インターンの参加は意味ない?意味を見出す方法を大公開!

はじめに

インターンを行う人の中にまことしやかに噂されていることの1つに「そもそもインターンなんて行っても意味がない」というものがあります。

これはいろいろな意見があって、中にはまったく有効活用できないという意見や時間の無駄という意見の持ち主もいれば、かなり強く意識して就職活動に活かせたという意見もあるのです。

とはいえ、これは意識の持ちようという意見もあります。

気分の持ちようによってかなり変化がありますので、インターンを無駄にしないように意味を見出す方法を紹介しましょう。

インターン参加に意味はあるのか?

まず、インターン参加そのものに意味があるのかどうかと言うと、結論から言えばいくつかの意味があります。

1つは、インターンそのものはすでに選考の一環として行われていますので、選考に影響を与える可能性がある、という点が大きいでしょう。

もし行きたい企業が決まっているなら、インターンの経歴をもとにアピールできるかもしれません。

もう1つは、いろいろなインターンによって会社のイメージと自分のイメージを合わせたり、職種や業種などとのイメージを合わせたりもできます。

インターンで得たイメージから将来のキャリアプランを変更するのも、難しいことではありません。

また、企業も選考や企業PRなどのメリットがあります。

インターンの意味は目的から見出す

これはインターンの攻略法の1つなのですが、インターンの意味は自分が持つ目的から見出すのが方法です。

たとえばその会社を見てみたい、実際に働いてみたいなら長期インターン、いろいろな業界を軽く体験してみたいと言うのなら短期や1日だけのインターンをいくつか体験してみるなど、意味ややりたいことによって目的を作る方法があります。

また、目的については基本的に誰かから与えられたものよりも、自分で見出した方がやりがいや体験を感じられるでしょう。

意外と多くの経験を積むことができたり、いろいろな会社を見て回れるのもこの時期ならではの楽しみと言えるでしょう。

逆に言えば、目的を自分の中で作ることができないと、時間や経験を無駄にしてしまいます。

なぜインターンの選考に目的が必要なのか?

なぜインターンの選考に目的が必要なのかについては、今度は企業目線となってきます。

企業はその会社で長く働いてくれる人や、適性のある人を採用したいと思っています。

長く活躍して会社に利益を上げ、仕事を楽しく効率的にこなしてくれる人の方が望ましいでしょう。

このため、何も目的がない人やただの経験を積みたいというだけの人よりも、具体的にその会社で働きたい人や働きたいと思うような人を探す傾向があります。

そしてインターンそのものは誰でも参加できるわけではなく、選考が行われます。

選考時にはさまざまな面で選ばれ、とくにその希望やどうしてそこで働きたいか、何の目的があるかはとくに重視されますので、ぜひアピールに活用しましょう。

人事は目的から何を見ている?

インターンは誰でも参加できるわけではなく、中には人事が選考を行う場合もあります。

この場合、人事はとくに目的からいろいろなものを見ています。

1つはやはり行動と目的の一貫性で、行動が明確であることとその理由を明確に伝えられることや、行動によって目的がきちんと達成されること、達成されるような適切な努力をしているかどうか、ということが大事なポイントです。

もう1つは目的に対する姿勢から人となりを見ていく、という点です。

行動が合理的か、理由がしっかりあるかどうか、一緒に働きたいと思う人かどうか、というような点を見る場合もあるでしょう。

この2つの目的や人事が見るポイントについては、もう少し詳しく紹介しましょう。

行動と目的の一貫性

まず、行動と目的の一貫性についてです。

実はここがズレていると、インターンにその学生を呼んでも意味がないと思われたり、インターンに不適切と思われたりして落ちる可能性があります。

これはたとえば、経理の仕事がしたいと書類に書かれているのに営業のインターンに申し込んだり、インターンをする目的がよくわからない内容だったりした場合、そもそもインターンの選考そのものに通らない可能性があります。

また、インターンの経験を活かした就職活動を行うのも難しかったり、実際の就職活動時の選考で悪い影響が及んでしまったりする場合もあるでしょう。

インターンを実施しているときに行動と目的の一貫性がないと人事が判断すると、その後の選考にもあまりいい影響が及びません。

目的に対する姿勢から人となりを見る

また、インターンを行う際に人事が見る部分は、その人のイメージや目的がしっかりあるかどうかということや、きちんと軸がある目的かどうか、ということです。

この軸になる目的がないと行動や思いがふらふらしてしまったり、すぐに仕事を辞めてしまう人になりかねないと見なされたりするでしょう。

そして、そもそも軸がある人はインターンの姿勢や就職活動時の姿勢や、就職後の職業人生にも影響を及ぼします。

軸のある人の方がやはりパフォーマンスが高く、いろいろな仕事をこなしてくれたり、逆境にも強く粘り強い人材となったりするでしょう。

インターンに参加したり、インターンをした経験を活用したりする場合もこの影響は出てきます。

人事が見るときの姿勢にも影響を及ぼすでしょう。

インターンに参加する目的

実際にインターンに参加する目的はいろいろあり、人によってもかなり違います。

実は長期インターンを行う人の中には、就職ではなく自分が活躍できるスキルを持っているからとか高給を狙う人もいますし、とにかくいろんな会社を見て回りたいから、という人もいるくらいで、その目的はさまざまです。

とはいえ、必ずしも軽い気持ちや企業を見物する程度の目的で参加するわけではありません。

なお、インターンには大きく分けて短期インターンと長期インターンがあり、1日だけのとても短期のものもあります。

詳しいことは『https://shukatsu-ichiba.com/article/12212』を見て、インターンについての詳しい情報を得ておきましょう。

インターンで何を得たいか?

まず、何をおいても考える必要があるのは、インターンで何を得たいかということでしょう。

ただ気楽な気持ちや、みんなが参加しているからということでインターンに参加してしまうと、何も得られないままで終わってしまうでしょう。

一方、得たいものが明確なら姿勢も自然と前向きで積極的になり、人事の評価もプラスになるかもしれません。

このため、まずは何がしたいのか、自分にとって何を得たいか、得たらどうなるのかを明確にイメージしておくのが一番です。

得たい理由を明確に

インターンではさまざまなものが得られます。

とはいえ、得たいものが明確に何かを事前に明確にしておきましょう。

プラスアルファで考えておきたいものは、なぜそれを得たいか、ということです。

たとえば、「業界の単発インターンを経験して、業界の雰囲気や傾向を知りたい」「長いインターンを経験して、実際に働く人の雰囲気を知りたい」「働きたい会社を見つけて、将来独立しやすいようなスキルや知識・人脈などが得られるかどうかチェックする」など得たいものを見つけてください。

得た先の自分を想像しよう

また、その得たいものを手にしたことで得られた後の自分の変化も考えておいてください。

たとえば、「業界の単発インターンを経験したので、希望する会社の雰囲気や求められるスキルがわかって資格取得を頑張ろうと思うようになった」「長期インターンで働くイメージを知ることができた」「働きやすい会社を実際に見つけ、将来独立することも視野に入れられる会社にエントリーをした」などです。

自分にどういう変化が起こりそうかを考えて、より良くなった自分を想像してみましょう。

期間別のインターンに参加する目的

インターンについては、いくつかの期間に分かれます。

ざっくり分けると、短期インターンと長期インターンというのがあり、この2つの違いはかなり明確です。

さらに短期インターンも1日だけや半日だけのインターンという超短期のものもあるので、注意しておきましょう。

この2つの目的や得られるものはまったく違い、自分が本当に得られそうな体験かどうかも違いがあります。

このため、これらの違いを考えて、どのインターンに参加するか考えてみてください。

長期インターン

まず、長期インターンというのがあります。

これは数週間から数か月のインターンで、何回もその会社に通う必要があります。

その会社で働く人事の人以外とも関われるので、本当にその会社で働きたいか働けるかを体験できたり、ときその会社が実際に携わっているプロジェクトなどに触れたりできるでしょう。

一緒に働く人の顔や雰囲気を知ることもできます。

中にはそのまま選考に参加できたり、採用時にとても有利に働く場合もあったりするようです。

長期インターンの特徴

この長期インターンとは、主に1ヶ月から3ヶ月くらいのインターンを指します。

基本的にはその会社に週に何度か通って、実際のプロジェクトや会社の働きに関わることになるでしょう。

内容はさまざまですが、その会社の本格的なプロジェクトに関わるというよりは、実際には初心者としてサポートをしたり、その仕事の基本的な経験ができたりするなどのメリットがあります。

基本的にインターン中は週に1回から3回程度通い、8時間ほど拘束されます。

また、学校終了後や早朝に呼ばれる場合もありますので、アルバイトと学業とインターンの平行がきつくなることもあるでしょう。

なお、中には給料が出るインターンもあります。

また、アルバイトのように雇用契約を結ぶ場合もあります。

長期インターンをやる目的

長期インターンを行う企業の目的はいろいろあり、選考の対象としてというところや仕事のサポート要員として、また学生の確保や優秀な学生の採用のため、などがあります。

実は人事以外の人で、現場で働く人たちも選考に関わりますので、より現場の声を拾い上げたり、より現場にマッチした人材が採用できたりするなどのメリットもあります。

一方、学生も企業の雰囲気を見たい、業界の体験をしたいという人もいますが、実務を経験したいとか、その企業で働きたいのでアピールのため、という人もいます。

中にはインターンによって与えられる給料を目的としている人もいて、レアなスキルやニッチなスキルがある学生の場合、一般的なアルバイトよりも良い収入を得られる場合もあるかもしれません。

短期インターン

対比的にあるのが、短期インターンです。

これは1日から1週間程度の長さで行われ、期間中はその企業に通う必要があります。

期間としては1日だけの場合もあれば、とき1週間毎日行われる場合もあるのです。

このため、短期インターンと言っても気軽に参加できないときもあれば、本当に気軽な気分で参加できるような単発的なインターンもあります。

とりあえずその会社を知りたいとか、その会社で働く人の体験談を聞きたいなど、内容も難しいものではありません。

短期インターンの特徴

短期インターンの特徴はいくつかあります。

1つは、基本的には実際に働く人たちと関わる機会があまりなかったり、働く人たちを知る機会が少なかったりするということでしょう。

たとえば、座談会や質疑応答などで関わることもあるかもしれませんが、それでも実際に働くオフィスの中に入ったり、人事以外の人と気軽に交流できたりするようなものではありません。

そして、プロジェクトそのものに関わるというよりは疑似的なプロジェクトだったり、人事が考えた現場のような模擬プロジェクト、仕事体験などが多くなったりしています。

また、会社見学としての工場見学や施設見学が多いでしょう。

なお、どれもまず給料が出ることはありません。

短期で給料が出る場合はかなり人気があり、倍率も高くなるでしょう。

短期インターンをやる目的

短期インターンを行う目的は、企業の場合はだいたいは企業PRや企業の人材募集のためです。

新卒で採用したい人がどういう人なのかが明確なら、そのような人を対象にして多くの人に企業を知ってもらうために行います。

また、インターン参加によって優遇される企業もあり、たとえば、書類選考や第一面接などが免除される場合もあるのです。

参加する学生の場合、知らない企業を知ることができたり、いろいろな企業や業界を知ったりするために参加することが多いでしょう。

基本的に話を聞いたりどういう人が働いているかを知ることで、応募先を増やしたり業界を知ることにもつながります。

また、有能に働いたり、ある程度結果を残したりすれば、人事へのアピールにもなるでしょう。

目的が見つからない人は?

ここまで、インターンそのものの目的や期間別に行われる目的、応募者や企業そのものの目的などについて紹介してきました。

ですが、これらを知ってもやはりインターンには意味がないと思う人もいるかもしれませんし、意味が見出せない人もいるでしょう。

また、自分がインターンに参加する熱意などが見出せない場合もあるかもしれません。

この場合、インターンに参加する意味を自分で考えるために、いろいろな方法やあらためて考えてみること、心持ちなどについて紹介しましょう。

興味や関心を持とう

まず、インターンで行きたい会社や業界が決まらない、という人もいるかもしれません。

このような人からよく聞かれるのが「興味がない」という言葉です。

そもそもいろいろなことに興味がないし興味を持てない、クールな人などに当てはまるでしょう。

興味を持つことがないので、そもそも自分の方針が見つかりにくいのです。

この場合、いろいろなことに興味や関心を持つことができれば、この問題は解決できるでしょう。

この場合はまずはいろいろな企業があることやいろいろな仕事があることを知ってください。

四季報や仕事に関する書籍を読んでみると、1つ2つは気になる仕事が見つかるかもしれません。

また、学生なのでチャレンジして失敗しても甘く見てもらいやすい傾向があります。

このため、いろいろなことに気軽にチャレンジしてみるのも方法です。

自分と向き合おう

次に、自分が何をやりたいのかわからない人もいるでしょう。

「ある程度専門的な業界や職種につながる大学だけど、これが本当にやりたい仕事なのかモヤモヤしてる」というような人もいるかもしれません。

この場合、自分があらためて過去のことを考えたり、将来のことを考えてみたりするのも方法です。

今自分が学習していることはそのままあなたの未来につながりますし、その学校や学科を選んだ理由はいったい何だったのか、ということをあらためて考えてみてください。

なお、学校で学んでいることやせっかく取った資格でも「自分のやりたいことと違うかもしれない」と思ったら、他の業界を見に行くのも方法です。

このため、短期インターンを活用していろいろな企業を見るのも方法かもしれません。

会社を知るという目的もあり

最後に、インターンそのものについて気負いすぎている人もいるようです。

というのも「社会人というだけですごく気を遣う」とか「企業で働くことがぼんやりして難しい」というように、インターンそのものをとても難しいものだと考えてしまっている人もいます。

このような人の場合、インターンによってその会社を知るという程度の気軽な気持ちで参加してもいいでしょう。

短期インターンでさまざまな企業を見て回ることで、さまざまな会社を知ることができます。

1日だけの気軽なインターンをいくつか行くだけで、企業で働くことや会社への抵抗も少しずつゆるくなっていくかもしれません。

実は、ただ企業や業界を知りたいからという程度でも、インターンに参加するのには十分な動機です。

働き方や社風を知りたいというだけでも、酸化したい理由としては明確でしょう。

まとめ

インターンについては目的がないとか時間の無駄、ということはあまりないでしょう。

とくに希望する業界や企業がある人ほど、積極的に参加したいものです。

その一方で、意味が見出せない、わからないという人はそれなりにメリットがあることや、酸化することに価値があることも知る必要があるでしょう。

短期を気軽にこなしたり、長期でじっくりその会社を見極めて素敵な企業を探したりする、というのも活用方法となるかもしれません。

選考にもプラスになりますので、ぜひ参加しましょう。

インターンシップで就活を有利に!
あなたの就活を二人三脚で内定までサポートします​。

あなたのビジョンを実現させるための​
就活のサポートを実施

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ