OB訪問に最適な時期とは?

はじめに

就職活動を直前に控えた大学3年生の中にはOB訪問を行うべきか否か、迷っている学生も多いのではないかと思います。

また、OB訪問をやりたいと考えていても「いつ頃からはじめたら良いのかわからない」という学生もいるでしょう。

ここではOB訪問を始めるタイミングやOB訪問を行うことによるメリット・デメリットなどを紹介します。

OB訪問を有意義なものとして内定につなげられるように、就職活動を上手に進めるための参考にしてください。

OB訪問とは

OB訪問とは就職先として興味を持っている企業に勤務する大学のOBやOGに直接会って、会社の情報や仕事の内容などについて詳しく質問することです。

大学で同じ部活やサークルに属していた先輩などがいれば直接アポイントを取ることも可能ですが、直接の先輩がいない場合は大学のキャリアセンターなどから紹介してもらうことも可能です。

最近はOB訪問が選考の基準となっていることもあるので、できる限りOB訪問を行った方が良いでしょう。

まずはOB訪問で何を得たいか考えよう

実際に就職活動を経験した先輩などから「OB訪問はやっておいた方がいいよ」といったアドバイスを受けた学生も多いと思いますが、だからといって何も考えずに安易にOB訪問をしてしまっては意味がありません。

OBも忙しい中で時間を作って会ってくれるのですから、どうせOB訪問をするならば事前に行う目的を明確にして有意義なものにするべきです。

ここではOB訪問を行うことで、どんなことを知ることができるのかを紹介しますので、自分は何を得たいのかを考えておきましょう。

業界や企業について知りたい

自分の興味のある業界や企業について詳しい情報を知りたいと思ったら、インターネットで情報を集めたり、四季報などの情報誌を読んだりするのが一般的です。

しかし、そのような情報はあくまでも二次的な情報であり、著者のバイアスがかかっていることも考えられます。

そういった情報を信じて就職活動を進めていってしまうと、たとえ内定をもらえたとしても実際に働き始めてから「思っていたのと違うな…」とミスマッチを感じることになってしまいます。

OB訪問は実際に会社で働いている社員の話を聞くことができ、業界や企業の生の情報を知ることができる貴重なチャンスです。

業界研究・企業研究をより深く進めるためには欠かせないものでしょう。

実際の働き方や以後と内容を聞きたい

ある程度志望する企業が絞れてくると、次に気になってくるのが「実際に社員はどんな仕事をしているのか」といったことではないでしょうか。

同じ業界に属する企業であっても、業務内容には違いがあります。

場合によっては、今後進出しようと考えている業務の情報なども聞けることがあるので、具体的な業務内容に関する質問はOB訪問ではぜひ聞いておきたいポイントの1つです。

また、働き方についても質問しておくと良いでしょう。

「出社してから退社するまでの1日の仕事の流れ」や「入社してからどのくらいで自分のやりたい仕事に就くことができるのか」ということは学生なら誰しも気になることでしょう。

こういった情報は実際にOB・OGに聞いてみるのが一番です。

説明会では聞けない会社の実態

給料に関することや福利厚生に関する情報は働くうえで非常に重要なものですが、それを会社説明会で質問したり、面接で直接聞いたりすることはなかなか勇気がいることです。

場合によっては、「この学生は待遇ばかり気にしていて肝心の仕事内容には興味がないのではないか」と思われてしまうこともあります。

これでは就活はうまくいきません。

給料や福利厚生に関することは、OB訪問で質問するのが良いでしょう。

OB訪問に対応する社員は基本的に若い人が多いので、このような質問をする学生の気持ちを理解してくれるでしょう。

また、ネットや雑誌などに掲載されている平均年収は30代・40代の社員の例が多いので、若い社員がどのくらいの給料をもらっているのかについて知ることができるのもOB訪問の良いところです。

プライベートや飲み会の情報

人生において仕事はもちろん重要なものですが、だからといって仕事がすべてというわけではありません。

プライベートも充実したものでなければ人生を楽しめませんし、仕事のモチベーションも失われてしまいます。

こういった情報も企業説明会などでは聞きにくい質問なので、OB訪問で質問してみると良いでしょう。

「家族と過ごす時間はどれくらいあるのか」「飲み会などに頻繁に引っ張り出されたりすることはないのか」といったことを知ることができれば、企業選びに役立たせられるでしょう。

ただし、たとえOB訪問と言えどもプライベートなことばかり聞くのはOBに良い印象を与えません。

また、あまり深い部分まで聞き出すのも失礼になる場合があるので、節度を守って質問するようにしましょう。

OB訪問をするメリットとは

これまでも説明してきたように、OB訪問は就活生が志望する企業の生の情報を得られる貴重や機会です。

このような情報は企業研究のための重要な情報として志望動機の作成などにも役立ちますし、外側からではわからない職場の雰囲気を知るためにも役立ちます。

OB訪問には、それ以外のメリットもたくさんあります。

ここでは、数あるメリットの中から2つ紹介しますので、メリットを理解したうえでOB訪問をするかどうか決めましょう。

先輩なので気軽に聞ける

OB訪問のメリットは、自分の知りたいと思っていることを気軽に質問できるという点でしょう。

先程も説明したように、給料や待遇に関することは学生が一番聞いてみたいことの1つですが、そういった質問を会社説明会や本選考の場で質問するのは気が引けます。

その点、大学の先輩であれば人事担当者には聞きにくい質問であっても気軽に質問ができます。

OB訪問は会社の一室で行われることもありますが、基本的には喫茶店やカフェ、ファミレスなどで行われます。

また、OBによっては「一緒にお酒を飲みながら話そう」と居酒屋で行われることもあります。

もちろん、飲みすぎて迷惑をかけるのは絶対にNGですが、お酒が入れば普段なかなか聞けないことも思い切って聞けるでしょう。

人事の人と会う前に関係が作れる

就職活動で社員と話す機会があるのは、基本的には企業説明会や面接のときだけです。

しかし、OB訪問をすれば、その前に社員と話せます。

これは大きなメリットです。

たとえば、本選考がスタートすると企業に履歴書やエントリーシートを提出することになりますが、「なかなかうまく書けない」と悩んでいる学生も多いでしょう。

そんなときはOB訪問で「自己PRや志望動機の書き方はこれで良いのでしょうか?」と聞いてみれば、自分の経験を踏まえて魅力的な文章の書き方を教えてもらえるでしょう。

また、面接であがってしまってうまくしゃべれないという学生も多いですが、人事担当者と会う前にOBと会っておくと、目上の人とのしゃべり方に慣れるので、面接の予行演習にもなります。

OB訪問をするデメリット

ここまではOB訪問を行うことによるメリットをいくつか紹介してきましたが、それを見てもわかるようにOB訪問には就職活動に役立つことがいろいろとあります。

しかし、OB訪問がメリットばかりかと言うとそんなことはありません。

OB訪問にはデメリットもあり、実際に就活を経験した先輩の中には「失敗してしまった」と感じている人も少なくありません。

では、OB訪問にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

ここでは2つのことを紹介します。

対応してくれる人がどんな人かわからない

OB訪問を行うためには、最初にOBを探さなければなりません。

部活やサークルでお世話になった先輩に直接アポを取れるならばOB探しは簡単ですが、そのような先輩がいない場合は大学のキャリアセンターで紹介してもらったり、マッチングアプリを使ったりしてOBを探すことになります。

しかし、キャリアセンターやマッチングアプリで紹介された場合はどんな人が対応してくれるのか実際に会ってみるまで判断ができません。

たとえば、自分が希望する職種とまったく別の部署に勤務するOBがやって来る可能性もあるわけです。

たとえ同じ企業の社員であっても別の部署について詳しく知っているという人は少ないでしょうから、せっかくOB訪問をしても聞きたい情報が手に入らないということになってしまいます。

印象が悪いと選考に響く可能性もある

近年はOB訪問が本選考の1つの基準となっている企業も増えてきています。

とくに総合商社などの業界ではこの傾向が強く、「何回OB訪問をしたのか」が学生の積極性や主体性を見るための指標として使われていることもよくあります。

ですから、「OB訪問を行うことで選考に有利になる」というのは必ずしも正しくありません。

もちろん、正しい手順や方法を踏んでOB訪問を行えば有利に働くこともあるでしょうが、安易に行ってしまうと選考で不利になることもあるわけです。

選考に悪影響を与えないためにもOB訪問を行うときは服装や言葉遣いなど最低限のマナーを守るようにし、質問する内容にも十分に注意するなど、OBと良い関係性を築くことができるような配慮が必要です。

OB訪問はいつから動き出す?

OB訪問を行うことのメリット・デメリットを十分に理解したうえで「OB訪問をやってみよう」と決意したのであれば、早めの行動を心がけるようにしましょう。

適切なタイミングを逸してしまうと、OB訪問を行うことの意味がなくなってしまいます。

では、OB訪問はいつ頃から始めるのが良いのでしょうか。

ここではOB訪問を行うタイミングとその理由について詳しく説明します。

くれぐれも出遅れることがないように注意しましょう。

3年生の10月

OB訪問をスタートさせるタイミングですが、1つのタイミングは大学3年生の10月です。

大学3年生の夏休み中にはインターンが集中的に開催されるため、インターンへの参加が一段落する10月になるとOB訪問にスケジュールを割く余裕ができるのが大きな理由です。

10月からOB訪問を始めるのは早すぎるのではないかと考える学生もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

経団連のルールでは大学3年生の3月に広報活動が解禁され、大学4年生の6月から本格的な就職活動をスタートさせることが定められていますが、経団連に所属していない企業、とくにベンチャー企業などでは採用活動はかなり前倒して行われているのが実情です。

ですから、3年生の10月からOB訪問を始めるのは決して早すぎることではないのです。

ピークは3年生の3月

OB訪問が最も盛んに行われるのは大学3年生の3月から大学4年生の4月にかけて、つまり春休みの時期です。

先程も紹介したように企業の広報活動が解禁されるのが大学3年生の3月ということもあり、本格的な就活のスタートに合わせてOB訪問もスタートさせようと考える学生が多いのが理由です。

ただし、3月からOB訪問をスタートさせるのはタイミングとしては少し遅い感もあります。

というのも、この時期には企業説明会が開催されたり企業へのエントリーが開始されたりする時期でもあるため、ほかにやることがたくさんあるからです。

また、多くの学生がOB訪問のアポを取るため、人気の企業ではOB訪問のスケジュールが埋まってしまう可能性も否定できません。

OB訪問でたくさんの社会人と出会いたいと考えているなら、もう少し早めに始めた方が良いでしょう。

オススメの時期は3年生の2月

このような理由からOB訪問を行う最適なタイミングは大学3年生の2月ということになります。

この時期であればインターンに参加した経験などからある程度志望する企業を絞り込めているでしょうし、ピークを避けられるのでOB訪問のアポが取りやすく、自分の希望するOBやOGに会えるチャンスも大きくなります。

また、この時期ならばOB・OGに自分の話をじっくりと時間をかけて聞いてもらえるでしょう。

質問に対しても丁寧に対応してもらえるので、OB訪問をより有意義なものにできます。

短時間にたくさんの学生と会うのに比べてOBの印象にも残りやすくなるので、選考でプラスに働くケースも増えてくることが考えられます。

アポイントは何日前からするべきか?

OB訪問をするにあたっては、最初に大学のOBやOGにアポイントを取らなければなりません。

しかし、OB訪問の経験がない学生にとってはアポイントの方法やタイミングについてもわからないことが多いでしょう。

ここではOB訪問のアポイントを申し込むタイミングや方法、その際に注意すべきことなどを詳しく説明します。

OBは忙しい中でわざわざOB訪問のための時間を設けてくれるわけですから、失礼のないようにしましょう。

2週間から1ヶ月前

OB訪問のアポイントは電話またはメールで行うのが一般的ですが、電話の場合は直接用件を伝えることになるので緊張してしまって上手に伝えられないかもしれません。

できればメールでアポイントを取るようにしましょう。

アポイントメールを出すのは自分が希望する日程の少なくとも2週間前、できれば1ヶ月前に調整しておくことをオススメします。

ピークの時期にはOB訪問のスケジュールが立て込んでいると想像できるので、もし1週間前にメールが届いてもスケジュールが埋まっていて会えない可能性が高くなってしまいます。

また、あまり早い段階でメールを送るのも良くありません。

2ヶ月・3月前からメールをもらってもまだ当日の仕事のスケジュールが決まっていないでしょうし、メール自体の存在を忘れられてしまうこともあるからです。

メールを送る時間帯

OB訪問のアポイントメールを送るときは、時間帯にも十分に配慮しましょう。

社会人の場合は前日の勤務終了から当時の始業時間までに届いたメールを出勤してすぐにチェックするケースが多いので、この時間帯にメールを送ってしまうとOBの仕事を邪魔してしまう可能性があります。

「仕事以外の時間なら大丈夫だろう」と深夜や早朝にメールを送る学生もいるかもしれませんが、これもNGです。

多くの人が寝ていると思われる時間帯のメールを送るのは、社会人としてのマナーが備わっていないと思われてしまうからです。

最悪の場合は選考に影響を与えてしまう可能性もあります。

ですから、アポイントメールを送るならお昼休みの前後や勤務が終わる時間近辺などにしましょう。

時間への配慮ができているという印象を与えられます。

まとめ

OB訪問は企業の詳しい情報を知ることができたり、説明会では聞きづらい給料や待遇に関する質問がしやすかったりするなどメリットがたくさんあります。

できる限りやっておいた方が良いでしょう。

ただし、OB訪問が選考対象となっている企業もあるので、十分に準備してから行うようにした方が無難です。

OB訪問は3年生の10月頃から徐々に増えてきて、翌年の3月頃がピークです。

ただし、ピーク時にはアポが取りにくくなってしまうので、2月頃に行うのがオススメです。

アポイントは2週間~1ヶ月前にメールで伝えるのがマナーです。

就活は十人十色!
あなたに合った就活方法をわたしたちがサポートします。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ