OB訪問を確実に充実した時間にする質問項目特集

はじめに

OB訪問を引き受けてくれる先輩は貴重です。

しかし、そんな貴重な時間を無駄にしてしまう学生もいるのです。

これはOB訪問で質問すべき内容を外しているからだとも言えるでしょう。

OB訪問における質問は、厳選すべきで、限られた時間で、効果的な質問をすることによって、その時間は充実したものになってくれるはずです。

今回は、そのヒントを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

OB訪問とは

OB訪問というのは、自分が通っている大学の卒業生を訪問して、就活に関する質問や仕事に関する質問をする行為です。

また、すでに社会に出ている社会人を訪問するということで、人脈づくりの意味合いもあると言えるでしょう。

OBを訪問することも指しますが、OGを訪問することも含めて、OB訪問と言われることもあります。

就活にうまく利用すれば、メリットはたくさんありますので、OB訪問をすることの意味をしっかりと把握しておきましょう。

まずはOB訪問で何を得たいか考えよう

OB訪問をするなら、OB訪問で何を得たいか考えるのが重要です。

計画的に訪問することによって、たくさんの情報を聞き出すことができるのです。

ここではOB訪問で、聞くと役立つ情報をいくつか紹介しますので、それらを参考にして、自分のOB訪問での質問を組み立ててみると良いでしょう。

OB訪問は、そう何度もできることではありませんので、1回1回に集中して、絶対に何か得るという気持ちで実践すると良いです。

業界や企業について知りたい

OB訪問で得られるものの中には、業界や企業についての知識です。

今や情報社会なので、インターネットで検索すれば、業界や企業のことは簡単に調べられます。

しかし、インターネットで見かける情報と、実際に中で働いている人の情報では、情報の質が違い、そういった質の高い情報を仕入れられるのがOB訪問のメリットでもあるのです。

また、その業界の将来性についても、インターネットなどで情報を得るよりは、実際にその業界で働いている人たちの肌感覚の方が圧倒的に役立つでしょう。

そういった生の情報を仕入れることができるのもOB訪問のうれしいメリットです。

業界や企業について、より深く知りたいなら、ぜひOB訪問を実施したいところではないでしょうか。

実際の働き方や仕事内容を聞きたい

OB訪問で働き方や実際の仕事内容を聞きたいというのも1つの目的です。

過去の求人票に仕事内容が記載されていても、実際に働いてみると、思っていたのとは違ったという経験はよくあります。

そのため、OB訪問をすることによって、自分が思っている仕事内容と、実際の仕事内容に乖離がないかを確認できます。

これはその業界や企業で意欲的に働けるかどうかのポイントなので、ここをOBに教えてもらえるのは大きなアドバンテージになるのです。

また、単純に仕事内容を聞くだけでは、すぐに話が終わってしまいます。

意味のある情報を引き出すためには、仕事内容はもちろん、その仕事をしてみて何を思ったのかについても聞きたいところではないでしょうか。

そうすれば、質の高いインタビューになるでしょう。

説明会では聞けない会社の実態

OB訪問は、その企業の内情を知っている人に質問できる大きなチャンスです。

企業説明会に参加する人もいるかもしれませんが、説明会で聞ける情報には限界があります。

人気の企業になると、ブースで話をゆっくり聞くことも難しくなります。

また、企業には外向けの対応というものがあり、本音を話さない部分も多いです。

そこでOB訪問が役立つのであって、説明会では決して聞けない、社員の本音や会社の実態を知ることができるのです。

これらは、本来、実際に会社に勤めるようにあってから知れるものになります。

しかし、信頼できるOBがいるならば、事前にそれらの情報を知ることができます。

これもOB訪問でしか聞けない質問の1つだと言えるでしょう。

プライベートや飲み会の情報

OB訪問を人脈づくりという意味合いで利用するなら、プライベートや飲み会の情報を聞くのも良いかもしれません。

OB訪問をした際に、マニュアルどおりの形式的な質問ばかりしていると、聞かれた方も退屈してしまいます。

しかし、そこにプライベートや飲み会の情報を挟むことによって、よりOBとの距離を縮められるかもしれません。

その結果、より突っ込んだ情報を教えてくれることもありますし、そのOBとの交流が深まる可能性もあるでしょう。

OB訪問を成功させるためには、緩急のある質問をするのもオススメで、その緩急を演出できるのがプライベートや飲み会といった、一見、就活にはあまり関係のない質問なのです。

プライベートな質問ばかりではいけませんが、いくつか組み込んでみるのも良いでしょう。

OB訪問をするメリットとは

OB訪問は、何らかのメリットがあるからこそ行います。

そのため、OB訪問のメリットについては、しっかりと把握しておくべきでしょう。

OB訪問で絶対にやりたくないのが、意味のない訪問です。

みんなしているからといった理由でOB訪問をすると、何も得られないまま時間だけが過ぎ去っていくでしょう。

これを防ぐためにも、OB訪問のメリットをしっかりと把握して、そのメリットを得られるような努力をしてください。

先輩なので気軽に聞ける

これから就職しようとしている企業の採用担当に、突っ込んだ質問をするのは、とても勇気のいることです。

しかし、OB訪問で先輩に質問をするなら、ずいぶん気持ちが楽になるのではないでしょうか。

先輩の方も、自分の後輩が訪ねてきたということで、なるべくならお土産を持たせてやりたいと考えるものではないでしょうか。

とくに学生時代に付き合いのあった先輩なら、どんどん突っ込んだ質問もできます。

また、気軽な気分で質問ができるので、本当は聞かなければいけない質問を緊張で忘れてしまったということも少ないです。

リラックスした雰囲気で質問ができるので、予想以上に良い質問が飛び出すこともあるかもしれません。

人事の人と会う前に関係が作れる

OB訪問のメリットには、人事の人と会う前に関係が作れる可能性があるというものもあります。

OB訪問をした先輩が、会社でそれなりに発言力のある人物ならば、人事に口添えしてくれる可能性もあるでしょう。

しかし、これは必ずしも関係が作れるわけではなく、あまりこのメリットを過信しない方が良いです。

ただ、関係を作れる可能性も十分にありますので、就活を有利に進められる可能性もあります。

OB訪問の目的が、関係づくりの場合は、会社の組織をよく確認した方が良いです。

OB訪問をしたからと言って、簡単に関係を作れない会社もありますし、OB訪問をすることによって、簡単に関係を作れる会社もあります。

そういった会社を厳選してOB訪問することによって、有意義な時間になるのではないでしょうか。

OB訪問をするデメリット

OB訪問をするなら、デメリットについても把握しておきたいところです。

OB訪問をしようと考えると、ついついメリットばかり考えてしまいます。

しかし、デメリットを把握しておかなければ、思わぬところで就活が不利になってしまうこともあるのです。

また、注意点などについても同時に紹介しますので、メリットと合わせて、デメリットについても把握しておきましょう。

対応してくれる人がどんな人かわからない

OB訪問をしようとは思ったものの、どんな人が対応してくれるのかわからないというのもデメリットです。

学生時代に先輩との付き合いが豊富だった人は、それほど苦労することなく、OB訪問ができるでしょう。

しかし、そうでない場合、いったいどこからアプローチしていいのかわかりにくいです。

また、先輩によってはOB訪問の依頼をすることによって、嫌がられるのではないかと、思い詰めてしまう人もいるのではないでしょうか。

とくに、引っ込み思案な人の場合、アプローチをうまくできない可能性が高いかもしれません。

印象が悪いと選考に響く可能性もある

OB訪問をする際のデメリットとして、多くの人が気になっている部分ではないでしょうか。

OB訪問をした結果、相手への印象が思わしくない場合、それが選考に響く可能性もあります。

基本的には、そこまで臆病になる必要はないものの、会社によってはOB訪問した先輩が、企業から印象を聞かれるかもしれません。

こういった状況を考えると、気軽にOB訪問ができないというのもデメリットの1つではないでしょうか。

ただし、これは企業によって状況がまったく異なってくるので、悪印象を与えないように努力しつつ、怖がらずに積極的に訪問していくしか対策法はないと言えそうです。

OB訪問でする質問のポイント

OB訪問で質問するなら、事前に質問のポイントを踏まえておきたいところです。

このポイントを踏まえておくのと、おかないのとでは、質問の効果がまったく違います。

質問するタイミングを見計らうことによって、相手に失礼のない対応ができます。

質問の量は、ほどほどがオススメで、質問は厳選する必要があるでしょう。

質問を厳選するためには、質問の質を高めることが重要で、このようなポイントを把握することで、良いOB訪問を実践できるでしょう。

質問するタイミング

OB訪問で質問するときのポイントとしては、質問するタイミングに注意しましょう。

質問するタイミングをしっかりと踏まえることによって、良い情報を聞き出すこともできますし、逆にタイミングが悪ければ、何も情報を聞き出せないかもしれません。

たとえば、OB訪問する先は、実施に社会人として企業で働いている先輩のところです。

そのため、仕事の合間をぬって、質問に答えてくれることもあるでしょう。

もしかすると、質問の最中にも電話対応などをしなければならないのかもしれません。

このようなときに、邪魔をしないように質問をするのが大切です。

忙しそうだと感じたら、少し時間を置くなど、社会人としての配慮をすることによって、OB訪問における質問のタイミングを見誤らずに済みます。

質問の量

OB訪問をするなら、質問の量にも注意したいところです。

OB訪問は、就活における何らかのヒントを得るために行います。

そのため、どんどんいろいろな質問をぶつけたいと思っている人もいるでしょう。

しかし、OBも貴重な時間を使って質問に対応してくれますので、ほどほどのところで切り上げるという選択もしなければなりません。

また、質問の量はほどほどでも、次から次に質問を投げかけると、相手が疲れてしまう可能性があります。

そのため、適度な間をおいて、質問をしていくのもオススメです。

さらに、うまい人は、世間話の中にさりげなく質問を入れます。

そうすれば、相手に質問されているという感覚を抱かせずに、普通に話している感覚で質問に答えてもらえるのです。

質問の質

OB訪問の際は、あまりにもたくさんの質問をしてしまうと失礼にあたる可能性があることがわかりました。

しかし、訪問する方としては、できるだけ多くの質問に答えてもらいたいと思うものではないでしょうか。

そんなときは、質問の質にこだわってみてはいかがでしょうか。

OB訪問の際の質問を考え直してみると、この2つは同じようなことを聞いているというものも少なくありません。

質問の質を高めるためには、1つの質問で核心を突けるような質問をいくつか用意することです。

そうすれば、厳選された質問の中で、必要な情報をしっかりと引き出せるのです。

薄っぺらい質問だと、ついつい質問数が多くなってしまいがちなので、相手にたくさんの時間を浪費させてしまう結果となります。

内容別!OB訪問で絶対するべき質問

ここではOB訪問でするべき質問を厳選して紹介します。

OB訪問ですべき質問というのは、だいたいパターンが決まっていますので、いくつかのパターンを把握して、その中から自分が知りたいことをダイレクトに知れるような質問をチョイスするようにしましょう。

さらに、ちょっとしたオリジナル要素を加えることによって、かなり質の高いOB訪問を実践できるのではないでしょうか。

会社について

OB訪問の際は、会社についての質問は重要です。

自分が興味のある企業をより深く知るために訪問するわけですから、会社の質問をしないのはもったいないです。

さらに、より深くその会社を掘り下げられるような質問を厳選してみましょう。

キャリアステップについて教えてください

ずばりキャリアステップについて質問するのも良いでしょう。

その企業で働く意義や将来性を図れるので、とても良い質問です。

また、キャリアステップの質問をするなら、女性の場合と男性の場合をそれぞれ聞いておきたいところです。

業界で言うとどの立ち位置か?

その企業の業界における立ち位置について質問するのも良いでしょう。

業界での立ち位置は重要で、どんなに良い業界に就職しても、その企業の業界におけるレベル感を把握しておかなければ、思ったように突き抜けられない可能性もあります。

逆に、業界の規模としてはそれほどではないとしても、業界をけん引するような企業の場合、やりがいのある仕事に取り組める可能性も高くなります。

御社にしかない魅力はなんですか?

その企業独自の魅力は必ず聞いておきたいところです。

OB訪問をするメリットは、その企業をより深く知ることができる点です。

そのため、こういった突っ込んだ質問をすることによって、詳しく企業を知ることができます。

また、ホームページなどに記載されている魅力と、実際に働いている人が感じている魅力には乖離があるものであり、その乖離の原因を追究することによっても、就活の正解が見えてくるかもしれません。

どんなタイプの社員さんが多いですか?

社会におけるコミュニケーションは重要です。

そして、この質問は、自分が就職した後に円滑なコミュニケーションを取っていけるかを知るうえでとても重要です。

自分とタイプの合致した人間が多ければ、それは大きなメリットですし、自分を刺激してくれるようなタイプの人間が多い会社なら、より良い仕事ができます。

こちらの質問も重要度が高いので、ぜひ聞いておきたいところでしょう。

仕事について

仕事についても企業についてくらい重要な質問です。

1日のスケジュールを聞いてみたり、希望の職場に行けるかどうか聞いてみたりするのも良いでしょう。

仕事について質問をすることにより、自分が想像していた会社と合致するのか、相違があるのかを知れることも多いです。

1日のスケジュールを教えてください

仕事について聞きたいなら、まずは小手調べに1日のスケジュールを聞いてみると良いでしょう。

このくらいなら先輩も快く答えてくれるはずです。

その意味では、最初に持ってくる質問としても良さそうです。

また、それほど重要度の高い質問ではなく、あまり掘り下げず、次の質問に移ってしまうのも良いでしょう。

希望の職場にはいけますか?

仕事のやりがいを重視する人にとっては、とても重要な質問です。

自分が希望する職場に行けない場合、モチベーションがかなり下がってしまいます。

そのため、現在の職場は希望する職場だったのかどうかも確認しておきましょう。

また、自分が希望を出して、好きな職場に行ける可能性などについてもしっかりと確認しておきたいところです。

OBの方について

OB訪問をするなら、OBについての質問もしたいところです。

せっかく、その先輩に企業のことを聞くのですから、その先輩しか答えられないような答えを聞き出せればメリットは大きいです。

仕事のやりがいを聞くのも良いですし、入社した経緯にヒントが隠されているかもしれません。

また、将来のビジョンを確認するのも良いでしょう。

仕事のやりがいを教えてください

OB訪問をするなら、これはぜひ聞いておきたい質問です。

実際に働いている人から聞く仕事のやりがいという質問は、得られるものがたくさんあります。

自分が知らなかった業界や企業の良い点を知れる可能性が高いので、絶対に外せない質問とも言えるでしょう。

この部分については、できるだけ掘り下げて聞いていきたいところです。

何がやりがいという単純なものではなく、どうしてそう感じるのかについても質問をしていきたいところです。

入社した経緯はなんですか?

入社の経緯について質問をすると、自分が就活するときのヒントになるかもしれません。

就職というのは何がきっかけになって成功するかわからないもので、OB訪問の際にこの質問をすることによって、先輩とその企業の知られざるエピソードを知れる可能性があります。

また、自分と同じような動機で入社を志したなら、より自分の指針が明確になるのではないでしょうか。

将来のビジョンを教えてください

将来のビジョンについても質問したいところです。

将来のビジョンに関する質問は、単に先輩のビジョンを聞くだけではいけません。

先輩が持っているビジョンに対しての達成度についても質問したいところです。

どんなに立派なビジョンを持っていても、そのビジョンを達成できる会社でなければ、ビジョンを持つ意味も薄れてしまいます。

そのため、必ずビジョンを聞くとともに、そのビジョンの達成度についても質問も用意していきましょう。

OB訪問でしない方が良い質問内容とは?

OB訪問で質問に答えてもらうと、ついついうれしくなって、余計なことまで聞いてしまいがちです。

ここでは、OB訪問ではなるべく避けた方が良い質問を紹介します。

せっかく、良い質問で相手からの印象も良かったのに、NG質問をしてしまうことによって、その後の質問に支障をきたしてしまう可能性もあります。

とくに給与や賞与に関する質問で、突っ込んだことを聞くのは、よく思わない人も多いです。

給与や賞与に関して深く聞く

OBに質問したいことの上位にあるのが給与や賞与のことではないでしょうか。

とくに報酬目当てで仕事をしたい人は、かなり気になる問題です。

しかし、こういったお金の話はとてもデリケートな部分なので、あまり深く聞くのは避けたいところです。

簡単に質問をする程度なら、まったく問題はないのですが、あまり突っ込みすぎると、失礼にあたるかもしれません。

また、後日先輩から、企業の人事担当に、給与のことばかり聞いていたと言われてしまうと、心証が悪くなってしまう可能性があります。

調べるとネットですぐに出てくる質問

インターネットで検索すると質問例に出てくるような質問は避けるべきかもしれません。

OB訪問で聞くべき質問は、すべての人が一緒ではありません。

それぞれの志によって、聞くべき質問は変わってくるのです。

そのため、基本を押さえる必要はありますが、あくまでもオリジナリティのある質問を心がけたいところです。

あまりにも当たり前の質問ばかりしていると、逆にこの会社にあまり興味がないのかと思われてしまう可能性があります。

まとめ

OB訪問を良い機会にするためには、何を質問すれば良いかがずいぶんわかったのではないでしょうか。

OB訪問は、就活の中で、限られた時間しか行えない貴重な体験です。

そのため、その時間を無駄にするか、無駄にしないかによって、就活の成功率もかなり変わってくるはずです。

今回紹介した質問をベースにして、自分が聞きたいことをうまく散りばめた質問を用意してみると良いでしょう。

就活は十人十色!
あなたに合った就活方法をわたしたちがサポートします。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ