インターンの選考に役立つ、面接対策を人事目線で大解説!

はじめに

実際に働く前に、志望する会社で実務経験できる制度が、インターンシップ(以下インターン)です。

インターンを実施している企業は多く、本選考前に参加を検討する学生も少なくありません。

周囲がインターンを検討していると、「やってみようかな」という気持ちになるかもしれませんが、参加するなら目的意識を持つことがとても重要です。

ここでは、なぜインターンは目的が大切なのか、といったことから、インターンを実施する目的、さらに面接で聞かれやすい質問と返答について、徹底的に解説します。

なぜインターンの選考に目的が必要なのか?

本選考と同じく、インターンにも選考があります。

先行する理由は、志願者数が募集人数を上回り、選考が必要になった、とも考えられますが、それだけではありません。

企業がインターンを実施するのには、明確な目的があります。

それは、学生に企業の雰囲気を知ってもらうためです。

企業としては学生を採用した後、会社で活躍してもらいたいと考えています。

事前に実務体験をしてもらうことで、入社前と入社後のギャップを埋めることが可能になり、退職という最悪の事態の発生を避けることにつながります。

有望な人材を見つけるというのも、企業がインターンで選考を実施する目的になります。

こうした企業の目的を基に、人事はインターン選考に臨みます。

インターンシップに合格するには、こうした企業の目的を知り、対策を立てることになります。

具体的には、「働く意欲を示すこと」と、「企業が求めている人材の要素を持つ」ということを伝える必要があります。

そのためにもインターンシップに対する目的を明確することが大切です。

人事は目的から何を見ている?

インターンの選考方法にはいくつかあり、中でもよく行われているのが書類選考になります。

書類選考に利用されるのは、エントリーシートや履歴書で、企業にとっては、ひと目で応募者の経歴や志望動機などを把握できるというメリットがあります。

書類選考では、これまでの活動や長所、志望動機などから、興味を持った学生を選考します。

そして、インターンの現場では、人事は「行動と目的に一貫性があるか」「目的に対する姿勢を示しているか」などの視点で学生を評価する傾向があります。

行動と目的の一貫性

選考でアピールしていた強みを、インターンで発揮できない学生がいます。

たとえば、学生時代サッカーのキャプテンを務め、全国大会出場を果たしたという経験から、「私の長所は、チームをまとめ上げるリーダーシップ力です。

インターンでも、グループ内の意見をまとめるなど、リーダーシップを発揮していきます」と、インターンの選考でアピールしたとします。

人事はインターンでその学生を、リーダーシップを持つ人材として見ています。

ところがワークショップでは一言も発言せず、意見もまとめようとしないとしたら、その学生には行動と目的の間に一貫性がない、ということになります。

人事は、その学生がアピールするリーダーシップというのは口先だけと見なし、本選考で落とされる可能性がかなり高くなります。

目的に対する姿勢から人となりをみる

インターンの選考で、人事はエントリーシートや履歴書から、その学生に対してイメージを持つようになります。

先程の例で言えば、「リーダーシップを持っているのだから、インターンでもグループを上手にまとめ上げ、ワークショップをスムーズにこなしてくれるだろう」と、人事は期待することが考えられます。

インターンの現場とイメージでの学生の行動が一致すると、人事はさらに「実際に会社で働いても活躍してくれるだろう」と、想像するようになります。

インターンの選考では、参加する目的を伝えることがありますが、人事はそこから人となりを見る傾向があります。

目的を曖昧にしていると、そのとおりの人材と見なされますし、目的意識が高ければ、「学ぶ意欲が高く向上心が強い」と見るでしょう。

この点からもインターンに参加する場合、目的を明確にすることが、いかに重要かがわかります。

インターンをやる目的

学生がインターンに参加する理由はいくつかありますが、目的をはっきり決めずに「なんとなく面白そうだから」「回りが参加しているから」という気持ちで参加することはオススメしません。

インターンを通して何を得たいか・どうなりたいかといった目的意識がないと、終わった後で「結局何の意味があったのだろう」と、疑問が湧いてくるかもしれません。

面接で、インターン体験を活用しようと思っても、「参加したという事実以上に得たことはない」ということになりかねませんので、インターンの前は、必ず参加する目的を明確にすることが賢明です。

インターンで何を得たいか?

インターンで何を得たいかと考えるよりも、インターンで何が得られるかを考えた方が、答えが早く出ることがあります。

インターンは、企業が実施している就業体験です。

参加すればその会社でインターンを体験した、という経験を得られます。

さらに、電話の対応やビジネスメールのやり取りなど、ビジネススキルを身につけることが可能になります。

長期インターンシップ(3ヶ月以上仕事に従事すること)では、アルバイト以上の業務を任されることもあり、従事した職種によって、専門知識やスキルを学べます。

インターンを通して得られることがわかれば、それが「得たいこと」に変わります。

インターンで得たいことを明確にすることで、インターンに参加する意義が出てきます。

インターンの中には、応募者が殺到し、合格するのが難しいものもあります。

なんとなくで応募したとしても、不合格にされる確率が高くなりますので、目的を明確にしてから応募することをオススメします。

得たい理由を明確に

「インターンで得たいものは何か」をはっきりさせたら、1歩踏み込んで、「なぜそれを得たいのか」について考えてみましょう。

たとえば専門スキルを身につけたいと思ったら、「なぜ専門スキルを得たいのか」という理由を明確にします。

そうすることで、インターンをする真の目的が見えてきます。

たとえば「専門スキルを身につけて、本選考で有利なポジションを得たい」というのが真の目的であれば、その目的を達成できるようインターンで専門スキルを身につける努力をします。

得た先の自分を想像しよう

「得たい理由」を明確にすることで、将来の自分に対してイメージできるようになります。

得た先の自分を想像することは、本選考での面接で、「得たスキルを活かして会社に貢献したい」ということのアピールにつながります。

自分の強みを活かして会社に貢献したいということは、面接ではよく聞かれるフレーズですが、それがインターンの体験からくるものであれば、説得力が増します。

その意味でもインターンに参加することはメリットがあり、インターン体験を意義のあるものにするには、目的を持って臨むことが不可欠になります。

人事目線で考える面接対策!面接で聞かれることと返答のコツ

インターンの選考は、書類選考のほか面接で実施されることもあります。

インターンの応募者数は増加傾向にあり、とくに人気の企業になると、応募の倍率が高く、合格するのが難しくなるのも珍しくありません。

できるだけ志望する企業のインターンに参加するには、インターンの面接について、その特徴や傾向を事前に把握しておくことがポイントになります。

面接官の質問には必ず意味があります。

質問を受けた際、「なぜ面接官はその質問をするのか」ということを、毎回考えてから答えるようにしましょう。

インターンシップの面接でよく聞かれる質問と、回答例をいくつか紹介します。

なぜインターンシップをするのか?

インターンシップに参加する理由に関する質問は、必ずと言っていいほど聞かれます。

「周囲が参加しているから」などではなく、「このインターンでなければならない」という、強い理由があることを伝えましょう。

「インターンできるならどこでも良い」というレベルの理由では、企業の興味を引くことはできません。

「インターンに興味を持った理由」をしっかりと伝えることが大切です。

1つ注意する点は、必ず自分の率直な気持ちを理由にするということです。

表面的に良い言葉を並べても、面接官に突っ込まれ、答えに困るということが考えられますので、避けましょう。

人事目線でのコツ

「なぜインターンを志望するのか?」という質問には、面接官の「インターンについてどのくらい意欲があるか知りたい」という気持ちが込められています。

なので、この質問をされたら、どのくらい興味があるかを伝える必要があります。

志望する理由を説明する際、ありきたりの表現にならないよう気をつけましょう。

例文

私は人々の生活を豊かにするお手伝いがしたいという理由から、貴社のインターン参加を希望します。

なぜこの職種なのか?を明確に

職種を選んだ理由に関する質問は、インターンの面接でも聞かれる頻度が高いものの1つです。

簡単な質問に聞こえますが、ストレートすぎるため、心の準備をしていないと、答えに困るかもしれません。

それを避けるため、事前に答えを考えておくことをオススメします。

答えを作るには、職種や企業についてリサーチしておくことがポイントになります。

職種を調べることで、興味を持った理由が明確になりますし、企業の事業内容からは、その企業が求めている人材のタイプが浮かび上がります。

企業の事業内容に加え、インターンシップの内容についても、事前に調査、どこに魅力を感じたかについて書き出します。

人事目線でのコツ

職種を選んだ理由を通して、面接官は「自社に応募した理由」「職種に関連した知識や経験」「志望に至った理由」などについて知ろうとしています。

複数のインターンに応募しているときは、質問の答えについてテンプレートを作成し、それを使いまわししたくなるかもしれませんが、避けた方が無難です。

伝え方の骨組みは決めても良いですが、内容はその企業に合わせたものでなければ意味はありません。

たとえそれが模範解答のように優れたものだとしても、気持ちが入らなければ、面接官には届きません。

インターンを志望するに至った経緯について、エピソードを交えながら説明することがポイントです。

活用するエピソードは、職種に関連するものであることが大前提になります。

大学時代の研究や活動、その職種を志望するきっかけとなった体験などが無難です。

例文

私は高校時代に受けたプログラミングの授業きっかけに、IT業界に興味を持ちました。

大学では情報学科を専攻、プログラミングを学びました。

とくに買い物の支払いからレストランの予約、さらにオンライン授業など、生活を向上させるために便利なアプリの開発に強い関心があり、アプリの開発に高い技術を有している貴社のインターンに興味を持ちました。

インターンを通して何を得たいか?

インターンでは、これまでしたことのない、新しい体験をすることになります。

その体験から何を得たいかについて、答えられるようにしておきましょう。

得たいものは、将来の仕事につながるものであることが理想です。

インターンで得る体験を知るには、志望する企業とインターンの内容について詳しくリサーチすることが前提になります。

その中で、一番興味を持ったこと(特定のスキルを身につけられるなど)をピックアップし、それを答えに盛り込みます。

人事目線でのコツ

面接官は、この質問を通してインターンに参加する意気込みや意思、やる気などを把握します。

身につけたいスキルなど、具体的に説明することを心がけると、相手に伝わりやすくなります。

インターンに関連した資格や、現在取り組んでいることがあれば、それも一緒に伝えると、やる気を強調できるでしょう。

例文

貴社のインターンでは、アプリ開発のスキルとノウハウが学べるプログラムが用意されており、それを通して、生活を豊かにするアプリを作るのに必要な技術を学び、大きく成長していきたいと考えております。

自己PRをしてください

面接では、「自己PRをしてください」と、ストレートに言われることがあります。

言われた方は突然でびっくりしてしまうかもしれませんが、決して珍しいことではありませんので、自己PRについても事前に考えておくと良いでしょう。

自己PRは長所と混同されることもありますが、両者は異なります。

長所というのは「人見知りをしない」「好奇心旺盛」「積極性がある」など、利点となるような、自分の性格のことです。

一方自己PRというのは、自分の能力や強みを活かし、それを通して会社や社会にどう貢献できるか、を伝えるという意味合いが強くなります。

そのため、自己PRを求められたら、自分の強みで終わらせずに、それを仕事でどう活かしていくかというところまで説明する必要があります。

会社にとって必要な能力やスキルについて考えると、良い自己PRが生まれます。

人事目線でのコツ

自己PRについて質問するのは、冷静に自己分析をした上で、自分の強みを簡潔に伝えることができるかどうか、行動する前にどのような思考過程を経て決断するのか、などを知るためです。

質問の答えによって、企業が求める人材かどうか判断します。

そのため、自己PRについての質問は、採用に強く影響を与える質問と考えて良いでしょう。

自己PRは、企業が希望する人材かどうかふるいにかけられる質問、ということを忘れずに、自己PRは、作成は、企業の事業内容とすり合わせながら慎重に行うことが大切です。

「なぜそれが自分の強みになるか」がわかるエピソードを交えると、説得力が出ます。

例文

私は物事に柔軟に対応する能力があります。

マニュアルどおりに行動することを基本としていますが、例外が発生したときは、状況に合わせ、臨機応変に対応することを心がけています。

学生時代ショップでアルバイトとして働いていたとき、お客様のほしい商品が、品切れだったことがありました。

在庫はなく、本社からの取り寄せとなり、1週間ほどかかってしまいます。

お客様は「それまで待てない」とおっしゃったので、他の商品で代用できないかと考えました。

お客様に商品の用途を伺い、代用できそうな商品を数種選び、提示しました。

お客様はそのうちの1つを選び、購入されました。

お客様からは、感謝の言葉をいただき、相手のためにできるかぎり努力することの大切さを学びました。

あなたの弱みや強み派なんですか?

面接によっては強みだけでなく弱みについても聞かれることがあります。

自分のことは自分がよくわかると思っていても、いざ面接官を前にすると、思うように答えられないことが多くあります。

強みと弱みを聞かれると、謙虚な気持ちからか、弱みにウェイトを置いてしまう人もいます。

どちらも面接で落とされてしまう可能性が高くなりますので、事前の対策は不可欠です。

自己分析型の質問に答えるには、事前に自己分析をしておくと良いでしょう。

過去の棚卸しをして、長所・短所を見つける、自己分析ツールを使って解析する、友人や身内に聞いてみるなど、自己分析の方法はいくつかあります。

いくつか試してみて、自分に合う方法を選ぶと良いでしょう。

人事目線でのコツ

この質問には、得意なこと・不得意なことを通して人柄を知るという、面接官の意図が隠されています。

長所と短所を伝えるには、客観的な自己分析が欠かせません。

インターンの面接に関連すると思われる長所と短所を見つけたら、エピソードを交えて説明するようにしましょう。

エピソードは、できるだけ具体的に盛り込むことで、相手に伝わりやすくなります。

長所を述べる場合は、単なる自慢や自己誇示で終わらないように気をつけましょう。

短所について伝えるときも注意が必要です。

短所はどちらかと言うと、マイナスのイメージになりますが、短所を改善する方法を実践しているなど、マイナスで終わりにせずに、フォローする必要があります。

例文

私の長所はコミュニケーション力の高いところです。

相手の立場で物事を考え提案したり、必要に応じて相手と交渉し、良い条件を引き出したりしてきました。

また、聞かれた質問にはわかりやすく答えることを心がけ、その結果、顧客の獲得につながりました。

一方私には世話焼きな面があり、私の短所と言えます。

良くしてあげようと思う気持ちが強くなり、必要以上に世話を焼いてしまう面があります。

以前飼っていた犬をとてもかわいがっていて、かわいさのあまり、食べたいものを好きなだけ食べさせてしまいました。

その結果犬は体重オーバーしてしまい、獣医の指導で減量する必要に迫られました。

この経験から、自分の行動が押しつけがましくならないように注意し、相手の目線で物事を考えるようにしています。

まとめ

本選考と同じように、インターンも選考が行われることがあります。

志望する企業でインターンに参加するには、事前に目的を明確にすることが大切です。

目的を明確にすることで、面接官に志望意欲や人柄が伝わりやすく、目的意識を持ってインターンに参加することが可能になります。

インターンの面接で聞かれる質問には、質問する意図が必ずあることを念頭におきながら、答えるようにしましょう。

インターンシップで就活を有利に!
あなたの就活を二人三脚で内定までサポートします​。

あなたのビジョンを実現させるための​
就活のサポートを実施

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ