転職希望者必見|未経験からマーケティングを目指すなら知っておきたい3つのポイント

未経験からマーケティング業界を目指している皆様、転職活動の準備は進んでいますか?もし「憧れはあるけれど何を準備すれば良いのかワカラナイ…」なんて悩みを持っているとすれば、ぜひ本記事をチェックしてみてください。マーケティングで求められる人材像や、スキル、そして志望動機作成のポイントまで徹底的に解説しています。気になる情報がきっと見つかるはずです。

 

マーケティングは未経験から転職可能?

未経験からマーケティングへの転職を考える際、一番気になるのが「そもそも未経験から転職可能なの?」ということです。その答えは「可能」です。未経験からマーケティング業界へ転職し、活躍している人は少なからず存在しています。ですから皆様も安心して挑んでください。

 

マーケティングに向いている人の特徴

まずはマーケティングに向いている人の特徴についてチェックしていきましょう。一朝一夕に身につくスキルではないので、日常的にこれら特徴を意識しておくことが大切です。

 

分析力のある人

マーケティング業界で働くためには、何は無くとも分析力が欠かせません。世の中の流れに対し常に「なぜ?」という目を向け、流れを生み出す原因を見つけ出します。そしてそれを応用して新たな流れを生み出す。それこそがマーケターの仕事です。

 

発想力が豊かな人

マーケティング業界で働くからには発想力が必要です。何かと何かを組み合わせてまったく新しい価値を生み出したり、既存の手法を思いがけない方法で応用したり、そういったことを得意としておく必要があります。

 

他人の気持ちになれる人

マーケティングという仕事は採取的に人を動かさなくてはなりません。そのため、人の気持ちになって考えることが欠かせません。女子高生の気持ちになって考えてみたり、少年の気持ちになって考えてみたり、あるいは老人の立場で考えてみたり。年齢や性別などはスッと飛び越えて、視線を切り替える能力が求められます。また、それができるからこそ、幅広い仕事が可能となるのです。

 

マーケティングの転職に有利なスキル

続いてはマーケティングへの転職に有利なスキルについてご紹介していきたいと思います。志望動機作成や面接などで下記はしっかりとアピールしておきましょう。

 

コミュニケーション力

世の中の流れをとらえる際、コミュニケーションは欠かせません。色々な人と話している中で新たな発見が生まれることも多いからです。

 

またマーケターはクライアントへの説明機会も多いのですが、そこでもコミュニケーション能力が求められます。どれだけ優れたアイデアでも人に伝えられなくては意味がありません。

 

論理的思考

マーケティングの仕事は自分一人では簡潔しません。世の中の流れを紐解き、それを関係者に伝える必要があります。そこで求められるのが論理的思考力です。「なんとなくそう思った」では誰も納得してくれません。そこにお金が絡むのであればなおさらです。

 

「〇〇だから××と言えます。だからこうするべきです」そういった説明があるからこそ、納得もできますし、プロジェクトを進めようという気持ちになれるものです。論理的に考え、論理的に伝える力。それは格好のアピールポイントと言えます。

 

時代を読み解く力(市場理解)

2000年頃、CDは売れに売れ、ミリオンセラー作品も頻発していました。ところが時代は変わり、現代においてCDはほとんど売れなくなりました。YouTubeなどで簡単に視聴できますし、Spotifyなどのサブスクリプションサービスも人気です。このように、時代や環境が変われば、世の中で求められるものは大きく変化します。

 

マーケターたるもの、時代の変化を誰よりも早く読み解き、次に何が求められるのかをいち早く見つけ出さなくてはなりません。そういった市場理解力もアピールすべきポイントだと言えます。

 

マーケティング未経験者が押さえておくべき3つのポイント

続いてはマーケティング未経験者が押さえておくべきポイントについてご紹介していきたいと思います。以下のポイントは比較的対応しやすい部分のはずですから、転職前にしっかりと磨いておきましょう。

 

1. データに強くあるべし!

マーケティングで働くためにはとにかくデータに強くなくてはなりません。データはある種の部分でファクトを示すものだからです。ファクトをもとにしているからこそ、世の動きを正確にとらえることができますし、クライアントへの説得力も増すものです。

 

なおデータに強いというのには2つの観点があります。数字をきちんととらえることができるという観点と、データの裏側を見ようとする能力です。データは切り口によって全く異なる側面を見せるもの。データに強い人はそこに騙されることはありません。

 

2. ITに強くあるべし!

現代においてIT抜きにマーケティングは語れなくなりました。IT技術によって新たな流れが生まれることもありますし、最新の情報はIT上にあるからです。ですから、ITに強いというのは必須の能力と言えます。

 

例えば検索一つを取ってみても、上手い・下手が明確にあります。検索が上手な人はキーワードの選び方から違います。また「-」を付けて、余計な検索結果を省くといったテクニックも欠かせません。検索といった身近な部分から、最新のIT技術までカバーしてこそマーケティングの第一線で活躍できるものです。

 

3. トレンドに強くあるべし!

マーケターはトレンドに強くなくてはなりません。デニムシャツが流行りそうだと思えばいち早く手に入れ、ウェリントン型の眼鏡が流行りそうだと思えばいち早く取り入れなくてはなりません。それくらいトレンドに敏感でなくてはマーケターは務まらないものです。流行ってから取り入れていてはNGなので、あくまでも流行る前に飛びつきましょう。

 

未経験からマーケティングへの転職、志望動機は何を書く?

続いてはマーケティングへの転職で最も大切な要素の一つである志望動機作成のポイントについて考えていきたいと思います。いずれも大切ですから、自分なりの答えをしっかりと見つけ出すことが肝心です。

 

なぜマーケティングでなくてはならないのか?

そもそも未経験からの転職ですと「なぜマーケティングでならないのか」を明確にしておく必要があります。それが明確にならない限りは「なぜ〇〇業界からマーケティングに?」という疑問が消えることはありません。そしてその疑問を残したままでは未経験感が付きまといます。そこから内定を勝ち得るのは困難です。

 

マーケティングに繋がるアピールできるポイントを書く

なぜマーケティングなのかを考える際、「自分がマーケティングに向いている」という主張は欠かせません。トレンドに敏感である、データに強いといったここまでご紹介してきたポイントを参考に、自分ならではのアピールポイントを見つけ出してみてください。

 

マーケティングに触れた過去の経験を書く

マーケティングを志望するからには、マーケティングへの想いが必ずあるはず。なぜマーケティングを意識したのか、そしてなぜ転職したいと思ったのか、その経験を具体的に記載しておきましょう。それだけで面接官の納得度はグッと高まるものです。

 

企業が求めるマーケターに沿った人物像をイメージして書く

マーケティングと一口に言っても、会社毎にカラーがあります。例えば大手の一つであるインテージでは覆面調査に定評がありますし、日経リサーチですとデータの扱いに定評があります。当然ですがこの2社で求められる人物像は異なるものです。志望理由は会社が求めている人材像をしっかりと意識したうえで書かなくてはなりません。

 

例文でチェック|マーケティングの志望動機

現職ではWebデザイナーとして、企業ホームページの作成に携わっております。集客力の高いホームページとするため、マーケティング手法について勉強を始めたことが、マーケティング業界に興味を持ったきっかけです。中でも貴社が出している「〇〇マーケティング理論」は特に参考となりました。

 

この本を読んで以降、より深くマーケティングを知りたい、そしてそれを仕事としたいという思いが強くなり、今回の募集に応募させていただきました。現職ではIT技術者として、Web業界の最新トレンドについては理解しております。それは貴社においても役立つ知識だと考えております。

 

マーケティングへの転職を有利にしてくれる資格とは?

未経験からの転職ですと、どうしてもハードルは高くなります。そのハードルを少しでも下げるには資格の取得が有効です。ここではマーケティングへの転職を有利にしてくれるおすすめ資格についてご紹介していきます。

 

Webアナリスト検定

マーケティングのツールとしてWebの分析は欠かせないものとなりました。そんなWeb分析の基礎ともいえる資格がWebアナリスト検定です。この資格の特徴として、試験前に講習が行われるということ。それをしっかりと聞き、理解すれば、そのまま合格することも可能です。

 

また試験は随時行われているため、試験が受けやすいというのもメリットの一つ。しかも結果はその場でわかるため、履歴書の資格欄にすぐに反映することが可能です。資格欄がちょっと寂しいな…なんて時にはとりあえず応募してみては?

 

IMA検定

Webマーケティング系の資格として高い人気を誇っているのがIMA検定です。手厚い講義やレポートなど、バツグンのサポート体制に定評があります。なにせ試験前には講義が3回行われ、さらにはレポート提出も3回。レポートはしっかりと添削されるため、学びがより深いモノとなります。基礎からしっかりとWebマーケティングを学びたいという人には特におすすめと言えます。

 

まとめ:ポイントを押さえてマーケティング業界を目指そう!

未経験からマーケティングを目指す人に向け、そのポイントや志望動機作成で気を付けたい点などをご紹介してきましたが、気になる情報は見つかりましたか?トレンドを見極め、新しい流れを生み出す。マーケティングの仕事はやりがいに満ちたものです。本記事を参考に是非挑戦してみてください。そこにはきっと素敵な未来があるはずです。

内定は取れたけどこんな不安やあんな不安が…。
わたしたちに何でも聞いてください!​​

あなたのビジョンを実現させるための
就活のサポートを実施​

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ