インターンの選考でウケのいい自己PRは人事目線で考えることが重要!?

はじめに

インターンシップは先輩や友人が参加していたり、大学が参加を勧めたりすることで、自分もやった方が良いのだろうかと考えはじめる人が多いでしょう。

もちろん参加することにはさまざまな意義がありますが、何より大切なのはその目的です。

まず何を置いても最初に明確にすべきなのが目的ですので、これから参加しようとしているなら、ぜひ正しいスタートを切りましょう。

ここでは目的の明確化から選考につなげるまで、人事目線で解説します。

なぜインターンの選考に目的が必要なのか?

インターンシップの選考を受けるのに目的が必要な理由は、学生側にも企業側にもあります。

学生は、自分の就活の方向性や職業の適性を知るためにインターンシップを利用すべきです。

つまり目的が明確でないと、たとえ選考に残っても得るものが非常に少なくなってしまいます。

一方で企業は、採用してからミスマッチが起こるのを防ぐためにインターンシップ制度を実施しているため、自社と目的が一致する学生を望みます。

つまり目的もはっきりしない学生をインターンシップで受け入れることには、何のメリットもありません。

こうしたことから、目的を持たない学生は選考に残る確率が非常に低くなるのです。

 人事は目的から何を見ている?

企業の人事は、学生がインターンシップに参加する目的をどう見ているのでしょうか。

人事は学生に業界や仕事の理解を深めてもらい、事前に納得した上で就活してもらうのが理想だと考えています。

もちろん優秀な学生は自社で採用したいのが本音ですし、就業意欲が高く魅力的な学生がいればぜひ応募してもらいたいと考えますが、一番困るのがミスマッチです。

しっかりとした目的を持ってインターンシップに臨んでいる学生は、その後の就活の軸もブレませんし、入社してもミスマッチが起こりにくい特徴があります。

学生がインターンシップに求める目的はマチマチですが、個別の目的に対してどうこうと言うよりも、そもそも目的を持っているか、それを自覚し実行しているかを見ていると考えましょう。

 行動と目的の一貫性

学生が何を目的とし、それを実現するためにどう行動しているかを人事は見ています。

たとえばインターンシップの目的が「人脈を広げる」だったとして、本人が消極的でコミュニケーションを取る努力もしないとすれば、行動と目的が明らかに乖離しています。

当然ながらインターンシップに参加しさえすれば、何もしなくても人脈が広がるわけではありません。

こうした一貫性のなさは、その人がなんらかの勘違いをしているか、そもそも本心ではないのではないかと考え、人事としては落とすのが妥当でしょう。

行動と目的に乖離があると、たとえインターンシップを実施しても得られるものがないからです。

学生の主張にチグハグな点がないか、人事は書類選考でも面接でも常にチェックしています。

 目的に対する姿勢から人となりをみる

インターンシップの目的はさまざまですが、その内容からその人の人となりを見ることができます。

また、どのような目的を据えるかだけでなく、目的に対する姿勢においても性格や考え方が見て取れるでしょう。

主張する内容にきちんとした軸があれば、その学生は社会に出ても意欲的に働くことがイメージできます。

目的と姿勢から、インターンシップだけでなく企業に入社した後も活躍してくれそうなイメージが湧くかどうかを人事は見ていると言えるでしょう。

たとえば社会に貢献する仕事をしたいというのがその人の軸ならば、たとえ職種が変わっても意欲的に働くことができるはずです。

好きな企業で働きたい、好きなことがしたいという狭義な目的ではなく、根幹となる軸を持つ人は評価されるでしょう。

なぜインターンの選考に人事目線が必要なのか?

インターンシップへの参加を考えるとき、多くの学生は学生側からの考え方しかしないのが一般的です。

でも冷静に考えればわかるとおり、選考をするのは企業側であり、人事です。

人事がどのようなことを考え、どのような目的でインターンシップを実施するかを知ることは、選考に通るためにはとても重要なことだとわかるでしょう。

また人気企業ともなればインターンシップの応募数も桁違いに多いですし、人事はそれをすべて選考しなければならないことも考える必要があります。

相手に認められるためには相手のことを知るのが重要なのは当然であり、そのためにも学生側に人事目線が必要となるのです。

 人事目線とは?

人事目線で応募者を見るためには、そもそも企業がなぜわざわざコストを投じてインターンシップ制度を実施するかを考える必要があります。

企業がインターンシップをする目的はいくつかあり各企業によっても異なりますが、もちろん自社を学生にアピールして優秀な人を集めたいというのが第一です。

次に応募者や入社後のミスマッチを防ぐこと、そしてスピーディに即戦力を育てたいという目的もあります。

長期インターンシップなどはとくに育成に力を入れていて、そのまま社員として登用する道を用意している企業も少なくありません。

つまりインターンシップ選考における人事目線は、そのまま本選考でも通用し、社員として登用し得る人材を発掘する目線と言えます。

受ける側としては、ぜひスカウトされるような人材であることが大切だと言えるでしょう。

 学生目線と人事目線の違い

学生目線と人事目線には大きな違いがあり、このギャップを埋めることができないと選考に落ちてしまう恐れがあります。

細かいズレはいろいろとありますが、まず学生側は「受け取る」「教えてもらう」という目線を捨てることが重要でしょう。

インターンシップには一定のプログラムがある場合もありますが、基本的に用意されているのは「場」です。

学生は場に入る権利を獲得し、そこで自分が得たいものを自分で得て帰るのがインターンシップです。

人事はそうした場でより多くのことを学び取り、有用な経験を持ち帰ることができそうな人物にチャンスを与えます。

そのため人事目線では、きちんと自己分析ができていて仕事に求めるものを自覚しているか、業界や企業について一定の知識を持っているかを見ています。

 簡潔に相手の欲することのみを伝える重要性

応募する学生が多い場合はもちろん、そこまでではない場合でも、人事担当は大変な労力を割いています。

多いところでは毎日何十もの学生の資料に目を通さなければなりませんし、規模が小さい企業は一般社員が募集時期だけ担当となり、通常業務と並行して業務にあたるケースもあります。

ダラダラと長く要点がわからない文章では読む気もなくなりますし、不採用の箱にそのまま入れられてしまうでしょう。

たとえ面接までたどり着いても、質問に対する答えが不明瞭だったり、コミュニケーションが成り立たなかったりする場合はとても選ぶことはできません。

インターンシップが本選考と大きく違うのは、人となりさえ問題なければ企業側も積極的に受け入れられることです。

相手が欲する答えを簡潔に伝え、明るく意欲的な人柄であれば、それだけでも大きなアドバンテージになることを意識しましょう。

インターン選考で人事ウケのいい自己PR集

それではインターンシップの選考で人事にウケやすい自己PRを紹介しましょう。

当然嘘をついても仕方ありませんので、自分の場合に置き換えて文章をまとめるようにしてください。

ライバルに勝つために無理に目立つ自己PRを考える必要はなく、素直に人柄と意欲を伝えるのが一番です。

ここでは多くの人に当てはまりやすい長所をピックアップし、人事ウケするようにまとめてみましょう。

 人事ウケ×継続力

継続力はどこでも通用する強みであり、ほとんどの企業で好意的に受けとめてもらえる内容です。

何事もコツコツ続けられることは良いことですし、インターンシップはもちろん、もし応募して入社してもすぐに辞めてしまったりはしない期待がある分、プラス評価になります。

社会人として働く中で、うまくいくことばかりではないのは誰もがわかることです。

重要なのはうまくいかないことではなく、そのときにどうするかの行動ですので、厳しい状況にも負けずに立ち向かい、乗り越えていける力を持つ人は高く評価できます。

 伝えるコツ

継続力を人事にうまく伝えるなら、継続した事実だけを伝えるのではなく、なぜ継続することができたのか、自分の性質や考え方をきちんと盛り込みましょう。

動機や方法論、モチベーションを明示することで人柄をアピールできます。

とくに方法論を述べることは、ロジカルシンキングのできる人材であることの証明にもなります。

エピソードは具体的に述べ、説得力を持たせましょう。

 例文

私は目標に対し計画を立て、実現するまで工夫しながら継続できます。

大学1年の夏休みにイギリスに2週間ホームステイ体験をしましたが、そこで英語力の低さを痛感することになりました。

温かく迎えてくださったホームステイ先のご家族とも満足な意思の疎通ができず、大変申し訳なく、情けない思いでした。

その後悔から英語でコミュニケーションできるよう、2年以内にTOEFL iBTで60点を獲得するという計画を立てました。

1年を四半期に分けてそれぞれに目標を立て、毎日の学習時間と毎月のプログラムクリアの2つのスケジュールで管理し、学科の勉強やアルバイトとも両立しながら勉強を続けました。

その結果、2年に達する前に71点を達成し、目標を大幅に達成することに成功しました。

御社のインターンシップでは、高いレベルで業務スキルを維持する方法や工夫を実際に見て学び、今後のビジョンに活かしたいと考えます。

 例文2

私はすぐに結果が出せなくても、心を折れずに努力を続けられます。

高校時代から6年間テニスを続けてきましたが、高校時代はもちろん、大学に入ってからもレギュラー入りすることは叶わない日が続いていました。

それでも少しずつステップアップしていけばきっとレギュラー入りできると信じ、毎日自主的に打球練習を続けました。

そのうち部の仲間がスマートフォンで私のフォームを録画するなど自主練習に協力してくれるようになり、徐々に弱点が克服できるようになりました。

その結果、大学3年で初のレギュラー入りを果たし、大会に出ることが叶いました。

入賞はできませんでしたが、これからも仲間とともに自分の改善点を把握し、克服することで次の高みを目指せると信じています。

御社のインターンシップでは、業績アップのため日々どのような努力や工夫を続けておられるかを学びたいです。

 人事ウケ×協調性

協調性は企業という組織の一員として働くときに大切な要素であり、どの企業でも必要とされる能力です。

協調性のある人物が評価されないことはありませんし、とくにチーム力を必要とする職種の場合はとても重要視されます。

IT関連や技術者など、一見チームワークには見えにくい業界や現場でも、実はさまざまな専門家と連携して仕事を進める必要がある場合もとても多いです。

そうした業界知識も知った上で協調性をアピールすることは、業界研究や企業研究もしっかり行っているアピールにもつながるので人事ウケも良いですしオススメです。

 伝えるコツ

協調性を伝えるコツは、単に人と仲良くできるという内容にならないよう気をつけることです。

また、自分勝手に協調性があると主張しているだけだと捉えられないよう、第三者の目線を入れたり、なんらかの成果を具体的に挙げたりすることも大切です。

エピソードを盛り込む場合は、数字を入れることで説得力を持たせられるでしょう。

 例文

私はいろいろな価値観を持つ考え方の異なる人たちを結びつけ、同じ目標に向かって進めるようにするのが得意です。

高校からバンド活動を始め大学でサークルに入りましたが、大学2年のときに他校とも連携して大きな音楽フェスを開催しようという案が持ち上がりました。

ところが話が具体的になるにつれ学校同士の意見の食い違いだけでなく、各バンドも主張がぶつかり合うようになり、一時はイベント自体がなくなる危機となりました。

私は何とか開催したいと考えていたので、実行委員を週1回集めて課題を潰し、各バンドのリーダーから個別に意見や要望を吸い出してフィードバックすることで折り合いをつける努力を続けました。

その結果、100%とは言わないまでも各自が納得して参加できる状態にこぎつけ、無事にフェスを開催できました。

御社のインターンシップに参加し、社員の方々がどのように意見を出し合い、まとめているのかを勉強したいと考えます。

 例文2

私は全体を広い目で見て、一人ひとりが働きやすい環境を整えられます。

大学2年のときからアルバイトに入った飲食店では、どうしても午後からの客足が悪いという問題を抱えていました。

自分なりに原因を考えてみたところ、午後から入るアルバイトスタッフたちの働きぶりに問題があるように思えました。

理由はモチベーションが下がっていることだと考え、まずアルバイト仲間と積極的にコミュニケーションを取ることを始めました。

するとさまざまな不満が聞かれる中、いかに働いてもやりがいがないと感じていること一番大きな問題であると気づきました。

そこで店長に相談し、働きに応じてほんの少しだけボーナスが出る評価システムを考案し採用してもらったところ、いきなり全員の士気が上がり、動きが活発になりました。

結果的にリピーターが2割増加し、売上も上がったことで評価してもらえたのが自信です。

御社のインターンシップでは、現場がいかにしてモチベーションを維持しているか、肌で感じたいと考えています。

 人事ウケ×能動的行動

能動的行動力を持つ人は、インターンシップでも積極的に働いてくれるイメージがあります。

せっかく選考に通しても、何を得たのかわからないまま帰るような学生では困ります。

能動的に動ける人物は、教えてもらったり与えてもらったりすることだけを待つのではなく、自分から学び、さまざまなことを吸収してくれる期待があります。

人事目線としてはインターンシップは人材育成の意味でもあるため、こうした積極的な人物はぜひ自社で職場体験してもらいたいと考えるでしょう。

指示待ちではないところをアピールするのがポイントです。

 伝えるコツ

能動的行動力は、言い換えれば主体性です。

目的を自分を据えて必要なことを考え、実際に行動する能力を指しますが、自分本位や自分勝手ではないこと、行動した結果の責任は自分にあることを自覚していることが重要です。

伝えるコツは、考えなしに行動する危険人物だと捉えられないように注意することです。

具体的なエピソードを踏まえ、能動的な行動の裏にはロジカルシンキングがきちんとあることをアピールしましょう。

 例文

私は課題に対して自分なりに考え、周りを巻き込んで解決に導く積極的な行動ができます。

大学に入ってから3年間書店でアルバイトをしていますが、現在は通常業務のほか販売促進の仕事も担当しております。

もともと本を読むのが大好きで、売れ行きの良くない本があると仕事中もさまざまなプロモーションのアイディアを練っていました。

あるときスタッフが集まるところで店長に新しい陳列アイディアを提案したところ、ほかのスタッフから絶賛され、一気に売場改革の企画が持ち上がりました。

私は責任者に任命され、全員の力を借りて大幅改革を行い、結果的に売上15%アップという成果を得られました。

通常業務と並行した作業は本当に大変でしたが、自分の発案でスタッフが一丸となり、結果を得たことは大きな自信です。

御社のインターンシップに参加し、ぜひ業績アップのための行動やアイディアを吸収したいです。

 例文2

私は目標に向かい、周囲のモチベーションを高めて実現を目指す力があります。

大学ではラグビー部の主務を務めておりますが、昨年目標だったインターハイ出場を達成したことは大きな成果です。

当初、強豪と当たることがわかり部内は諦めムードになりましたが、私はそれを払拭するため新しい練習メニューを開発し、メンバーも巻き込んで部の改革に取り組みはじめました。

私が本気で勝てると信じ、勝ちに行く努力を見せるうち、徐々に部内の空気が変わりモチベーションがアップしてきました。

その結果、強豪を見事に破りインターハイ出場を果たしたときの感動は忘れません。

もちろん自分の力ではありませんが、私は組織の力を強くすることに大きなやりがいを感じます。

御社のインターンシップでは、企業の組織力とはどんなものかをぜひ学びたいと考えています。

 人事ウケ×それぞれのインターンの職種

インターンシップが募集されている職種にはさまざまありますので、選べるならその職種に合う内容をアピールするのも1つのテクニックです。

とくに使いやすいのはアルバイト経験で、営業職のインターンシップなら販売経験、サービス職なら接客経験などがあればアピールしやすいでしょう。

もちろん、学生がインターンシップで即戦力になるようなことはまずありませんが、基本的な社会のルールや立ち居振る舞いがわかっているならそれは強みです。

人事としては、実際に近い経験をした上で選んでいるなら、インターンシップでさらに仕事の理解を深められるのではないかという期待もあります。

なかなか近い職種がない場合もありますが、できるだけ共通点を探すと良いでしょう。

 伝えるコツ

経験を挙げるなら、積極的に自分で行動したエピソードを盛り込んで伝えるのがコツです。

単に経験したというだけでは、そこで得たものはあまり期待できません。

主体性を持って行動し、やりがいや達成感、仕事の面白味などを感じた手応えを入れると良いでしょう。

あるいは反対に、経験したけれどうまくいかなかった、もっとスキルを向上したいという学習意欲をアピールするのも良い手段です。

 例文

私はアルバイトで主体性ある行動力を身につけました。

携帯電話ショップで販売員のアルバイトを2年間勤めましたが、そこで得た接客経験は御社の営業職インターンシップで発揮できると考えています。

アルバイトを始めた頃、ショップのマニュアルに従って接客を行うと、どうしてもお客様が商品を検討しづらい状況でした。

悩むお客様が多いため回転も悪く、待ち時間も長くなる悪循環に陥っていたため、あるとき比較しやすいチラシを手作りし、改善案を店長に提案しました。

いくつか修正して採用してもらったところお客様の決断が早くなり、待ち時間が50%短縮するという成果を得ることができました。

こうした経験を活かし、インターンシップでもできるかぎり積極的に提案したいと考えています。

 例文2

私は技術を身につけるために独自に勉強し、試行錯誤しながらステップアップができます。

大学ではマークアップエンジニアのスキルを身につけたいと思い、学科の勉強とは別に独学でプログラミングを学び始めました。

現在では複数の言語でプログラムを書ける技術が身につき、休日には簡単なゲームなどを自作してWebで公開しています。

入学前は基本的な構文もまともに使えませんでしたが、目標を定めた後は貪欲に知識を吸収し、自分のものにする意欲があります。

御社でアプリ開発の長期インターンシップに参加し、新しい技術を学びながらスキルの幅を広げ、少しでも早く業務に貢献できるよう邁進したいと考えております。

 人事ウケ×パッション

パッション=情熱は、年齢に関係なく仕事においてとても大切な要素であり、評価されやすいポイントでしょう。

人事目線で見ても熱意や意欲を感じる人材には高い期待を持ちますし、そうした熱量を職場にもたらしてくれることで、自社内も活性化する期待があります。

そもそも仕事に対するモチベーションが高い人物は、自分の未来や企業の未来、引いては社会全体の未来に大いなるビジョンを持っていることが多いです。

将来企業を背負って立ってくれる人物像としてパッションを挙げる人事は少なくありませんので、ぜひアピール材料にしてください。

 伝えるコツ

パッションを伝えるコツは、前向きさや向上心、負けず嫌いといった積極性ある長所に置き換えて表現することです。

ただし、何でもがむしゃらにやる、体力だけで物事を解決しようとする人物と捉えられると、人事ウケはよくありません。

「心は熱く、頭は冷静に」という言葉を肝に銘じ、ロジカルな思考能力や計画性をベースにした上での意欲の高さをアピールしましょう。

自分1人で突っ走るのではなく、周りを巻き込むコミュニケーション能力も持つことはポイントです。

 例文

私には逆境に負けず、どんなときも道を探して前に進む意欲があります。

大学の3年間ラーメン店でアルバイトをしてきましたが、昨年目の前に大手ラーメンのチェーン店が出店し、軒並みお客様を奪われたことがあります。

店長は閉店するかもしれないからアルバイト代が払えるうちに辞めた方が良いと勧めてくれましたが、私は良くしてくれた店長に少しでも恩を返したく、スタッフと連携してアイディアを練りました。

ライバル店を分析し、手薄になっている女性客をターゲットにしたメニューを増やし、店先にポップや黒板メニューなどを飾って積極的な販促を開始しました。

その結果、今まで足を運んでいなかったOL層が徐々に増え、元の売上を取り戻すことができました。

御社のインターンシップでも貪欲に活路を見い出し、自分の将来の仕事にプラスになることを学び取りたいです。

 例文2

私には強いリーダーシップがありますが、それは高校時代に勘違いに気づき、改善の努力を続けることで得たものです。

私は中学校から野球を始め、高校時代はインターハイ常連校のキャプテンを任されていました。

チームを率いるためにはリーダーシップが必要だと考え、何事も自ら動き意見を通していましたが、それは単に自分勝手を押しつけるだけの強引なやり方でした。

ある日部活動が終わった後、意を決して意見しに来てくれた部員たちの姿は忘れられません。

そのときに我を推し押すのがリーダーではなく、全員の意見をしっかり聞いて意見をまとめ、出した決断に責任を取るのがリーダーシップなのだと学びました。

大学でも部活動やゼミなどでリーダーを任されることは多々ありましたが、それからは常に他者の意見に耳を傾け、熟考した上で決断し、説明責任と事後責任を果たすことを心がけています。

御社のインターンシップでは、社会人としてのリーダーシップとはどんなものなのか、実際にこの目で確かめたいと考えています。

まとめ

インターンシップの選考に通るためには、まず何の目的でインターンシップに参加するのかを明確にして、それを人事にわかりやすく伝えることが大切です。

何の目的もなしにただエントリーするだけでは、チャンスは与えてもらえません。

人事目線では自社の目的と合致し、ミスマッチのない人材を早期育成したいという思惑もありますのでそれも意識しましょう。

その上で自分の強みを自己PRできれば、選考を勝ち残れる期待があります。

インターンシップで就活を有利に!
あなたの就活を二人三脚で内定までサポートします​。

あなたのビジョンを実現させるための​
就活のサポートを実施

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ