【転職】面接での長所や短所の伝え方は?ポイントや例文を紹介

面接で答えるのに困る質問の一つに「あなたの長所と短所を教えてください」という質問があります。自分で自分の長所を紹介するのはなんだか気恥ずかしいですよね。

また、短所を伝えることでマイナスの評価を下されるのでは?と心配になってしまうでしょう。この記事では効果的にアピールできる長所・短所の伝え方をご紹介します。例文も合わせて紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【転職】面接で人事が長所・短所を聞く目的

面接で人事が長所や短所を聞くのは性格上の共通点を探して、仲良くできるか見極めているのではありません。選考の判断材料として有益なので聞くのです。では、いったい人事は長所・短所からどういった点を判断しているのでしょう。

自分を客観的に捉えられているかチェック

自分の長所・短所を把握しているということは仕事をする上で大切です。自分の長所を理解していれば、自身が活躍できるフィールドを広げることができますし、短所を理解していれば克服のためにどういった努力をすべきなのか分かるでしょう。 つまり、自身を客観視できていれば、自分自身が成長することができるのです。企業は、成長力が高い人材かどうか長所・短所の質問を通して探っているのです。

自社にマッチする人材か見極める

面接官は長所と短所を聞くことで、応募者が社風や求める人物像にマッチしてるか確認しています。社風や自社の求める人物像と異なる人物は、 入社後うまく活躍できなかったり周りの人とうまくいかなくなったりする確率が高まり、短期離職につながります。 採用側としては、応募者が長く働いてくれそうかという点をかなり重要だと捉えています。短期離職の可能性を探る長所や短所の質問は、志望動機や自己PR同様、重要な質問なのです。 

【転職】面接で長所・短所を答える際のポイント

転職の面接で長所や短所を答える際は、以下に紹介する5つのポイントを守ることを心がけてください。 

アピールするポイントは1つに絞る

自分を最大限アピールするために良いところをできるだけ多く列挙しようという人もいますが、これは逆効果です。アピールポイントは一つに絞るべきなのです。

なぜかと言うと、多くの長所を挙げると伝えたいことがぶれてしまい、効果的なアピールとならないのです。上手にアピールするには、数ではなく質が重要です。企業が求める人物像や社風に合う長所を選定し、それに関して深掘りすれば魅力的な人材だと捉えてもらうことは可能です。 

ビジネスに活かせる長所を選ぶ

長所の選定では、前提としてビジネスに活かせる長所を選びましょう。人事は、あなたが企業に貢献する能力を持っているかという視点で見ています。このため、飲み会を盛り上げられることができる・ゲームが上手いなど、ビジネスで活かすことができない点をアピールしても意味がありません。

難しく考えなくとも、積極性やコミュニケーション力・主体性・真面目さ・柔軟性など、ビジネスに活かすことができる長所の数は多いです。探してみれば、何かしら自分に該当する項目があるはずです。

ビジネスマンとして致命的な短所を述べるのは避ける

前提として知って頂きたいのは、短所は挙げること自体は悪いことではない点です。むしろ、自分のことを客観的に捉えられている証明でもあるため、短所を挙げることは良いことです。

ただ、短所の選び方には注意を払う必要があります。ビジネスマンとして致命的な短所というものが存在します。例えば、スケジュールの管理ができない・遅刻をしてしまう・人と話すことが苦手、などです。

こういった点を短所として紹介してしまうと、スキル以前に社会人として問題があることを疑われてしまいます。ビジネスマンとして致命的な短所がある人とは、一緒に働きないと思われて当然です。 

結論ファーストで伝える

長所・短所に限った話ではありませんが、面接では結論ファーストで伝えることが求められます。長所・短所の場合であれば、最初に「私の長所は〇〇です。」「私の短所は△△です。」と伝えるのが良いのです。

相手の一番知りたいことを最初に伝えることで分かりやすい説明が可能です。結論を伝えた後は、根拠や理由→具体例という順で話していくと論理的な説明となります。 

エピソードを用いて伝える

「私の長所は〇〇です。」とだけ言われても、面接官の立場からすると、本当に人より優れているのか、判断ができません。長所に説得力を持たせるためには、具体的なエピソードを用いて伝える必要があります。

転職面接は30分程度の限られた時間です。この短い時間で応募者の真の姿を明らかにするには、エピソードから判断するしかないのです。状況が具体的にイメージできるよう、配慮しましょう。数字や人からの評価を用いて説明すると相手にうまく状況が伝わります。

【転職】面接の長所・短所の例文

長所と短所の例文をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。 

長所の例文

リーダーシップ

前職で複数の部署にまたがる業務が発生した時、私は取りまとめ役に任命されました。初めは何から手をつけるべきか検討もつきませんでしたが、率先してメンバーの意見を聞き出すよう努め、資料を集めたりとできることは全て取り組みました。

メンバーはこの姿勢に触発され、自ら積極的に意見を出してくれるようになり、最終的に定められた期間内に成果物を提出することができました。

メンバーからは「リーダーの熱い姿勢に胸を打たれて、みんな気持ちを入れ替えて取り組むことができた。」と声をかけてもらえ、団結力の高まりを実感できました。御社でもこのリーダーシップを生かし、貢献していけたらと思います。

アピールポイント 

リーダーシップをアピールする際は、指示を出すだけではなく、自ら率先して何かに取り組んだ経験やチームメンバーから意見を吸い上げようと努めたことなどをアピールすると、専制的にならない良いリーダーだなと捉えてもらえるでしょう。

コミュニケーション力

前職の飲食店では、来店されたお客様をお店の中に案内する入り口と会計の仕事を担当していました。

人数や席のご希望がある場合、順番が前後する場合があるのですが、お待たせしてしまったお客様には席まで伺い、「お待たせしてしまい申し訳ありません。どうぞごゆっくりお過ごしください」と声をかけるよう努めていました。

お客様がお帰りの際も会計で 料理の感想を聞いたり積極的にお話しした結果 お客様に名前を覚えてもらうことができました。常連のお客様からは大人数での予約もいただき、お店の売り上げアップにも貢献することができました。このコミュニケーション力を御社でも活かせていけたらと考えています。 

アピールポイント

コミュニケーション力とは、相手の意図を理解し、相手が伝えたいことをわかりやすく伝え、業務をスムーズに進めることを指します。また、相手の立場に立って物事を考え、誰とでもうまくやることが会社の中でも重要です。

以上のことから、就活で必要なコミュニケーション力とは弁論に長けることではなく、相手の立場を尊重し不快感を抱かせずにコミュニケーションを取ることだといえます。

協調性

前職では、営業事務として、外回りの営業の方のサポートをしておりました。業務では常に、「相手は何を求めているか」ということを考え、自分の役割を全うするよう心がけていました。

例えば、指示をしていなくとも察して先回りすることを好む人もいれば、逆に逐一指示をしなければ気が済まない人もいます。その人の仕事のやり方を把握し、相手によってサポートの仕方を変えることで業務をスムーズに進めるよう注意していました。

その結果、「〇〇さんがいると、仕事がやりやすい」とお褒めの言葉をいただきました。御社でも周りの人に合わせる協調性を発揮し、効率的に仕事を進めていければと思います。 

アピールポイント

協調性とは、単に職場の人と仲良くやることを指しているのではありません。ビジネスシーンでの協調性は、主張が異なる人とも円滑にコミュニケーションをとり、同じ目標に向かって共に進んでいけることを指します。 誰とでも合わせることができる点をアピールすると効果的です。

短所の例文

自己主張が強い

私の短所は、我が強いところだと思います。

前職では、いち早く業務に慣れるために、会議で積極的に発言するよう心がけていました。しかし、周りの方からは「今はあなたが話す場面ではないよ」とたしなめられたこともあり反省しました。

現在では、自分の意見を発する前に、周りの状況を確認し、自分が発言しても良い状況だと判断した場合のみ、発言するよう注意しています。

短所を逆にアピールできるポイント

自己主張が強いということは、リーダーシップや積極性があるとも言えます。短所を改善するための効果的な方法として自分の意見を主張しすぎず、周りの意見を聞くことを心がけていることを伝えると良いでしょう。

仕切りたがり

同じの短所は、すぐに場を仕切りだしてしまう点にあります。

会議で意見がまとまらなかったり、意見が出ず沈黙したりすると、すぐ他の人に意見を出すよう催促してしまいがちです。「会議の後にまとめてくれて助かったよ」と感謝の言葉をもらうことも多いのですが、時には煙たがられることもあります。

今後は、まとめる立場だけでなく、自分から意見を出したり、他の人の意見に同調することを意識したいと考えています。

短所を逆にアピールできるポイント

仕切りたがるということは言い換えるとリーダーシップがあると言えるでしょう。しかし、リーダーシップは発揮していい場合と悪い場面があります。その場面を見極めないとリーダーシップがあるという長所が一転して、短所となってしまいます。場面に即してリーダーシップを取らないこともできることを伝えると効果的でしょう。 

優柔不断

私は優柔不断な一面があります。

物事を決断する際は自分では決められず、人に委ねようとする傾向があります。

前職でも困ったことがあるとすぐ周りに相談していました。一度、上司から「相談するのも大事だけど、自分で考えることを放棄していないかい」と指摘されたこともあります。

今後、部下などを指導する立場になることを考えると自分で物事を判断する癖を身に付けることが大事だと思います。

最近は、何事にも自分の意見を持ち、その意見に責任を持つことを意識しています。

短所を逆にアピールできるポイント

優柔不断があるということは、言い換えると、思慮深く柔軟性に優れているといえます。このため、思考力の高さや対応力をアピールすることも可能です。 

まとめ

転職の面接で長所と短所を聞かれる理由や答え方のポイント・例文などをご紹介してきました。

長所や短所を聞くのは、自分を客観視できているか見極めること・企業にマッチする人材なのか確かめる意図があります。長所を選ぶ際はビジネスに役立つところを挙げ、短所を選ぶ際はビジネスマンとして致命的なところは避けるよう注意しましょう。

内定は取れたけどこんな不安やあんな不安が…。
わたしたちに何でも聞いてください!​​

あなたのビジョンを実現させるための
就活のサポートを実施​

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ