本当に転職できるの?第二新卒が転職を成功させる8つのポイント

はじめに

第二新卒が転職活動を行う場合、転職のタイミングや退職理由の伝え方など、さまざまな悩みがあるかと思います。

働いた状態で転職活動を行うのは、簡単なことではないでしょう。

しかし、長い目で見ると第二新卒は転職しやすいタイミングとも言われており、積極的に行動することが大切です。

今回は第二新卒が取り巻く状況や、転職を成功させるためのポイント、転職のメリットやデメリットなどについて紹介します。

第二新卒の転職を成功させる8つのポイントとは

大学を卒業して企業へ就職したものの、さまざまな理由から別の会社への転職を考える人も多いと言います。

近年は、入社後数年以内に離職する転職者の割合が、増加傾向にあると言われています。

転職活動では自分に合った会社を選ぶことはもちろん、将来のキャリアビジョンを考えて計画的に行う必要があるでしょう。

転職した後で後悔することがないよう、まずは転職を成功させるための8つのポイントについて紹介します。

転職活動のスケジュールを考える

第二新卒ということは、転職活動は初めてというケースがほとんどでしょう。

大学では就職活動をしていたものの、転職活動とは具体的にどのようなことをするべきか、手探りの状態でスタートする人が多いかもしれません。

そんな時、最初に考えたいのが、転職活動のスケジュールです。

希望通りのタイミングで転職をすることは、意外と難しいのが現状です。

せっかく志望している企業から内定をもらえても、会社から引き止められたり、配置換えなどで上司に報告することをためらってしまったりと、当初想定していたとおりに転職ができない可能性があります。

転職活動全体のスケジュールとしては、企業の情報収集から選考期間、退職時の引継ぎまで少なくても3ヶ月は見ておきましょう。

どのような会社に就職したいか自分なりに分析し、考える期間として約1ヶ月、応募から選考までは複数の会社に応募することを想定して1ヶ月~2ヶ月、内定をもらってから退職するまでの期間は1ヶ月というように、具体的な計画を立てるようにしましょう。

なぜ転職するのか理由を明確にする

転職するということは、現在働いている会社に不満があるなど、辞めたい理由が存在するはずです。

転職活動を行う際に大切なことは、なぜ転職したいと思ったのか、転職理由を明確にしておくことです。

転職する理由が理解できていないと、会社選びに失敗してしまったり、転職自体がキャリアにおいてマイナスになったりする可能性があります。

もし悩んでいる問題が転職しなくても済むことなら、当然ながら転職活動は必要ないでしょう。

面接では、必ず退職理由を聞かれます。

転職したい理由を頭の中で整理することで、自分自身も納得して転職活動を行うことができ、志望動機や入社する意思を明確に伝えられます。

理由が明確でない場合は、現状を整理してから行動に移すか考えるといいでしょう。

将来のキャリアビジョンを考える

キャリアビジョンという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

これは、3年後はどのような自分になっていたいか、5年後や10年後はどうかなど、年齢ごとに期間を区切り、長期的な目標について考えることを意味します。

将来の理想像について明確にすることで、実現するための計画について具体的に考えられます。

将来の目標を持つことは、転職活動において大切なポイントです。

10年後の姿はまだイメージできないという人は、3年後や5年後の自分について考えてみるようにしましょう。

キャリアビジョンは、面接でも聞かれることが多いと言われています。

周囲と差をつけるためにも、理想像を語れるように準備しておきましょう。

キャリアビジョンを達成させるための企業を選ぶ

キャリアビジョンを達成させるためには、企業選びも慎重に行う必要があります。

たとえば、目標を達成する上で自分に足りない部分がある場合は、その会社で成長できるか、企業分析を行った上で検討する必要があるでしょう。

他にも、必要な知識やスキルを習得できるか、希望する部署への配属が可能かどうかなど、目標を達成させるための会社としてふさわしいかどうか事前にしっかりと確認する必要があります。

5年後の目標を実現するために、1年目はコミュニケーション能力を高める、2年目は必要な専門資格を取得するなど、具体的な行動計画を立てることで、企業も絞りやすくなるかもしれません。

キャリアビジョンを達成できる会社であれば、面接時にそのことをアピールできます。

自分に何ができるのかを洗い出す

第二新卒と言うと、入社して2年~3年の間に成長し、実績や評価を得ている可能性があります。

中には、自分を高く評価している人もいるかもしれません。

しかし、必ずしも転職先の企業で同じように結果が出せるわけではありません。

自分に何ができるのか、あらためて強みや弱みについて洗い出すことが大切です。

もしグループワークなどで評価を得ていた場合は、自分1人の力ではなく、指導者が優秀だったからこそ結果を出せていた可能性もあります。

会社から離れた時に、自分1人の力がどれだけの力を持っているのか、客観的に判断することが大切です。

自分をよく知る人物や転職エージェントなどに状況を報告すると、アドバイスをもらうことができるでしょう。

転職先が決まるまで退職しないようにする

転職活動ではある程度の時間を要します。

企業の情報収集から内定までには、数カ月かかることもあるでしょう。

平日の昼間に面接を受ける場合がほとんどですが、だからといって時間を確保するために退職してから転職活動を行うことは、賢明とは言えません。

一度退職すると収入がストップしてしまうため、これまでの貯金から生活費や転職活動にかかる費用を負担します。

なかなか内定がもらえず、長期間仕事をしていない状況が続くと、精神的な焦りから転職活動に影響を及ぼす可能性もあります。

内定がもらえる会社ならどこでもいいというような考えも、出てくるかもしれません。

金銭面だけでなく精神面に余裕を持って転職活動を行うためにも、退職するのは希望する会社の内定をもらった後にしましょう。

根拠のない自信は持たないようにする

自分を信頼し、自信を持つことは大切です。

しかし、根拠のない自信は注意が必要です。

第二新卒に価値を見出す企業は多いですが、だからといってすべての会社に採用されるわけではありません。

転職理由が、年収アップや大企業への就職などの場合は、自分のこれまでの経験や能力で本当に可能なのか、あらためて考える必要があるでしょう。

具体的な数字でこれまでの実績を示せる場合は、転職先へのアピールになります。

しかし、根拠がなく、自分ならできると口先だけになってしまうのは危険です。

大きなプロジェクトで実績を得たことがきっかけで転職を決意した場合は、自分を評価するだけでなく、本当に自分の実力なのかどうか、あらためて考えてみましょう。

転職エージェントに登録する

第二新卒が転職活動を成功させるための一番の方法は、転職エージェントへの登録です。

登録するだけで専門家が相談に乗ってくれて、さらに求人紹介や給与交渉など、転職に関わる必要なサポートを行ってくれます。

働きながら転職活動をすると、どうしても時間や手間がかかってしまいます。

しかし、第三者のサポート得ることで、転職活動を計画的に進めることができ、内定に必要なアドバイスももらえます。

ほとんどの転職エージェントは無料でサポートを行っており、中には企業とのコネクションが強いエージェントも存在します。

求人の数やサポート体制などを確認し、複数のエージェントに登録するといいでしょう。

雇用契約書の確認や入社後の手続きなど、初めてで不安な人に必要な支援を行っています。

【第二新卒の転職成功】第二新卒で転職するメリット・デメリット

転職活動でどのような結果を出すことができるかは、人によってさまざまです。

とくに第二新卒の場合は、メリットもあればデメリットもあります。

転職したいという気持ちが強いと、メリットばかりを考えがちですが、デメリットについても理解することが大切です。

ここでは、転職活動を成功させるためのメリットとデメリットについて紹介します。

そもそも第二新卒とは

ここまで第二新卒の転職について紹介してきましたが、そもそも第二新卒の意味をご存じでしょうか。

実は、第二新卒には決まった定義があるわけではありません。

しかし、多くの企業が大卒で入社した3年以内の人のことを指す言葉として使っています。

近年は入社して3年以内に退職する第二新卒が増えていることから、求人サイトでは第二新卒歓迎と記載し、応募を募る企業もあります。

社会人としての経験がまったくないわけではないものの、経験が浅くても一から指導できるため、人材育成のしやすさという意味で需要があると言われています。

第二新卒で転職するメリット

転職を行うタイミングとして最もふさわしいと言われているのが、第二新卒だと言います。

第二新卒の多くが20代ということもあり、転職後の活躍が期待されていることも事実です。

大企業や有名企業などが、第二新卒を積極的に雇用する動きもあると言われています。

それでは、第二新卒が転職することの具体的なメリットについて紹介します。

働き方が良くなる可能性がある

せっかく希望している会社に就職できたものの、働き始めてから労働条件や職場環境にギャップがあったというケースも少なくありません。

第二新卒の転職理由の1つに、働き方改善が挙げられます。

入社してから3年以内で転職し、働き方が改善されれば、長期間にわたってワークライフバランスを取ることが可能です。

悩みを抱えたまま仕事を続けてしまうと、精神面に負担がかかる可能性があります。

労働環境を改善することで、仕事に成果を出しやすくなるでしょう。

自身の能力を最大限に発揮し、会社に貢献していくためにも、早いうちに決断をし、働き方を変えるチャンスをつかむのがオススメです。

やりたい仕事ができる可能性がある

仕事との相性は人によってさまざまです。

合うと思っていた職種でも、やってみたら自分の能力を活かすことができなかったというケースも考えられます。

第二新卒は入社してから一定期間働いているため、自分のやりたい仕事内容が明確になり、転職を決意する人もいると言います。

この場合は、転職に前向きな理由が存在し、さらに目標の実現という強い意志を持てます。

決断が早ければ体力や時間にも余裕があり、目標に向かってステップアップすることが可能です。

やりたい仕事がハッキリとわかった場合は、第二新卒だからこそ転職するメリットは大きいと言えるでしょう。

第二新卒で転職するデメリット

第二新卒は若くて時間に余裕がある人が多く、転職するタイミングとしてはピッタリです。

しかし、第二新卒ならではの転職のデメリットも存在します。

転職先で成功するためには、あらかじめデメリットについて理解し、気持ちの整理をつけることが大切です。

ここでは、3つのデメリットについて紹介します。

会社に定着できない人材と判断されやすい

第二新卒が転職活動の際に必ず聞かれるのが、退職理由です。

企業側としては、一度採用した社員については長く働いてもらいたいという思惑があります。

入社して数年で退職した第二新卒は、会社に定着できない人材と判断される可能性があります。

もし退職理由が人間関係だった場合は、社員と馴染めるか、不安を与えることもあるかもしれません。

また、社風との相性はもちろん、すぐに退職してしまうのではないかと思われる可能性もあるでしょう。

最初は周囲からの目が気になるかもしれませんが、仕事に対する姿勢や熱意が伝われば、評価を得られます。

周りからそう思われても仕方ないと割り切るようにしましょう。

1から仕事を覚え直す必要がある

当然ながら、転職先では仕事を一から覚える必要があります。

もしこれまでとはまったく別の異業種に転職を希望する場合は、仕事に慣れるまでに時間がかかるかもしれません。

また一から仕事を覚えていくことは大変だと思う人もいるかもしれませんが、長期的な視野で見ると、それは必要なプロセスです。

周囲との実力の差に引け目を感じてしまうことを考えると、転職活動に対する熱意が薄れるかもしれません。

しかし、転職の動機が明確で、自身のキャリアアップにつながるのであれば、そのことで焦りを感じる必要はないでしょう。

初心に戻ってスタートできると前向きに捉えることが大切です。

新卒と同じスタートと見なされる

企業によって入社時期は異なりますが、中には新卒と同じタイミングで仕事をスタートする人もいるかもしれません。

その場合は、会社にとっては新卒も第二新卒も同じ扱いになります。

給与条件なども同じになる可能性があり、そのことで落ち込む人もいるかもしれません。

また、一部の会社では第二新卒よりも新入社員を優遇することがあるようです。

中途採用と新卒採用では昇格するスピードに差があることもあると言います。

入社する前にあらかじめその事実について向き合うようにしましょう。

【第二新卒の転職成功】第二新卒を取り巻く状況とは

第二新卒は中途採用枠に応募するのが一般的ですが、数年の経験を持つ第二新卒の他にも、長年さまざまな経験を積んできた人材が応募することもあり、転職は難しいのではないかと考えがちです。

しかし、経験豊富な即戦力だけでなく、第二新卒を歓迎している企業も多く存在します。

ここでは、第二新卒を取り巻く状況について紹介します。

大手企業も第二新卒の採用を重視している

新卒採用枠の応募者数が思っていたよりも少なかったことが原因で、第二新卒を積極的に採用する企業が増えていると言います。

少子高齢化が加速する日本では、若い人材は貴重な存在です。

仕事の覚えが早く、就業経験がある第二新卒に注目する大手企業が増えていることから、第二新卒だからと不安に感じる必要はないでしょう。

たとえば新卒者の場合、研修期間などを設けて一定期間教育する必要がありますが、第二新卒はすでに社会人経験があるため、入社後はすぐに業務に就くことができます。

企業にとっては時間とコストの削減にもつながるため、第二新卒を積極的に採用する傾向があります。

また、必要とするタイミングで人材を確保できることも、第二新卒を受け入れる理由だと言います。

社風に染まる前に転職できる

第二新卒の多くが20代の若者です。

社会人としての経験が数年程度で、社風に染まり切っておらず、すぐに新しい職場に馴染めます。

社風に馴染めるかどうかは、転職活動における採用基準の1つでもあります。

柔軟性に富んだ第二新卒なら、一から育てることで将来的に大きな即戦力となる可能性があるでしょう。

中途採用枠では30代以上の転職者も応募しますが、前職のカラーに染まり、こだわりや先入観を持っている傾向が強いと言います。

たとえ経験が豊富でも、新しい職場のやり方に適応でなければすぐに離職する可能性があります。

企業にとっての第二新卒の魅力は、積極性や柔軟性が高く、社風を理解した上で即戦力になってくれることです。

まとめ

第二新卒が転職で成功するためには、転職の理由や目的を明確にし、企業研究をしっかりと行うことです。

また、内定をもらった後で退職手続きを行うなど、経済的なリスクについても考えることが大切です。

計画的に行うためには、転職エージェントを利用するのがいいでしょう。

第二新卒ならではのメリットやデメリットを理解し、転職活動を成功させましょう。

内定は取れたけどこんな不安やあんな不安が…。
わたしたちに何でも聞いてください!​​

あなたのビジョンを実現させるための
就活のサポートを実施​

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ