最後の関門である逆質問!第二新卒の面接で逆質問された際に好印象を与える3つのポイントとは

はじめに

面接の最後に、「皆さんから何か質問はありますか?」と面接官に聞かれるのが逆質問です。

第二新卒者の面接でも「最後に何か一言ありますか?」などと聞かれますが、その際にどう答えるかは面接の合否に関係してくるとも言えます。

第二新卒の面接で逆質問される意図や逆質問の事例について知っておきましょう。

質問例については、オススメの事例とNG例の双方を紹介します。

【第二新卒の逆質問対策】そもそも面接でなぜ逆質問をするのか

第二新卒者の面接において、なぜ逆質問するのかご存じですか?ただ何となく、面接官は「最後に何かありますか?」と聞いているのではないのです。

そもそも面接をするために貴重な時間を割いているわけで、意味がない質疑応答はしません。

逆質問の意図を知っておけば、企業側が求める理想的な逆質問をすることも可能です。

逆質問をする意図は、大まかに分けると3つあります。

それぞれ頭に入れて、面接官に好印象を持ってもらえる逆質問を考えたいものです。

 会社にどのくらい関心があるのかを知るため

企業側としては、自社に対して強い関心のある人間を採用したいと思っています。

逆質問を聞くことで、就活生がどのくらい会社へ関心を示しているのか知ることができるのです。

音楽でもスポーツでも、自分が興味のあることに関しては貪欲に知りたくなり、いろいろな疑問が浮かんでくるはずです。

第二新卒の就活も同じで、自分が興味のある会社に対しては、次々と聞きたいこと・知りたいことが浮かんでくるはずだと面接官は読んでいるのです。

すなわち「何か質問がありますか?」と尋ねた時に、何も質問がない就活生よりも、待ってましたとばかりに熱い姿勢で質問をしてくる就活生の方がやる気が感じられるのです。

そしてさらにその質問内容においても、会社への興味の深さを知ることが可能でしょう。

 入社後活躍するイメージを面接官はイメージしようとするため

どんなことでも、他人に何かを聞く時の質問の仕方は人それぞれです。

たとえ同じ内容の質問であっても、聞き方や姿勢は多種多様です。

逆質問の時間を設けることで、面接官は質問に隠れている就活生の人間性を見ようとしています。

それは質問内容だけでなく、聞く時の表情や礼儀、声のトーンなどさまざまな点に表れます。

面接官はあらゆる面から、就活生の人となりを見て自社にマッチするかを見極めようとしているのです。

自社で活躍している姿がイメージできたなら、面接をクリアできる可能性が高くなるでしょう。

例を挙げますと、逆質問をする際に「お忙しい中、このような時間を持っていただきありがとうございます」と前置きをしてから述べる人は、気遣いができて礼儀正しいと見てもらえるはずです。

キラキラとした目で笑顔で話す人は、明るく愛想も良くて接客サービス業に向いていると感じてもらえるかもしれません。

敬語の使い方やコミュニケーション能力などについても、しっかりチェックされています。

 自分たちの会社のアピールをするため

逆質問は、企業側が就活生について奥深く知るためのものだけではありません。

反対に、就活生がエントリーした会社を見極める場でもあるのです。

就活生が投げかけた質問に対して面接官がどのように返事してくれるかは、就活生にとって大いに興味深いところではないでしょうか。

面接官の回答によってはエントリーをし続けるか、場合によっては辞退するかを判断できます。

逆質問の場は、要するに会社側が自社の魅力についてアピールする場でもあるわけです。

面接官の回答から「熱い会社だな。やっぱりここで働きたいな、自分に合っているな」と感じることができたなら、入社できた後も後悔なく働けることでしょう。

どんな会社であるか入社後のミスマッチが生じないように、就活生も会社を見極めましょう。

【第二新卒の逆質問対策】逆質問を聞く際の3つの注意点

逆質問は、どんなことでも聞いて良いわけではありません。

質問内容によっては、面接の結果にマイナスにつながることもあるので気をつけたいものです。

とはいえ、どういった質問がNGなのかわからない人も多いのではないでしょうか。

勢い込んで聞いたことが面接官を不快にさせてしまう可能性もあります。

控えるべき質問内容について、その理由についても詳しく解説します。

逆質問を考える時の参考にしてください。

  調べて出てくるような質問はNG

面接官は逆質問を聞くことで、就活生がどの程度自社について研究しているかも見ています。

いろいろと仕事内容や社風などについて深く聞くのは良いことですが、調べればわかるようなことは聞くべきではありません。

会社のホームページやパンフレットに載っていることをわざわざ聞いてしまうと、「この人は企業研究をしていないな」と思われてしまいます。

中には企業説明会で説明のあったことを再度聞いてしまう人もいるようです。

「きちんと話を聞いていないな」とマイナスの印象を持たせてしまうので気をつけましょう。

逆質問の内容に関しては、しっかり企業研究をした上で考えることが非常に重要です。

聞きたい質問に関しては、ホームページなどに載っていなかったかあらためて見直すようにすれば安心です。

 給料や休日などの待遇面ばかり質問するのはNG

誰しも、給料についてや残業、休日出勤などについては知りたいものです。

しかしながら逆質問の時に待遇面ばかりを聞くのは避けましょう。

内定も出ていないのに、労働条件や給与について質問されるのは、面接官もあまり良い気はしないはずです。

ただでさえ、第二新卒者の場合は面接の評価もシビアになります。

この人は待遇面ばかり気にするのか、待遇面で判断するのかと見なされてしまっては面接をクリアできません。

こうした待遇面についてどうしても聞きたい場合は、ネガティブな言い方ではなく「前職では週〇時間ほど残業をこなしていたのですが、御社ではいかがでしょうか?」といった聞き方が理想です。

 面接官が知らないまたは答えづらいような質問がNG

逆質問は、何も聞かないことは会社に興味がないと捉えられるので良くないとされています。

そうなると、何とか何か質問しなくては…と焦る人もいるでしょう。

無理やり質問を考えた時に、面接官がどう答えれば良いかわからない難しい質問をするケースも見られます。

たとえば、「私は〇〇に住んでおりますが、配属先はどの支店になりそうでしょうか?」といった質問は、面接官にはわかりません。

今の段階でわかることではないですし、あまりにもプライベートな質問過ぎて面接官も困ってしまうはずです。

「昇給はどれくらいでできますか?」というような質問もNGです。

【第二新卒の逆質問対策】逆質問で聞くべきオススメの質問5選

ただでさえ厳しい第二新卒の面接ですが、逆質問で自分をアピールして良いインパクトを持ってもらうことで内定へとつながりやすくなります。

逆質問の場は、就活生の個性が出やすく自分を売るには最適な時間とも言えるでしょう。

面接官に好印象を与えられる良い質問内容について見ていきます。

自己分析と企業研究をしっかりすることで、より良い逆質問を考え出せます。

 入社をイメージした逆質問

その会社に入社して活躍している姿がイメージできる逆質問は、非常に効果的です。

面接官も就活生の入社後の姿をイメージしようとしています。

逆質問により、よりいっそう働いている様子が見えてくるならば、その質問は成功と言えるでしょう。

たとえば「入社した暁には〇〇の仕事がしたいのですが、私と同年代の方はどのような仕事をしているのか事例を教えていただけると幸いです」などの質問は、面接官も快く教えてくれるはずです。

「私は御社の〇〇の部署配属を志望しておりますが、そこでのメインとなる仕事内容について教えてください」なども、好感を持ってもらえる質問です。

入社をイメージした質問を考えるためには、将来のビジョンをしっかりと持つことがまず大切と言えます。

企業研究をした上で、その会社で何をしたいのかを定かにしておきましょう。

 自分の強みをアピールできる逆質問

面接の間、緊張がほぐれずなかなか思うように自分をアピールできなかった人もいるでしょう。

そのような人こそ、逆質問が自己アピールをする最後のチャンスの場です。

上手に活用して、自身の能力をしっかりアピールしたいものです。

「私はリーダーシップ能力やコミュニケーション能力を活かして、御社の〇〇プロジェクトのメンバーとして活躍したく考えております。御社で第二新卒者でも、仕事を頑張ればそのプロジェクトに参加させていただくことは可能でしょうか?」

「私は英語が得意で御社でも語学を活かしたいと思っております。最も海外観光客が多い〇〇支店にて働けるチャンスはありますか?」

 仕事へのやる気をアピールできる逆質問

逆質問では、自分の能力に加えて働く意欲をアピールすることも大切です。

面接官にやる気を感じてもらえるオススメの質問内容を考えてみましょう。

「私は御社に入社して仕事を覚えて1日でも早く活躍したいとワクワクしております。そのために今から何か準備しておけることはありますか?」

この質問は、就活生の勢いややる気が感じられる内容です。

また資格を持っている人は、

「御社でチームリーダーとして働きたくてウズウズしております。私は〇〇と、〇〇の資格を持っているのですが、この他に必要な資格があるならば今から勉強しておきたいと考えているので教えてください」

このように、就活をしている段階から、仕事に役立つことを学ぼうとする姿勢をアピールするのも良いでしょう。

 気になる労働条件に関する逆質問

労働条件や待遇については気になるものの、なかなか逆質問ではうまく聞きにくいものです。

そんな中でも、面接官に不快に思われることなくスムーズに聞く方法もあります。

前向きで待遇重視ではない聞き方を考えてみましょう。

「御社の〇〇の部署において、1日の仕事の流れについて大まかに教えていただけたらと思います」といった質問であれば、早出や残業について何か情報を得ることができるかもしれません。

「入社後の、第二新卒者の研修期間や、その後の現場への合流方法について教えてください」

こういった質問により、職場の労働環境やスケジュールを少しは把握できます。

 とくに質問が思い浮かばない際の逆質問

質問することがない場合に、「何もありません」と答えることだけは避けましょう。

「何もない」と答えることは、=「会社に興味がない」「入社の意欲がない」と思われるようなものです。

何も聞きたいことがない時に便利な逆質問の事例を紹介します。

「御社に入社するにあたり、これだけは覚悟しておくべきという点がありましたら教えてください」

「御社では私と同年代の方にはどのような人がいらっしゃるのか、お聞きしてもよろしいでしょうか」

こうした無難でありながらも必要な情報を、さり気なく聞いてみましょう。

 【第二新卒の逆質問対策】これは聞くのを避けるべき3つの逆質問

これだけは聞くのを控えたい逆質問について、知っておくことも重要です。

今まで良い印象を抱いてもらっていたのに、最後につまらない逆質問をしたせいで面接を落とされてしまう例もあることは否めません。

逆質問を味方につけるか敵に回すかは自分次第です。

これだけは避けるべき逆質問について、3種類紹介するのでしっかり覚えておいてください。

 前職の退職理由に関連する逆質問

第二新卒者の面接の質疑応答では、退職理由についてはまず聞かれると思っておいて良いでしょう。

しかしながら逆質問の時に、前職の退職理由に関するネガティブな質問をすることは避けたいものです。

たとえば前の会社で上司と折り合いが悪く人間関係につまずいて辞めた人が、「私は人間関係を構築するのが苦手で、前職でも上司などとうまくいかず辞めました。御社の上司はどういったタイプの人が多いでしょうか?」というような質問は、マイナスにしか捉えられません。

確かに会社の職場の雰囲気や上司の性格などは気になるところですが、こんな質問をしてしまうとまた人間関係が理由で辞めてしまうだろうと思われるだけです。

逆質問では、退職理由については触れない方が無難です。

 自分の希望を満たせるかを確認するような逆質問

これも前の仕事を辞めた理由と関連があるかもしれませんが、自分の希望条件に合った会社であるかを聞くこともやめましょう。

「私は家庭の事情で、住んでいるエリア内のみの仕事を希望しています。御社は各地に支店がありますが、エリア外に異動になる可能性はどのくらいありますか。断ることは可能でしょうか?」

そもそも求人票を見た時点で、他支店への異動の有無は記載されているはずです。

異動したくないのであれば、異動なしの会社を受けるべきです。

希望条件を満たせない会社は、はじめから受けないようにしましょう。

 労働条件に関する逆質問

給与額や残業などに関することは、非常に気になるのは当然です。

けれども逆質問でそれをぶつけてしまうのは、マイナス評価にしかつながらないので控えましょう。

「前職では営業をしておりましたが、いくら成績を上げても〇〇円しか給与はもらえませんでした。私は営業目標額を達成できれば、それなりの昇給を希望しておりますが御社ではいかがですか?」

確かに給与面は気になるところですが、これはあまりにもぶしつけな質問です。

成績における給与形態を聞きたい場合は、

「私は営業職を希望しており、売上貢献できるよう全力で取り組む覚悟をしております。

できればノルマ制で売上達成すればさらにモチベーションも上がるのですが、御社はいかがですか?」 

この質問なら、ノルマを与えられて頑張れるという前向きな姿勢が見られるので、まだNGにはなりにくいはずです。

 まとめ

第二新卒者の面接が厳しいことは否めませんが、このように逆質問においても事前に準備をしておくことで自分をアピールできるでしょう。

良い逆質問とNG質問について参考にしながら、インパクトを持ってもらえる逆質問を考えましょう。

とにかく前向きな質問にすることが大切なポイントです。

逆質問を甘く見ず、自分のチャンスの場に使いたいものです。

内定は取れたけどこんな不安やあんな不安が…。
わたしたちに何でも聞いてください!​​

あなたのビジョンを実現させるための
就活のサポートを実施​

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ