものです。一方の会社側としては「どこでも良いから」と転職されてはかないません。情熱をもって仕事をしてくれない可能性もありますし、場合によってはすぐに辞めてしまうかもしれません。

最終面接を担当するのは会社役員クラスです。多くの部下を抱え、そして多くの部下を育ててきた実績がありますから、その眼力は本物です。とってつけたような熱意はすぐに見抜かれてしまいます。「あなたの本気を見せられるか」いたってシンプルな話ですが、それこそが内定へのカギを握っています。

情熱・熱意を伝えるためには「なぜこの会社に転職したいと思ったのか」について、もう一度、しっかりと思い返しておきましょう。それこそが熱意を伝える王道です。

会社との相性

会社との相性もチェックされるポイントです。企業にとって採用活動は時間もお金もかかる大変な作業です。そのお金を回収して、さらには儲けを出さなくてはならないため、雇った人には長く働いて欲しいというのが企業側の思いです。

一方で、社員と会社との相性といったものは歴然としてあるものです。そしてそれを簡単に見抜くのが会社役員たち。何せやっと育てたものの会社を去って行った部下も数多くいるからです。この人はいずれ辞めるだろうなということを半ば直感で見抜くものです。

これに関してはなかなか対策しようがないのですが、せめて「とにかく働きたいんです!」というアピールは必要です。また会社の求める人材像をしっかりと把握して、それに見合う人材であるというアピールも必要となってきます。

ビジョン

最終面接を担当する会社役員は10年・20年後も会社を存続させ、従業員に給与を支払っていくという役目を負っています。そのため、「即戦力となるか」という視点と共に「10年後・20年後も役立つ人材なのか」ということをチェックしています。このチェックポイントを通過するためには、転職後に考えている自分なりのビジョンを伝える必要があります。

将来的に自分はどんな人材を目指しているのか、そしてその時に自分はどんな貢献ができるのか。多少大げさにでも(もちろん現実的な範囲で)将来のビジョンを語りましょう。

最終面接前に必要な4つの行動

続いては最終面接前にやっておきたい4つの行動についてご紹介していきます。いずれもちょっとしたことですが、やるのとやらないのとでは大違いです。

経営者の気持ちになって自分を見てみる

まず大切なことは経営者の気持ちになって自分を見てみるということです。経営者ですから今現在の売上についても考えなくてはなりませんし、今後もビジネスを継続していくということも考えなくてはなりません。また会社を発展させていくために、新たな事業に取り組む必要もあるでしょう。

そんな思いを持っている経営者にとって、あなたはどう映るでしょうか?また、そんな経営者にあなたは何をアピールするべきなのでしょう?スキルや経験はもちろんですが、あなたならではのアピールポイントがきっとあるはずです。

その内容は人それぞれですし、受ける会社やその業種によっても異なるでしょう。けれど一つだけ言えることは「当たり障りのないことを言っても意味はない」ということです。当たり前のことだけをアピールされても、経営者の心に響くことはないでしょう。

「なぜその企業を選んだのか」振り返っておく

最終面接前には「なぜその企業を選んだのか」振り返っておきましょう。おそらく最終面接に進むまでに、少なくとも1度は面接があったはず。おそらくそこで志望理由や自己PRなどは、イヤと言うほどに伝えたかと思います。そのため最終面接を前にして「伝えるべきことは伝えた」という気持ちになってしまうことは多々あります。

なのですが、志望動機を伝えたのも、自己PRを伝えたのも、あくまでも1次面接の担当者です。一般的に1次面接の面接官から最終面接の面接官に面接内容が伝わるということはありません。会社役員クラスはとにかく仕事が忙しく、そんなことに使う時間はないからです(役員が暇でしょうがないという会社であれば、辞退した方が無難です)。

ですから、最終面接では再びなぜこの企業を志望しているのか、自分にはどんなアピールポイントがあるのかなどを相手に誤解を与えることなく説明する必要が出てきます。

そこで役立つのが「なぜその企業を選んだのか」振り返っておくという作業です。その企業のどういった点に惹かれたのでしょう?またその企業に対して、自分は何を売り込めるのでしょう?いったん初心に帰って自らを見つめなおすことで、最終面接でのアピールも熱を帯び、説得力も増すものです。

その会社で過ごすこれからの10年・20年を想像する

これまでも転職後の人生に思いを馳せたことはあるはずですが、最終面接前というタイミングでもう一度考えてみてください。なにせ最終面接に合格すれば、本当にその会社で過ごすことになります。そのリアルがいよいよ目前に迫っているのです。

ですから、これまでの「入社できれば良いな」という状況とは大きく異なっています。これまで以上に現実味を帯びて10年後・20年後が想像できるはずです。その想像は「是非とも入社したい」という思いを後押ししてくれるはずです。

10年・20年を想像した上でどういうことを達成したいかキャリアプランを立てる

そして最後に10年後・20年後を見据えた上でのキャリアプランを考えてみましょう。エンジニアとして最前線に立ち続けたいという人もいるでしょうし、管理する側に回りたいという人もいるでしょう。そしてそのためには何をして、どんなスキルを身につけなくてはならないのでしょうか?

そういったことを具体的に考えていきますと、自らのビジョンが明確になるものです。そしてそのビジョンは最終面接でのアピールで大きく役立つものです。内定を勝ち取るためにも、10年後・20年後を見据えた上でのキャリアプランを考えてみてください。

もったいない…最終面接を落してしまう人の特徴

ここまでは最終面接をモノにするためのポイントについて見てきましたが、逆に言えば最終面接を落してしまうポイントというのも存在しています。どういった人が最終面接を落してしまうのか、その特徴についてチェックしていきましょう。

一つ目の特徴として挙げられるのが「話が端的ではない」ということです。最終面接を担当する会社役員クラスはとにかく忙しく働いています。そのため部下からの報告も要点だけ伝えるように指示しているものです。要点だけを聞き判断することが日常ですから、普通に話していても「で、結論はなに?」といった風に捉えられてしまいます。

ましてや話がダラダラと続き、その執着点が見えないような場合には、ついついイライラしてしまうものです。当然ですが、それでは好印象を与えることはできませんし、内定には繋がりません。

二つ目の特徴として挙げられるのが緊張感の不足です。一次面接・二次面接を担当しているのは入社後に共に働く可能性のある現場の人です。そのため人当たりも良く、面接は和やかに、スムーズに進みます。それで油断してしまうとNGです。

最終面接を担当する役員クラスはそれまでの和やかな雰囲気とは打って変わって、異常な緊張感をもって接してくることもあるもの。そんな時にこれまでの面接と同じテンションで臨んていますと、面接の雰囲気に圧倒されてしまい、本領を発揮できなくなってしまうものです。この場合も内定を勝ち取るのは難しいと言えるでしょう。

まとめ:ポイントを押さえて最終面接をものにしよう!

最終面接を着実にモノにするため、最終面接でチェックされるポイント、そして最終面接前に実施しておきたい4つの行動についてお伝えしてきましたが、気になる情報は見つかりましたか?

最初にもお伝えした通り、最終面接でも落とされる人は少なからず存在しています。ほんのあと一歩のところで内定を取り逃がすのですから、これは悔やんでも悔やみきれない非常にもったいない話です。そんな悔しい思いをせずに済むように、今回ご紹介したポイントをしっかりと押さえ、最終面接に臨んでください。

内定は取れたけどこんな不安やあんな不安が…。
わたしたちに何でも聞いてください!​​

あなたのビジョンを実現させるための
就活のサポートを実施​

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ