自己分析の目的は自分で見出そう!

 はじめに

就活を始める際、先輩や先生方から「自己分析は最初のステップ」と言われることもあります。

自己分析という言葉はよく聞くけれど、実施する意味がわからない、そもそもやり方がわからないという学生は多いでしょう。

自己分析は面白半分で行う性格診断のようなものとはまったく異なるものですし、本気で自分の内面と向き合うことは、必ずしも楽しい作業とは言えない部分もあります。

それでも就職に臨む以上、自己分析は必須です。

果たしてその意味や目的はどこにあるのか、ここで徹底解説します。

 自己分析の意味は目的から見出す

自己分析を行う意味は、実施する目的によって異なります。

何を目指して自己分析をするのか、まずはそこを明確にしましょう。

もちろん今回は就活がメインの目的ではありますが、一言で就活と言ってもあまりに範囲が広く、漠然としていて掴みどころがないと感じる人は多いのではないでしょうか。

「そろそろ就活について考えなくちゃ」という時に、果たして何から手をつければ良いかわからなくなるように、あまりに大きな目的しかない状況は物事を進めやすい状況とは言えません。

そのままの状態で闇雲に進めるのではなく、一度目的から考えてみましょう。

 なぜ自己分析に目的が必要なのか?

就職するということは、企業などの組織の一員として仕事を持つということです。

職業は選択の自由が認められていますので、どんな企業でどんな仕事をするかは自分で選択することになります。

人生において大きなウェイトを占める仕事を選ぶのに、自分にどんなものが向くかも知らずに進めるのは得策ではありません。

つまり自分にマッチする仕事や職場を選ぶためには、自分自身を知ること=自己分析が必須と言えます。

そして、希望する職場に就くためにも自己分析は欠かせません。

なぜなら入社するためにはいくつものハードルがあり、それを越えていくためには効果的な自己PRが必要だからです。

自己分析は自分に向く仕事や企業を選ぶためにも、内定を勝ち取るためにも必要な行為です。

だからこそ何のために行うのか都度目的を明確にして、必要であれば角度を変えて何度でも実施する必要があるのです。

 自己分析をやる目的

それでは自己分析を行う目的は、どのように定めれば良いのでしょうか。

実施した結果得られるものが何かは実際にやってみないと判明しませんが、まず始める前にゴールを決めておかないと正しく進められません。

総じて言えることは、就活でブレない軸を作り上げるというゴールは据えておくことです。

仕事をすることで自分が何を得たいかビジョンが見えてくると、いくつかの企業を選ぶ時にも軸がブレることがなくなります。

迷いの少ない就活は精神的な余裕を生みますし、応募先企業から何を聞かれても動じなくなりますので面接にも有利でしょう。

それでは自己分析を行う目的の設定方法を紹介します。

 自己分析で何を得たいか?

最初に、自分が今回の自己分析で何を得たいかを決めましょう。

自己分析がうまく行かない人に多い間違いが、何を得るかを最初に決めずにとにかく始めてしまうことです。

就活における自己分析は、単に幼少期からの自分史を作れば良いというものではありません。

何となく思い出したことを書き出していけば、いずれ自己分析ができるのではないかとは考えないようにしましょう。

これからやろうとする自己分析は何を得るために行うのか、最初に紙に書き出しておくと迷うことがなくなります。

 得たい理由を明確に

自己分析で得たいものと、得たい理由はペアになります。

たとえば、自分に適性のある仕事を明確にするために、自分の特性や長所・短所を得るという自己分析があります。

また、企業選びの基準を明確にするために、自分の価値観を得る自己分析を進めることもできるでしょう。

ESや面接で自分の魅力をアピールするために、自己分析で魅力を探り、今までの体験からエピソードを得たいという目的も考えられます。

 得た先の自分を想像しよう

自己分析を進めていくと、自分でも見えていなかった内面や特徴が見えて来ることはしばしばあります。

意識したことはなかったけれど、意外に自分は計画的に物事を進めるのが得意だとか、目標を定めてクリアすることに生きがいを感じるとか、それは一人ひとり千差万別でしょう。

そんな自分を理解した先に、どんな未来の自分が描けるか想像してみてください。

もしかしたら、今まで考えもしなかった働く自分の姿が、ビジョンとなって浮かんでくるかもしれません。

そうなればしめたもの、かなり実のある自己分析ができている証拠です。

 自己分析の目的例

自己分析の目的は多岐にわたるため、一概に言えません。

また一度行えば終わりというものではなく、必要があれば必要な時に必要なだけ実施すべきものです。

もちろんその都度明確な目的と得たい成果をハッキリさせておく必要がありますが、どのような例があるか一部紹介しておきましょう。

もちろんこれがすべてではありませんし、シンプルに言えば、自分自身について何か知りたいことがあれば、都度行うのが正解です。

 自分を理解するため

自己分析と聞いて誰もがまずイメージするのが、自分で自分を理解するという目的でしょう。

日本国語大辞典を引いてみても、自己分析は「自分の心理を自分で分析してみること。

自己解剖。」と解説されています。

20年ほど生きてきた中でさまざまな経験をして人格形成してきたわけですが、それがどんな形になっているのか、一度立ち止まって客観的に見てみるのが目的です。

昔からあらゆる進路を決定するために不可欠な行為とされており、自分の望む未来へ続く道を探るためにも有効な手段と言われてきました。

就活のタイミングとしても一番はじめに行うべきとされるのは、自己理解ができていないと、この先あらゆる選択で非常に迷うことになるからです。

人はやることが決まっていると突き進めますが、迷いがあると一歩も進めなくなります。

最初に迷いをなくすために、自分を理解する目的で自己分析を行うのがセオリーです。

 自分の人生を整理するため

まだまだ人生半ばですが、一旦整理するには就活はちょうど良いタイミングでしょう。

自己分析で今まであった経験を書き出してみると、ESや面接で使えるエピソードがたくさん見つかるのも大きなメリットです。

また、自分はどんな時に喜びを感じ、怒りを覚え、興味を惹かれるかがわかると、仕事選びや企業選び、将来目指すビジョンなどもだんだん見えてきます。

これまでの人生を踏まえてこれからの人生を考えると、より間違いのない道を選べる確率が高くなり、結果的に自分に有利な状況を作れるでしょう。

すべては自分の満足する人生を生きるための行為ですから、他でもない自分にとって有意義な目的と言えます。

 自分自身をうまく人に伝えるため

自己分析が正しくできている人とできていない人では、ESでも面接でも結果に大きな差が現れます。

それは、自分自身をうまく人に説明できるかどうかが違ってくるからです。

自己分析は自分を客観的に見る行為なので、自己PRをするにも、人となりや考え方を誰かに説明するのにも非常に役立ちます。

初めて会う相手に自分のことをわかりやすく説明する、しかも好意的に受け止めてもらえるようにするのは簡単なことではありません。

そもそも自分で自分のことを理解していない人が、初対面の人にロジカルに説明できるわけもないでしょう。

就活では自己紹介や自己PR、考え方の説明など、自分自身を人に伝えなければならない場面が山ほど出てきます。

それらの課題をクリアするためには、自己分析で自分を客観視することが必須なのです。

 自己分析で何を得たいか?の例

自己分析で得たいものは人それぞれですが、ここでは一般的に得られる期待のあるものを事例として紹介します。

ここでは就活に役立てることを前提にまとめていますが、実際には人生の節目節目に応用できるものです。

この先の人生で結婚する時、子どもをもつ時、転職したり夢を追ったりする時に、あらゆる岐路で応用できるものですので、ぜひ何を持って何を得るか、一度じっくり考えてみてください。

 過去の自分の性格や傾向から、未来を考えるヒント

自己分析は過去を振り返る行為なので、自分の取ってきた行動から性格や判断の傾向を知ることができます。

ただそれは過去の事実をあらためて整理する作業でしかありませんので、大切なのはその先です。

温故知新ということわざではないですが、自分の過去の選択から未来を考えるヒントを得られます。

無意識のうちに取りがちな行動、岐路に立たされた時の考え方、性格や傾向から、どうなれば自分が満足できる状況を作れるかをイメージできるでしょう。

就活では志望する企業に入社することしか考えない学生が多いですが、本当に重要なのは就職した後にどう働いてどう生きるかです。

「海外の見知らぬ土地へ移住して生涯現地で働く」「コツコツ働いて地元に土地を買い自家農園を開く」、どんな未来も描くのは自分だと認識することが大切です。

 自分を魅力的に表現する材料

自分に適性のある仕事がわかり、理想の働き方ができそうな企業が見つかったとして、誰もが志望通りにいくとは限りません。

理想を現実にするためには努力もテクニックも必要ですし、何より自分を応募先企業に対して魅力的な人材として表現することは非常に重要です。

自己分析で自分を客観的に知ることは、その魅力を第三者に魅力的に伝える材料を探しやすくしてくれます。

初めて会う相手の好感度を上げるのにはテクニックが必要ですが、就活である以上、ロジカルであることも大切です。

応募先企業にとって、どのような点をアピールすれば求める人物像と感じられるのか、自分の中からマッチする要素を探して組み立てるためには、自己分析でその材料を集めることが重要です。

 自分を客観視する能力

これまでにも何度か述べてきましたが、自分で自分を客観視するのは言うほど簡単ではありません。

人はどうしても主観に左右された自己評価をしますので、客観的なデータを手に入れることが重要です。

客観的データは自分をよく知る友人や家族から得るのが手軽ですが、SPI適性診断や性格検査などは代表的な分析方法です。

場合によってはこうしたテストも活用して、他人から見た自分の本当の姿を知ることも有効です。

最初は「そんなことはない」「そんな性格ではない」とショックを受ける部分もあるかもしれませんが、多角的なデータを入手して自己分析を続けることで、徐々に本当の自分の姿が見えてきます。

このような自分を客観視する能力が身につくと、就活で非常に強力な武器になるだけでなく、実際に仕事を始めてからも有効なスキルとなります。

 自己分析結果の例

自己分析を行うと、さまざまな結果が得られます。

おぼろげに感じていた自分の性格や判断の傾向が明確になったり、長所・短所が明らかになったりします。

協力してくれた友人や家族から、今まで一度も聞いたことのないようなうれしい評価を聞けることもあれば、そんな風に見られていたのかとショックを受けるようなこともあるでしょう。

重要なのはこうした自己分析の結果をもとに、就活に有効な強みを見出すことです。

ここではいくつかの分析結果をもとに、就活で使える例文を紹介します。

 継続力

「継続力」という言葉にたどり着かなかったとしても、いくつかの要素がそこにつながる要素として挙がってくる可能性があります。

たとえば、部活でうまくできなかったことをコツコツとやり続けた過去や、1つの趣味に長年打ち込んだ経験などが思い出されることはよくあります。

自分ではしつこい、諦めが悪いという短所に見えても、ポジティブ変換すれば継続力です。

また華々しい成果がなくても、何事も続けられることはそれ自体が強みであり、企業にとっても魅力的な人物として映ります。

飽きやすくすぐに辞めてしまう人より、長く仕事に取り組み企業に貢献できる人物として捉えられるでしょう。

真面目な人物、すぐに辞めてしまわない人物として評価される期待があります。

 伝えるコツ

伝える時には、長く取り組めたきっかけや理由などを添えて、具体的なエピソードを盛り込むのがコツです。

どうしてそうすることができたのか、どのように考えて行動したのか動機を伝えてください。

単にダラダラ続けていたのではなく、目標や目的があったことをアピールすることが重要です。

成果はできるだけ数字を入れて具体性を増すのもポイントです。

 例文

私は中学1年生から大学3年まで9年間、バスケットボールに打ち込みました。

昨年の全国大会ではスターティングメンバーとして出場し3位入賞を果たしましたが、大学に入学したての頃は代表に選ばれることもなく、ずっとベンチを温めていた経験があります。

思えば中学生の頃はチームメイトより背が伸びるのが早く、それだけで代表入りしていたことに気づかずにいました。

自分のおごりに気づき、あらためて学生時代のうちに結果を出そうと決意し、基礎トレーニングだけでなく生活や食事などすべてを見直した結果、メンバーとして入賞を勝ち取れたのだと思います。

物事を成し遂げるためにはテクニックを磨くことはもちろんですが、生活も含め心身ともに必要な要素を揃え、維持することが何より重要だと学びました。

この経験を活かし、御社でも仕事に必要な要素を常に揃え、継続してより良い成果を出せるようになりたいと考えます。

 協調性

協調性は、チームや仲間と連携した活動の経験から得られる長所です。

誰とでも円滑なコミュニケーションを築き、複数の人数で方向性を合わせられる人物は組織で重宝されます。

リーダー的立場の経験者なら、チーム内外の折衝役も担える期待がありますし、後輩の指導や面倒を見る能力も備えている可能性があるでしょう。

企業は組織で成り立っていますので基本的にどんな部署でも協調性は歓迎されますし、とくにチーム単位で業務を行う職種ではとても大切な要素です。

 伝えるコツ

協調性を伝える場合、自分がそれを発揮してチームにもたらした貢献を具体的にアピールするのがコツです。

単に周りに合わせることが協調性だと考える人がいますが、就活でプラス評価になる協調性には主体性を伴う必要があります。

自分がチームの意思をまとめて結果を出したというような、主体的な動きをアピールしましょう。

誰かの言いなりになって流されることが協調性ではありませんので、チームで主体的に動けること、それを仕事の場でも発揮できることを伝えるようにしてください。

 例文

私は中学1年生から9年間、ブラスバンドのサークルでクラリネットと指揮を担当していました。

そのサークルは毎年開催される全日本吹奏楽コンクールへ参加していたのですが、どうしても予選を通過できないという課題がありました。

昨年、全体練習の時間を増やすべきだとする代表側と、もっと個人練習を増やすべきだという副代表側とで意見が対立し、サークルが二分する事態が起こりました。

私は代表・副代表・各パートリーダーを集め、それぞれの意見を聞く場を持ちました。

その結果、掘り下げた意見交換ができ、全員が納得できる全体練習と個人練習のスケジューリングが実施されることになりました。

それが功を奏し、昨年は見事に予選を通過し、10位入賞を果たすことができました。

 能動的行動

能動的行動とは、自分から進んで行う言動です。

消極的で言われたことしかしない人は一見、組織にとって都合の良い人物のようにも見えますが、現代社会で企業から求められているのは、自分で考え行動できる人です。

まさに自走できる人が求められているわけですが、ただ動いていないといられない人が評価されるわけではありません。

仕事の場において自分の頭で考え、自分から働ける人物が企業のほしい人材であり、こうしたポテンシャルを見出すためにインターンシップ制度などが活用されています。

言われ仕事しかしない、何も言われなければ何もしないという態度ではなく、場を先読みして行動に移れる人が能動的行動力のある人材と見なされます。

 伝えるコツ

能動的行動力を売りにするなら、具体的なエピソードの準備は欠かせません。

口だけで能動的に動けると言っても、説得力がないからです。

また、就活生の中には行動力を売りにする人が少なくないため、ライバルと差がつかなくなる恐れもあります。

伝える時には、応募先企業が興味を持つエピソードを盛り込むこと、成果を数字で表すこと、仕事に活かせることを意識するのがコツです。

計画性がない危険人物だと思われないためには、行動のもとになった根拠も示すことが重要です。

 例文

私はITのベンチャー企業で長期インターンシップに参加し、能動的行動力を身につけました。

そこは人手が足りないため、インターンシップがスタートしても細かく仕事を教えてもらえるような状況ではなく、実務を実践しながら見よう見まねで仕事を覚えていくスタイルでした。

はじめの頃は社員の方々が話す業界用語の意味すら半分くらい理解できない状態でしたが、わからないことや疑問に感じたことはその場で調べその場で理解することを実践しました。

指示を待たず自分から社員の方々に働きかけ、状況を先読みしてまず行動に移すことを心がけた結果、最終日には自分の業務の範疇であれば社員の方々とほぼ同じレベルで会話ができる状態になりました。

ここで学んだ能動的行動力を実際の仕事に活かし、御社でも自走式で業務に貢献していきたいと思っています。

 人脈作り

人脈作りを得意とする人は、柔軟な人間関係を築くことで社会生活でも基盤を作りやすい人物です。

これはとても役に立つスキルですし、社会に出てからも通用する長所と言えるでしょう。

社会・経済・企業を動かすのは人であり、人と関わることはとても重要です。

人脈作り、人脈構築力はビジネスで重宝されるスキルですし、社内外で堅固なチームワークを形成できる人材だという印象を与えられるでしょう。

職種によっては業務の大半を1人でコツコツ進める性質のものもありますが、例えそうでも企業に属する以上、組織の一員としての責任を持ちます。

社内外の人脈は大事ですし、人脈の広い人の方が業績もアップさせやすいのは社会の事実です。

自己分析でこうしたスキルが発掘されたなら、ぜひアピールに活用しましょう。

 伝えるコツ

人脈作りを伝えるコツは、客観的な評価や得た成果を盛り込むことです。

良好な人間関係を主張しても、それがすべて本人の独りよがりだとすると、それは単なる自意識過剰な発言となってしまいます。

客観的な事実として伝えるためには、自分が実際に取った行動と、それによって得た結果を客観的に伝える必要があります。

またそうした人脈作りが、入社後に企業への貢献につながることも主張しましょう。

ただし話上手なタイプの人が多いので、アピールしようとしすぎて話が長くならないように注意が必要です。

 例文

私は大学時代、部活動でバレーボールをやっていました。

新入生として入部した当時、その部は伝統的に上下関係が厳しく、上級生の下した判断には下級生は口を挟むことが許されない風土がありました。

このままでは下級生のモチベーションを維持できないと考え、私は自分が上級生になった時にこの風土を変える行動に出ました。

まず同じ学年のチームメイトを説得し、顧問も巻き込んで人間関係の再構築に取り組みました。

お互いへのリスペクトをキーワードに厳しくも良好な人間関係を出来上がると、下級生たちのツテで他校との交流の輪が広がり、合同練習や交流試合が盛んに行われる環境が生まれました。

そのことでチームの実力が格段に上がり、昨年は全国大会出場も果たせました。

組織として結果を出すためには、まず組織内の人間関係を良好に保ち、より人脈を広げることが重要だと考えます。

この経験を活かし、御社でも人間関係を構築し、人脈を広げてより良い仕事ができるように努めたいと考えます。

 パッション

自己分析でパッション=情熱にあふれる自分に気づいたら、それを目標につなげてバイタリティある働きをアピールしましょう。

すぐ熱くなる、夢中になってしまう、気持ちが高ぶるという人は、一面から見れば感情的すぎるとも言えます。

ただ、物事を成し遂げる時には強い意志が必要ですし、歴史を見ても大きな事業を成し得た人物は、皆、パッションあふれる熱い血潮の人物です。

パッションを向ける方向性を企業の方向性と合致させられれば、ESや面接でも強い武器になるでしょう。

目的の線上にある情熱は何より強い原動力となり、企業と同じ方向へ突き進める人物と見てもらえます。

 伝えるコツ

パッションを伝えるコツは、逆説的ですが、パッションを抑えてロジカルにまとめることです。

面接で情熱の赴くまま熱弁をふるう学生は、必ずしも熱意や意欲を認めてもらえるとは限りません。

パッションがあるのはもちろん良いことですが、それを客観的に理解してもらう時に余計な感情は必要ないからです。

どのようなことに情熱を傾けどのような成果を得たのか、熱量は心に秘め、頭は冷静にアピールするようにしましょう。

 例文

私はこれと定めた目標に対し、パッションを持って挑戦し続けられます。

大学に入学したての頃、初めての海外旅行でアメリカへ出かけた時、英語がまるでわからず現地の人とまったくコミュニケーションが取れませんでした。

旅行自体はとても楽しく有意義だったのですが、英語ができれば何十倍も感動できたに違いないと思い、その時から英語の猛勉強を始めました。

当時TOEICが550点だったため、700点突破を目標に3年間勉強し続けた結果、先月ついに730点を獲得できました。

どれだけ忙しい日でも勉強はやり抜くことを自分に課し、目標を達成できたことで自信をつけられました。

御社に入社後も目標を定め、パッションを燃やして仕事に取り組むことで貢献したいと考えています。

 まとめ

自己分析は就活には欠かせない作業であり、スタート時はもちろん、何度でも必要に応じて実施すべき行為です。

実施する時は目的を明確に定め、自分で意味を見出しましょう。

何のために行うのか、何を得たいのかをハッキリさせることが大切です。

正しい自己分析は正しい選択につながり、ブレのない就活の軸だけでなく、満足のいく自分の未来へつながる道を示してくれるでしょう。

就活準備、順調ですか?
あなたの就活を二人三脚で内定までサポートします​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ