フロントエンドエンジニアは高度なWebスキルを持つべき?必要なスキルや、今後の展望を大解説!

さまざまな仕事がある中でも、Webの仕事に特化している仕事の1つがフロントエンドエンジニアという仕事です。

この仕事は他の業界とは違い、Webの業界に特化した技術職と言えるでしょう。

このフロントエンドエンジニアの仕事について、もう少し詳しく紹介しましょう。

現在の日本のIT市場

まず、現代のWeb業界に限らず、IT業界について知る必要があります。

Web業界はIT業界の中にある分野の1つであり、知名度やユーザー数は多いものの、その業界規模は広くなっています。

とくに近年では、Webサイトというよりはさまざまな機能を与えたことによってWebシステムやWebアプリケーションなどと言われるようになりました。

これはフロントエンドエンジニアにも高度な技術が求められるようになったことの証明でもあり、同時にフロントエンドエンジニアとして就業するのが難しくなっている傾向を示すことでもあります。

とくに詳細に物事を知る必要がありますし、技術についての知識がより多く必要になる場面も少なくありません。

国内IT市場規模

IT業界の市場規模については、2000年頃から発展し続けている傾向が見られます。

たとえば、2019年度は12兆7,800億円、2020年の市場規模は12兆9,840億円と予測されています。

また、2015年以降の成長率は101%から102%の間で推移しており、順調に業界の成長も感じられるようになっています。

とくに近年ではAIやIoTに対する関心や投資が集まっているため、AIやIoTに関しての知識や技術があると、よりその成長の波に乗りやすいかもしれません。

IT市場の伸び率

IT市場の伸び率については、だいたい2015年からは101%から102%の間で推移しています。

かつて、1990年頃から2000年頃までの急激なITの発展の頃は念に200%も300%も伸びる時期がありましたが、今ではそこまで急激なものではありません。

しかし、IT業界にも技術発展の波が押し寄せており、今後の成長についても期待している人や業界は多く、今後も伸びる可能性は高いでしょう。

30年後のIT市場

30年後のIT業界についてはさまざまなことが言われており、実際にはどうなるのかわかりません。

たとえば、昔から今に至るまで、ITは自動化や技術の簡易化・簡素化が進んできました。

このため、将来はもっと身近で簡単にプログラミングやシステム構築ができる可能性が出てきています。

また、今の小学生もプログラミングをするようになりましたので、プログラミングの知識や技術を持つ人もより増えている可能性があります。

一方で、システムはより高度に複雑になる可能性があり、Webもこの流れは強くなっているでしょう。

ITについても高度な技術を求められることが多いため、フロントエンドエンジニアの給料や待遇も高まり、その分必要な技術の内容や量も増える可能性があります。

フロントエンドエンジニアとは?

それでは、そもそもフロントエンドエンジニアとはどういう仕事なのでしょうか。

実はWeb業界以外にはあまりいないのがこの職種で、いわばWeb業界やWeb作成に特化した仕事と言えるのです。

このため、エンジニアという名称ではありますが、基本的に他の業界とは切り離された仕事とも言えるかもしれません。

他のIT系に行くと一から学習しないといけないことも増える一方で、決してWebで培った経験が邪魔になったり、無駄になったりするばかりとも言い切れません。

フロントエンドとは?

フロントエンドとは、簡単に言えば「ユーザーと直接やり取りをする部分」です。

具体的に言えば、サイト訪問者がサイトにやってきた時に見える部分に関することです。

サイトの見た目が的確に表示されること、何かデータをやり取りするならその部分が的確に見えること、いろいろな表示方法を取り入れているならそれぞれの表示方法できちんと見えること、誰にとっても使いやすいサイトとなることなどを目的とします。

このため、フロントエンドエンジニアになる場合はこういったところを担いますが、とくにブラウザにとってもユーザーにとっても優しいサイト構築を考える必要があるでしょう。

デザインについても知っておくと、将来的にプラスになります。

バックエンドとは?

フロントエンドと似た単語に、バックエンドという単語があります。

これは何かと言うと、単純に言えばユーザーから見えない部分、なおかつサイトやアプリ、デジタルなサービスを提供するのに大事な部分のことを指します。

具体的に言えばサーバーとのやり取りやサーバー内にあるデータベースの作成、データの保存や保管、安定したサービスの運用などを担う部署です。

基本的に前から見えることやあまり意識することはありませんが、ユーザーのデータを消さないようにしたり、ハッカーからサイトの機密情報を守ったりするなど、多くの役割を持っています。

サイトの裏方でもある一方で、サイト運用やサービスの安定運用にはなくてはならない仕事と言えるでしょう。

フロントエンドの仕事内容

フロントエンドについてはさまざまな仕事があり、実はこの範囲は徐々に広がってきている傾向があります。

このため、ひとくちにフロントエンドと言っても、その仕事内容に違いは結構あります。

よく言われるのがHTMLとCSSですが、その他にも必要とされる技能はあります。

また、これらの技能は複数あったり、それぞれ影響する範囲を比較して連携を取ったりもできるかもしれません。

1つひとつの技術や技能を見ていきましょう。

HTML、CSS、JavaScriptの駆使

まず、フロントエンドエンジニアの仕事の中心となるのが、コーディングと呼ばれる作業です。

これはWebサイトを作る専用言語である、HTMLやCSS、JavaScriptなどを活用して作業を行います。

とにかくフロントエンドエンジニアはこれらの言語に通じている必要があり、とくにHTMLやCSSについてはバージョンごとに違いもあり、JavaScriptについてはたくさんの動かし方やさまざまなサービスとの連携も考える必要があるでしょう。

このため、Webサイトを作れる専用言語を理解しており、それに関するマナーやルール、工夫するべき点などに通じている必要があるでしょう。

これはフロントエンドエンジニアを名乗る時には最低限できていないといけないことで、とくにHTMLとCSSについては書けて当たり前です。

デザイン力も持っていると良い

次に、デザイン力についてです。

デザイン力そのものについては、HTMLとCSSを学習する時にだいたいのノウハウに触れるでしょうから、まとめて学習しておいた方がいいでしょう。

というのもWebフロントエンドエンジニアの場合、その後にデザイナーになる人が結構いるのです。

また、エンジニアの中でも比較的グラフィックソフトを使う機会も多くなっています。

ずっとHTMLとCSSだけではなく、デザインも将来身につけたいと思うのならできるだけ早くデザインについての理論を身につけておいた方がいいかもしれません。

ただし、これはあくまでもサイト全部をデザインできるほどの能力は必要ない場合が多いのです。

基本的な理論の他、ちょっとしたデザインならできますという程度の技術で構いません。

会社によって役割は変わる

最後に、会社によってかなり解釈やフロントエンドエンジニアの職域は変わってきます。

というのも、フロントエンドエンジニアという単語そのものがかなりあやふやな場合が多いので、たとえばHTMLだけかければいいという人もいれば、JavaScriptの中でも難しいプログラミングができる必要がある場合もあります。

場合によってはバックエンドの仕事の手助けをしたり、ネットワークについての知識や技術が必要になったりする会社もあるでしょう。

会社によっては、サイトとアプリを共通で運営しているため、UXについて考える必要も出てくるかもしれません。

そういったことができるようになると、将来的にユーザーに使いやすいアプリ作成者になれるかもしれないのです。

フロントエンドエンジニアに求められるスキル

フロントエンドエンジニアという定義はあやふやであることも多いため、会社によっても担当する仕事内容が違う場合があります。

ただし、共通している「だいたいこういう知識や技術が必要」という領域はほぼ変わりませんし、就職や転職のために必要とされる技能にはあまり大きな差がないのです。

具体的にはいくつかのプログラミングやコーディングができること、後はグラフィックソフトの操作が少しできることなどです。

さらに他のことができると待遇がアップする可能性があります。

プログラム言語

まず、普段から使うプログラミング言語については基本的に身につけているのが当然とされています。

というのも、これは基本的に就業前からできないとそもそも使いものになりません。

代表的なものはHTMLとCSSですが、さらに今ではJavaScriptを求められる傾向もあります。

また、HTMLとCSSについてはバージョンもあり、HTMLについてはHTML5というバージョン、CSSについてはCSS3もしくはCSS3.1というのが使える必要があるでしょう。

また、それ以外にも知っておくと良い技術はいくつかあります。

これらを知っていると待遇アップやより専門的なプログラマーやシステムエンジニアにもなれるかもしれません。

たとえばPHPやRubyなども知っておくとさらに良いとされています。

JavaScript

まず、JavaScriptという言語です。

これはWebサイト上で動作する言語で、サイトにプログラミングして見た目や情報のやり取りを行ったり、さまざまな情報をリアルタイムでやり取りしたりするなどができます。

普通のHTMLやCSSではできないようなことも、JavaScriptならできる可能性が格段に高くなります。

とくに高度なサイトを作ったり、Webサービスを作る企業のフロントエンドエンジニアの場合は高度なことを求められたりする機会が多いでしょう。

HTML5

HTMLは今のWebサイト作成の基礎基本的なもので、Webサイト作成の時に書く基礎基本的な言語です。

これがまったくわからない人がフロントエンドの仕事をしようとするととても大変なものです。

とくにHTMLはHTML5という規格ができ、この規格に沿って書く必要があります。

大規模な変動がありましたので、HTMLと言っても昔の知識では太刀打ちできない場合も少なくありません。

HTMLを身につけるなら、必ずHTML5に対応するようにしておきましょう。

CSS3

CSS3とは、CSSというサイトの見た目を整える言語のバージョン3となっています。

特徴的なのはCSSのバージョン2までではできなかったようなことがCSS3ではできるようになっており、より見た目がグラフィカルになるのが特徴的です。

ちなみにCSS3はHTML5とセットになって機能するようなところがありますので、この2つは一緒に学習していった方が理解も早くなっています。

また、基本的にHTML5ができるフロントエンドエンジニアはCSS3もできるという解釈をする会社もあるようです。

PHP

最後に、PHPについてです。

PHPについては昔のフロントエンドエンジニアが作業することはあまりありませんでしたが、今ではPHPを書くことも増えてきました。

これはサーバーにあげたデータを自動で生成するという言語で、さまざまな表示の変化を示し、サイトの表示や見た目に変化を与えることができます。

できれば簡単な修正などができるようになると、PHPの知識や技術もあるフロントエンドエンジニアと見なされます。

難しいことはできなくても、基本的な書き方くらいは知っておきたいところです。

デザイン設計

デザイン設計については、フロントエンドエンジニアでも意識しておいた方がいいでしょう。

サイトの見た目や構築方法がおかしい時に、その内容や修正点、修整方法の具体例などを提示できると、フロントエンドエンジニアとして重宝されるかもしれません。

また、HTMLやCSSでのマークアップに迷った時にどうするか、という解釈を考えられるため、明記されていない暗黙の了解についても知識や技術が及び、作業の効率にプラスになる場合もあります。

知っておい損がない!その他のプログラミング

ここまで、フロントエンドエンジニアとしてある方がいい知識や技術、またあると有利な知識や技術について紹介しました。

とはいえ、さらに詳しい知識があるとバックエンドエンジニアもできるようになりますし、場合によってはサイト構築や大規模サイトの運営にも携われたり、さまざまな場面で重宝されたりするでしょう。

とくに自分でサイトを作るようになったり、これから大規模サイトの管理や重大な部分の管理・運営をしたりする時にもプラスになるでしょう。

PHP

PHPについては、基本的にフロントエンドエンジニアでもできた方がいい言語の1つとしても紹介しました。

ただ、より高度なことができるようになったり、より精通するようになったりすると、やはりプログラマーとしてやシステムエンジニアとして重宝されるようになります。

とくにPHPにもバージョンがあり、複雑な関数が使えるようになったり、的確な処理が効率良く進められたりするようになると、より技術面も高くなります。

フロントエンドエンジニアの枠を超え、最初からかけるようになるのが望ましいでしょう。

Perl

Perlという言語も使えるようになると、さらにエンジニアとしては高度になるでしょう。

Webを中心にバックエンドの仕事やソフトウェアの作成などに使われています。

とくにWebの場合は古いサイトについてはCGIというものを使う場合もあり、その時にPerlの知識や技術があると修正や更新などがやりやすいでしょう。

とはいえ、PerlについてはPHPで代用する企業もあり、実際にはPHPとPerlのどっちができるか、というだけでも十分フロントエンドエンジニアとしては有能です。

Ruby

最後に、Rubyという言語も人気があります。

これは日本人が作った言語であり、実は人工知能などでも使われるため、これからのAIやIoTについての知識や技能も高まるでしょう。

使いやすい言語なので人気があり、なおかつ需要も大きく日本国内では知名度も高いため、日本人にとっては有利な言語と言えるかもしれません。

ただし、Rubyまでできるとフロントエンドのみのエンジニアでいるのはもったいないという意見もあります。

このため、Webだけではなくいろいろやりたい人にオススメです。

フロントエンドエンジニアのやりがい

フロントエンドの仕事についてはいくつかの仕事があり、またさまざまな魅力があります。

自分でサイトを構築できる楽しみはもちろん、ページの使いやすさや使い勝手に影響すること、クリエイターとしての評価なども大きなポイントとなっています。

また、Web以外のものは敷居が高く感じる人がいるようですが、Webについては知名度も高いため、いろいろな人に仕事の説明を知る場合にも大きなメリットとなる場合が多いのです。

1つひとつの魅力を紹介していきましょう。

IT時代に沿った分野へのチャレンジ

まず、IT時代に沿った仕事ができている、という点が大きなポイントでしょう。

ITにあまり詳しくない人でも、Webについてはよく知っている人が多いでしょう。

ホームページやサイトという単語は知っている人が多いので、こういったものを作っている、という紹介がしやすいのです。

また、Webについては将来性の高い分野ともなっています。

というのもここから技能を磨いてWeb系のさまざまな分野に通じたエンジニアになることもできますし、デザインを知ってデザイナーになる場合もあります。

また、フロントエンド一本でずっとやっていくにしてもサイト構築やサイト運営のノウハウを知るため、サイト運営のアドバイザーやプロフェッショナル、コンサルタントなどにもなれるでしょう。

技術者ならではの作り出す楽しさ

次に、技術者ならではの作り出す楽しさなども大きなポイントです。

そもそも技術者はその技術や専門的なところに興味・関心を持つ人が多く、基本的にプログラミングやシステムなどに興味を持つ人も少なくありません。

フロントエンドの場合はとくにWebに詳しいことやそれぞれの表示方法などについて詳しくなったり、さまざまなルールや規制の中でどういう動きができるようになるか、どうやって魅力的なサイト作りができるようになるかをこだわったりできるでしょう。

エンジニアは誰でもそうですが、自分の作るものに熱意や興味・関心があり、物を作るのが好きな人が多くいます。

このため、自分が作るものについて作ることそのものが楽しかったり、こだわりを反映させることができるのが喜びであったりするでしょう。

クリエイターとしての個性を表現できる

最後に、フロントエンドエンジニアと言っても、この仕事はクリエイティブな部分を担うことも少なくありません。

たとえば画像そのものや動作そのものをよりお洒落にしたり、より詳しくするために表示を工夫したり、情報を整理してわかりやすくするためにより詳細なことを行うなど、多くのクリエイティブに関わることができます。

このため、ただのエンジニアとは少々理屈や理論が違い、時に直感的なものを優先したり、直感的な方を優先させたりすることも多いでしょう。

ただの理屈や理論をもとに判断するばかりではなく、それよりもユーザーや表示についての考え方を優先させる場合もあるでしょう。

また、きれいに表示させるためのテクニックにこだわったり、さまざまな情報を早く表示するためのテクニックにもこだわれたりします。

フロントエンドエンジニアの将来性

さまざまなエンジニアの仕事がある中でも、フロントエンドエンジニアについては将来性は未知数となっています。

というのも、新しい技術などが産まれている一方で、いまだにWebの需要が衰えることはなく、またWebで得た知識をさまざまな部分に発展させたり応用させたりすることが容易なため、他の技術や理論も簡単に得られますし、人によってはサイト作成で大きな利益を得られるかもしれません。

このため、将来性については何とも言えないのですが、その人次第だったり、その人の技術や技能だけではなく運も必要だったりするかもしれません。

現在の日本のフロントエンドエンジニア市場

まず、現在のフロントエンドエンジニア市場について紹介しましょう。

とはいえ、フロントエンドエンジニアのみの市場というのは大きくは存在しません。

厳密にはフロントエンドだけで成り立つ仕事はあまり多くないので、Web業界全体を俯瞰してみるのがいいでしょう。

存在するのは、IT業界の中でもWeb業界、とくにその中でもWeb作成や運用、サイト管理などの方に特化しています。

2020年で47兆円市場とも言われており、とても大きな業界と言えるでしょう。

また、必要とされる人員も多く、2020年には約195万人の業界となっています。

また、成長率も高く、今後も成長していく業界でもあります。

このため、将来性も高く期待できるでしょう。

良い点

今後もフロントエンドエンジニアの需要は変わらず、仕事の重要性はあまり変わらないとされています。

また、Webサイトの数や内容、複雑化が言われており、サイトの機能も豊富になっています。

このためフロントエンドの仕事にも需要が増えており、またサイト運営についてもより多くのフロントエンドエンジニアが必要とされるため、多くの仕事や作業が必要となっており、需要は今後も変わりません。

将来的にも、仮にフリーランスなどになったとしても生活しやすく、転職市場もあるため、需要も知名度も高い業界と言えるでしょう。

課題点

一方、フロントエンドエンジニアについては技術の難易度が徐々に上がってきています。

たとえば昔はPHPはバックエンドの仕事でしたが、今ではフロントエンドの仕事としても取り上げられるようになりました。

このため、技能の難易度が上がるにつれて就業する人員が減り、なおかつ激務が予想されます。

また、昔の知識では太刀打ちできないため、日々学習が必要です。

古い技術ではなくいつもトレンドを意識し、新しい技術や技能を知らなくては仕事になりません。

30年後フロントエンドエンジニア市場

30年後のフロントエンドエンジニア市場については、さまざまなことが言われています。

まず、今ある流れ、つまり難易度が徐々に高くなり、さまざまな技術についての知見が必要なことは変わりません。

このため、将来的にはかなり高い技術が必要になるかもしれないのです。

また、HTMLとCSSについての変化もあり、それらについても学ぶ必要や知る必要はあるでしょう。

その一方で、スマートフォンアプリの台頭などからWebの衰退もささやかれています。

このため、将来的にフロントエンドの仕事はあまり重要ではない、と言われる時代も来るかもしれません。

 

フロントエンドエンジニアは、エンジニアとクリエイターの両方の良い綿を体験できますし、将来性もあります。

いろいろな知識や技術は必要にありますが、いまだに尊重され重宝される仕事の1つと言えるでしょう。

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ